けいば手帖(旧サイト)/新サイトはページ内のリンクから

競馬ブログ3年目。2016年も、去年好評だった人気馬の弱点をとりあげる「買ってはいけない」、人気薄馬の買いどころを探る「切ってはいけない」は続ける予定。また今年は馬券の種類を問わず、いろいろな買い方にチャレンジしていきます。どうぞお付き合いください。

バンドワゴン

【2014 きさらぎ賞 回顧】+ナイナイのオールナイト終了か。

●「ナインティナインのオールナイトニッポン」がついに終了か。

「まだ詳しいことは言えませんが、どっちを向いても感謝です」。笑っていいとも終了告知の際タモリさんが使った言葉をパロって、そう岡村さんが発言しても、矢部さんは全く突っ込まず。

番組本「オールナイトニッ本」最終号発売の告知の後、“2月中に重大発表がある”と予告があり、嫌な予感はしていたのですが、どうやら再来週あたり「3月いっぱいで終了」の発表がありそうです。

このラジオは、今春で20周年。聞き始めたのは中学のときで、ちょうどお笑い番組にハマりだしたころ。当時からテレビよりも尖った発言連発で、下ネタも満載。“本当に面白いのはテレビよりラジオ”と熱中していました。とくに、はがき職人が書くネタのクオリティが高くて(当時は、あそうたかし、たにぐちまさと、ロッドマンうちだ、とかが活躍していた)、世の中に面白いことを考えられる人がこんなにいるんだと、感心しながら現在まで聞いています。

昨年は、同じく愛聴していたSuntory Saturday Wedding Bar Avantiも終了し、生活の一部になっているラジオ番組がなくなるというのは、つくづくさびしいものです。どちらの番組も20年以上続いたわけで、もう30歳を超えた自分のことをしみじみと感じてしまいますね。

特に競馬と関係ない話を長々と書いて、すいません。
でもなぜこんなことを書いたかというと、いつも同様(←おい!)、
この「ナイナイのオールナイトが終わる」という予想は当たってほしくないからです。(笑)


【2014 きさらぎ賞 回顧】

 

ラップ:13.0 - 11.5 - 11.3 - 11.6 - 12.5 - 12.2 - 11.9 - 11.6 - 12.0

●レース総評
バンドワゴンが出負け。しかし、途中から行く気をみせて、オールステイを道中追い越す形で先頭へ。結果前半は59.8秒。湿った馬場を加味すれば平均よりもやや速い流れになった。それでも直線でバンドワゴンは後続を引き離し、そこをトーセンスターダムが外から追い上げるという、見どころ十分のマッチレースに。結果はトーセンスターダムがアタマ差抑えて勝利した。お互いにまだ未完成の部分のあるなかで、このようなレースを見せたことは互いのレベルの高さを証明した感じ。休み明けのエイシンエルヴィンが内から伸びて、3着には入ったが、後は競馬にならず、力差を感じさせる内容だった。

●各馬短評
1着:トーセンスターダム…相手馬を目標にきっちりと差し切る騎乗は、往年の武豊を感じさせる。また、馬体が完成途上でもしっかりと差し切る競馬が板についてきたのは、収穫。よっぽど京都が合うのだろうという走り方で、皐月賞、ダービーまではまだまだ課題があると思うが、有力馬の1頭にはなった。

2着:バンドワゴン…かかりぎみで先頭にたって、それでも押し切ろうという競馬。このレースで後続を直線突き放して、ぎりぎりまで粘るのだから能力は大したもの。どうもアンカツさんはこの馬の評価が低いようで、僕は、そうでもないぞと逆らってみたりします(笑)。また、今回みたいに出負けしても下手に抑えず、積極的にハナを切ってほしいですね。

3着:エイシンエルヴィン…前走勝った新馬戦の内容が相手も平凡だったことで軽視していたが、思ったよりも強かった。内側でじっくりと脚をためた騎乗もうまかった。

期待したサトノルパンは予想よりも後方に待機したまま、直線も伸びてこれず。次走以降も注目ですが、ちょっと負けすぎな感じもあり。ピークトラムは、京都は湿っても向かなかったか。。。

次走狙い馬はふつうにこの馬で!

