けいば手帖(旧サイト)/新サイトはページ内のリンクから

競馬ブログ3年目。2016年も、去年好評だった人気馬の弱点をとりあげる「買ってはいけない」、人気薄馬の買いどころを探る「切ってはいけない」は続ける予定。また今年は馬券の種類を問わず、いろいろな買い方にチャレンジしていきます。どうぞお付き合いください。

ハープスター

2015 京都記念+共同通信杯 勝負馬

--------------------------------------
単複馬券のみで2015年の回収率150%を目指すブログです。
購入馬券はTWITTERで全て公開。
1回開催 回収率130% 2回開催的中「根岸S シルクロード」
----------------------------------------
おはようございます。さっそく予想へ。

●京都記念 勝負馬
この馬⇒ 
※クリックした先のランキング内(28位くらい)「けいば手帖」のタイトル下に記載しています。
(自信度5千クラス)

・根拠
2強が強いのは周知の事実だが、キズナは休み明けやハープスターは距離適性においてベストな条件ではない。ならば1角崩しとしてこの馬を選択。前走は大外枠からのコース取り、展開ともに不利が重なった。ディープインパクトカップの勝ち方は強く、少頭数なら安定して走れる。岩田騎手への変更で前目から持たせる競馬ならあっと言わせるシーンはある。

●共同通信杯 勝負馬
リアルスティール
(自信度5千クラス)

・根拠
素直に選べば、中山コースから東京に移って条件好転するソールインパクトになる。しかし、やはりリアルスティールの新馬戦には、魅力を感じられずにいられない。軽い走りながら、ぐんぐんとギアがあがっていった直線の伸びは、ディープインパクトの面影を感じた。同じハリウッド映画とかぶる名前でもあり、この馬に5倍もの単勝がついた共同通信杯を取った!、と自慢したい。

単複の分配と、そのほかの購入馬券はTWITTERで更新していきます。  

2015 京都記念 予想オッズ+穴注目馬

単複馬券のみで2015年の回収率150%を目指すブログです。
購入馬券はTWITTERで全て公開。
1回開催 回収率130% 2回開催的中「根岸S シルクロードS」
--------------------------------
こんばんは。

TWITTERでも書きましたが、今日は佐賀記念だったんですね。交流重賞なので、すっかり祝日の明日に行われるものだと思っていました。。

それでも気づいたのは1時半くらいだったので、十分に買える時間ではありました。それに、出馬表を見ると、前走はさすがにコパノリッキーのスピードにはついていけなかったマイネルクロップがいて、地方の緩いペースなら十分勝ち負けになるだろうと直感的に思いました。

それに地方交流重賞に初参戦で、鞍上は人気になりにくい丹内騎手。単勝4倍はあるだろうと思っていたのですが、オッズを見てみると1番人気で、2倍台。。

勝負する前に外れた気がして、結局ケンしてしまいました。

単勝を遊びだけでも買っておけば良かったのに、という意見もあると思いますが、これはもう気持ちの問題ですww。

仕方ない!!と諦めます。

さあ、気を取り直して(別に外れたわけではありませんけど)、週末の競馬に目を向けましょう。

京都記念の予想オッズ&各馬の短評とともに勝負馬の絞り込みです。

人気 馬名 予想オッズ
1 ハープスター 2.1
2 キズナ 2.2
3 ラブリーデイ 6.0
4 ラブイズブーシェ 15.5
5 ハギノハイブリッド 17.0
6 トウシンモンステラ 20.6
7 スズカデヴィアス 26.9
8 レッドデイヴィス 42.3
9 ヒラボクディープ 75.5
10 アクションスター 97.2

ハープスター…〇
本質的にはマイラーだと信じて疑っていないのですが、メンバー的にも、京都の軽い馬場的にも、まず好勝負になる。

キズナ…〇
昨年5月以来だが、調子も上々とのことで、普通に走ればまず勝ち負け。

ラブリーデイ…〇
レース上手なタイプで、前につけられるのは展開的に有利。後ろでけん制し合った場合、金星という形はありえなくはない。

ラブイズブーシェ…×
チカラがあるのは認めるが、本質的には持続力が求められる小回りの方が向くタイプ。よーいどんの展開では不利。

ハギノハイブリッド…×
休み明けの前走だが、レースぶりもかかる面をみせつつ物足りない内容。速い上がりは使えないタイプなので、人気2頭にはキレ負けする。

トウシンモンステラ…〇
前走は不運の大外枠。ペース的にも向かなかったし度外視で良い。強力なメンバー相手だが、ディープインパクトカップのレースぶりは見どころがあった。今回は巻き返してもおかしくない。

