けいば手帖(旧サイト)/新サイトはページ内のリンクから

競馬ブログ3年目。2016年も、去年好評だった人気馬の弱点をとりあげる「買ってはいけない」、人気薄馬の買いどころを探る「切ってはいけない」は続ける予定。また今年は馬券の種類を問わず、いろいろな買い方にチャレンジしていきます。どうぞお付き合いください。

有力馬

宝塚記念2016の予想オッズ有力馬の買いどころ・消しどころ

【2016年重賞本命馬実績】
中山金杯◎ヤマカツエース・フェアリーS◎ビービーバーレル
シルクロードS◎ダンスディレクター・共同通信杯◎ディーマジェスティ
ダイヤモンド◎トゥインクル・フィリーズレビュー◎ソルヴェイグ
マーチS◎ショウナンアポロン・青葉賞◎ヴァンキッシュラン
2015年の重賞勝負馬の通算成績⇒【
19,12,20,72】 (123戦中51戦で馬券圏内)。 
2016年の重賞本命馬の現在成績⇒
 
【10,9,8,35】(単勝回収率169%・複勝回収率111%)。
地方交流重賞は1点勝負で挑んでいます⇒現在5勝9敗(1返還) 回収率161%

TWITTERもやってます。良ければフォローしてください。
------------------------
こんにちは。

突然ですけど、宝塚記念って、気持ちが戸惑うG1じゃないですか?

たしかに、G1かつグランプリレースということで盛り上がりはするんですが、いったんのんびりとした夏競馬気分になった後で、急にG1!と言われても、おおお。。うううんん。。。みたいな感じになるんですよね。ちょっと前までは、函館・福島との同時開催でしたから、なおさらでした。

せっかく、阪神開催の最終日でもあり、東京競馬との同時開催の日程になったのですから、本格的な夏競馬開催前に盛り上がった気分をつなぐべく、ユニコーンSを3歳のダートG1とかにしてみては?とも思ったりもします。先週のゴールドドリームvsストロングバローズのレースに迫力があった分、なおさらそう思うの今日この頃です。

さて、そんな宝塚記念をディスっておいて何ですが、ダービーに引き続き有力馬の買いどころ・消しどころを気ままに書きましたので、続きからどうぞw。

続きを読む

勝手に笑点新メンバー予想!+日本ダービー2016予想~予想オッズ順に有力馬の買いどころ・消しどころを考察~

【2016年重賞本命馬実績】
中山金杯◎ヤマカツエース・フェアリーS◎ビービーバーレル
シルクロードS◎ダンスディレクター・共同通信杯◎ディーマジェスティ
ダイヤモンド◎トゥインクル・フィリーズレビュー◎ソルヴェイグ
マーチS◎ショウナンアポロン・青葉賞◎ヴァンキッシュラン
2015年の重賞勝負馬の通算成績⇒【
19,12,20,72】 (123戦中51戦で馬券圏内)。 
2016年の重賞本命馬の現在成績⇒
 
【10,8,6,30】(単勝回収率194%・複勝回収率117%)。
地方交流重賞は1点勝負で挑んでいます⇒現在5勝6敗(1返還) 回収率221%
TWITTERもやってます。良ければフォローしてください。
------------------------
こんにちは。

週末に向けて、日本ダービーの各馬短評を書いていこうかと思います。
とその前に、とある高名なる競馬予想家の方から、落語のことを書けと言われたので、ちょっとだけ書いてみます。
※興味のない方は、続きから、各馬の考察をご覧ください!

●笑点新メンバー予想!

今落語と聞いてまず、みなさんが思い浮かぶのは「笑点」でしょう。(落語ファンからは怒られそうですけど。。)
そして、新司会が春風亭昇太と発表された今、注目は新メンバーの発表でしょう。

落語界にも事務所じゃないですが、各所属先の協会がいくつかありまして、現在東京の落語界には、落語協会・落語芸術協会・円楽一門会・立川流の4つがあります。

そして、笑点メンバーがそれぞれどこに属しているかというと、

歌丸…落語芸術協会
小遊三…落語芸術協会
好楽…円楽一門会
木久扇…落語協会
昇太…落語芸術協会
円楽…円楽一門会
たい平…落語協会

司会を除くと、きれいに2人ずつ落語協会・落語芸術協会・円楽一門会からと、実にいいバランスで成り立っています。そこで、落語芸術協会の歌丸さんが抜けて、同じく落語芸術協会の昇太さんが司会者になったのだから、筋としては、新メンバーは落語芸術協会からとなるでしょう。

