まもなく、2013年も終わります。

年の瀬に対してあまり実感が沸かなかったのですが、
今日はランチに赴いた、餃子の王将が休業。
代わりに入った寿司屋は、出前の注文でてんやわんや。
帰りに買出しに寄ったスーパーは、ゲキ込み。
世間は、しっかり大晦日してましたね。

(サザエさんの次回予告みたいな導入になりましたが。。。)
さーーーて、
今年も、競馬界ではいろいろなニュースがありました。

ぱっと思いつくだけでも、
●ダービー5勝目を象徴とする、武豊の復活。
●オルフェーヴル、キズナの凱旋門賞挑戦
●中央競馬挑戦の先駆者、安藤勝己の引退→解説者として引っ張りダコ。
●そこに入れ替わるタイミングで中央入りした、戸崎騎手の活躍
●ロードカナロア、オルフェーヴルのラストラン圧勝
●金沢競馬の八百長疑惑、、、、(笑)

最後のはさておき、全体的には良いニュースが多かったのではないでしょうか。
また一昨日の東京大賞典は地方競馬過去最大の売り上げを記録したらしく、
この調子を、2014年の中央競馬にも期待したいですね。

その一助となりそうなのが、来年3歳馬のレベルの高さ。

牝馬戦線は、
地力上位、ステイゴールドらしさ満点のレッドリヴェール
切れ味抜群、ブエナビスタ級のスケールを感じるハープスター
レース巧者、簡単には崩れなさそうなフォーエバーモア
といった、阪神JFの上位馬を中心に展開するでしょう。
中でもハープスターは脚を余しており、桜花賞はもちろん、巷で期待されている
ダービー⇒凱旋門賞への道はまだ閉ざされていないように思います。

牡馬戦線も、、
2戦共圧勝、ホワイトマズルの大物バンドワゴン
良血馬、兄弟よりも柔らかい走りで融通きくトゥザワールド
2歳最優秀、ダートでは怪物級の実力アジアエクスプレス
といった、個性的な馬がそろっています。
ほかにも、ラジオNIKKEI組のワンアンドオンリーはもちろん、
サトノアラジン、モンドシャルナもまだまだ活躍の余地ありで、
皐月賞戦線も今から楽しみです。

そして、個人的にはこの馬→(※ランキングの紹介文に掲載。現在3位くらい)
に注目しています。

レース上手で三連複の軸には最適。
距離はダービーよりはNHKマイルカップのほうが合いそうですが
折り合いもつくので意外に距離が伸びても大丈夫だと思っています。

では、皆様よいお年をお迎えください。

これから「笑ってはいけない」と「紅白」を交互に見ながら、大晦日を満喫します!