けいば手帖(旧サイト)/新サイトはページ内のリンクから

競馬ブログ3年目。2016年も、去年好評だった人気馬の弱点をとりあげる「買ってはいけない」、人気薄馬の買いどころを探る「切ってはいけない」は続ける予定。また今年は馬券の種類を問わず、いろいろな買い方にチャレンジしていきます。どうぞお付き合いください。

トーセンラー

2014 有馬記念 有力馬前走チェック 後半

こんばんは。気づけば、もう木曜日。有馬記念に向けて、いよいよカウントダウンがはじまりました。

昼間の枠順ドラフトは、有力馬はみんな外枠という、何とも言えない結果になりましたね。枠順については明日またふれますが、やはりこの馬が一番苦しいのかなという印象です。
この馬⇒
※クリックした先のランキング内(現在35位くらい)「けいば手帖」のタイトル下に記載しています。

おそらくかかるだろう中、鞍上がどのような手綱さばきを見せるか注目です。

【2014 有馬記念 有力馬前走チェック 後半】
●凱旋門賞


ゴールドシップ…〈人気ほどの信頼は…〉

別にこのレースを改めてどうこう言う気はないですが、見るたびに残念な気持ちになるなあ、、、。いろいろと忘れていいレースですねww。もちろん、有馬記念の話になれば1着、3着と実績十分。馬場適性はこれ以上ないほど合っていて、あとは海外帰りでの調子次第だろう。ただ今回も人気も集めそうでもあり、積極的に狙いたいとはいえない。あくまで抑え程度が妥当だというのが今のところの印象。

●菊花賞



16着トゥザワールド…〈大穴に一考〉
道中プレッシャーを受け続けたあたり、ワンアンドオンリー同様この敗戦は仕方ないといえる。距離も本質的には長かったのだろう。おそらく本来は2000mあたりがベスト。しかし、立ち回りに関しては文句なく巧いタイプで、弥生賞勝ちもあり、道中好位で折り合って進めば、直線抜け出してあわやのシーンがあるかもしれない。

●マイルCS


4着:トーセンラー…〈厳しいとしか…〉
ジェンティルドンナとジャスタウェイの陰に隠れたカタチになっているが、この馬も今回引退レース。京都の鬼としてマイルCSでもきっちりと4着に来たのはさすがだが、距離も馬場も適性が低いと思える有馬記念でのラストランは、やはりミーハー傾向のあるオーナーの意向も強いのだろう。後方一気など思い切った戦法なら怖いかもしれないが、とりあえず消しでいい。

●金鯱賞


1着:ラストインパクト…(対応力優秀)
道中は馬群に包まれながら、ちぐはぐなレース進行だったが、最後はきっちりと抜け出してくるあたり精神的な成長がうかがえる。充実一途の、中山記念でも3着に上がってきているあたり、スタミナも豊富なタイプ。1番人気にはならないが、不安材料が一番少ない馬だろう。

15着:ウインバリアシオン…(去年とは違う)

昨年は復活へのステップを3着に入ったが、今回は惨敗。年齢的なものさらに、2度目の屈腱炎というのもあって調整も難しいのだろう。今回はさすがに厳しい。

以上、ざっと今年の有馬記念を見てきた印象としては、不安材料のある馬が多いということ。実際に買いたい馬というのは結構絞られそうな感じなのですが、みなさんはいかがでしょうか。。

-------------


「今年の年末総決算、有馬記念(G1)は大波乱確定!?」


なぜならば・・・

ラストランで人気を集めるであろう、
あのジェンティルドンナに、なんと「危険信号」が!?

更にこちらも引退決定で人気になるであろう、
ジャスタウェイや、ピークを越えたトーセンラー。

引退を決めた馬が走る有馬記念は「必ず何かが起こる!」


そして、スターホースが消える時、
必ず好走する馬には『ある特徴』があった!

謎が波乱を呼ぶ2014年総決算有馬記念!


今年、グランプリホースに輝くのは「●●●●●●●」!

そんなグランプリ有馬記念(G1)、マル秘情報を期間限定無料公開!

もちろん土曜に開催のお宝レース、『阪神カップ(G2)』も
完全無料でマル秘情報を公開します!
 