この馬⇒
上をクリックした先のランキング内(現在19位)の
けいば手帖のタイトル下の紹介文に掲載しています。


~PR~

こんにちは。
中山です。


突然ですが
私がここまで、有料の競馬情報サイトを
徹底的に調べるようになったのは、
他でもなく、

「 散々に騙され続けたからです 」

はじめはちょっとした好奇心で、

「 競馬は確実な投資です 」

なんて謳うサイトを信じて利用しました。

でも、高額な情報を購入しても的中すらせず。
しかも、外れれば、外れる程、
高額な情報を薦めてくる有り様で…
それにまんまとはまってしまい、
高い勉強料を支払ってしまいました。

とはいっても、競馬素人の私に自分で予想して、
馬券で負け分を取り返すことはできません。

そこで
「 本当に当たる情報を提供している
  競馬情報サイトを探そう 」
と、一念発起した次第です。

今までに何百というサイトに登録、
検証をしてきましたが、
これだけは、はっきりと言えます

「 世の中に当たる競馬情報サイトは存在します 」

ただ、何百というサイトを見てきても、
それはほんの一握りです。
これを見た皆さんが、悪質な競馬情報サイトに
高額な情報料を支払って、悲しい思いをする前に
私の経験でここなら安心、
というサイトを紹介したいと思います。

↓↓今週の京都記念でオススメしたいのがココ!!↓

結局のところ、競馬で儲けようと思って自分で予想をして
馬券を買っても損するだけ。

詳しい知識もないのに3連単を当てようなんて
そりゃ都合のいい話になってしまいますよね。

すぐに結果を求めたい、安定して
結果を求めたいのならやはり
競馬情報サイトの情報を購入するのが
最も近道だと思います。
 
予想に料金を払うのが勿体ないなんて
言う人もいるかもしれませんけど
自分で当たらない予想をするよりか
全然マシですよね。

そこは必要経費だと割り切って確かな
情報を提供してくれる情報サイトを選んで利用することをおススメします。

私はここ1か月で300万程度の利益を出しましたけど、スゴい
会員さんは1ヶ月で1000万程度利益出しちゃうみたいですよ。
 
↓↓今週の京都記念でオススメしたいのがココ!!↓

【2014 きさらぎ賞 予想】※東京は今日も中止

昨日とは、打って変わって快晴の朝。
積雪の様子でも確かめようと、散歩にいこうとしたら、
まさか、家のドアが開かないという。。。。

降りすぎでしょ!

これは、しばらく残りますね。日常生活に支障をきたすレベル。

これじゃ、本日の東京競馬も開催中止も仕方ない。
雪かきも間に合わないでしょうし、下手にダートで行われてもというのがあるので、あきらめます。

来週の月曜日に出馬再投票で実施。2週連続で月曜競馬とは、どうも落ち着かないですね。

京都と小倉は通常開催ということですが、
馬場も読みにくいし、とくに無理せず重賞中心に。

◎WIN1(厳選1レース単勝3000円勝負)

1/19の中山10R:フェスティヴタロー
1/25の京都9R:ヒュウマ、
2/1の東京10R:マイネルディアベル、と3週連続的中中!


昨日のショウナンパンドラは、ここに書いているときはチョコレートバインに続く2番人気だったのですが、結局1番人気に。どうも、ここで抜擢した馬の単勝が、その後よく買われる傾向があって。(もちろんオッズを動かせているわけではないですがwww)

結果としてはシャイニーガールに上手く立ち回られましたが、チカラをあるところは見せたので、重賞でも十分勝負になるでしょう。

今日は、京都最終12Rから。
休み明けの2走はハイペースの中、先行してよく粘っている。ペースが少しでもゆるくなれば勝てる。

この馬⇒
上をクリックした先のランキング内(現在19位)の
けいば手帖のタイトル下の紹介文に掲載しています。


◎本日のROLLING3(複勝ころがし3000円スタート)

昨日、1番手のタガノグーフォは快勝してくれたのですが、後が続かず。ガンジスまでは何とかしてくれるかなと思ってたのですが、残念でした。

夢は、持ち続けることが大切ww。今日こそは!!

転がす馬はこちら!

京都9R:デザートオアシス→京都10R:シゲルスダチ→小倉11R:ポセンドンバローズ


【2014 きさらぎ賞 予想】

●馬場状態
雪と雨の影響で重馬場状態は継続。回復しても時期的なものものあり、重寄りのやや重だろう。

●血統
馬場をかんがみると、キレキレタイプのディープは少しだけ割引。

●レース展開
バンドワゴンがそれなりのペースで逃げる。トーセンスターダムは、後方2,3番手からの追い込み。サトノルパンも同じような位置か。ピークトラムは2番手あたりで楽しめそう。

●結論
◎バンドワゴン
デビューから2戦ともに圧勝といえる内容。大とびだが、かきこむような走り方で湿った馬場も問題なさそう。ここも順当に突破して、クラシックを大いに盛り上げてほしい。

○サトノルパン
未勝利戦ながら、前走は大物感ある勝ちっぷり。ディープ産駒でも、母父ダンシングブレーヴなら、重馬場適性もありそう。トーセンスターダムには逆転もある。

