けいば手帖(旧サイト)/新サイトはページ内のリンクから

競馬ブログ3年目。2016年も、去年好評だった人気馬の弱点をとりあげる「買ってはいけない」、人気薄馬の買いどころを探る「切ってはいけない」は続ける予定。また今年は馬券の種類を問わず、いろいろな買い方にチャレンジしていきます。どうぞお付き合いください。

京都牝馬ステークス

【2014 京都牝馬S 回顧】+春から“どこでも競馬”が実現する件

◎「グリーンチャンネルweb」

3月からグリーンチャンネルが、PCやタブレット、スマホで見られるようになるらしい。

今は、週末の競馬の時間に外出していると、スマホ版のJRA-VANでレースチェックをしているのですが、レースが見られるのは発走時間の5分後。実は、これってけっこう致命的なんですよね。たとえば今の時期なら、中山のレースを見終わって、京都のレースを買おうとしても締め切りが近くて間に合わないのです。

でも、グリーンチャンネルならリアルタイムでレースが見られるので、自宅に居るように“どこでも競馬”ができてしまう。電車で揺られながら、カフェに居ながら、居酒屋で飲みながら(笑)。あと、競馬場でも席に座りながら、ターフビジョンで放映の無いレースも見られるわけですね。相当便利だなー、と考えつつ、参加レースが増えそうで。。困ったものです。。。


【京都牝馬ステークス 回顧】

ラップ12.5 - 11.1 - 11.5 - 12.0 - 11.8 - 11.8 - 11.1 - 11.2

●レース総評
前半35.1、後半34.1。今の京都らしい、インコースを舞台にした瞬発力勝負になった。そのなかで、うまく立ち回って32秒台の脚を使ってイン差しを決めたウリウリが勝利。もちろん馬も強いが、スタート直後からインを意識した浜中騎手の立ち回りが秀逸だった。これで、1月開催の京都重賞はすべてディープインパクト産駒が勝利。来週以降もこの傾向が続くか注目ですね

●各馬短評
1着:ウリウリ・・・外枠発走だったので評価を下げたが、浜中騎手の内をつく好騎乗で見事勝利。前走といい、馬群の中を鋭進してくる姿には迫力がある。2着ドナウブルーとは斤量差によるところはあるが、実力はほぼ互角と考えていい。春までさらに成長すれば、ヴィクトリアマイルでも十分に通用しそう。

2着:ドナウブルー・・・先行して、直線抜け出そうとする正攻法の競馬。勝ち馬との4kg差は大きかった感じで切れ負けしてしまった。ただ、力は存分に出し切った、引退レース。花道を飾ることはできなかったが、将来生まれてくる子どもにも大いに期待したい。

3着:ノーブルジュエリー・・・スピード豊富でひっかかる馬も、ルメールの腕で制御が効いた。距離的には京都だから1600mがもった感じで、他の競馬場だと疑問。今後は、マイル路線よりもスプリント戦線で見てみたい。

ノボリディアーナはためる競馬をしてしまったので、持ち味を発揮できず。穴で狙ったチャーチクワイアも京都の切れ味勝負だと分が悪い。そしてやはり、ダイワメジャー産駒の今開催の京都は散々。エアジェルブロワやゴールデンナンバーは阪神・中山で、当然見直せるでしょう。

というわけで、次走狙いたい馬はこの馬!
外からよく追い込んでいる。今回は馬場が合わなかっただけ。ただ人気も落ちないだろうというのが悩みどころです。
この馬→

上をクリックした先のランキング内(現在21位)の
けいば手帖のタイトル下、紹介文に掲載しています。



~PR~

さて、明後日1月29日(水)には川崎競馬場で、川崎記念(G1)が行われますね。
年末年始の地方交流レースで的中連発しているのがこのサイトです!
===================================
2013年12月25日名古屋10R 名古屋グランプリ 3連単79.1倍的中!
2013年12月29日大井10R 東京大賞典 3連単5.6倍的中!
2014年1月22日大井11R TCK女王杯 3連単25倍的中!

一般メディアでは決して知り得ない<<人気の盲点>>にはある法則が・・・
===================================

ホッコータルマエの取りこぼしは本当に無い?
約3年ぶりにダートを走るムスカテールがアッと言わせる可能性は?
武豊騎手はトウショウフリークでどんな作戦でホッコータルマエに挑む?

当サイトが誇るデータ分析班では既に川崎記念の激穴情報を入手済み。

【2014 京都牝馬ステークス 予想】ドナウブルー有終の美

TARO君、どうも。勢いのない人です(笑)。

でも、ここに書くのは何ですが、ここに書いていないレースでちょこちょこ馬券を取って、そこそこの回収率なんで。(はい、すいません。)

今週はここでも何とかスマッシュヒットをしとめたい。

また、来週は開催代わりで中山→東京。
京都もBコースに変わるので
ここで一気に今月プラスを決めておきたいです。


◎本日のWIN1(厳選1レース単勝3000円勝負)

先週は、フェスティヴタローを指名して的中!
ここも勢いに乗って、
本日は京都9Rからこの馬の単勝を買います。

この馬⇒
上をクリックした先のランキング内、けいば手帖の紹介文に掲載しています。)
※リンク先のブログランキングを統合しました。その結果現在23位くらいになります。


◎本日のROLLING3(複勝ころがし3000円スタート)
ここも今週はなんとか当てたい。最終のドキドキ感をぜひ味わいたいものです。
今日転がす馬はこちら!

