けいば手帖(旧サイト)/新サイトはページ内のリンクから

競馬ブログ3年目。2016年も、去年好評だった人気馬の弱点をとりあげる「買ってはいけない」、人気薄馬の買いどころを探る「切ってはいけない」は続ける予定。また今年は馬券の種類を問わず、いろいろな買い方にチャレンジしていきます。どうぞお付き合いください。

ホッコータルマエ

川崎記念2016予想~回収率400%以上の勝負~

---------------------------------------
[2015年秋G1シリーズ実績]
スプリンターズS◎サクラゴスペル・天皇賞秋◎ステファノス
エリザベス女王杯◎タッチングスピーチ・マイルCS◎フィエロ
ジャパンカップ◎ラストインパクト・阪神JF◎ウインファビラス
魅力ある軸馬を推奨しているので参考にしていただければ幸いです。
2015年の重賞勝負馬の通算成績⇒【19,12,20,72】 (123戦中51戦で馬券圏内)。
2016年の重賞本命馬の現在成績⇒【2,2,0,5】(単勝回収率166%・複勝回収率108%)。
TWITTERもやってます。
---------------------------------------
こんばんは。

明日はバタバタしそうなので、早めに川崎記念の予想を上げておきます。
続きを読む

東京大賞典2015予想ー3強の1角崩しならこの馬!ー

----------------------------------------
単複馬券で2015年の回収150%を目指すブログです。   
購入馬券はTWITTERで公開。個人成績も開催替わりに公開しています。
スプリンターズS◎サクラゴスペル・天皇賞秋◎ステファノス
エリザベス女王杯◎タッチングスピーチ・マイルCS◎フィエロ
ジャパンカップ◎ラストインパクト・阪神JF◎ウインファビラス
魅力ある軸馬を推奨しているので参考にしていただければ幸いです。
2015年の重賞勝負馬の通算成績→【19,12,20,72】 (123戦中51戦で馬券圏内)。
---------------------------------------
おはようございます。

本日は、地方交流を総決算、東京大賞典2015です。

といっても、 有馬記念ほどの高配当は見込めないレースなので一発逆転というのは無謀でしょう。ただ、的中して気分よく年を越すためには、 良いレースだと思ってます。では予想へ。
 
続きを読む

チャンピオンズカップ2015で予想オッズ人気馬ノンコノユメを買ってはいけない!

----------------------------------------
単複馬券で2015年の回収150%を目指すブログです。   
購入馬券はTWITTERで公開。個人成績も開催替わりに公開しています。
スプリンターズS◎サクラゴスペル・天皇賞秋◎ステファノス
エリザベス女王杯◎タッチングスピーチ・マイルCS◎フィエロ
ジャパンカップ◎ラストインパクト
魅力ある軸馬を推奨しているので参考にしていただければ幸いです。
2015年の重賞勝負馬の通算成績→【18,9,20,65】 (112戦中47戦で馬券圏内)。
---------------------------------------
こんばんは。

すいません、日が空きました。
水曜日にオペで、昨日は一日悶絶。今日になって傷口の痛みも徐々に治まってきたので、なんとか更新します。もう金曜日の夜になりましたし、気持ちを切り替えて競馬に臨まないと。ですからね。

というわけで、今日は買ってはいけない!のコーナーです。

予想オッズ的にはホッコータルマエ、ノンコノユメ、コパノリッキーが3強という感じなので、その中のどれかを選ばないとなぁと思っていろいろと死角を探りました。ホッコータルマエは前走ちょっと負けすぎな感じもあり今回は仕上がりが間に合ったか、コパノリッキーは前年同様にスタートが不安で若干内側の枠も決して良いとは思えないのですが、今週はこの馬で行きます!

チャンピオンズカップ2015で予想オッズ人気馬
ノンコノユメを買ってはいけない!

その理由はこちら!


 
続きを読む

高橋みなみ卒業発表+チャンピオンズカップ回顧

●高橋みなみ、卒業ドッキリ⇒マジ卒業。

報道によると、秋元康から話が出て卒業が決まったのが、10月末。
一方、ナイナイから「高橋みなみは卒業します!」と言われて、卒業ドッキリが始動したのが11月上旬。

昨日の発表で今回のめちゃイケSPが一気に、さまざまなパラドックスを孕んたものとなりました。卒業発表を控えていたことを考えると、卒業を伝える涙と残るメンバーへのスピーチは、半ばマジ。ドキュメンタリー番組として、もう一度見直せますね。

来年でAKB10年経つらしく、秋元氏から卒業の話を切り出したあたり、グループとしてもそろそろ店じまいなんでしょうか。モー娘。でいえば安倍なつみ卒業あたりの段階なのかな。もっとも、まだ1年後とのことなので、その間に、他のメンバーも次々と卒業するんでしょうけどね(笑)。


