けいば手帖(旧サイト)/新サイトはページ内のリンクから

競馬ブログ3年目。2016年も、去年好評だった人気馬の弱点をとりあげる「買ってはいけない」、人気薄馬の買いどころを探る「切ってはいけない」は続ける予定。また今年は馬券の種類を問わず、いろいろな買い方にチャレンジしていきます。どうぞお付き合いください。

ダノンプラチナ

2015 阪神大賞典+スプリングS 勝負馬

★★━━━━━━━━━━━━━━━★★
  天皇賞【春】への
       優先出走権をめぐる戦い

3月22日(日) 第63回 阪神大賞典(G2)
★★━━━━━━━━━━━━━━━★★

今週は天皇賞【春】に向けて有力ステイヤーが集結する一戦!


《 阪神大賞典(G2) 》


2006年にはディープインパクトが、2008年にはアドマイヤジュピタが、
このレースで結果を出し、続く天皇賞【春】制覇を成し遂げています。

過去、スターホースが堅実と言われていたこのレース。
今年は例年通りとはいかない傾向が!?

そんな波乱模様の阪神大賞典(G2)、
マル秘特別情報を期間限定、完全無料公開中です!


 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

こちらからメールアドレスのみ(完全無料)で買い目を見れます



今回は天皇賞前の難解レース、阪神大賞典(G2)の予想で使える、
絶対に抑えておきたい馬券ポイントをお教えします!



■狙いは4歳・5歳

年齢別成績では、3着内率で4歳馬がトップで、5歳馬が2位の数値を残しています。
特に4歳馬は2009年から5年連続して連対馬を送り出している点に注目です。
年齢の若いグループが優勢となっていることは、覚えておいても損はない情報です。



■前年の最後のレースに注目!?

過去の勝ち馬について、前年の最後に出走したレースでの単勝人気を列挙すると、
2009年のアサクサキングス(有馬記念:9番人気)以外は、
いずれも5番人気以内に推されていました。
前年の最後に出走したレースでファンの支持を集めていた馬は、
このレースでも高く評価する必要がありそうですね。




そんな難解な阪神大賞典(G2)ですが、
激走する馬には全て「ある特徴」があり、その信憑性は激高!?

そんなココでしか知る事の出来ない
阪神大賞典(G2)「マル秘情報」を完全無料で公開中!


 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

こちらからメールアドレスのみ(完全無料)で買い目を見れます

-----------------------------------------------
単複馬券のみで2015年の回収率150%を目指すブログです。
購入馬券はTWITTERで全て公開。
1回開催 回収率130% 2回開催 回収率101%
先週はバウンスシャッセ指名で的中!重賞勝負馬成績→【7,2,3,15】
-----------------------------------
おはようございます。
昨日はファルコンS⇒ヤマカツエース、フラワーカップ⇒ディアマイダーリンを指名しともに3着に。
ヤマカツエースの勢いはすごく一瞬差し切ったかと思ったのですが、僅差で単勝は逃してしましたが、仕方なし。3月も安定して好調といっていいかもしれません。

この勢いで今週はすべて馬券圏内は確保したい。
そこで本日の2重賞勝負馬はこちらです。

阪神大賞典勝負馬
この馬⇒ 
※クリックした先のランキング内(31位くらい)「けいば手帖」のタイトル下に記載しています。
(勝負度1万クラス)

昨年秋はしっかりと結果を残し、たしかな成長を見せた。ディープ産駒でありながら、持続型の伸び脚で折り合いも問題ないことから長距離への適性も高いはず。ゴールドシップの単勝人気は相変わらずの今回、単勝で狙うならこの馬のほうが妙味が高いし、ここは優等生の競馬で勝つ可能性も高い。

●スプリングS勝負馬
キタサンブラック
(勝負度3千クラス)


正直リアルスティールは強い。ここでも勝つはずだし、勝ってほしいとも思っています。ただ単勝2倍では馬券的にはちょっと手を出しにくい。なので個人的な感情としてはケンにしたいレースなんですが、この馬をピックアップ。前走の勝ち方は文句なしに強かった。立ち回りうまいブラックタイド産駒だけに中山も合うはず。相手が一気に強化された今回でもしぶとい脚を活かして馬券圏内にきてほしい。

馬券はTWITTERで公開します。重賞以外のレースを購入する場合もすべてTWITTERでアップします。
 

2014 有馬記念 展望+朝日杯FS 回顧

こんばんは。いよいよ、競馬の1年を締めくくる有馬記念ウィークに突入しました!