スズカデヴィアス…
×
前につけられるので、ラブリーデイ同様展開的には有利だが、実力的にさすがにきつい。

とりあえず以上。

人気2頭以外では、ちょっとおよばないかもしれないですが、一発あるとすればこの馬かなと思っています。
 
※クリックした先のランキング内(18位くらい)「けいば手帖」のタイトル下に記載しています。

そもそも切れ味勝負ならまず安定感のある馬。たたき2戦目と勝負気配もあり、鞍上替わりでさらなる新味にも期待したい。

-----------------

どうも!
競馬スピリッツの松本大吉っす!

WIN5の予想コーナーを担当していて、最近絶好調で
立て続けにWIN5的中させちゃってます!(笑)

土日は競馬場にいる事が多いので、
見かけたら是非、声かけてくださいね!(すぐわかると思います!)


そういえばこの記事をご覧の貴方様は、今週の競馬やります?
というか変な買い目情報掴まされてもう馬券買ってしまったとか?


時すでに遅し!かもしれませんが、
とりあえずこれだけは言っておきます!


『 今ならまだ間に合う!考えなおしてください! 』


と言うのも、適当な情報なんかで馬券が当るわけないからですよ。
当らない事に賭けてもいいですよ?



でももし、良かったら私の所属している
「競馬スピリッツ」を見てみてください。

ちゃんと世の中で名前の知れている有名予想陣もいますし、
何より無料情報でも手抜きせずにやってますから。


2014年は私達、競馬スピリッツ予想陣がお届けする
無料情報だけで、トータル1400万円越えの払戻金!

これ本当ですからね。


もし本当に競馬を楽しみたい!稼ぎたい!
そう思っているなら少しだけ見てみてくださいね。




【2014 オークス 回顧】ハープスターの敗因をめぐる諸説

こんばんは。オークスですが先週ずっと懸念していた通り、ハープスターは勝利ならず。個人的には、3着すら危ないと思っていたのですが、さすがにそこまで弱くはなかったですね。。

予想的には、◎ヌーヴォレコルトが勝利(昨日のWIN1、こっちにしておけばとつくづく後悔ww)。母オメガスピリットが1200mを中心に活躍した馬で、血統的にはあまり距離延長は歓迎されていない下馬評だったのですが、ハーツクライの血そして岩田騎手の技術がそれを上回った結果になりました。内容的にも完勝で、十分強い内容。成長力もある血統なので、秋の活躍も楽しみです。

さて、「単勝1.3倍のハープスターがなぜ負けたのか」。
コアな競馬ファンは、あまり気にしないでしょうが、
今朝出社したら、意外にもいろいろな人から聞かれました。

諸説ありますが、

「川田騎乗ミス説」
これをいう人たちが多かったのですが、過去のレースすべてそういう競馬をしてきた馬ですし、少なくとも桜花賞よりはひどくなかったです。最後は詰め寄る力も今ひとつだったので、仕掛けのタイミングが遅かったということではないでしょう。

●「距離限界説」
最後脚色が一緒になったのだと、こういうことも考えれるでしょうし、予想の段階では負ける要因のひとつに書いたのですが、上がり33秒6なら十分対応できているといえます。さすがにマイル以上のパフォーマンスではなかったですが、守備範囲であることは証明できたと思います。

●「本当は弱い説」
一連のパフォーマンスは派手でしたが、着差はすべてわずか。結果で見ればそうかもしれないですが、勝ちっぷりがあそこまでの馬はそういません。だから、ここまで話題になったわけですし、少なくとも管理している松田調教師がブエナビスタ以上の評価をしているですから、そんなことはないと信じたいですね。

●「脚質不利説」
これが一番大きいと、個人的には思っています。さすがに、いつも最後方から進めているのは、あまりにも現代競馬において不利。かかる馬でもないわけですし、一度先行という競馬も見てみたいと思っています。

まあそんなところで、講釈をたれていたら、こんな説をtwitterで見つけました。
↓↓
埋め込み画像への固定リンク

いわゆる落鉄ですねwww。(ただ、レース後のコメントでは一切この話題が出ていないので、本物の画像か怪しいですが。)

