けいば手帖(旧サイト)/新サイトはページ内のリンクから

競馬ブログ3年目。2016年も、去年好評だった人気馬の弱点をとりあげる「買ってはいけない」、人気薄馬の買いどころを探る「切ってはいけない」は続ける予定。また今年は馬券の種類を問わず、いろいろな買い方にチャレンジしていきます。どうぞお付き合いください。

共同通信杯

【2014 ダイヤモンドS 共同通信杯 小倉大賞典 回顧】+阪急杯軸馬候補

●古馬なぎ倒しの、ダート明け4歳勢。

もう水曜になってしまい、先週の回顧をさっさと終わらせておきたいので、一気に更新!ただ、そのまえに、コパノリッキー勝利で改めて感じたことを。

・ベストウォーリア→すばるステークス
・ソロル→ポルックスステークス
・エーシンゴールド→アルデバランステークス
・ジェベルムーサ→フェアウェルステークス

ちょっと古いですが、
・ケイアイレオーネ→シリウスステークス


そして、今回の
コパノリッキー→フェブラリーステークス

オープン特別以上のレースで、明け4歳世代が、歴戦の古馬相手に完勝しています。

このほかにも、復帰待たれるサウンドリアーナ。復活(?)待たれるクリソライトなどもいる世代。それぞれレースごとの浮き沈みが激しいのが難点ですが、勝ったレースはどれも強い内容。これから各々が完成し、安定して力を発揮できるようになれば、かなり層の厚い勢力になりそうです。

一気の世代交代。大いに可能性があると思っています。


●阪急杯 軸馬候補
前走は、自分の競馬ができなかったのか、あえてしなかったかのか分からないが、今回はしっかりと逃げてくれることを期待。開幕週の馬場のアシストもあり、馬券圏内は外せない。

この馬⇒
上をクリックした先のランキング内(現在19位)の
けいば手帖のタイトル下の紹介文に掲載しています。


【2014 ダイヤモンドステークス 回顧】


ラップタイム:13.3 - 12.5 - 12.9 - 12.8 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 12.4 - 12.5 - 12.4 - 12.1 - 12.3 - 12.6 - 12.3 - 11.6 - 11.9 - 12.5

●レース総評

重賞とは思えない低レベルメンバー。スタートでフェイムゲームが大きく出遅れ、最後方からレースをすすめたが、たまらず、圧勝と言える内容。前走の好走はフロックではなかったのは、証明できた。

●各馬短評
1着:フェイムゲーム…ここでは力が違った。スタミナもあることは証明できたのは収穫。ただ、相手がこのメンバーだけに、今回の結果で天皇賞でどうこうは考えるべきではない。

2着:セイクリットバレー…終始内で脚をためて、直線久々にこの馬らしい切れ味を発揮。56キロなら近走の中では楽ができた。

3着:タニノエポレット…スタミナあるが、今回のメンバーで負けているようでは、重賞勝ちは遠い。


【2014 共同通信杯  回顧】


ラップタイム:13.0 - 11.6 - 12.1 - 12.6 - 12.9 - 12.5 - 10.9 - 10.9 - 11.6

●各馬短評
1着:イスラボニータ…レースセンスの高さはダントツ。「折り合いに苦労した」との談話だったが、直線も余裕の手ごたえなのだから、強い。血統的に距離が心配だが、皐月賞までなら当然有力。

2着:ベルキャニオン…道中の運び、仕掛けのタイミング共に絶妙な騎乗を見せたが、1着馬には及ばず。力差は大きい。

3着:サトノアラジン…これまでの反省を活かしたかのように、早めに仕掛けていったが、最後は余力がなかった。現時点での力はここでは通用しなかった。まだ本格化は先とのことで、秋に備えた方がいいかもしれない。


【2014 小倉大賞典 回顧】


ラップタイム:12.5 - 11.2 - 12.2 - 12.2 - 11.3 - 11.3 - 11.4 - 11.4 - 11.8

●各馬短評
1着:ラストインパクト
…自ら動いて、外からまくり、最後まで持たせるのだから強い。ここでは力が違った感じで、さらに上のメンバーとも互角にやれそう。

2着:カフナ…1枠で脚を貯められたのがよかった。

3着:ブレイズアトレイル…決して恵まれた展開ではなかったが、しぶとく伸びた脚は評価できる。相手なりで今後も注目。

その他では、アロマティコは大外分回しだったことを覚えておきたい。


【おすすめサイト】

「無料情報で当たらなければ信用出来ないっ!」


まさにその通りです!
ではお見せしましょう!

