けいば手帖(旧サイト)/新サイトはページ内のリンクから

競馬ブログ3年目。2016年も、去年好評だった人気馬の弱点をとりあげる「買ってはいけない」、人気薄馬の買いどころを探る「切ってはいけない」は続ける予定。また今年は馬券の種類を問わず、いろいろな買い方にチャレンジしていきます。どうぞお付き合いください。

弥生賞

2016弥生賞予想

【2015年秋G1シリーズ実績】
スプリンターズS◎サクラゴスペル・天皇賞秋◎ステファノス
エリザベス女王杯◎タッチングスピーチ・マイルCS◎フィエロ
ジャパンカップ◎ラストインパクト・阪神JF◎ウインファビラス
魅力ある軸馬を推奨しているので参考にしていただければ幸いです。

2015年の重賞勝負馬の通算成績⇒【
19,12,20,72】 (123戦中51戦で馬券圏内)。
2016年の重賞本命馬の現在成績⇒【5,3,3,12】(単勝回収率212
%・複勝回収率134%)。
TWITTERもやってます。良ければフォローしてください。
---------------------------------------
遅くなりました。そして、お騒がせしています。。


続きを読む

弥生賞2016予想オッズ上位の4頭についてザッと書いてみました。

【2015年秋G1シリーズ実績]
スプリンターズS◎サクラゴスペル・天皇賞秋◎ステファノス
エリザベス女王杯◎タッチングスピーチ・マイルCS◎フィエロ
ジャパンカップ◎ラストインパクト・阪神JF◎ウインファビラス
魅力ある軸馬を推奨しているので参考にしていただければ幸いです。

2015年の重賞勝負馬の通算成績⇒【
19,12,20,72】 (123戦中51戦で馬券圏内)。
2016年の重賞本命馬の現在成績⇒【5,3,3,12】(単勝回収率212
%・複勝回収率134%)。
TWITTERもやってます。良ければフォローしてください。
---------------------------------------
こんばんは。

繁忙期の仕事量はとどまることを知らず、日曜出勤もほぼ確定的になったので、今日はもうあきらめて更新!!

まずは、チューリップ賞の注目馬から。

この馬⇒人気ブログランキングへ 
※現在25位くらい。けいば手帖のタイトル下に書いています


まあ普通ですけど、他の人気馬が危険な感じしかしないので、軸はこれでいいんじゃないかなと、、ただ本命にする気はありません!  詳しくは明日の予想結論で更新します。

さて、今日は、昨日予告したとおり、弥生賞について書いてみます。

といっても、多くのブログや巷で言われているように、もうここは3強の力と力のぶつかり合いみたいなレースになりそうで、割って入れるならタイセイサミットくらい。個人的にはもう、4頭立てのレースだと思っています。

そして、それぞれの評価をざっと書いてみました。

続きを読む

2015 弥生賞 勝負馬

------------------------------------------------
単複馬券のみで2015年の回収率150%を目指すブログです。
購入馬券はTWITTERで全て公開。
1回開催 回収率130% 2回開催 回収率101%
昨日はココロノアイ指名で的中!重賞勝負馬成績→【6,2,3,13】
-----------------------------------
(今日もまた職場から)おはようございます。

昨日のチューリップ賞は、もくろみ通り、クルミナルは沈み、雨が得意なステイゴールド産駒ココロノアイが快勝してくれました。情報通り、馬体も身が詰まって成長していましたね。本番でも打倒ルージュバックの1番手として堂々渡り合えるでしょう。

さて、本日はクラシック牡馬戦線を占うに楽しみな弥生賞です。

●弥生賞 勝負馬

この馬⇒ 
※クリックした先のランキング内(47位くらい←かなり落ちてしまいましたw)「けいば手帖」のタイトル下に記載しています。
(勝負度7千)

2歳重賞の新設ラッシュがあったせいで、11頭中7頭もの馬が重賞勝ち馬というかなり好メンバーが揃いました。なかでもシャイニングレイのホープフルSの勝ち方は強く今回1番人気でも仕方のないところ。これは昨日のクルミナルとは違い、今回もきっちり結果を出してくるだろうと思っています。
ただ、それでは馬券が面白くない。そこでシャイニングレイを倒せる可能性のある馬を探したところ、この馬という結論に達しました。少頭数でスローペースになりやすいこのレースなら、レースセンスの良さを生かして先行抜け出しで粘れる期待大です。

では、また!

2015 チューリップ賞+オーシャンS 勝負馬

------------------------------------------------
単複馬券のみで2015年の回収率150%を目指すブログです。
購入馬券はTWITTERで全て公開。
1回開催 回収率130% 2回開催 回収率101%
先週は初めて3重賞ともに的中なし!重賞勝負馬成績→【5,2,3,12】
-----------------------------------
(職場から)おはようございます。

更新滞ってしまいました。でも元気ですww。
ほとんどの人がそうでしょうが、現在繁忙期間の真っ只中。
今月はちょっとこんな状態も続くかもしれませんが、よければどうぞお付き合いください。

さて、本日は久々に土曜に2重賞。
中でもチューリップ賞は、ショウナンアデラこそいないものの、ルージュバックへの挑戦状を争うにふさわしいメンバーがそろいましたね。では早速予想へ。

●チューリップ賞 勝負馬

この馬⇒ 
※クリックした先のランキング内(47位くらい←かなり落ちてしまいましたw)「けいば手帖」のタイトル下に記載しています。
(勝負度7千)

