けいば手帖(旧サイト)/新サイトはページ内のリンクから

競馬ブログ3年目。2016年も、去年好評だった人気馬の弱点をとりあげる「買ってはいけない」、人気薄馬の買いどころを探る「切ってはいけない」は続ける予定。また今年は馬券の種類を問わず、いろいろな買い方にチャレンジしていきます。どうぞお付き合いください。

高松宮記念

2015 高松宮記念 予想オッズ+注目馬

-----------------------------------------------
単複馬券のみで2015年の回収率150%を目指すブログです。
購入馬券はTWITTERで全て公開。
1回開催-回収率130% 2回開催-回収率101% 3回開催-回収率117%
先週はキタサンブラックをはじめ4重賞すべて3着以内!重賞勝負馬成績→【8,2,6,15】
--------------------------------------------
こんばんは。
遅くなりましたが先週は4重賞ともに勝負馬がすべて馬券圏内を確保。
良いカタチで3回開催も終了できたのですが、3回開催トータルの結果としては、回収率117%でした。。

単複は安定感あるが、150%となると難しいですね。どこかで大きな馬券を当てないと。。まあ、大きなマイナスになるよりはマシなんですが、ここで満足していられません。

さて今週はいよいよ春のG1が開幕。4回開催のスタートなのでここを当てて、桜花賞→皐月賞、一気に年間トータル150%を狙っていきたいと思います。それでは、今のところの各馬見解を。

高松宮記念 予想オッズ&短評

1 ストレイトガール 3.5…×
G1を狙える器にありながら、昨年は馬場に泣かされたカタチ。その後も普通の条件なら確実に走り続けて、今回休み明けで舞台はG1。複勝圏内の信頼度は高いが、アタマまでとなると疑問。勝負馬にすることはない。

2 ミッキーアイル 5.4…○
控えると宣言していた阪急杯のレースぶりが上々。一級のスピードとマイルまで持つスタミナを備えた馬で、先週までの馬場なら十分有力といっていい。

3 ダイワマッジョーレ 5.8…○
大外から差し切り。完全復活したといっていい。今回も速い流れになれば、デムーロの連覇になる。

4 エアロヴェロシティ 5.9…×
香港スプリントは逃げ粘りで、特段強い印象は持たなかった。レベル高い香港馬だけに力が抜けている場合もあるが、とりあえず勝負馬にはならない。

5 コパノリチャード 7.8…○
前走の惨敗で人気もそこそこに落ち着きそう。なら、狙うとすれば今回だと思うのが、ギャンブラーの心情。

6 アンバルブライベン 10.2…×
平坦で直線短いコース専用の逃げ馬。坂があり直線の長い今回、前走より不利な条件がそろう。

7 ハクサンムーン 14.1…×
前走復活なるも、メンバー強化される今回、先行からの粘りはおそらく厳しいはず。

8 サドンストーム 20.3…○
血統的にはパワーいる馬場は合うはず。脚質的にも一発会っておかしくない。

9 レッドオーヴァル 21.4…○
前走の敗因は馬場とはっきり。外ざし競馬なら巻き返せる番でしょう。

10 ローブティサージュ 24.2…○
内から器用に抜けてきた。ムチ事件を克服できたのは大きい。好調期に連チャンある血統だけにあなどれない一頭。


というわけで、一番注目しているのは
この馬⇒ 
※クリックした先のランキング内(37位くらい)「けいば手帖」のタイトル下に記載しています。

路線変更で単純に力が抜けているのではないかと思っています。控える競馬(といってもある程度前目でしょうが)をすれば、圧勝も考えられると思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

唐突ですが・・一言言わせてください。

最近、競馬が楽し過ぎます。

なぜなら・・

このサイトに出会ったからです。

平日は著名予想家のコラムが更新され(もちろん完全無料で見れます)、
週末は予想が無料で見れるのです。
※全てのコラムと予想はバックナンバーを見ることができます。



ほぼ日刊で更新されるのが
東スポ記者虎石晃氏の「トラセン日記




毎週火曜日と木曜日に更新されるのが
WIN5の申し子「松本大吉」のWINファイ部





毎週水曜日は
有名血統評論家栗山求氏の「血統の裏庭」



毎週木曜日は
競馬スピリッツ専属予想家江戸川乱舞氏の「Alohaな競馬」







これらのコラムで平日も十分に競馬を楽しんだ後、
週末は競馬スピリッツの著名予想家4名の予想が毎週2レース無料
で見ることができます!