●2014 チャンピオンズカップ 回顧

1着:ホッコータルマエ…ついに中央ダートG1、悲願の制覇。クリノスターオーに適度なプレッシャーを与えながら自分のタイミングで抜け出して、後続もしっかりと抑えきった。横綱競馬で堂々の勝利。やはり前走からの状態アップは確かだった。

2着:ナムラビクター…最後まで取捨に迷ったが、久々の左回りで戸惑うところもあるだろうという安易な理由で切ったのが間違い。相手なりに走ってきた個人的な好きなタイプの馬だけになおさら悔やまれる。。

3着:ローマンレジェンド…休み明けと、エルムS以前の内容から軽視していたが、本調子に戻りつつある。ここを叩かれた次戦、東京大賞典に向けては期待大。

対抗に推したクリノスターオーは単純に力負け。夏場から使われてきた疲れもあったかもしれない。立て直せば、G2G3では当然有力でしょう。

それ以外の4歳馬たちも、先手をとれず終始アタフタしていたコパノリッキーに代表されるように、多頭数のダートG1経験がまだ足りなかった。しかし、実力はかなりのものがあるので、場数を踏んだのちの来年5歳以降、ダート界を席巻するのはほぼ間違いないところでしょう。

よって次走に向けての注目馬は
この馬⇒
※クリックした先のランキング内(現在39位くらい)「けいば手帖」のタイトル下に記載しています。。

実力があるのは、これまでのレース内容から周知の事実。次走、東京大賞典になるのかは不明ですが、出てくればホッコータルマエ相手でもねじ伏せて、全く不思議はない。

---

今週は大波乱必至の難解レース、
阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)の予想で使える、
絶対に抑えておきたい馬券ポイントをお教えします!

■前走の「距離」がカギに!?


過去10年の3着以内馬30頭中16頭は、前走の距離が1600m以上でした。
前走が1600m以上だった馬は、1600m未満だった
馬に比べて好走率が高いデータがあります。
臨戦過程を比較する際は、前走で今回と同じか、
今回よりも長い距離のレースに出走していた馬に注目してください。


■阪神コースだが近年は「関東勢」が有力!?

過去6年の3着以内馬18頭の内訳は、
関東馬と関西馬がそれぞれ9頭ずつとなっています。
勝利数では関西馬が関東馬を上回っているものの、
連対率と3着成率では関東馬が優勢というデータがあります。
2007年以前は地元の関西馬が上位馬の大半を占めていましたが、
近年の傾向を重視するなら関東馬を軽視するのは危険です。


そんな波乱必至の阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)ですが、
激走する馬には全て「ある特徴」があり、その信憑性は激高!?

そんなココでしか知る事の出来ない
阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)
「マル秘情報」を完全無料で公開中!



【2014 チャンピオンズカップ 予想】+WIN1,ROLLING W

おはようございます。昨日はROLLING Wが成功。500円→460円とこの企画最高の配当になりました。今日ももちろん連続達成狙いで、魅力的な穴馬を推奨していきたいと思います。
 
●本日の芝コース展望
中山は、2日目 Aコース使用。昨日のレースを見る限り、例年の冬の中山らしくタフな馬場でした。軸にするならパワー血統がいいと思います。
 
阪神は、2日目 Aコース使用。昨日のアクションスターしかり、やはり京都でキレ負けした馬たちの逆襲が目立ちましたね。差しも届きますが、基本イン有利でいいと思います。

中京は、2日目 Aコース使用。こちらも例年通り差しが届く馬場でした。とくに短距離は、距離短縮狙いが正解だと思います。
 
◎WIN1(厳選1レース単勝3000円勝負) 
的中実績
1/19の中山10R:フェスティヴタロー(3.6倍)
1/25の京都9R:ヒュウマ(5.4倍)
2/1の東京10R:マイネルディアベル(4.1倍)
2/9の京都12R:ナリタハリケーン(3.3倍)
2/15の京都9R:ステファノス(6.0倍)
2/16の京都10R:マーティンボロ(4.3倍)
2/17の東京10R:プロモントーリオ(4.0倍)
2/18の東京10R:タールタン(6.0倍)
3/2の阪神11R:コパノリチャード(4.8倍)
3/15の阪神9R:シャンパーニュ(8.5倍)
3/21の中京8R:ナリタポセイドン(2.3倍)
4/26の東京12R:チェリーヒロイン(5.1倍)
4/27の京都12R:サウンドデューク(6.5倍)
5/24の京都12R:サンライズピーク(3.9倍)
7/5の福島10R:レイトライザー(5.1倍)
7/12の中京11R:プリムラブルガリス(4.4倍)
7/20の福島11R:マヤノリュウジン(6.3倍) 
8/9の小倉10R:キタサンエピソード(4.7倍)
8/16の新潟12R:シベリアンスオード(3.4倍)
10/14の京都11R:ラストインパクト(5.2倍)
10/18の京都10R:イリュミナンス(3.7倍)
10/26の京都10R:トウシンモンステラ(2.4倍)
11/2の東京12R:グランフィデリオ(4.4倍) 
 