ということで、私の新メンバーの本命としたいのは桂宮治現在39歳。ですが、デビューが遅かったこともあり、まだ身分は「二つ目」。落語家として一人前とされる「真打」ではありません。

up_ph_b228
引用:https://www.geikyo.com/profile/profile_detail.php?id=228

というのは、30歳を超えてから初めて落語をYOUTUBEで聴いて、入門したのはその翌年。しかも、自分の
結婚式のスピーチの際に勤めていた会社の社長に向かって「今日で会社を辞めて落語家になります!」と伝えたという、異色のエピソードを持っています。
その会社では実演販売でトップセールスマンだったこともあり、もともとしゃべりのスキルは高かったこともあり、落語の腕も二つ目としては上手いと思います。BSの「笑点ジュニア」やフジテレビの「噺家が闇夜でコソコソ」での若手大喜利でも目立っていましたし、テレビ的な華もあるので、一気の若返りを図るのであれば可能性十分の人材だと思います。

これまで新メンバーとなった、春風亭昇太、林家たい平ともに、BS日テレ笑点の若手大喜利で活躍していた経歴があり、そこからの昇格は既定路線でもありますので、二つ目ということ以外は、要素が全て揃っています。無名と思われる方も多いかもしれませんが、本命視していいんじゃないでしょうか。(とここまで書いてたところ、本人がツイートでやんわり否定しているのを発見。彼じゃないと落語芸術協会説が消えるんですが。。)

なので、対抗馬も挙げてみます。それは、個人的期待を込めて、立川談笑!

danshoutatekawa
写真引用:http://dze.ro/authors/danshotatekawa

4つの団体のうち、現在立川流のメンバーは入っていませんが、これは、家元立川談志と笑点との深い因縁があります。笑点はもともと、立川談志が寄席でやっている大喜利をテレビでやってみては?という試みで始まった番組です。しかし、家元の好むブラックユーモアの回答を求められた出演者が不満を抱き、仲たがいする形で家元側が当時の座布団配りだった毒蝮三太夫を連れて降板してしまいました。

ですので、立川流の人々は全体的にアンチ笑点(だと思います)。家元が亡くなった今でもその姿勢はあるでしょうし、他団体のお偉方も良い顔はしないでしょう。そんなハードルはわかりますが、、笑点の原点回帰、そして新風を巻き起こすのであれば、この起用は悪くないはずです。

その昔とくダネのレポーターなどテレビでも活躍していた方ですので、テレビ的なバランスはわかっていると思います。、むろんこの人は、ブラックユーモアにまみれた落語をするので、どのようなキャラクターとして出るのかヒヤヒヤもんですけどね。。。(そんな笑点
も見てみたいんですw)

もちろん、あまりこの線も濃くは無いと思うので、現実的なことを考えてみます。

協会関係なく落語界全体のことを考えた場合、
順当なら落語協会から、春風亭一之輔でしょうか。

56cd77aa43cf8
写真引用:http://rakugo-kyokai.jp/variety-entertainer/member_detail.php?uid=183

そもそも21人抜きで真打に昇進した実力の持ち主で、顔も落語家の中では男前の方。テレビ出演も豊富で、アドリブ力もあります。落語界的には、この人を盛り立てていきたい雰囲気もあるでしょうし。協会の壁がなければこの人が順当でしょう。

最後に大穴として、、桂雀々を。。。
img_data3-1344214613-KvQ4683
写真引用:http://www.parthenon.or.jp/act/1537.html

桂雀々は上方からの異例の抜擢があるかもと、万が一のことも考えての候補入り。枝雀の弟子で昔から、大阪のテレビでも活躍してお茶の間でもおなじみ。でしたが、2011年から活動の拠点を東京に移したこともあって、いまは住まいも東京なのです。ここに来て関西弁という新しい風が吹くと思うのですが、どうなるでしょうか。

判明するのは今週日曜の17:45分あたり。以上、目黒記念終わりのお楽しみ、第13レースの予想でした。

落語にあまり興味のない方には関係ないことを、長々と書いてすいません。

では、お待たせしました。日本ダービー2016の各馬短評は続きから。
続きを読む

【2014 チャンピオンズカップ 有力馬前走チェック】

こんばんは。チャンピオンズカップはすでに枠順が発表されましたが、その前に純粋にそれぞれに馬の能力について考えることが大切。なので、有力馬の前走を見ながら、展望していきたいと思います。

●JBCクラシック

1着:コパノリッキー…休み明けながら、2度目の2000mを克服し、春よりもさらに成長していることを見せつけたカタチ。今回も死角を考えにくく、盤石の体制でG1 4勝目を狙えるだろう。