↓    ↓     ↓     ↓     ↓

【2014 京都記念 予想】+WIN1,ROLLING3

【おすすめサイトのご紹介】

これまでに、何度かご紹介している競馬スピリッツ。

もう有名予想サイトとして、定着している感もありますが、
その知名度以上に、確かな結果を残しています。

先週のすばるステークスも、
着実に当たりを仕留めることに成功していました。

1着 ◎ベストウォーリア(1番人気)
2着 △ウォータールルド(4番人気)
(by江戸川乱舞氏)

このようなプロ予想家によるメインレース予想公開のほか、
テレビ東京でおなじみの東スポ記者虎石さんや
血統評論家として著名な栗山さんのコラムなど、コンテンツも充実。
読むだけでも、十分に楽しめる内容となっています。

フリーメール(yahooメールやgmailなど)だけで登録できるので、簡単。
個人情報は必要ありません。

まずはお試し感覚でのぞいてみてください。

ご登録はこちらから→競馬スピリッツ
もちろん、無料です!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日も、東京開催は中止。府中は得意の舞台なので、リアルタイムで見られないのは至極残念。ただ、明日も明後日も予想は更新する予定ですので、どうぞお付き合いを!

◎WIN1(厳選1レース単勝3000円勝負)

1/19の中山10R:フェスティヴタロー
1/25の京都9R:ヒュウマ
2/1の東京10R:マイネルディアベル
2/9の京都12R:ナリタハリケーン

そして、昨日は京都9Rのステファノスで5週連続に記録を伸ばせました!

一応6倍ついたので、あと3日外しても今週はプラス!!!
みたいなケチなことは言わずに、今日ももちろん当てるつもりです。

今日は、京都10Rから。
前走も内枠に入ったことで狙っていたが、まさか外に出して追い込んでの惜敗。休み明けの注目馬が初戦から全開なら分が悪いが、この馬の差し脚も十分通用するはず。

この馬⇒
上をクリックした先のランキング内(現在26位)の
けいば手帖のタイトル下の紹介文に掲載しています。

◎ROLLING3(推奨3レース複勝ころがし3000円スタート)

昨日は最終ラウンドまでつながったのですが、結局はハズレというイタイ結果に。しかもテイエムコウノトリは思ったより人気で、当たっても大した配当じゃなかったのも残念でした。

複勝ころがしはシステム上、JRAへのテラ銭が多くなるという事実はさておき、今日こそは、何とかゴールまでたどり着きたい。

今日転がす馬はこちら!

京都9R:12番レッドサクセサー→京都11R:9番アンコイルド→京都12R:9番ヴェアリアスムーン




【2014 京都記念 予想】

週中の有力馬前走チェックは→こちらへ!


●馬場状態
金曜の雪そして昨日の雨の影響で、いまだに芝コースは重馬場。今日は天気が崩れることはなさそうなので、回復して稍重程度にはなるだろうが、荒れた馬場であるのは間違いない。そこに順当には行かないだろう要因があることを期待。

●血統
当コースは過去3年の複勝率40%とディープインパクト産駒が良いに決まっているのだが、馬場状態がやや重以上になると27%に落ち込む結果に。やはり荒れ馬場になると、少し割引が必要。

●レース展開
逃げ馬不在でスローペース濃厚な感じ。ただ、こういうメンバーになると、何かが大逃げをうちそうな気がしないでもない。トレイルブレイザーあたりが行くかも。ただ、どちらにしても、直線瞬発力勝負になるだろう。

●結論
◎アンコイルド
昨年は夏から秋に向けて、古馬戦線で十分すぎるくらいの活躍を見せた。そして、5歳を迎えても成長を続けているようで、堅実な走りも魅力。そして何より、ジャイアンツコーズウェイというパワーある血統から、この馬場を見て本命に抜擢。レースセンスの高い馬で、通る位置も問わないことから、3着以内への信頼度は高い。

○ジェンティルドンナ
現役最強馬(の1頭)の大事な初戦。ただ、一連のコメントからここでの勝負にはこだわっておらず、テン乗りでプレッシャーのかかる福永騎手も少し不安。まず馬券圏内は外さないだろうが、格勝級かと言われれば疑問。本番はドバイなので、とにかく無事にいってほしい気持ち。

▲トーセンラー
とにかく、マイルチャンピオンシップの勝ち方は素晴らしい。ただ、京都コースは得意ながら、華奢なカラダで今回の荒れ馬場、トップ斤量の58kgでは不利な条件がそろった。ここで勝つようなら、古馬戦線の主役になりえるが、追い込み届かずの場面も十分想定できる。

☆ラキシス
エリザベス女王杯は惜しくもメイショウマンボに敗れたが、見せ場十分の内容で3着以下は完封。このメンバーに入っても見劣りせず、斤量53kgは魅力。一発あっても不思議ではない。

△デスペラード
有馬記念はさすがに参考外。京都実績もあり、ネオユニヴァース産駒は昨日もジャイアントリープが勝つなど今の馬場に合っているので。

△マイネオーチャード
AJCCは期待しながらも0.3秒差で敗れた。メンバー強化も今の荒れた馬場なら出番あり。

△ヒットザターゲット
休み明けのほうがいい馬で、抑えの抑えという感じ。

△トゥザグローリー
近走内容からまったく期待できないが、見限った時に来られたら悔しすぎるので。


●買い目
3連複フォーメーション
9-3,5,10-3,4,5,7,10,11,12
15点200円

3連複2頭軸
3,9-4,5,7,10,11,12
6点500円

【2014 京都記念 有力馬前走チェック】+信じられないナッシー!