▲ピークトラム
前走は、パンパンの良馬場で、外枠発走。前開催の中山で活躍したチチカステナンゴ産駒では、瞬発力勝負の京都の馬場は合わなかった。しかし、今回はすこし湿ったことで、前進はありそう。少しの期待をこめて、3着滑り込みを狙いたい。

△トーセンスターダム
馬券的に勝負するなら、ここを軽視。血統背景から、成長すればもちろん重賞級だろうが、馬場状態と決して派手ではない近走内容から、直線届かずの可能性にかけてみる。

●買い目
3連単フォーメーション
4→1,5,7→1,5,7
6点500円

3連単フォーメーション
4→5→1,7
2点500円

3連単フォーメーション
4→1,7→5
2点500円


【おすすめサイトのご紹介】

これまでに、何度かご紹介している競馬スピリッツ。

もう有名予想サイトとして、定着している感もありますが、
その知名度以上に、確かな結果を残しています。

先週の根岸ステークスも、
大きな当たりを仕留めることに成功していました。

1着 ◎ゴールスキー(4番人気)
2着 △ノーザンリバー(8番人気)
3着 △シルクフォーチュン(5番人気)

(by江戸川乱舞氏)

このようなプロ予想家によるメインレース予想公開のほか、
テレビ東京でおなじみの東スポ記者虎石さん

血統評論家として著名な栗山さんのコラムなど、コンテンツも充実。
読むだけでも、十分に楽しめる内容となっています。

フリーメール(yahooメールやgmailなど)だけで登録できるので、簡単。
個人情報は必要ありません。

まずはお試し感覚でのぞいてみてください。

ご登録はこちらから→競馬スピリッツ
(言い忘れてましたがもちろん、無料で登録できます!)

【2014 きさらぎ賞 有力馬前走チェック】

【2014 きさらぎ賞 有力馬前走チェック】

意外と粒ぞろい。これは、2強では決まらないかも!!


「いよいよクラシック戦線が始まるか」と思う、きさらぎ賞。今年は、日曜のテレビ中継を見ている限り、どうも「バンドワゴンVSトーセンスターダム」という様相を呈していたが、そのほかの馬の前走を見てみると「そうでもないぞ!」と思ってしまった。

では早速、おそらく1番人気になるだろうこの馬から!

●エリカ賞 阪神芝2000m

1着:8番バンドワゴン…
新馬と同じように、4コーナーから後続を突き放しての圧勝劇。「2戦ともスローペースでの逃げだから」という指摘があるが、今回もそうなりそうなので、とくに心配なし。それよりも京都替わりでスピードがどこまでのるか。スタミナは血統面からも豊富そうなので、大逃げ売って圧勝してほしい。いずれにしても、楽しみの方が大きい。

●京都2歳S 京都芝1800m

1着:9番トーセンスターダム…
スローペースの中4コーナー外から一気に追い込んだ内容は濃いものがあるものの、負かした相手はその後不振のアグネスゴールド。また、メンバー最速といっても33秒6の脚では、京都ならそんなに威張れるものでない。今回の相手に同様の競馬をしていたのでは、ちょっと厳しいかもと思わせる印象。

●若竹賞 中山芝1800m


14 着:11番サトノフェラーリ…勝負どころで行き場をなくして、最後は流している。最下位ながら、まったく度外視できる内容。これなら、余力残しで前走のダメージも少ないだろうし、京都替わりもプラスなはず。藤沢厩舎が、この時期にわざわざ京都に使うのも“らしくない”感じがする。クラシックを意識する馬だからこその挑戦と受け止めたい。

●寒竹賞 中山芝2000m

3着:7番ダノンアンビシャス…
本質的には不利な中山で、位置取りも悪かったが最後までよく伸びている。相手は大したことないが、この馬にも伸びシロはありそう。抑えには入れておきたい。

●2歳未勝利 阪神芝1800m

1着:3番サトノルパン…もう一頭のサトノ勢。外伸びの馬場ながら、ほとんど追わずに悠々と勝利した内容には好感が持てる。こちらもディープインパクト産駒で、今の京都も合うだろうし、決して見限れない。

以上を踏まえて、やはりこの馬は危険!
この馬→
上をクリックした先のランキング内(現在20位)の
けいば手帖のタイトル下、紹介文に掲載しています。


良血をふまえて、人気過剰気味だと感じた。ここは消して妙味。少なくとも単勝は買えない。


~PR~

どう思います?

突然すいません。

最近良くブログ等でやたらと見かける競馬予想会社ってどう思います?