2着:クリソライト…前々の勝ちっぷりは本物で、1年越しで復調してきたことを証明した。ただ、JDDの圧勝ぶりは強烈なものがあり、さらに復調してくるようなら今回はもっと差が縮まるはず。

3着:ワンダーアキュート…安定感抜群の古豪で、ここでもきっちりと3着を確保。ただ、年齢的に中央G1での一線級となると厳しい部分もあると考えるがふつう。馬券の取捨は、枠次第といったところ。

4着:ホッコータルマエ…明らかに休み明けの状態で、ここを叩いて本番へという感じの仕上げだった。もちろん今回状態アップでのぞめるはずで、この負けで評価を下げるのは禁物。

7着:カゼノコ…3歳馬の雄ながら、まだ古馬との力差はかなりある印象。さらに脚質的にも、前有利の中京では買いにくい。


●みやこS

1着:インカンテーション…右回り・左回り問わず、重賞でも勝ちきる力がある。あとはG1のみ。多くのG1馬がひしめくなかで、どのくらいできるか。人気が集まるようなら軽視して妙味と考えたい。

3着:ナムラビクター…早めに動いてしまった分の負け。クリノスターオーを競り落としたように、京都でも強い内容だった。G1や左回りはどうかも、善戦して不思議はない。

5着:クリノスターオー…圧倒的に人気になり目標にされ、ハイペースになり崩れてしまった。先行有利のばば巻き返して不思議ない。

7着:ニホンピロアワーズ…最近のレースを見る限り、ピークを越えた感が否めない。今年初め、東海Sを勝った舞台だが、メンバーレベルを考えると厳しいだろう。


●武蔵野S

1着:ワイドバッハ…ハイペースを味方につけ、最後にかけた脚のつかいどころはさすが武豊といった内容。ただ、追い込み効きにくい中京だと、苦戦は必至か。

3着:グレープブランデー…長期低迷していたこの馬も、58キロを背負いながら3着に食い込んだ。復活の兆しととらえてもいいが、さすがに中京で、他のメンバーを考えると、出番がなさそう。

4着:ダノンカモン…東京1600mは庭の類。まったく人気ない中でも上位に入ってくるのはさすが。ただ、中京の1800だと厳しさは増す。


●BCクラシック


9着:インペラティブ…未知の魅力はあり、人気はなさそうなので、念のため1枚抑える程度。

あとはローマンレジェンドあたりが有力馬なのでしょうが、北海道シリーズからの直行で、大目標はこの後の東京大賞典にある気配がしますね。

以上、コパノリッキーの堅実さにケチをつけるつもりは今のところない。ただ、それでは馬券的に妙味もないので、相手は穴っぽいところに流したいが、その中で狙いたい筆頭は
この馬⇒
※クリックした先のランキング内(現在38位くらい)「けいば手帖」のタイトル下に記載しています。

前走はすべての条件が向かなかった。当然G1となってさらに先行争いも激化するかもしれないが、コース形態の助けもあって、前走のような負け方はしないだろう。

~PR~

★★━━━━━━━━━━━━━━━★★
 新たな歴史に名を刻むダート頂上決戦!
 
  第15回 チャンピオンズカップ(G1)
★★━━━━━━━━━━━━━━━★★

昨年までのジャパンカップダートという名称から、
新たに生まれ変わったチャンピオンズカップ。

今年は絶対的と言えるダート馬はおらず、群雄割拠の一戦!

当時は信頼度の高かった馬も今では高齢。

そんな中、砂王の座に輝く可能性が限りなく高いのは、
実はあまり注目されていない「あの馬!」


順当にはいかない!
何かが起こる今年のチャンピオンズカップ!


今年、砂王に輝くのは「●●●●●●●」!


そんなチャンピオンズカップ(G1)、
ココでしか知る事の出来ない
マル秘情報を期間限定無料公開中!

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

こちらをクリック!

今回は難解レース、チャンピオンズカップ(G1)の予想で使える、
絶対に抑えておきたい馬券ポイントをお教えします!



■JBCクラシックからの臨戦に注目!

まず、過去10年のジャパンカップダート出走各馬の前走のレースを調べると、
該当馬が10頭以上いたレースでは、JBCクラシック組が連対率・複勝率で
トップの数値をマークしているというデータがあります。

勝率では南部杯・みやこS・武蔵野S組を下回っていますが、
2・3着馬は計10頭を数えており、要注目の臨戦過程として要チェックです。



■中京ダート1,800mは逃げ先行を押さえろ!