まあ、それも踏まえて、ハープスターの可能性にはまだまだ期待しています。でも、
今後はどうするのでしょう。まあ、さすがに空気的に凱旋門挑戦はないですかね。ただ、秋華賞をとっても仕方ない馬なので、天皇賞秋あたりに出て来てほしいと思っています。

さて、今週は、いよいよ日本ダービー。ファンはもちろん、競馬関係者ももっとも盛り上がる一週間です。
そして、現時点での注目馬はこの馬!
この馬⇒
・皐月賞は、少し展開が向かず。府中に変わるのは明らかにプラスで、スタミナ勝負ももってこいでしょう。2週連続同父産駒制覇なるか。十分可能性はあると思っています。

~PR~
━━━━━━━━━━━━━━━━━
   第81回日本ダービー(GI)

 昨年も◎-○で馬連970円的中!!
  今年はそれ以上に確信がある!
 究極の馬連1点を無料配信!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

競馬関係者なら誰もがそのタイトルをしたいのが日本ダービー

馬券購入者なら誰もが“的中”を手にしたいのが日本ダービー

さあ、いよいよ今週です!!

昨年の日本ダービーでは、関西馬専門情報【CHECKMATE】がお届けした超確信◎-○1点馬券がこれだ!!

1着○キズナ
2着◎エピファネイア
馬連:970円

1冠目の皐月賞は関東馬(ロゴタイプ)にタイトルを奪われたものの、最高峰の日本ダービーではキッチリと関西馬が巻き返してワンツー決着。

『西では皐月賞が本番というより、皐月賞はダービーのためのトライアルという意識が強い。だから皐月をステップに本番でキッチリ巻き返す馬が多いんだ』と西の某関係者が話すように、同じクラシックと言っても『皐月賞とダービーは全く別物。同格でもなんでもない』というのが西の価値観。

ただ…競馬ファンはそうは捉えていない。

皐月賞の結果をストレートに馬の能力へと反映しがちで、それが評価に上乗せされていく。だからこそ、昨年のエピファネイアはダービーで人気を落としたのだ。

今年も同じことが起こり得る可能性は十分!!

人気で敗れた関西馬の評価が下がり、2番人気で皐月賞を勝ったイスラボニータが日本ダービーの1番人気は確実で、昨年の皐月賞馬ロゴタイプ同様に…

その答えを、そして巻き返す関西馬の情報を握っているのが、かつてビワハヤヒデ・ビワハイジで日本ダービーを湧かせた元JRA調教師・浜田光正。

『調教師をやっていた頃、ダービーは何としても獲りたいレースだった。現役を退いた今でも、ダービーに対する想いは少しも色褪せることはないし、今は何としてでも当てたいレースなんだ。昨年も◎-○で的中をお届けしているけど、今年はそれ以上に確信がある!』

調教師時代と変わらぬ鋭い視線で各馬を分析し、厩舎の動向から各調教師のダービーへの思いの深さを熟慮して導く浜田光正の日本ダービー最終結論。もちろん…馬券は◎-○1点!!

  ↓↓↓↓↓
  ↓↓↓↓↓

■■■ 第81回日本ダービー ■■■

 昨年も◎-○で馬連970円的中!!
  今年はそれ以上に確信がある!
 究極の馬連1点を無料配信!

【2014 オークス】ハープスターの3つの死角

こんばんは。今週はいよいよオークスが行われます。

そして、どう考えても注目されるのは、ハープスターですが、ただ今のところの見解は微妙といったところ。というのは、桜花賞からオークスへの変更はこの馬にとって、マイナス材料が多いのです。そのマイナス材料とは、以下の3つ。

●内伸びの馬場

先週の東京は、Bコース替りで内伸びの馬場。芝のレース、大外を回った馬はことごとくゴール100m手前で内の馬と脚色が同じになっていた。もちろん、それらの馬とはモノが違うと言われればそれまでだが、大外一気は決して有利に働かないのは事実。桜花賞がハイペースで外が伸びる馬場だったことを考えると、今回パフォーマンスが一気に落ちる可能性は十分に考えられる。

●極端な騎乗方法
阪神JFの反省をふまえたのだろうが、桜花賞は大外をぶん回す、どう考えても無謀な騎乗。あれで勝ったのだから馬は褒められるかもしれないが、騎手は決して褒められてものではない。今回もおそらく同様に最後方から一気の脚を使う作戦だろう。前走は、ペースと馬場が味方したが、差し届かないケースもありえる。