『タダ』でもしっかり当る無料情報を!


2014年2月16日には血統評論家、
栗山求氏の京都記念(G2)無料予想で
『81万5400円』の獲得金を実現!

無料でもフルパワーでお届けしているだけに、
渾身のプロ予想が炸裂!


この結果を嘘だと思いますか?


もちろん、いきなりこんな事を言われても信じられないと思いますので、
アナタが満足するまで半永久的に無料でお届けします!


■無料情報なのに高額的中を叩きだしている情報とは!?

【2014 共同通信杯 予想】+WIN1

コパノリッキーショックが続く中の月曜競馬。今日は、当てて立ち直りたいところです。。。。

◎WIN1(厳選1レース単勝3000円勝負)

的中実績
1/19の中山10R:フェスティヴタロー
1/25の京都9R:ヒュウマ
2/1の東京10R:マイネルディアベル
2/9の京都12R:ナリタハリケーン
2/15の京都9R:ステファノス
2/16の京都10R:マーティンボロ
2/17の東京10R:プロモントーリオ
2/18の東京10R:タールタン

一昨日のシルクドリーマーに引き続き、昨日のシャイニープリンスも直線で進路を閉ざされる不利。もちろん、スムーズでもノーブルジュエリーに勝っていたかと言われれば疑問ですが、残念でした。。。

6週連続目指すラストチャンス
本日は東京10Rから!

良血ながら、雨に泣かれたり、出遅れや、展開に恵まれなかったりと、あと一息の印象ですが、今回は良馬場の東京コースと条件がそろった。乗り替わりにも勝負気配ありで、このメンバーなら勝っておきたい。

この馬⇒
上をクリックした先のランキング内(現在19位)の
けいば手帖のタイトル下の紹介文に掲載しています。

◎ROLLING3

昨日も1戦目2戦目は勝利で転がるも、最終ラウンドでハズレ。3つ当てる難しさを感じてます。。。。
しかし、2日で6戦4勝、先週も6戦4勝なので、馬券圏内に66%以上の確率で入線しているので、軸馬の参考にでも。。ただ、今日は転がしている余裕がないのでやめておきます。


【共同通信杯 予想】

●結論
◎ピオネロ
とにかく京成杯組はレベルが高い。昨日のヴォルシェーブも結果につながった。この馬も東京替わりはプラスで、実際に2走前は勝っている舞台。クラシックまでは通用しないかもしれないが、今回のメンバー相手ならチャンス十分とみる。

○イスラボニータ
レースセンス高く、安定した走りが魅力。プレイアンドリアルに勝ったように、このメンバーなら力上位だろうが、ただ休み明けで人気なだけに評価は対抗までに。

▲サトノアラジン
ラジオNIKKEI杯2歳Sではちぐはぐな競馬ながらも最後は3着まで突っ込んできたのは評価できる。血統背景から東京コースは得意なはずで、そろそろ結果を残さないとクラシック路線にのるのが苦しくなるので、厩舎にも勝負気配が漂っているだろう。

☆ショウナンワダチ
朝日杯では大外から出遅れ。直線も大外まわしで、本来の競馬ができなかった。東京コースは鋭い伸び脚で快勝していて、好条件に戻る今回は巻き返しの可能性十分。

△ハギノハイブリッド
△ベルキャニオン
△ローハイド
△ガリバルディ

●買い目
3連複フォーメーション
11-5,6,7-1,2,4,5,6,7,14
15点100円

7,11-1,2,4,5,6,14
6点500円


~PR~

突然ですが、ひとつ質問です。


競馬で100%金を作る方法は何だか知ってますか?


