けいば手帖(旧サイト)/新サイトはページ内のリンクから

競馬ブログ3年目。2016年も、去年好評だった人気馬の弱点をとりあげる「買ってはいけない」、人気薄馬の買いどころを探る「切ってはいけない」は続ける予定。また今年は馬券の種類を問わず、いろいろな買い方にチャレンジしていきます。どうぞお付き合いください。

データ

新潟芝1000mの特注種牡馬とは!?

◆──────────────◆
     元JRA調教師
     浜田光正監修
   ■■■■■■■■■■■

     想定20倍超!!
    第34回小倉2歳S(G3)
   【 究極の1点勝負 】

   ■■■■■■■■■■■
     9月7日(日)14時
  →買い目形式で無料配信!

◆──────────────◆

こんばんは!

今週は、夏競馬の締めくくりにふさわしく、
豪華に3つの重賞レースが開催!!


という書けば、良いように感じるかもしれませんが、その中身とはキャリアの浅い馬たちによる2歳重賞が2つに、混戦必至の新潟記念。

「馬券勝負にもってこい!」とは決して言えないのが正直なところ。

そんな風に思われる方も多いでしょうが、個人的には

今週は土日とも新潟の特別戦に名物の芝1000mが組まれていることに注目してみたいと思います。

新潟芝1000mは、もはや言わずと知れた外枠有利なコース。

さらに今開催では、8月16日17日の雨が降った影響で、内から中の芝が荒れてからというもの、その傾向がより顕著になっている気がします。

そして調べたら、やはり以下のような結果に。

◆枠番別集計
集計期間:2014. 8.16 ~ 2014. 8.31
--------------------------------------------------------
枠番  着別度数        勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
1枠  0- 1- 0-10/11    0.0%   9.1%   9.1%      0     21
2枠  0- 1- 1- 9/11    0.0%   9.1%  18.2%      0     29
3枠  0- 0- 0-11/11    0.0%   0.0%   0.0%      0      0
4枠  0- 1- 0-10/11    0.0%   9.1%   9.1%      0     12
5枠  1- 0- 0-10/11    9.1%   9.1%   9.1%     13     10
6枠  1- 1- 1- 8/11    9.1%  18.2%  27.3%     14    102
7枠  2- 1- 1-12/16   12.5%  18.8%  25.0%    130    108
8枠  2- 1- 3-11/17   11.8%  17.6%  35.3%    104    115
--------------------------------------------------------

6~8枠の活躍が一目瞭然です。

さらに軸馬を考えるうえで、血統面に注目してみると、ある種牡馬の産駒がこの夏、3頭が出走して3頭ともが複勝圏内と頑張っています。
それは、この種牡馬
※クリックした先のランキング内(現在30位くらい)「けいば手帖」のタイトル下に記載しています。
やはり短距離向きな血統であることはもちろん、やはりダート馬が活躍できる当コース。芝・ダート兼用タイプというのは根本的に合っているのでしょう。

と、ちょっと今日はいつもよりテイストを変えてみた投稿でしたw。

新春賞の反省から見えた今年の目標と、中山金杯のコース分析

はい。
本日の新春賞は▲-△-△と思いっきしタテ目でした!!

まさか、1,2番人気どっちも馬券に絡まないとは・・・
さらに、3連単13万円とか・・・(地方競馬にしては実に美味しい配当)

ま、取れないですけどね(笑)

ただ、ブログを初めてからこれまで、大いに反省することがあります。

それは、「強気に攻めれていないこと。」

予想をこのように公開したことがなかったのと、
出だしから会心の当たりを出してしまったことで、
ずっと、守りに入った予想をしていたように思います。(言い訳ですよ)

だから、
「強気で攻める!」が僕の2014年の目標です。(とりあえず)


※あと、今年も吉田勝彦アナウンサーは元気に実況されていました。御歳76歳。この歳まで現役で、頭と口の回転を求められる競馬実況をされていることには本当にスゴイ。
競馬実況が、日本の伝統芸能として認められていたら、普通に「人間国宝」でしょう。
無責任ですが、いつまでも続けてほしい。来年もこの声を楽しみに新春賞に行きます。

ーーーーーーーーーーーーー

さて、気持ちはもはや今週末へ。
中山金杯のコースについて、データを調べてみました。

【今週のコース分析】(とりあえず鮮度重視で、直近3年分のデータです。)

