けいば手帖(旧サイト)/新サイトはページ内のリンクから

競馬ブログ3年目。2016年も、去年好評だった人気馬の弱点をとりあげる「買ってはいけない」、人気薄馬の買いどころを探る「切ってはいけない」は続ける予定。また今年は馬券の種類を問わず、いろいろな買い方にチャレンジしていきます。どうぞお付き合いください。

買いどころ

宝塚記念2016の予想オッズ有力馬の買いどころ・消しどころ

【2016年重賞本命馬実績】
中山金杯◎ヤマカツエース・フェアリーS◎ビービーバーレル
シルクロードS◎ダンスディレクター・共同通信杯◎ディーマジェスティ
ダイヤモンド◎トゥインクル・フィリーズレビュー◎ソルヴェイグ
マーチS◎ショウナンアポロン・青葉賞◎ヴァンキッシュラン
2015年の重賞勝負馬の通算成績⇒【
19,12,20,72】 (123戦中51戦で馬券圏内)。 
2016年の重賞本命馬の現在成績⇒
 
【10,9,8,35】(単勝回収率169%・複勝回収率111%)。
地方交流重賞は1点勝負で挑んでいます⇒現在5勝9敗(1返還) 回収率161%

TWITTERもやってます。良ければフォローしてください。
------------------------
こんにちは。

突然ですけど、宝塚記念って、気持ちが戸惑うG1じゃないですか?

たしかに、G1かつグランプリレースということで盛り上がりはするんですが、いったんのんびりとした夏競馬気分になった後で、急にG1!と言われても、おおお。。うううんん。。。みたいな感じになるんですよね。ちょっと前までは、函館・福島との同時開催でしたから、なおさらでした。

せっかく、阪神開催の最終日でもあり、東京競馬との同時開催の日程になったのですから、本格的な夏競馬開催前に盛り上がった気分をつなぐべく、ユニコーンSを3歳のダートG1とかにしてみては?とも思ったりもします。先週のゴールドドリームvsストロングバローズのレースに迫力があった分、なおさらそう思うの今日この頃です。

さて、そんな宝塚記念をディスっておいて何ですが、ダービーに引き続き有力馬の買いどころ・消しどころを気ままに書きましたので、続きからどうぞw。

続きを読む

勝手に笑点新メンバー予想!+日本ダービー2016予想~予想オッズ順に有力馬の買いどころ・消しどころを考察~

【2016年重賞本命馬実績】
中山金杯◎ヤマカツエース・フェアリーS◎ビービーバーレル
シルクロードS◎ダンスディレクター・共同通信杯◎ディーマジェスティ
ダイヤモンド◎トゥインクル・フィリーズレビュー◎ソルヴェイグ
マーチS◎ショウナンアポロン・青葉賞◎ヴァンキッシュラン
2015年の重賞勝負馬の通算成績⇒【
19,12,20,72】 (123戦中51戦で馬券圏内)。 
2016年の重賞本命馬の現在成績⇒
 
【10,8,6,30】(単勝回収率194%・複勝回収率117%)。
地方交流重賞は1点勝負で挑んでいます⇒現在5勝6敗(1返還) 回収率221%
TWITTERもやってます。良ければフォローしてください。
------------------------
こんにちは。

週末に向けて、日本ダービーの各馬短評を書いていこうかと思います。
とその前に、とある高名なる競馬予想家の方から、落語のことを書けと言われたので、ちょっとだけ書いてみます。
※興味のない方は、続きから、各馬の考察をご覧ください!

●笑点新メンバー予想!

今落語と聞いてまず、みなさんが思い浮かぶのは「笑点」でしょう。(落語ファンからは怒られそうですけど。。)
そして、新司会が春風亭昇太と発表された今、注目は新メンバーの発表でしょう。

落語界にも事務所じゃないですが、各所属先の協会がいくつかありまして、現在東京の落語界には、落語協会・落語芸術協会・円楽一門会・立川流の4つがあります。

そして、笑点メンバーがそれぞれどこに属しているかというと、

歌丸…落語芸術協会
小遊三…落語芸術協会
好楽…円楽一門会
木久扇…落語協会
昇太…落語芸術協会
円楽…円楽一門会
たい平…落語協会

司会を除くと、きれいに2人ずつ落語協会・落語芸術協会・円楽一門会からと、実にいいバランスで成り立っています。そこで、落語芸術協会の歌丸さんが抜けて、同じく落語芸術協会の昇太さんが司会者になったのだから、筋としては、新メンバーは落語芸術協会からとなるでしょう。