この4名の予想家の3月の予想が絶好調なんです!


3月1日(日)の中山記念(G2)では、
2番人気2着のロゴタイプに全員重い印を打っていましたし、




3月14日(日)の中日新聞杯(G3)では
4人中3人が5番人気で優勝したディサイファを本命にしていたのです!




このように、競馬スピリッツの予想家4人が揃って1頭の
馬に重い印を打つ時はその馬はほぼ2着以内に入りますので
必ず今週の予想もチェックしてみてくださいね!



そして3月と4月は下記全てのレースの
買い目を完全無料で見ることができます!


3/28(土)中山11R 日経賞(G2)

3/29(日)中京11R 高松宮記念(G1)

4/4(土)阪神11R コーラルステークス

4/5(日)阪神11R 産経大阪杯(G2)

4/11(土)阪神11R 阪神牝馬ステークス(G2)

4/12(日)阪神11R 桜花賞(G1)

4/18(土)阪神11R アンタレスステークス(G3)

4/19(日)中山11R 皐月賞(G1)

4/25(土)福島11R 福島牝馬ステークス(G3)

4/26(日)京都11R 読売マイラーズカップ(G2)


こちらから必ずチェックしてみてください!



【2014 高松宮記念 回顧】

遅ればせながら、ドバイミーティングを確認。

ジェンティルドンナは無事復活というか、去年は宝塚記念以外はすべて左回りを使われていたことにより、京都記念では久々の右回りに戸惑ってこその敗戦だったのでしょう。やはり左回りでこその馬。おそら今後はもう右は使われないでしょうが、もし、宝塚に参戦してきたら軽視してみたいと思います。

一方ジャスタウェイは、天皇賞秋以降、無敵(スター)状態。今回はさらにその力が上乗せされている感じでした。陣営は、凱旋門賞は家賃が高いと考えているようですが、ハーツクライ産駒なので力の要る馬場も大丈夫なはずだし、今回最後まで伸びているようにスタミナ面でも不安なし。今一番勝つ可能性があると感じますが、どうなのでしょうか。

●大阪杯 注目馬

今週はいよいよ大阪杯。年初のJRA賞の受賞パーティーでメイショウマンボが参戦を宣言して以来、この春一番の注目されてきたG2じゃないでしょうか。キズナ、エピファネイアともに順調そうで何よりなんですが、一角崩しをこの馬に期待しています!前走は雨の影響で戦意喪失していたらしく、道中の行きっぷりも悪かった敗因も明らか。今回は少頭数が見込まれるので競馬もしやすいはず。器用なタイプだけに阪神内2000mなら条件好転。雨さえ降らなければ。
 この馬⇒
※上をクリックした先のランキング内(現在25位)のけいば手帖のタイトル下の紹介文に掲載しています。

【2014 高松宮記念 回顧】


●レース総評
春の嵐で、ロジユニヴァースのダービーを思い出す歴史的な不良馬場かつ、スターターも吹きとばしそうな強風。1200mでも、相当なスタミナとパワーが必要な条件になってしまった。このような場合は往々にして、馬格のある馬が有利で、450前後のストレイトガールやレッドオーヴァルには、まさに逆風。520キロもありダートも使われてきたエーシントップが逃げ切りを図るところ、展開と馬場ともに条件好転したコパノリチャードがとらえ、後方から芝・ダート兼用パワータイプのスノードラゴンが2着に追い上げた。ストレイトガールは3着までだったが、条件を考えればかなり強い。一日ずれていれば、と悔やまれるだけに、馬運がなかった(DR.コパ恐るべし)としか言いようがない。あとは、こういった馬場のG1レースとなると馬へのダメージが大きいことが多々あるので、各馬無事であってほしい。