●競馬 1度止まった馬勝つ珍事。

Yahooニュースに突如現れたこのトピック。記事を読んだだけではにわかに信じられなくて、すぐにレース動画をチェックしたのですが、、、記事の通りでしたね。

動画はこちら↓


故障っぽい止まり方から、まさかのまさか。内から伸びて、最後も突き放して圧勝でしたね。非常に珍しいので、普通のテレビ番組でも取り上げられそう。「逃げて差す」のが強い馬という話がありますが、こういういうことじゃないっ!ってやつです(笑)。


【京都記念 有力馬前走チェック】

●ジャパンカップ 東京芝2400m

1 着:7番ジェンティルドンナ…勝利したものの評価が下がったという珍しい一戦。たしかに勝つには勝ったが、デニムアンドルビーにあわや差されそうなレースぶり では、状態が完調ではないようだった。もちろん、今回はジャパンカップよりもメンバーが落ちるので、完調ではなくても好勝負必至だろう。

8着:3番アンコイルド…スローペースだった分もあるだろうが0.3差なら十分健闘したといえる。休み明けがどうかだが、雨が降って湿りそうな馬場なら、この馬には好都合。善戦もありえそう。


●マイルチャンピオンシップ 京都芝1600m

1 着:5番トーセンラー…外を矢のような伸び脚で駆けて、他馬を一掃。京都コースは4勝すべてを挙げている舞台で、合うのは十分承知だったが、初距離でこれだけ のパフォーマンスができると思わなかった。成長なのか適性なのかわからないが、今回も同様の切れ味を出してジェンティルドンナを差せたなら、一躍G1戦線の主役に躍り出る。

●ステイヤーズステークス 中山芝3600m

1着:4番デスペラード…追い込みのイメージが強いが、このレースでは正攻法の競馬で、スタミナ比べなら能力が抜けていた感じ。京都コースも実績があり、見限れない存在だが、ダイヤモンドステークスの方がチャンスあったと思うので、なぜここに?という疑問はぬぐえない。

6着:2番コスモロビン…内目でぴったりと進むも、勝負どころでは動けず。距離短縮は好材料も、さすがにこの相手では。。。

●日経新春杯 京都芝2400m


4着:9番コウエイオトメ…内有利の馬場のなか、しっかりと内を伸びて4着と健闘したが、コースも変わり、相手も強化される今回はさすがに厳しいか。


●寿ステークス 京都芝2000m



1着:7番アクションスター…
戦ってきた相手が違う、というような勝ちっぷり。もともとクラシック戦線に乗っていた馬だが、血統的にはパンパンの良馬場が条件だけに、今回すぐに勝ち負けはしんどそう。


現時点の注目馬はこちら!

調教では10馬身も突き放したのだとか。本格化の予感もあり、今回の競馬次第では先々相当楽しみになりそう。
この馬⇒
上をクリックした先のランキング内(現在23位)の
けいば手帖のタイトル下の紹介文に掲載しています。

プロフィール

手帖主

中学1年のときに友人に借りたダビスタⅢをきっかけに、競馬の楽しさを知る。

はじめて好きになった馬はマヤノトップガン。97年の天皇賞・春は今でも唯一無二のベストレースだが、当日に中学3年時の文化祭があり、生で見られなかったのが今でも悔やみきれない。

高校1年のとき、サイレンススズカの悲劇を境に一旦競馬との距離を置こうと思うも、グラスワンダーの復活劇に魅せられ再び夢中になる。

その後も地元の関学に通いながら仁川で競馬を見続け、大学卒業後は上京して今は府中が主戦場。

某広告代理店で働くかたわら、このブログを運営中。

間もなく、リニューアルしてより充実の内容でお届けしたいと思っています。

SNS
応援クリックお願いします。
ご意見募集中
記事検索
逆アクセスランキング
人気ブログランキング
にほんブログ村
アクセスカウンター

    タグクラウド
    • ライブドアブログ