けいば手帖(旧サイト)/新サイトはページ内のリンクから

競馬ブログ3年目。2016年も、去年好評だった人気馬の弱点をとりあげる「買ってはいけない」、人気薄馬の買いどころを探る「切ってはいけない」は続ける予定。また今年は馬券の種類を問わず、いろいろな買い方にチャレンジしていきます。どうぞお付き合いください。

ジェンティルドンナ

【2014 宝塚記念 回顧】+2014CBC賞 注目馬

●CBC賞注目馬
今週からいよいよ本格的な夏競馬が開幕!中京競馬場では、スプリントレースCBC賞が行われます。どうやら3歳馬、ベルカントが人気を集めそうですが、中京の馬場適性は疑問で、個人的には危険なイメージ。なら、連勝中のこの馬の走りに期待したいと思っています。
この馬⇒
※クリックした先のランキング内(現在31位くらい)「けいば手帖」のタイトル下に記載しています。


【2014 宝塚記念 回顧】

ゴールドシップが圧勝した宝塚記念。いや、「ゴールドシップ以外は自滅した宝塚記念」といって良いかもしれません。

◎ホッ コーブレーヴが終始馬場の悪い内を通り、直線の勝負所でも前が詰まる不利。○ウインバリアシオンも湿った馬場に苦戦したのか、いつもの伸びを欠き馬券的には直線を向いたところでTHE END。たまには、G1を1点勝負で楽しむのいいかと思っすっきりと負けて、思うほど悔しさはありません。

ただ、ここまで荒れるということは全く読めなかったのはちょっと反省。

ジェンティルドンナ、メイショウマンボに指摘した不安点はばっちりと的中し馬群に沈みましたが、まさかカレンミロティック、ヴィルシーナが上位を占めるとは思ってもみませんでした。

とりあえず、もう一度見て振り返ってみます。



1着:ゴールドシップ…良くも悪くも、阪神競馬場の芝にはピッタリの馬。重い馬場、荒れ馬場も苦にしない走りは重戦車のごとく迫力満点で、過去に類を見ないタイプの馬。横山騎手の騎乗ぶりもさすがで、これまでと全く別のタイプの騎手が新しい面が引き出せたことも良かった。ただ、秋の東京G1ではさ厳しいとは思うので、個人的には凱旋門賞へ行ってほしい。凱旋門賞馬が何度もジャパンカップに挑戦しても惨敗しているように、問われる適性が全く違うのは明白。時計のかかる上がり勝負、少なくとも切れ味が身上のハープスターよりかは分があると思う。

2着:カレンミロティック…宝塚記念に向けて、体調万全に仕上がっていたということもあるだろうが、このメンバー相手によく頑張った。勝ちきるまではなくても、相手なりに走れるのが強みの馬で、池添騎手の大一番での騎乗ぶりもさえた。

3着:ヴィルシーナ…超スローペースに恵まれたカタチだが、内の悪かった阪神の馬場を考えると、この馬が残ることは考慮できなかった。闘争心が戻った今ならこのくらいはやれるということだろう。ただ、逃げて好走する印象が出来上がってしまったため、次走、牝馬同士の対戦だとしてもマイペースでいけない可能性は高い。この2戦はあくまで恵まれたもの、ということを忘れてはならない。

4着:ヒットザターゲット…この馬の健闘には正直驚いた。ただ、これまでの好走パターンを振り返ってみると、直線まで死んだふりで、追い込む戦法が良いタイプ。武豊得意の騎乗が、うまくハマった。

5着:デニムアンドルビー…不慣れな右回りだが、あっと思わせるシーンもあった。先行して競馬をした経験は大きい。

6着:フェイムゲーム…この馬なりの競馬。秋の成長に期待。アルゼンチン共和国杯の単勝が今売られたら買いたい。

7着:ウインバリアシオン…馬場に泣いたという陣営の談話。ただ、湿った馬場はネコパンチの日経賞2着、何より不良馬場の日本ダービー2着があるわけで、実績的には言い訳にならない。脚元のケガが再発していなければいいが。。。

8着:ホッコーブレーヴ…9R・10Rと戸崎騎手は連勝していただけに、馬場が読めていると感じたが、このレースでは終始内にこだわっていた。その結果、最後は詰まる不利。あそこを割れる馬のチカラも残っていなかったということもあるが、不完全燃焼でもある。力はあることは証明済みで、秋以降の活躍ぶりにも期待。