●2400mの距離

母父ファルブラブでは、やはり距離の心配はある。とくにマイルでの走りが圧巻なだけに、この馬のベスト距離はマイルであることは高い。気性が素直でかからないからスタミナは大丈夫というが、府中の2400mはやはり前走よりもマイナス面が大きいと感じる。

レッドリヴェールがダービーに行くので、ここは単勝1.1~1.2倍となる可能性が大いにありますが、以上のことからそこまでの信頼性はないというのが結論。

ならばこの馬をもう一度推したい。
 この馬⇒
レースセンスはとにかく高い。前走は乱ペースに飲み込まれたのが敗因。ゆったりと進められそうな今回なら、立ち回りの巧さが光る。

~PR~

突然ですが、

「無料情報で当たらなければ信用出来ないっ!」

と思っていませんか?まさにその通りです!


しかし、『タダ』でもしっかり当たる無料情報は確かにあります。


【今週の完全無料予想配信レース】

5月24日(土)平安ステークス(G3)
5月25日(日)オークス(G1)

今週も重要馬券を完全無料配信(買い目はメルアド登録後、前日の20時前後にサイトにUPされます!!)
↓ ↓ ↓ ↓
予想はメルアド登録で見ることができます(無料) 



【先週の的中実績】


5月17日(土)東京6R3歳500万下

60,000円⇒236,800円     回収率395%



5月18日(日)東京4R3歳未勝利

10,000円⇒57,500円      回収率575%



5月18日(日)東京9R秩父特別

10,000円⇒45,000円    回収率450%




今週は難解なオークスと平安ステークスの馬券を完全無料配信 (買い目はメルアド登録後、(前日の20時前後にサイトにUPされます!)
↓ ↓ ↓ ↓
予想はメルアド登録で見ることができます(無料)


さらに

2014年3月30日にはコラムニスト松本大吉が、
12度目のWIN5的中炸裂!!

『126万6020円』の獲得金を達成!


さらに、毎週ご提供している無料情報でも現在・・・



《 431万9550円を獲得! 》



無料でもフルパワーでお届けしているだけに、
渾身のプロ予想が炸裂!



信じるも信じないも・・・全ては貴方次第です。


もちろん!いきなりこんな事を言われても信じられないと思います。

という事で、アナタが満足するまで!半永久的に予想を無料でお届けします!

まずは今週のオークス。
馬券的には簡単では無さそうですが、きっちりと馬券を仕留められるかはあなた次第です!

オークス(G1)と平安ステークス(G3)の買い目をまずは無料で手に入れてください (買い目はメルアド登録後、前日の20時前後にサイトにUPされます)
↓      ↓     ↓      ↓
予想はメルアド登録で見ることができます(無料)

【2014 桜花賞 予想】+WIN1,ROOLING3

おはようございます。毎年思うことですが、阪神競馬場の桜って、桜花賞に合わせて満開になる木が多いですよね。昨日の中継でもスタート地点では満開でした。世間ではもう散っているのに、不思議なもの。なにか特殊な栽培の仕方をしているのでしょうか。

◎WIN1(厳選1レース単勝3000円勝負)
的中実績
1/19の中山10R:フェスティヴタロー(3.6倍)
1/25の京都9R:ヒュウマ(5.4倍)
2/1の東京10R:マイネルディアベル(4.1倍)
2/9の京都12R:ナリタハリケーン(3.3倍)
2/15の京都9R:ステファノス(6.0倍)
2/16の京都10R:マーティンボロ(4.3倍)
2/17の東京10R:プロモントーリオ(4.0倍)
2/18の東京10R:タールタン(6.0倍)
3/2の阪神11R:コパノリチャード(4.8倍)
3/15の阪神9R:シャンパーニュ(8.5倍)
3/21の中京8R:ナリタポセイドン(2.3倍)

昨日指名した阪神12Rのランドマーキュリー。想定より後ろの位置取りながら最後、よく追い込みましたが、内からタガノラルフに競り負けてしまいました。ゴール前は力が入ったのですが、残念。。それにしても、10倍近くあったオッズが最終的には5倍台まで低下。ここまで下がると、レース前からちょっと落胆してしまいますね。

ここにきてピンチの4月。
背水の陣でのぞむ今日は、福島11Rからちょっと攻めて
 この馬⇒
※上をクリックした先のランキング内(現在28位)のけいば手帖のタイトル下の紹介文に掲載しています。 
・根拠
前走はスローペースの上り勝負でこの馬には不利な展開だった。今回のメンバーは決め手に欠ける馬が多く、この馬に開幕週の馬場も合う。最近控える競馬が続いているが、今回は同型もおらず、ぜひ逃げて勝ってほしい。※12時現在:14.7倍

