【2016年重賞本命馬実績】
中山金杯◎ヤマカツエース・フェアリーS◎ビービーバーレル
シルクロードS◎ダンスディレクター・共同通信杯◎ディーマジェスティ
ダイヤモンド◎トゥインクル・フィリーズレビュー◎ソルヴェイグ
マーチS◎ショウナンアポロン・青葉賞◎ヴァンキッシュラン
2015年の重賞勝負馬の通算成績⇒【
19,12,20,72】 (123戦中51戦で馬券圏内)。 
2016年の重賞本命馬の現在成績⇒
 
【10,8,7,33】(単勝回収率181%・複勝回収率111%)。
地方交流重賞は1点勝負で挑んでいます⇒現在5勝8敗(1返還) 回収率187%

TWITTERもやってます。良ければフォローしてください。
------------------------
こんにちは。

今朝、ベルモントSに挑戦したラニは3着でした。いやーー、、あと一歩でしたね。

いつもよりも進出が早くなって4コーナーではすでに手ごたえが怪しかったのですが、直線に向いてもジリジリと進出。一時は先頭に立ちそうな勢い、、でしたが、最後は外を回ったコース取りの差が出ましたかね。内側を通った馬たちには追いつけませんでした。

これで、ラニはアメリカ3冠走って、9着⇒5着⇒3着。そもそも3冠すべてに走った馬も少ないなかで、十分すぎるほどの成績でしょう。そして、何より日曜の朝一に、ワクワクしながらアメリカ三冠を見られて非常に楽しい1か月でした。アメリカ三冠への日本馬挑戦という道を、久しぶりにその門戸を開放し、勝利への可能性も示したラニ陣営に感謝です。今後はアメリカに残るとのことなので、また秋はブリーダーズカップなどを目指して頑張ってほしいですね。

さて、本日の1点勝負は阪神9レースの三田特別から。

「ジュンヴァルカンとメイショウタチマチの馬連1点!!」

こちらで行きたい思います。

ジュンヴァルカンはヴァンキッシュランとも接戦を演じた馬で、ここでの実力上位は明らか。まず勝つとは思いますが、逆転するならメイショウタチマチ。この馬はちゃんとしたローテーションさえ踏んでいれば、オークスに出て善戦してもおかしくなかった馬で、前走は急仕上げながら後続の追い上げて勝ち切ったことは評価できます。今回はさらに上積みもあるとのことですので、さらにパフォーマンスをアップさせるでしょう。秋華賞挑戦に向けてここも恥ずかしい競馬にならないはずです。

エプソムカップの予想は続きから。

続きを読む