9着:ジェンティルドンナ…やはり、右回りだと頭を上げてちぐはぐな走り。タフな馬場も向いていない。引き続き、秋の東京G1の2戦は好勝負するだろう。

11着:メイショウマンボ…真っ向勝負ではやはり牡馬相手に劣る。とくに一緒に上がっていくような競馬をすると、この馬なりのリズムが崩れる印象。牡馬相手のレースだと、思い切って逃げたり、極端な追い込みなど、奇策に出ないと厳しい。

思いのほか、長くなりましたww。

上半期が終わり、これで一端の区切り。今週は、これまでの成績等をゆっくりと振り返っていきつつ、下半期への展望などもまとめていきたいと思っています。


【2014 宝塚記念 出馬表】

【2014 宝塚記念 出馬表】

1 牡6 
58.0 
戸崎圭




2 2
牝4 56.0 浜中




3 3
牝5 56.0 福永




4 4
牡6 58.0 武豊




5 5
セ6 58.0 池添




5 6
牝5 56.0 川田




6 7
牡6 58.0 岩田




6 8
牡8 58.0 内田博




7 9
牡6 58.0 田辺




7 10
牝4 56.0 武幸




8 11
牡5 58.0 横山典




8 12
牡4 58.0 北村宏





結局、マイネルラクリマは回避となってしまい、今年は12頭というメンバー構成。さらに消せる馬も多く、今年もまた去年同様「3強で決まるか、それとも何か1頭割って入ってくるか」というところが、予想の焦点になるでしょう。

あとは、馬場状態。今(金曜日夕方)のところの予報ですが、阪神地区の土曜日は曇り時々雨、日曜は曇り時々晴れとなっていて、土曜日が極端な雨量にならない限りおそらく良馬場で行われることになりそうです。となると、去年ほどジェンティルドンナには不利でもなく、ゴールドシップに有利でもないということに。これまた、予想を難しくさせてくれます。

さらに、先週から内伸びからやや外伸びに変わってきている傾向も見逃せません。おそらく逃げ切りは難しく、大外からの一気の追い込みも決まりやすいということを、考慮にいれて予想する予定です。(詳しくは明日のレースを見てからですが)

枠順に関しては、阪神2200mはスタートから長い直線をゆったりといけるだけに、そこまで枠の有利不利は考えないつもりです。ここは騎手の腕次第といったところでしょう。

最後に枠順とは関係ないですが
ここに来てちょっと危険かなと思いだしたのは

この馬⇒
※クリックした先のランキング内(現在33位くらい)「けいば手帖」のタイトル下に記載しています。

馬体的にも走り的にも、素軽いタイプで、自分なりの競馬ができるかどうかが身上の馬。牝馬通しなら自分なりのペースで競馬ができたのだろうが、歴戦の古馬たちの中で揉まれては、いつも通りの競馬はできなさそう。おそらく4番人気ということも踏まえて、ちょっと人気も過剰気味なのではと思う。(少なくともVマイル2着と安田記念2着は同等に評価するのはおかしく、実力はスイープトウショウほどではない)


~PR~

先週も絶好調だった
注目のサイト、スマートウィン!


宝塚記念予想も無料で公開!

簡単登録ですぐに見られます!


詳しくは↓へ。




先週は日曜日阪神6R3歳上500万下の3連単455倍を、
そして同じく日曜日阪神9R小豆島特別の3連単984倍を的中させていました
。 

なので一度で良いので、

公開された買い目通りに、馬券を買ってみてください。 

予想はメルアド登録のみで見れます。 

本当に当たりますよ。

しかも、かなりの確率で的中します。

競馬の予想に全てを賭けているだけあって、

生半可な買い目は絶対に出して来ません。


ちなみに先週配信されたキャンペーンの買い目は・・・
 


結果は・・・

【馬単】10-7        的中で¥56,800
【3連複】2-7-10   的中で¥99,400
【3連単】10-7-2   的中で¥455,500

推奨通り1000円で購入された方は、
61万1,700円の払い戻し金です!
 