中山9R:カフェヒミコ→京都10R:ウイントゥモロー→中山11R:ドラゴンフォルテ


【京都牝馬ステークス 予想】

週中の前走チェックは→こちら!

●馬場状態
基本的には内有利のスピード馬場。ただ、さすがに4週目を迎え、そろそろその様相も変わってきてもいい。とはいっても、外から一気の追い込みはつらい。三分どころぐらいがいい。

●血統
今開催の京都は、内枠のディープインパクト産駒は鉄板に近い。調べてみると、500万下以上のレースで1枠に入ったディープは(2,2,0,1)。2枠(0,0,2,1)3枠(0,1,0,1)と、まず3連系なら信頼していい。

●レース展開
特段逃げ馬がいないが、ノボリディアーナが枠の関係ですんなりと逃げる形になり、スローペースの可能性大。馬場ということではなく、展開面から先行内枠有利という競馬になりそう。

●結論

◎ドナウブルー
枠、馬場、展開。引退レースに好条件がそろった。唯一斤量の56kgが気になるが、マイルの一線級と戦ってきた格の違い、得意の舞台なら問題ない。先行し、内側の4,5番手から直線しっかり伸びて有終の美を飾る。

○ノーブルジュエリー
前走、内の窮屈なところを馬群をさばきながら、抜け出した内容は秀逸。気性が勝っているタイプで、休み明けも問題ない。あとは距離がどうかだが、今の京都はスタミナよりスピードが求められるので、大丈夫だろう。若干外枠に入ったが絶好調ルメールの手綱に応えて、ベストなコース取りで勝ち負けになる。

▲ノボリディアーナ
フレンチデピュティ産駒らしい、しぶとい伸び脚が身上の馬。ここも内を引いて、先手を楽にとれるのは強み。あとは早めにしかけていけば、逃げ残りという可能性も十分。京都コースも3,0,0,1と相性もいい。

☆チャーチクワイア
1000万下の常連も、前走勝ち上がり、一気の格上挑戦。相手なりに走るタイプで、初の重賞挑戦でも面白い存在。

△ウリウリ
素質十分で、内に入れば積極的に買ったが、さすがにこの枠なら、コース取りに苦労しそう。思ったよりも人気なので、ここはあえて評価を下げてみる。

△クラウンロゼ
△エアジェルブロワ
△プリンセスジャック

◎買い目
3連複フォーメーション
3-1,5,10-1,3,4,5,6,10,12,14
15点200円

3連複2頭軸
3,10-1,4,5,6,12,14
6点500円


【PR】

今月も、的中連発!
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■1月11日中山11R 招福ステークス ◎イッシンドウタイで3連単⇒18,690円的中!
■1月12日中山8R 4歳上500万下 ◎プレミアムタイムで3連単⇒55,190円的中!
■1月19日京都11R 日経新春杯 ◎サトノノブレスで3連単⇒4,700円的中!
■1月19日中山2R 3歳未勝利 ◎リサプシュケで3連単⇒97,180円的中!

一般メディアでは決して知り得ない<<人気の盲点>>にはある法則が・・・
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◎ヴェルデグリーンは昨年秋優勝のオールカマーと同じ舞台なら勝ち切れる?
◎昨年のアメリカJCCを勝ったダノンバラードは復活勝利できる?
◎サダムパテックの本当の距離適性は?

当サイトが誇るデータ分析班では既にアメリカJCC 2014の激穴情報を入手済み。

無料登録でアメリカJCC 2014の3連単情報をGETする⇒
プロフィール

手帖主

中学1年のときに友人に借りたダビスタⅢをきっかけに、競馬の楽しさを知る。

はじめて好きになった馬はマヤノトップガン。97年の天皇賞・春は今でも唯一無二のベストレースだが、当日に中学3年時の文化祭があり、生で見られなかったのが今でも悔やみきれない。

高校1年のとき、サイレンススズカの悲劇を境に一旦競馬との距離を置こうと思うも、グラスワンダーの復活劇に魅せられ再び夢中になる。

その後も地元の関学に通いながら仁川で競馬を見続け、大学卒業後は上京して今は府中が主戦場。

某広告代理店で働くかたわら、このブログを運営中。

間もなく、リニューアルしてより充実の内容でお届けしたいと思っています。

SNS
応援クリックお願いします。
ご意見募集中
記事検索
逆アクセスランキング
人気ブログランキング
にほんブログ村
アクセスカウンター

    タグクラウド
    • ライブドアブログ