実は私中山は、数年前にちょっとした好奇心で「競馬は確実な投資です」なんて謳うサイトを信じて利用しました。

でも高額な情報を購入しても的中すらせず。
しかも外れれば外れる程高額な情報を薦めてくる有り様で…
それにまんまとはまってしまい、高い勉強料を支払ってしまいました。。

あのお金があれば色んな物が買えただろうに…

しかし最近になってやたらと
「予想会社の情報で儲けた!」「勝った!」という記事を見かけるので、
数年前のリベンジをしよう !と立ち上がりました。
↓    ↓    ↓    ↓    
徹底検証!当たる!競馬予想


やっぱりしっかりした会社が良いので

■電話番号の出ていない会社
■有料情報しかない会社
は登録しませんでした!


だって、ちゃんと当たる会社なら無料情報出しても
お客さん逃げないですもんね。

ちなみに先週の的中実績はコチラ
==============
2月1日(土)
東京3R  3歳未勝利
3連単 13,860円
==============
2月2日(日)
東京6R 3歳未勝利
3連単 37,540円
==============
2月2日(日)
京都9R  春日特別
3連単 43,010円
==============

この的中実績いかがでしょう。

しかも上記のレース全て買い目は20点以内でした!

小点数で当てたい僕としては嬉し限りです。


今週のきさらぎ賞、東京新聞杯の予想にも注目ですね。
↓    ↓    ↓    ↓    

大晦日実感、2013競馬ニュース雑感、2014クラシック期待感。

まもなく、2013年も終わります。

年の瀬に対してあまり実感が沸かなかったのですが、
今日はランチに赴いた、餃子の王将が休業。
代わりに入った寿司屋は、出前の注文でてんやわんや。
帰りに買出しに寄ったスーパーは、ゲキ込み。
世間は、しっかり大晦日してましたね。

(サザエさんの次回予告みたいな導入になりましたが。。。)
さーーーて、
今年も、競馬界ではいろいろなニュースがありました。

ぱっと思いつくだけでも、
●ダービー5勝目を象徴とする、武豊の復活。
●オルフェーヴル、キズナの凱旋門賞挑戦
●中央競馬挑戦の先駆者、安藤勝己の引退→解説者として引っ張りダコ。
●そこに入れ替わるタイミングで中央入りした、戸崎騎手の活躍
●ロードカナロア、オルフェーヴルのラストラン圧勝
●金沢競馬の八百長疑惑、、、、(笑)

最後のはさておき、全体的には良いニュースが多かったのではないでしょうか。
また一昨日の東京大賞典は地方競馬過去最大の売り上げを記録したらしく、
この調子を、2014年の中央競馬にも期待したいですね。

その一助となりそうなのが、来年3歳馬のレベルの高さ。

牝馬戦線は、
地力上位、ステイゴールドらしさ満点のレッドリヴェール
切れ味抜群、ブエナビスタ級のスケールを感じるハープスター
レース巧者、簡単には崩れなさそうなフォーエバーモア
といった、阪神JFの上位馬を中心に展開するでしょう。
中でもハープスターは脚を余しており、桜花賞はもちろん、巷で期待されている
ダービー⇒凱旋門賞への道はまだ閉ざされていないように思います。

牡馬戦線も、、
2戦共圧勝、ホワイトマズルの大物バンドワゴン
良血馬、兄弟よりも柔らかい走りで融通きくトゥザワールド
2歳最優秀、ダートでは怪物級の実力アジアエクスプレス
といった、個性的な馬がそろっています。
ほかにも、ラジオNIKKEI組のワンアンドオンリーはもちろん、
サトノアラジン、モンドシャルナもまだまだ活躍の余地ありで、
皐月賞戦線も今から楽しみです。

そして、個人的にはこの馬→(※ランキングの紹介文に掲載。現在3位くらい)
に注目しています。

レース上手で三連複の軸には最適。
距離はダービーよりはNHKマイルカップのほうが合いそうですが
折り合いもつくので意外に距離が伸びても大丈夫だと思っています。

では、皆様よいお年をお迎えください。

これから「笑ってはいけない」と「紅白」を交互に見ながら、大晦日を満喫します!

プロフィール

手帖主

中学1年のときに友人に借りたダビスタⅢをきっかけに、競馬の楽しさを知る。

はじめて好きになった馬はマヤノトップガン。97年の天皇賞・春は今でも唯一無二のベストレースだが、当日に中学3年時の文化祭があり、生で見られなかったのが今でも悔やみきれない。

高校1年のとき、サイレンススズカの悲劇を境に一旦競馬との距離を置こうと思うも、グラスワンダーの復活劇に魅せられ再び夢中になる。

その後も地元の関学に通いながら仁川で競馬を見続け、大学卒業後は上京して今は府中が主戦場。

某広告代理店で働くかたわら、このブログを運営中。

間もなく、リニューアルしてより充実の内容でお届けしたいと思っています。

SNS
応援クリックお願いします。
ご意見募集中
記事検索
逆アクセスランキング
人気ブログランキング
にほんブログ村
アクセスカウンター

    タグクラウド
    • ライブドアブログ