秋葉原では特設イベントコーナーが設けられたり、スポーツ紙では連日1面を有力馬が飾ったり、テレビでもスペシャル番組が組まれたりと、世の中の注目が競馬に集まる1週間。

今年は28日開催なので、より一層年の暮れを感じる週になりそうです。翌日には大井で、東京大賞典もありますしね。

そして、競馬ファンあるあるですが、普段競馬をしない人たちから「有馬なに来るの?」と聞かれることが多くなるのがこの有馬ウィーク。

僕は今は、この馬と、答えるようにしています。
この馬⇒
※クリックした先のランキング内(現在40位くらい)「けいば手帖」のタイトル下に記載しています。

人気馬の中では一番信頼できるはず。距離も前走を見る限り問題内でしょう。初心者は当たる方が肝心。変な穴馬を推奨するような無理はせず人気馬を挙げておくのがいいと思っているので。。


●朝日杯FS 回顧


1着:ダノンプラチナ…ディープインパクト産駒の素質の高さ、格の違いを見せつけるような完勝劇。タフな馬場でも実力の違いで制した。重賞は勝っていなかったが、それまでの勝ちっぷり同様に強い内容だった。今後の伸びシロも期待できる馬。ゴールドシップを継ぐ芦毛のスターホースになる可能性は十分にある。

2着:アルマワイオリ…前走、デイリー杯で差し負けした馬で巻き返した馬は、ナヴィオンではなくこの馬だった。。。蛯名騎手にマツリダゴッホ産駒が追いすがった姿が何ともしみじみと感じさせたものがあった。今後もタフな馬場なら一考。中山も合うだろう。

3着:クラリティスカイ…勝負所で自ら仕掛けレースを作りながら3着まで粘ったあたり、やはりレースセンスは高い馬。今後も中山でも十分対処できるだろうし、今後も十分軸馬として信頼できる。

アッシュゴールドは、最後方一気とどうもレース内容がもう一つ。それでも、外から伸びてきたあたりは評価できるが、時間はかかるでしょう。

あと、期待したナヴィオンは馬群の中で嫌気がさしたのか、道中でずるずると後退。最後方で構えて、大外一気の競馬に戻した方が良さそうな。。。とりあえず、鞍上交代で様子を見てたいと思います。

――――――

★★━━━━━━━━━━━━━━━★★
 人気どころに危険信号で大波乱確定!?
 
2014年総決算 第59回 有馬記念(G1)
 
  一年の終わりは何かが起こる!
★★━━━━━━━━━━━━━━━★★


「今年の年末総決算、有馬記念(G1)は大波乱確定!?」


なぜならば・・・

ラストランで人気を集めるであろう、
あのジェンティルドンナに、なんと「危険信号」が!?

更にこちらも引退決定で人気になるであろう、
ジ ャスタウェイやピークを越えたトーセンラー

引退を決めた馬が走る有馬記念は「必ず何かが起こる!」


そして、スターホースが消える時、
必ず好走する馬には『ある特徴』があった!

謎が波乱を呼ぶ2014年総決算有馬記念!


今年、グランプリホースに輝くのは「●●●●●●●」!


そんなグランプリ有馬 記念(G1)、マル秘情報を期間限定無料公開!

もちろん土曜に開催の お宝レース、『阪神カップ(G2)』も
完全無料でマル秘情報を公開します!

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
プロフィール

手帖主

中学1年のときに友人に借りたダビスタⅢをきっかけに、競馬の楽しさを知る。

はじめて好きになった馬はマヤノトップガン。97年の天皇賞・春は今でも唯一無二のベストレースだが、当日に中学3年時の文化祭があり、生で見られなかったのが今でも悔やみきれない。

高校1年のとき、サイレンススズカの悲劇を境に一旦競馬との距離を置こうと思うも、グラスワンダーの復活劇に魅せられ再び夢中になる。

その後も地元の関学に通いながら仁川で競馬を見続け、大学卒業後は上京して今は府中が主戦場。

某広告代理店で働くかたわら、このブログを運営中。

間もなく、リニューアルしてより充実の内容でお届けしたいと思っています。

SNS
応援クリックお願いします。
ご意見募集中
記事検索
逆アクセスランキング
人気ブログランキング
にほんブログ村
アクセスカウンター

    タグクラウド
    • ライブドアブログ