●各馬短評
1着:コパノリチャード…阪急杯圧勝はダテではなく、馬場や展開面も味方したとはいえ、強い内容だったのは間違いない。それでも1400mまでの馬ではあると思うので、東京のマイル挑戦はまだ不安とみる。(次走期待度C)

2着:スノードラゴン…ダートでも芝でも差し足は堅実。相手が強化されても問題なく自分の競馬ができる馬。ただ、ここ2走は中山、不良の中京とパワーが必要な馬場という条件に恵まれたことも大きく、これ以上の上積みも感じにくい。(次走期待度D)

3着:ストレイトガール…展開面、馬場適性ともに、この馬には不利な条件がそろっていたにもかかわらず3着まで差しこんできたのだから問題ない。今後どのレースを選択するかわからないが、1600は長い印象もあるので挑戦するなら評価は下げたい。(次走期待度C)

4着:エーシントップ…粘り腰には驚いたが、馬場・条件などを考えれば、これもアリ。コーシロー騎手はかなりうまく乗ったと評価していい。あと一歩だっただけに惜しかった。(次走期待度D)

5着:ハクサンムーン…スタート直後、バランスを崩してほかの馬と接触したらしい。後ろからの競馬でも健闘できたのは収穫だが、脚質転向は避けてほしい。夏の新潟を含め、シーズン的にはここからの馬。(次走期待度B)

本命、8着マヤノリュウジン…道中の位置取りもそこそこ良く(結果的に出していった良し悪しは別として)、馬券圏内に入ってこれなったのは単純に力負け。パワー必要な馬場も味方になったはずだったのだが。。(次走期待度D)


~PR~
━━━━━━━━━━━━━━━━━
   第46回ダービー卿CT(G3)

昨年は3連単1万6390円的中!
今年も『勝負の関東遠征』大スクープ
 この3連単勝負馬券で獲る!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年のダービー卿CTでは【勝負の関東遠征】という情報が入ったダイワマッジョーレ、トウケイヘイローの◎-○で馬連1970円、そして3連単1万6390円の的中をお届けしているのが、最強の関西馬専門情報社チェックメイト。さらに、安田記念でも馬連1470円、3連単6万2800円の的中をお届けしているように、古馬マイル重賞は【勝負の関東遠征】の情報さえあれば獲れると言っても過言はありません。事実、この断言できる背景には…関西馬が関東圏へ遠征した際の揺ぎない成績があります。

昨年、関西馬が関東圏施行レースに出走した回数は延べ3914回。その連対率は17.4%に及び、関東馬が関西圏のレースに出走した際の連対率8.9%(北海道除く)を遥かに上回っているのです。

『どの馬が勝負の関東遠征なのか』という情報を事前に知る、知らないでは馬券で大きな差が出るのは昨年のダービー卿CT、そして安田記念の的中が全てを物語っているのではないでしょうか。

一般の競馬ファンや東の情報会社がその取捨に頭を悩ませるのを尻目に、本年度のダービー卿CTでも、【勝負の関東遠征】の独占スクープ情報で必然の高配当を皆様にガッチリ掴んで頂きます!

競馬界を圧倒しているのは、皆様もご存知の通り、関西馬。『確かな関西馬の情報があれば、馬券は獲れる』をこの機会に是非この機会に体感下さい。

  ↓↓↓↓↓
  ↓↓↓↓↓

第46回ダービー卿CT

昨年は3連単1万6390円的中!
今年も『勝負の関東遠征』大スクープ
このこの3連単勝負馬券で獲る!

【2014 高松宮記念 予想】+WIN1,ROLLING3

すいません。遅くなりました。いろいろあって、まだドバイを見ていないのですが、とりあえず良かったよかった。あとでじっくり見たいと思います。

◎WIN1(厳選1レース単勝3000円勝負)

1/19の中山10R:フェスティヴタロー(3.6倍)
1/25の京都9R:ヒュウマ(5.4倍)
2/1の東京10R:マイネルディアベル(4.1倍)
2/9の京都12R:ナリタハリケーン(3.3倍)
2/15の京都9R:ステファノス(6.0倍)
2/16の京都10R:マーティンボロ(4.3倍)
2/17の東京10R:プロモントーリオ(4.0倍)
2/18の東京10R:タールタン(6.0倍)
3/2の阪神11R:コパノリチャード(4.8倍)
3/15の阪神9R:シャンパーニュ(8.5倍)
3/21の中京8R:ナリタポセイドン(2.3倍)