◎ROLLING3(推奨3レース複勝ころがし3000円スタート)
中山10R:10番コスモミレネール
逃げ粘りが堅実な馬。今回も同型がおらず楽に行けそうで、ふたたび粘れる。

阪神10R:6番サクラアルディード
近走は中山ばかり。血統的には阪神の広い馬場のほうが合うタイプで、実際、関西での競馬場では崩れていない。今回は当然見直せる。
中山11R:10番アフォード
シルクロードステークスはさすがに輸送の問題もあり、馬場も合わず。前走のオーシャンSでは位置取りが後ろすぎたが、上り最速タイで中山適性の高さは見せた。オープン特別なら十分勝ち負け。

【2014 桜花賞 予想】
いよいよクラシック開幕。もちろん楽しみのほうが大きいですが、ただ馬券的な妙味は薄い感じもあり、ほぼ1点勝負に徹したいと思っています。

◎フォーエバーモア
阪神JFでもクイーンカップでも先行策から安定した競馬。多頭数になった今回でも、しっかりと力を発揮できそうで、軸に据えるならこの馬でいい。

○ハープスター
大外からぶん回す競馬を示唆しているが、明らかにチューリップ賞よりも厳しい競馬になるのは確実。勝ってほしい気持ちはあるが、差しそこねの可能性も多少はある。

▲ヌーヴォレコルト
前走、ハープスターには完敗も3着馬との差は感じる内容。叩いて状態上向きとのことで、ここでも勝負になる可能性は高い。

ーーーー正直ここまでで勝負したい。

☆アドマイヤビジン
フィリーズレビューでは届かなかったが、元来は外回りのほうが合うタイプ。今回は展開向きそうで、相手なりに走れる根性もある。

△マーブルカテドラル
△ホウライアキコ
△レッドリヴェール

●買い目
3連複フォーメーション
9-10,13,18-10,12,13,14,15,16,18
15点200円

3連複
9-10-18
1点3000円

3連単
9,18→9,18→10
2点1000円

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━
    第74回 皐月賞(GI)

    現在4年連続の的中!
 今年も衝撃の1点を特別大公開!
  馬連1点勝負を無料で見る

━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪現在4年連続の的中≫
2010年が馬連1260円、2011年が馬連1260円、3連単5万5450円、2012年が馬連1220円、3連複2050円、3連単1万2620円、2013年が馬連680円、3連複1210円と現在【4年連続】で的中をお届けしているのが皐月賞。しかも、2010年~2012年までは3年連続で◎-○的中という離れ業で業界を震撼させています。

関東で施行されるGIですが、過去10年で関東馬が優勝したのは昨年のロゴタイプと2004年のダイワメジャーの2頭のみ。2着まで広げてもタケミカヅチ、サンツェッペリンの2頭が増えるだけ。過去10年、連対を果たした関西馬が15頭に対し、関東馬は4頭(残る1頭は地方馬コスモバルク)。関西馬が“圧倒的”な強さを誇っているという事実を数字が明確に証明しています。

≪この配当は回限りや≫
今年の皐月賞を含めた牡馬クラシック戦線は“大混戦”という見解が世間一般に出回っていますが、関西馬専門情報の当社にしてみれば、むしろ好都合。情報網も『この馬がこんな配当で獲れるんは今回限り。例年以上に皐月の◎-○は激アツやで!』と豪語しているほど。

4年連続の的中をお届けし、プレミアGIと言っても過言はない皐月賞。本年度も調教師や厩舎関係者、騎手との直前までのやりとりまで全て確認した上で、【衝撃の1点】を無料配信(レース当日14時)します。

競馬界を圧倒しているのは、皆様もご存知の通り、関西馬。『確かな関西馬の情報があれば、馬券は獲れる』をこの機会に是非体感して下さい。

  ↓↓↓↓↓
  ↓↓↓↓↓

 ■■■第74回 皐月賞(GI)■■■

    現在4年連続の的中!
 今年も衝撃の1点を特別大公開!
  馬連1点勝負を無料で見る

livedoor プロフィール
SNS
応援クリックお願いします。
ご意見募集中
記事検索
逆アクセスランキング
人気ブログランキング
にほんブログ村
アクセスカウンター

    タグクラウド
    • ライブドアブログ