96戦23勝 回収率104%

昨日のエアソミュールは、道中かかってしまい、3着に敗れてしまいました。ただ、力のあるところは見せた形。今後も1600~2000mの重賞では中心でいいと思います。

本日は阪神11R:タンザナイトSより
この馬⇒
※クリックした先のランキング内(現在39位くらい)「けいば手帖」のタイトル下に記載しています。。

・根拠
サトノルパンがおそらく1番人気になるだろうが、勝つとなると、脚質的に全幅の信頼はおけない。それならば、阪神にかわれば一変するこの馬を推したい。京都の高速馬場では届かなかった差し脚がここで炸裂する。
 
 ◎ROLLING W<ダブル>(推奨2レース、複勝ころがし3000円スタート)

阪神11R:キクノソル
前走はマイルで少し忙しかった模様。仕上げ途上だったとのコメントもあり、今回は状態もアップ。得意の4つのコーナーのあるコースに戻れば十分巻き返せる。
中山11R:メイショウスザンナ
最近は33秒台の上りタイムを記録しつつも、展開が向かず不発が続いている。差しが届く中山に変われば今回一変があってもいい。気難しい馬でもあり、今回のブリンカー効果にも期待できる。

【2014 チャンピオンズカップ 予想】
ダート戦線の一線級がそろい、まさにチャンピオンズカップの名にふさわしいレースになりそう。

見ごたえ十分のメンバーの中から、本命はホッコータルマエとしたい。前走は明らかに仕上がり途上で、狙いはここといった調整だった。それでもしぶとく4着。ドバイを除けばG1で崩れてもおらず、ここも良枠。人気もそこそこに落ち着いているので、ここは軸としての信頼度は高い。

対抗はクリノスターオー。前走はマークされる形できつい競馬を強いられた。今回はプレッシャーから解放されて鞍上も強化。前々走までの内容から、G1でも十分期待できる。

コパノリッキーは今回一番人気を背負いマークがきつくなると考えて、三番手まで。

夏から復活をうかがわせるクリソライトも、本調子に戻れば勝負になっていい。

◎ホッコータルマエ
○クリノスターオー
▲コパノリッキー
☆クリソライト
△インカンテーション 
△グレープブランデー
△ワンダーアキュート
△ローマンレジェンド
 
●買い方
3連複2頭軸が本線
◎○ー▲☆△

さらに3連単フォーメーション
◎→○▲→○▲☆△で高配当も期待したい。

3連複フォーメーション
◎ー○▲☆ー○▲☆△が抑え。

★★━━━━━━━━━━━━━━━★★
 新たな歴史に名を刻むダート頂上決戦!
 
  第15回 チャンピオンズカップ(G1)
★★━━━━━━━━━━━━━━━★★

昨年までのジャパンカップダートという名称から、
新たに生まれ変わったチャンピオンズカップ。

今年は絶対的と言えるダート馬はおらず、群雄割拠の一戦!

当時は信頼度の高かった馬も今では高齢。

そんな中、砂王の座に輝く可能性が限りなく高いのは、
実はあまり注目されていない「あの馬!」


順当にはいかない!
何かが起こる今年のチャンピオンズカップ!


今年、砂王に輝くのは「●●●●●●●」!


そんなチャンピオンズカップ(G1)、
ココでしか知る事の出来ない
マル秘情報を期間限定無料公開中!

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

こちらをクリック!

今回は難解レース、チャンピオンズカップ(G1)の予想で使える、
絶対に抑えておきたい馬券ポイントをお教えします!



■JBCクラシックからの臨戦に注目!

まず、過去10年のジャパンカップダート出走各馬の前走のレースを調べると、
該当馬が10頭以上いたレースでは、JBCクラシック組が連対率・複勝率で
トップの数値をマークしているというデータがあります。

勝率では南部杯・みやこS・武蔵野S組を下回っていますが、
2・3着馬は計10頭を数えており、要注目の臨戦過程として要チェックです。



■中京ダート1,800mは逃げ先行を押さえろ!

中京競馬場がリニューアルされた2012年から今年7月までにダート1800mで行われた
90レースの4コーナーの位置別成績を調べると、4コーナーを先頭で回った馬が
連対率で48.9%、3着内率では60.0%と圧倒的な数値を叩き出しています。

また、それに続くのも2~5番手組で、
4コーナーを先行集団で通過した馬が好成績を残す傾向にある。

今年も出走各馬の位置取りには注目しておきたいところです。


そんな波乱必至のチャンピオンズカップ(G1)ですが、

激走する馬には全て「ある特徴」があり、その信憑性は激高!?

そんなココでしか知る事の出来ない
チャンピオンズカップ(G1)「マル秘情報」を完全無料で公開中!
登録はこちらから!

livedoor プロフィール
SNS
応援クリックお願いします。
ご意見募集中
記事検索
逆アクセスランキング
人気ブログランキング
にほんブログ村
アクセスカウンター

    タグクラウド
    • ライブドアブログ