ということで、私の新メンバーの本命としたいのは桂宮治現在39歳。ですが、デビューが遅かったこともあり、まだ身分は「二つ目」。落語家として一人前とされる「真打」ではありません。

up_ph_b228
引用:https://www.geikyo.com/profile/profile_detail.php?id=228

というのは、30歳を超えてから初めて落語をYOUTUBEで聴いて、入門したのはその翌年。しかも、自分の
結婚式のスピーチの際に勤めていた会社の社長に向かって「今日で会社を辞めて落語家になります!」と伝えたという、異色のエピソードを持っています。
その会社では実演販売でトップセールスマンだったこともあり、もともとしゃべりのスキルは高かったこともあり、落語の腕も二つ目としては上手いと思います。BSの「笑点ジュニア」やフジテレビの「噺家が闇夜でコソコソ」での若手大喜利でも目立っていましたし、テレビ的な華もあるので、一気の若返りを図るのであれば可能性十分の人材だと思います。

これまで新メンバーとなった、春風亭昇太、林家たい平ともに、BS日テレ笑点の若手大喜利で活躍していた経歴があり、そこからの昇格は既定路線でもありますので、二つ目ということ以外は、要素が全て揃っています。無名と思われる方も多いかもしれませんが、本命視していいんじゃないでしょうか。(とここまで書いてたところ、本人がツイートでやんわり否定しているのを発見。彼じゃないと落語芸術協会説が消えるんですが。。)

なので、対抗馬も挙げてみます。それは、個人的期待を込めて、立川談笑!

danshoutatekawa
写真引用:http://dze.ro/authors/danshotatekawa

4つの団体のうち、現在立川流のメンバーは入っていませんが、これは、家元立川談志と笑点との深い因縁があります。笑点はもともと、立川談志が寄席でやっている大喜利をテレビでやってみては?という試みで始まった番組です。しかし、家元の好むブラックユーモアの回答を求められた出演者が不満を抱き、仲たがいする形で家元側が当時の座布団配りだった毒蝮三太夫を連れて降板してしまいました。

ですので、立川流の人々は全体的にアンチ笑点(だと思います)。家元が亡くなった今でもその姿勢はあるでしょうし、他団体のお偉方も良い顔はしないでしょう。そんなハードルはわかりますが、、笑点の原点回帰、そして新風を巻き起こすのであれば、この起用は悪くないはずです。

その昔とくダネのレポーターなどテレビでも活躍していた方ですので、テレビ的なバランスはわかっていると思います。、むろんこの人は、ブラックユーモアにまみれた落語をするので、どのようなキャラクターとして出るのかヒヤヒヤもんですけどね。。。(そんな笑点
も見てみたいんですw)

もちろん、あまりこの線も濃くは無いと思うので、現実的なことを考えてみます。

協会関係なく落語界全体のことを考えた場合、
順当なら落語協会から、春風亭一之輔でしょうか。

56cd77aa43cf8
写真引用:http://rakugo-kyokai.jp/variety-entertainer/member_detail.php?uid=183

そもそも21人抜きで真打に昇進した実力の持ち主で、顔も落語家の中では男前の方。テレビ出演も豊富で、アドリブ力もあります。落語界的には、この人を盛り立てていきたい雰囲気もあるでしょうし。協会の壁がなければこの人が順当でしょう。

最後に大穴として、、桂雀々を。。。
img_data3-1344214613-KvQ4683
写真引用:http://www.parthenon.or.jp/act/1537.html

桂雀々は上方からの異例の抜擢があるかもと、万が一のことも考えての候補入り。枝雀の弟子で昔から、大阪のテレビでも活躍してお茶の間でもおなじみ。でしたが、2011年から活動の拠点を東京に移したこともあって、いまは住まいも東京なのです。ここに来て関西弁という新しい風が吹くと思うのですが、どうなるでしょうか。

判明するのは今週日曜の17:45分あたり。以上、目黒記念終わりのお楽しみ、第13レースの予想でした。

落語にあまり興味のない方には関係ないことを、長々と書いてすいません。

では、お待たせしました。日本ダービー2016の各馬短評は続きから。
続きを読む
プロフィール

手帖主

中学1年のときに友人に借りたダビスタⅢをきっかけに、競馬の楽しさを知る。

はじめて好きになった馬はマヤノトップガン。97年の天皇賞・春は今でも唯一無二のベストレースだが、当日に中学3年時の文化祭があり、生で見られなかったのが今でも悔やみきれない。

高校1年のとき、サイレンススズカの悲劇を境に一旦競馬との距離を置こうと思うも、グラスワンダーの復活劇に魅せられ再び夢中になる。

その後も地元の関学に通いながら仁川で競馬を見続け、大学卒業後は上京して今は府中が主戦場。

某広告代理店で働くかたわら、このブログを運営中。

間もなく、リニューアルしてより充実の内容でお届けしたいと思っています。

SNS
応援クリックお願いします。
ご意見募集中
記事検索
逆アクセスランキング
人気ブログランキング
にほんブログ村
アクセスカウンター

    タグクラウド
    • ライブドアブログ