中京競馬場がリニューアルされた2012年から今年7月までにダート1800mで行われた
90レースの4コーナーの位置別成績を調べると、4コーナーを先頭で回った馬が
連対率で48.9%、3着内率では60.0%と圧倒的な数値を叩き出しています。

また、それに続くのも2~5番手組で、
4コーナーを先行集団で通過した馬が好成績を残す傾向にある。

今年も出走各馬の位置取りには注目しておきたいところです。




そんな波乱必至のチャンピオンズカップ(G1)ですが、
激走する馬には全て「ある特徴」があり、その信憑性は激高!?

そんなココでしか知る事の出来ない
チャンピオンズカップ(G1)「マル秘情報」を完全無料で公開中!
登録はこちらから!



【2014 セントライト記念 有力馬前走チェック】

■■■■■■■■■■■■ ローズS ■■■■■■■■■■■■

ヌーヴォで本当に決まり?3連単で絶対に入れて欲しい超穴馬!

  関係者が本気で買う『3連単勝負馬券』を特別無料公開!
■■■■■■■■■■■■ ■■■■■■■■■■■■ ■■■■■

今週は、セントライト記念。毎年このレースは、西の神戸新聞杯に比べ格段にメンバーレベルが落ちるイメージですが、今年は春のクラシック3強と言われたうちの2頭が出走してきます。しかも、上がり馬も結構いて、普通に今後のG1戦線に向けて重要な1戦となりそう。

これには、トリッキーな中山コースではなく、シンプルな新潟コースの方が実力馬は使いやすいというのが、大いに影響しているのでしょう。先週の紫苑Sといい、新潟だとトライアルが例年より充実するというのはちょっと皮肉ですね。

【2014 セントライト記念 有力馬前走チェック】
●日本ダービー

2着:イスラボニータ…追い出しを我慢した分で、負けているのかもと思わせる騎乗ぶり。正直、1着 と2着を分けたのは、騎乗の差もあったといえる。ここまで、レースセンスは高く、崩れていないのはさすが。もちろん、今回も馬券圏内を外す理由がない。

4着:タガノグランパ…2400mはさすがに距離が長いと思われたが、4着に入った。流れが向いたこともあるだろうが、意外に距離も持つと考えていい。相手なりに走れるタイプ。

5着:トゥザワールド…出遅れ気味から前がつまりながらの厳しい競馬。本来なら立ち回りうまく実力的に見劣りしているとは言えないので、今回逆転があって不思議はない。あとは成長力に期待。

6着:ショウナンラグーン…後方からよく追い込んだ。脚質的に新潟内回りをこなせるかどうか。

10着:ワールドインパクト…ダービーではさすがに崩れた。どこまで立ち直っているかが問題。

●ラジオNIKKEI賞

2着:クラリティシチー…後方から外を回す強引な競馬。福島であの競馬になってしまうというのは、よほど乗り難しい馬なのでしょう。なら新潟コースはプラスに向きそうです。

●弥彦特別

1着:サトノフェラーリ…最後に突き放すのは実力ある証拠。多頭数でもまれる競馬になるとどうかだが、スムーズなら好勝負できる可能性大。


●白百合S

1着:ステファノス…クラシック戦線でも人気になった馬たちがそろった、ハイレベルなレースを完勝。この馬も夏の間の成長力が問われるだろうが、勝ち負けになって全くおかしくない。


というわけで、やはりセントライト記念史上、最高かもと思わせる豪華メンバー。

そこで、今狙ってみたい馬は
の馬⇒
※クリックした先のランキング内(現在37位くらい)「けいば手帖」のタイトル下に記載しています。
 
イスラボニータは当然人気でそれなりの信頼度はあるでしょうが、そのほかの馬も決して弱いわけではない。とくにこの馬のレースぶりは強く、平坦馬場はぴったりでしょう。あとは位置取り。スムーズに行ければいいのですが。



 

【2014 新潟記念 有力馬前走チェック】

9月に入ると、秋刀魚を食べたくなるのは、もはや日本人としての性。

それでこの前、わざわざ魚料理がメインの居酒屋に行って、「新秋刀魚の塩焼き」を頼んだのですがなんと、アタマもハラワタもきれいに処理された代物が出てきました。

いやいや、これはもはや「秋刀魚じゃないよ…」と。

お客さんへの気遣いなのか、過保護時代の象徴なのか。

やっぱり秋刀魚は、丸ごと1匹豪快に、炭火の網焼きで焼かれたやつが食べたい。。と思う三十路でした。


そんな感じで、いつものようにYOUTUBEを貼り付けるアレをやっておきます。

【2014 新潟記念 有力馬前走チェック】

●小倉記念



2着:マーティンボロ…雨の中、小回りでも好走できたのは収穫。新潟2000mなら血統的にも実績的にも条件好転は必至。ただ、初めて重賞で1番人気を背負うことになるだけに、軸までは評価しないほうが良さそう。