中山芝:2000m

★種牡馬別集計(集計期間:2011. 1. 5 ~ 2013.12.22)
--------------------------------------------------------
種牡馬              着別度数        勝率  連対率 複勝率
--------------------------------------------------------
ディープインパクト  6- 8- 5-26/45   13.3%  31.1%  42.2%
シンボリクリスエス  6- 4- 3-29/42   14.3%  23.8%  31.0%
キングカメハメハ    4- 4- 9-34/51    7.8%  15.7%  33.3%
ステイゴールド      3- 3- 1-25/32    9.4%  18.8%  21.9%
ハーツクライ        3- 2- 5- 9/19   15.8%  26.3%  52.6%
--------------------------------------------------------

順当に、ディープが出走頭数に見合う成績を収めています。
質としてはハーツクライ産駒がとても優秀ですが、今年は参戦なし。
ステイゴールドは2500mとは打って変わって、あまり芳しくない複勝率ですね。

★脚質上り別集計 集計期間:2011. 1. 5 ~ 2013.12.22
-----------------------------------------------------
脚質上り    着別度数             勝率  連対率 複勝率
-----------------------------------------------------
平地・逃げ   4-  3-  4- 41/ 52    7.7%  13.5%  21.2%
平地・先行  25- 23- 16-125/189   13.2%  25.4%  33.9%
平地・中団  19- 16- 23-181/239    7.9%  14.6%  24.3%
平地・後方   3-  8-  6-165/182    1.6%   6.0%   9.3%
-----------------------------------------------------

上は、特別戦だけに絞ったデータですが、前に行った馬がやはり有力。
中山金杯に絞っても、昨年は後の天皇賞馬ジャスタウェイが追い込んで3着でしたが、
過去三年、馬券圏内に飛び込んだ9頭中6頭は先行馬です。

よって、この二つのデータから導き出される
有力馬は、この馬→

前走は初重賞挑戦で、惜しくも馬券圏内から外れましたが
今回巻き返しの可能性は十分です。
(また人気どころですね。。。。)

京都金杯については、また明日で!!

【AD】

2014年一発目は・・・
勝ってめでたく、「競馬初め♪」


年始のお年玉レース、
京都・中山で開催のW金杯!

2014年の競馬収支を占う、
幸福招来』レース!

終わり良ければ全て良しと同じように、
始まり良ければ全て良しです!!

そんな年始のお年玉レース。
ココでしか知る事の出来ない、

【マル秘お宝情報】を、
年末年始限定特別無料公開!

2014年も100%満足保証の情報をお届けします。

⇒■素晴らしい「競馬初め」を飾るならコチラから


今このメールをご覧になっているアナタは競馬が好きで、
競馬を心から楽しみたいと考えていると思います。

もし心の底からそう思っているならば、私達は協力を惜しみません。

なので、アナタが満足するまで完全無料でお届けします!

どうですか?
もちろん・・・

完全無料という言葉に二言はございません!

「そんなオイシイ話ある?」
「何か裏がありそう・・・」

ハッキリ言いましょう。
裏はありませんが、オイシイ話はあります!

だって無料で儲かるオイシイ話があるなら聞かなきゃ損じゃないですか?

これはビッグマウスではありません!
真実だからこそ、ここまで堂々と言えるのです!

まずはアナタがこれまで経験した事のない、本物のプロ予想家による
情報提供を完全無料登録でお試しください。

⇒■本当に当たってる情報、まずは京都・中山W金杯でお試しください

プロフィール

手帖主

中学1年のときに友人に借りたダビスタⅢをきっかけに、競馬の楽しさを知る。

はじめて好きになった馬はマヤノトップガン。97年の天皇賞・春は今でも唯一無二のベストレースだが、当日に中学3年時の文化祭があり、生で見られなかったのが今でも悔やみきれない。

高校1年のとき、サイレンススズカの悲劇を境に一旦競馬との距離を置こうと思うも、グラスワンダーの復活劇に魅せられ再び夢中になる。

その後も地元の関学に通いながら仁川で競馬を見続け、大学卒業後は上京して今は府中が主戦場。

某広告代理店で働くかたわら、このブログを運営中。

間もなく、リニューアルしてより充実の内容でお届けしたいと思っています。

SNS
応援クリックお願いします。
ご意見募集中
記事検索
逆アクセスランキング
人気ブログランキング
にほんブログ村
アクセスカウンター

    タグクラウド
    • ライブドアブログ