昨日の毎日杯、アズマシャトルを指名しましたが、最後は少したれてしまいましたね。ペースの問題もあるでしょうが、申し訳なかったです。今日こそ当てて、なんとか。

本日は阪神12Rから
 この馬⇒
※上をクリックした先のランキング内(現在28位)の
けいば手帖のタイトル下の紹介文に掲載しています。 

・根拠
前走はハイペースでこの馬には流れが向かなかった。今回は典型的な逃げ馬もおらず楽に行けそう。不良馬場も味方してくれるだろうし、先行抜け出しからの勝利を期待。

◎ROLLING3(推奨3レース複勝ころがし3000円スタート)
とりあえず時間がないので、申し訳ないですが省略します。
後程更新するかもです。
※というわけで本日の転がす馬はこちら!14:00更新
阪神10R:7番テイエムタイホー

中京11R:18番マヤノリュウジン

中山12R:16番ミヤジエルビス

 
【2014 高松宮記念 予想】
週中から、ハイペースの差し競馬か、逆にスローペースの前残りか、を考えていたのですが、天候の関係もあり、前者をとってみます。しかも、かなり攻めた予想で楽しんでみたいと思います。

◎マヤノリュウジン
大荒れの天気で、すでに中京の芝は不良馬場。なら下手に内枠でもまれる心配のある馬よりも大外からじっくりと進めるこの馬を軸にしたい。

○スマートオリオン
中山が得意なように、パワーのいる馬場はあう。前走圧勝したように、ここにきて調子があがっているはずで、雨が降ったことで対抗まで抜擢。

▲シルクフォーチュン
雨が降ったことでこの馬のチャンスが広がった。芝・ダート兼用だけに、ここは絶好の舞台に。大外から無心の追い込みでどこまでか。

☆ストレイトガール
良馬場だったなら堂々の本命。ただ、経験がないだけに、1番人気なので少し嫌ってみる。血統的には雨が不利ということはないが、内でもまれたときは不安。岩田騎手だけにこじ開けてくるとは思うが。

△コパノリチャード
血統的には荒れ馬場は問題ない。あとはハナをとれなかったときの展開が不安だが、鞍上がデムーロなだけに抑える。

△レッドオーヴァル
△スノードラゴン
△ガルボ

●買い目
3連複フォーメーション
18-9,10,15-4,5,8,9,10,15,17
15点300円

【2014 高松宮記念 出馬表発表】

高松宮記念の枠順が発表されました。
以下の通り!

枠馬 馬名        性齢 斤量 騎手   厩舎
1  
1
  牡7 
57.0  
内田博 中尾


 
1 2
牡6 57.0 松山 尾関


 
2 3
牡8 57.0 吉田豊 大久洋


 
2 4
牝4 55.0 川田 安田


 
3 5
牡4 57.0 Mデムーロ


 
3 6
牡6 57.0 戸崎圭


 
4 7
牡8 57.0 四位 藤沢和


 
4 8
牡7 57.0 石橋脩 清水英


 
5 9
牝5 55.0 岩田 藤原英


 
5 10
牡8 57.0 藤岡康 藤沢則


 
6 11
牡7 57.0 丸田 宗像


 
6 12
牡5 57.0 酒井 西園


 
7 13
牡5 57.0 三浦 中竹


 
7 14
牝4 55.0 藤田 白井


 
7 15
牡4 57.0 横山典 鹿戸


 
8 16
牡4 57.0 武幸 西園


 
8 17
牡6 57.0 大野 高木


 
8 18
牡7 57.0 池添 庄野


 