3着:メイショウナルト…内が不利だった馬場状態を考えれば、よく頑張っている。ただ今回も、前がどうしても残りにくいコースだけに、戦法が問われてくる。

4着:ニューダイナスティ…思い返せば去年の1番人気馬。このレースをとたんに不振に陥ったが、今夏は安定して走ってきている。今回さらに前進してもおかしくないだろう。

6着:ラストインパクト…ここは休み明けや馬場もあってか、いつもの走りではなかった。小回りで勝っている印象が強いが、新潟外回りでも走れないわけではない。春はG1どころと当たってきた馬で本調子になれば勝つ可能性も十分とみる。

●函館記念

3着:ステラウインド…ジリ脚は函館でもあっていた。長くいい脚使えるので、今回も向くはず。

12着:アドマイヤタイシ…先行勢が崩れた競馬ともいえる。前走二けた着順から、3回も馬券圏内に巻き返している馬。新潟外回りはあまり合うイメージはないが、少なくとも抑えには入れる価値はある。


●新潟大賞典

1着:ユールシンギング…マジェスティハーツ、レッドレイヴンなどの強豪を下した強い競馬内容だった。新潟はかなり得意でもある。ただ今回はトップハンデ。さらにメンバーレベルも強化されたわけで、ここは不安の方が大きい。

●マレーシアカップ


1着:クランモンタナ…長くいい脚を使う馬で、今回新潟競馬場初参戦でも、血統的にはこのコース合うはず。ある程度の速さで流れれてスタミナも問われればなおいい。人気なければ狙ってみたい。

というわけで、今のところ軸候補にしたいのはこの馬です。

の馬⇒
※クリックした先のランキング内(現在30位くらい)「けいば手帖」のタイトル下に記載しています。

斤量もほかの人気馬たちに比べ、若干有利に。適していないコースと思われていれば、ここはねらい目。


~PR~

さあ、夏競馬もいよいよ今週がラスト!


良い締めくくりにしたい方、

秋競馬に向けて資金を蓄えておきたい方に、

絶好調サイトのスマートウィンをおすすめします。




先月は16日新潟11R関屋記念の3連単398倍を、
そして3日の札幌11Rクイーンステークスの3連単175.9倍を的中させていました。


なので一度で良いので、 今週、

公開された買い目通りに、馬券を買ってみてください。

予想はメルアド登録のみで見れます。

本当に当たりますよ。

しかも、かなりの確率で的中します。

競馬の予想に全てを賭けているだけあって、

生半可な買い目は絶対に出して来ません。


ちなみに先月配信された関屋記念の買 い目は・・・





結果は・・・

【馬 単】13-7          的中で¥47,300
【3連複】1-7-13      的中で¥70,000
【3連単】13-7-1         的中で¥398,000

推奨通り1000円で購入された方は、
51万5,300円の払い戻し金です!

◎クラレント
○ダノンシャーク
はお見事でした!




ちなみに先月配信されたクイーンステークスの買い目は・・・





結果は・・・

【馬単】2-8                      的中で¥37,700
【3連複】2-6-8                 的中で¥28,800
【3連単】2-8-6                的中で¥175,900

推奨通り1000円で購入された方は、
24万2,400 円の払い戻し金です!


6番人気のアロマティコを▲でしっかりと拾えるのはすごいです。



いかがですか?

ただ、印を挙げるだけでは無く、しっかりと

根拠を示してくれるので、納得して馬券を

買う事ができますよね。


しかも、買い目点数は、3連単20点、3連複10点、馬単5点

どうでしょう?

点数が少ないので投入金額が少なく勝負できる上に、

高配当が期待できる馬券種ですよね。



さらに、これで2014年は毎週的中を出しています。


これだけの的中実績を見せられたら

参加しない理由が見つかりません。


もちろん、上に載せた買い目や結果は、 正真正銘の内容です。


なので、今週、必ず参加してください!

登録した瞬間からキャンペーンに参加できます。

一度で良いので、新潟記念、札幌2歳ステークス、小倉2歳ステークスの3連単馬券を
公開された買い目通りに買ってみてください。


入会金0円 会員登録はこちら (予想はメルアド登録のみで見れます。)




livedoor プロフィール
SNS
応援クリックお願いします。
ご意見募集中
記事検索
逆アクセスランキング
人気ブログランキング
にほんブログ村
アクセスカウンター

    タグクラウド
    • ライブドアブログ