それは・・・
「競馬場で働く事です!」

売店でもいいですし、芝刈りでも構いません。
そうすれば競馬場でお金が減ることはなく、むしろ増えます!

でも、それじゃさすがに夢もなければ楽しさもないですよね(笑)


そうです!
競馬は楽しく激しく元気よく!

楽しく稼げたら最高ですよね?


そんな楽しく効率よく、毎週の競馬に役立つ
他では聞けない『秘密の情報』を今なら完全無料で公開中です♪

■楽しく役立つ『秘密の情報』をタダで手に入れる

【2014 共同通信杯 有力馬前走チェック】+明日の東京競馬も中止

●明日2/15(土)東京競馬 開催中止→2/18(火)へ代替に

まあ、そりゃそうでしょ(笑)。明日は雨に代わるとはいえ、現時点でそう簡単には溶けないぐらいの降雪量。それにしても、火曜日までずれ込むとなると、本当にせわしない。グリーンチャンネルの「先週の結果分析」が水曜日になるだろうし、その後すぐ土日、しかもG1となると、こっちのリズムも狂いそうで、、、、そろそろ雪、ちょっと迷惑だわ(苦笑)。


【共同通信杯 有力馬前走チェック】


●東京スポーツ杯2歳S 東京芝1800m

1着:1番イスラボニータ…前々走とともに、レースセンスを感じさせる勝ちっぷり。まともに走っているプレイアンドリアルに先着したことも大きければ、1800mまでなら守備範囲だろうし、今回も崩れることは考えにくい。

●ラジオNIKKEI杯2歳ステークス 阪神芝2000m


3着:3番サトノアラジン…伸びあぐねてジタバタしながらも3着まで突っ込んできたあたりに力は感じる。東京代わりなら、これ以上には能力を発揮できそう。期待の良血馬もそろそろ走らないと、クラシックに間に合わなくなるので、ここは何としてでもの気持ちだろう。ただ、こういう馬は軸には絶対したくない!(笑)。

7着:15番マイネルフロスト…差し競馬の中ではよく粘っているほう。今回スローペースになりそうなので、先行すれば前回よりも着順が上げられる可能性は高い。


●朝日杯FS 中山芝1600m

6着:16番ショウナンワダチ…朝日杯はレベルが低かったと言われながら、出走馬はその後プレイアンドリアルやマイネルディアベルなど巻き返している。この馬も大外枠からの不利とされる競馬のなかでの6着なら見限れない。距離は不安もスローの瞬発力勝負なら出番あり。


●福寿草特別 京都芝2000m

3着:ガリバルディ…前残りの展開ではあったが、最後はハギノハイブリッドに外から差されるなど、とくに可能性を感じなかった。評判は高かった馬だが、兄マルカシェンクまでにも届かないかも。

以上、やはり軸はこの馬で決まりでしょう!

この馬⇒
上をクリックした先のランキング内(現在23位)の
けいば手帖のタイトル下の紹介文に掲載しています。

プロフィール

手帖主

中学1年のときに友人に借りたダビスタⅢをきっかけに、競馬の楽しさを知る。

はじめて好きになった馬はマヤノトップガン。97年の天皇賞・春は今でも唯一無二のベストレースだが、当日に中学3年時の文化祭があり、生で見られなかったのが今でも悔やみきれない。

高校1年のとき、サイレンススズカの悲劇を境に一旦競馬との距離を置こうと思うも、グラスワンダーの復活劇に魅せられ再び夢中になる。

その後も地元の関学に通いながら仁川で競馬を見続け、大学卒業後は上京して今は府中が主戦場。

某広告代理店で働くかたわら、このブログを運営中。

間もなく、リニューアルしてより充実の内容でお届けしたいと思っています。

SNS
応援クリックお願いします。
ご意見募集中
記事検索
逆アクセスランキング
人気ブログランキング
にほんブログ村
アクセスカウンター

    タグクラウド
    • ライブドアブログ