クルミナルが前走の勝ちっぷりの良さから人気を集めていますが、どうもこの手の馬は本命にしづらい。そして、明らかに京都の方が合いそうな感じもする。もちろん、ここを快勝すればルージュバックの相手候補として競馬が盛り上がるでしょうが、配当面と期待値のバランスを考えると、勝負しづらい。
なので、やはりG1で実績を残してきた馬の方を取り上げたい。さすがに前走は内目のコース取りで伸びきれなかった部分もあり、今回かなりの成長を遂げているとのこと。レース上手な面もあり、勝負根性もかなりのものがある。ここは勝って全く不思議が無い。


●オーシャンS 勝負馬
ワキノブレイブ
(勝負度3千)


高松宮記念に向けてのレースですが、メンバーがどうもぱっとせず、混戦でしょう。それにしてもハクサンムーンはどうしたんでしょうかww。ワキノブレイブは前走直線で詰まる不利があってノーカウントでオッケー。中山の戦績はぱっとしないもののラピスラズリSも差のない5着に来ている。中枠もいいはずで、勝つまではなくても馬券圏内に来れる力はあるでしょう。

さて明日は、
★★━━━━━━━━━━━━━━━★★
過去、数々の伏兵が台頭し荒れたレース
    伝統の皐月賞トライアル

第52回 弥生賞(G2)
★★━━━━━━━━━━━━━━━★★

今週は春のクラシック第一冠となる皐月賞の前哨戦となる伝統の一戦


《 弥生賞(G2) 》


近年、前評判通りにはいかず、
人気薄の伏兵馬勝利し、レースを荒らしている。

また、三連単の配当も1000倍を超える配当が付く事もザラで、
事前に噂される人気馬の扱いには注意したいところ。


そんな中、既に今年の弥生賞の勝ち馬は「あの伏兵馬」だと言われている!
波乱模様の弥生賞、マル秘特別情報を期間限定、完全無料公開中です!

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

買い目はメールアドレスのみ(無料)で見ることができます。
※メルアド入力後、送られてくるメール内にあるURLをクリックして
登録を完了させてください。 




今回は皐月賞前の難解レース、弥生賞(G2)の予想で使える、
絶対に抑えておきたい馬券ポイントをお教えします!



■人気がなくても距離・コース適正があれば◎

過去10年の3着以内馬30頭中25頭は、JRAの芝1,800m以上のレースにおいて
3着以内に入った経験のある馬でした。
芝1,800m未満のレースやダートのレースにしか
実績のない馬は割り引きが必要でしょう。



■内枠ならなお良い!

枠番別成績を見ると、連対率および3着内率のトップ3は3枠・2枠・1枠です。
一方、4~8枠の馬は3着内率17.6%とやや低調な成績に終わっています。
どちらかと言うと内めの枠に入った馬が狙い目と言えるのは間違いありません。




そんな難解な弥生賞(G2)ですが、
激走する馬には全て「ある特徴」があり、その信憑性は激高!?

そんなココでしか知る事の出来ない
弥生賞(G2)「マル秘情報」を完全無料で公開中!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

買い目はメールアドレスのみ(無料)で見ることができます。
※メルアド入力後、送られてくるメール内にあるURLをクリックして
登録を完了させてください。 




【2014 弥生賞 チューリップ賞 オーシャンS 回顧】

もうすぐ、繁忙期のゴールが見えつつあるのですが、今日が結構なヤマの日。

ストレス発散もかねて、回顧をずらずらと書いていきます!!!

●フィリーズレビュー注目馬

ホウライアキコが始動戦で、本番よりもここ勝負の感は強い。もちろん有力だが、この馬も前走は強かった。距離的にもぴったりで。ペース速くなりそうなのもむきそう。

この馬⇒
※上をクリックした先のランキング内(現在21位)の
けいば手帖のタイトル下の紹介文に掲載しています。

【チューリップ賞】

1着:ハープスター…今回は圧勝だったが、メンバーが低調すぎるので、過信は禁物。フォーエバーモア、レッドリヴェールの出てくる本番では、まだまだわからない(と今の内に、言っておきたい)。

2着:ヌーヴォレコルト…休み明けながら、しぶとく伸びた脚は評価。岩田騎手とも手が合っていた。ハープスター以外には完勝。

3着:リラヴァティ…粘りと立ち回りの良さが武器の馬。今後もタフな馬場ならやれそう。

【弥生賞】

1着:トゥザワールド…確かに早仕掛けだったが、なんとか持たせたことにこの馬の運という実力がある。おそらく皐月賞は一番人気。多頭数の中でどんな立ち回りができるか。もし外枠なら厳しいかもしれない。

2着:ワンアンドオンリー…最後のするどい伸び脚は、見どころ十分。横山騎手もさすがだが、勝ち馬とは実力差なし。前走ハマった(←そんなこと言ってましたが)という印象は撤回。荒れてくる開催最終週の中山なら、今回よりも向くだろう。

3着:アデインザライフ…確実に伸びてくる脚は魅力。この馬も脚質的に本番のほうが期待は大きい。

キングズオブザサンも今回のレースぶりなら見限れない。荒れてきた方が良いタイプなので、ふたたび本命にしたいとも思っています。


【オーシャンS】

1着:スマートオリオン…内枠からロスの無い競馬で、恵まれた部分もある。一連の成績から、安定感あるのはわかるが、本番は左回り、中京と不安な部分も多く、軸にはできない。

livedoor プロフィール
SNS
応援クリックお願いします。
ご意見募集中
記事検索
逆アクセスランキング
人気ブログランキング
にほんブログ村
アクセスカウンター

    タグクラウド
    • ライブドアブログ