5番のコパノはまだしも、12番にハクサンムーン、14番にレディオブオペラと入ったことで、スタート直後のハナ争いによる流れが、さらに速くなりそう。と考えれば、ストレイトガールには絶好のペースになるでしょう。ただ中枠だけに、少し挟まれるのも不安。なら、枠順をみて、何かやってくれそうと感じたのはこの馬!先行激化の流れを外からじっくりと運べるのは◎。最後までしぶとく伸びるタイプなので、最後の最後に3着あたりに差しこんでこれる期待大。
この馬→
※上をクリックした先のランキング内(現在29位)の
けいば手帖のタイトル下の紹介文に掲載しています





【2014 高松宮記念 有力馬前走チェック】

名古屋大賞典。本命に推したオオエライジンは、うちからスムーズにレースを進めていましたが、中央勢に力及ばずでした。。もう少し短い1400~マイルまでの距離で見てみたいですね。次走、かきつばた記念なら面白いかも。まだまだ、期待しています!


●日経賞 注目馬

フェノーメノ、ウインバリアシオンあたりが人気を集めそうですが、どちらも休み明け。なら順調にきているこの馬のほうが分がある。前走は勝ち馬より強い競馬をしていて、去年は同レース6着ながら、本格化した今回なら強豪相手でも十分勝負になる。
この馬→
※上をクリックした先のランキング内(現在27位)の
けいば手帖のタイトル下の紹介文に掲載しています

【2014 高松宮記念 有力馬前走チェック】 
●シルクロードS

1着:ストレイトガール…レディオブオペラを前に見ながら、仕掛けのタイミング、通ったコースとも完ぺき。レースセンスがそうとう高い。2走前も中京で同じような競馬をしていて、本当に気性が素直なのだろう。昨年の夏以来から底を見せていないといっていい。ここも当然有力と考える。

2着:レディオブオペラ…この敗戦は、連戦によるストレスによる体重減が原因とのこと。それでも2着に粘っているのだから強い。今回は、胃薬を使ったらカイ食いが改善したらしく、体重増で出られそうなのだとか。ただ、今回はたとえ万全の調子であったとしても、実績的に勝ってきたのは京都の1200mというスピードのみが求められるコース。さらに逃げ馬も多く、先手をとれるかも不安で、軸にはしづらい。

●オーシャンS

1着:スマートオリオン…内ぴったりから抜け出す完ぺきな競馬。ただ、パワーのある馬場がいかにも合うタイプなだけに、今の中山→中京は若干マイナス。

2着:スノードラゴン…中山の馬場はパワーがいることを証明したこの馬の好走。なので、スマートオリオンよりもさらに、中京に対応できるかがカギ。

13着:ハクサンムーン…1番人気を背負いながら惨敗。ただ、去年もこのレース9着から本番3着に入っているように、叩いていいタイプなのだろう。ただ、去年はスローペースの単騎逃げだったことを考えれば、逃げ馬そろった今回は去年と同じ競馬ができるかわからない。


● 阪急杯

1着:コパノリチャード…前半56秒台の逃げで、先行した馬たちをつぶしたような形に。もちろん強いが、これも同型が多いのが懸念。逃げられなかった場合には崩れる可能性が高く、ここも評価を下げて妙味とみる。
 
2着:サンカルロ…阪神の1400はとにかく得意。年齢から上積みはないかもしれないが、展開は向きそうなことから無視はできない。


プロフィール

手帖主

中学1年のときに友人に借りたダビスタⅢをきっかけに、競馬の楽しさを知る。

はじめて好きになった馬はマヤノトップガン。97年の天皇賞・春は今でも唯一無二のベストレースだが、当日に中学3年時の文化祭があり、生で見られなかったのが今でも悔やみきれない。

高校1年のとき、サイレンススズカの悲劇を境に一旦競馬との距離を置こうと思うも、グラスワンダーの復活劇に魅せられ再び夢中になる。

その後も地元の関学に通いながら仁川で競馬を見続け、大学卒業後は上京して今は府中が主戦場。

某広告代理店で働くかたわら、このブログを運営中。

間もなく、リニューアルしてより充実の内容でお届けしたいと思っています。

SNS
応援クリックお願いします。
ご意見募集中
記事検索
逆アクセスランキング
人気ブログランキング
にほんブログ村
アクセスカウンター

    タグクラウド
    • ライブドアブログ