  

ちなみに先週配信されたもう一つのキャンペーンの買い目は・・・
 


結果は・・・

【馬単】6-10            的中で¥342,600
【3連複】6-7-10      的中で¥66,100
【3連単】6-10-7     的中で¥984,200

推奨通り1000円で購入された方は、
139万2,900円の払い戻し金です!


いかがですか?

ただ、印を挙げるだけでは無く、しっかりと

根拠を示してくれるので、納得して馬券を

買う事ができますよね。


しかも、買い目点数は、3連単20点、3連複10点、馬単5点

どうでしょう?

点数が少ないので投入金額が少なく勝負できる上に、
 
高配当が期待できる馬券種ですよね。



さらに、これで2014年は毎週的中を出しています。 


これだけの的中実績を見せられたら

参加しない理由が見つかりません。


もちろん、上に載せた買い目や結果は、正真正銘の内容です。


なので、今週、必ず参加してください!

登録した瞬間からキャンペーンに参加できます。

一度で良いので、宝塚記念の3連単馬券を
公開された買い目通りに買ってみてください。


入会金0円 会員登録はこちら(予想はメルアド登録のみで見れます。) 

【2014 宝塚記念 有力馬前走チェック】

◆──────────────◆
   2014年6月29日(日)

   阪神11R 芝2200m
  第55回 宝塚記念(G1)

 『話題・人気』など必要ナシ!
 GPは関西馬情報だけで獲れる
  1点勝負馬券を無料配信

◆──────────────◆

すでに、木曜日。そして、すでに、宝塚記念の出馬表が発表されているので、さっさと前走を振り返りながら、自分なりに有力馬たちの整理をしておきます。

【宝塚記念 有力馬前走チェック】


●天皇賞春

2着:ウインバリアシオン…岩田⇒シュタルケ⇒当日に武幸四郎、突然の乗り替わりでどういうレースになるか注目されたが、結果はいつもの通り展開で2着。通ったコース、仕掛けどころなど、持ち味をフルに発揮したカタチだったが、あとワンパンチ足りなかった。ただ、素直な気性で、道中かからず安定した末脚を繰り出すのだからさすが。今回も大崩れは考えにくく、岩田騎手ならもうワンパンチをサポートできるのではないだろうか。

3着:ホッコーブレーヴ…前走日経賞の追い込んだ脚は、決してフロックではなかった。内・外の差はあったとはいえ、キズナとの追い比べを制したのだから、実力は相当あると見ていい。状態が維持または上昇していれば、父マーベラスサンデーが悲願の初G1を制した舞台で、勝ち負けできる力は十分にある。

5着:ゴールドシップ…
出遅れが全てだったが、京都の高速馬場はやはり不利。昨年秋とは違い、戦う姿勢は見せていたので、得意の阪神、無事のスタートなら、勝つ可能性も高いでしょう。

6着:フェイムゲーム…強豪相手にも6着は決して悪くはない。レース内容も悪くなく、流行りのハーツクライで成長力もあるだろう。将来性は有望な1頭とみているのだが、今回はまだ覚醒には早い気がする。アルゼンチン⇒有馬記念あたりで面白い存在になっているかも。

●ドバイシーマクラシック

1着:ジェンティルドンナ…内に閉じこまれたところから無理矢理外に出して突き放したのだから、インパクトは十分。得意の左回り、切れ味が求められる展開で実力を発揮できた。ただ阪神2200mという条件は、持続力を求められる展開になりやすく、切れ味勝負のこの馬にはマイナス。雨が降るとさらに悪く、3強の中で切るとすればこの馬か。

●ヴィクトリアマイル

1着:ヴィルシーナ…
前走は突如の復活。ただ本質的にはマイル付近が良い馬で、阪神2200mというスタミナが求められる舞台は基本的に不利。人気もそこそこ集めそうだし、今回は消していい。

2着:メイショウマンボ…
たたき良化型の馬が、ここもきっちりと復調しヴィルシーナを追い詰めた。通ったコースも良かったが、やはりレースセンスは良い。阪神の内回りはぴったりな条件で、父スズカマンボ譲りの道悪適性もある。実績の割に人気がないなら積極的に買いたい馬。

●鳴尾記念

4着:カレンミロティック…
レース上手な馬だがちょっと今回のメンバーでは足りない気が…。

8着:トーセンジョーダン…いかにも前走はたたき台という感じ。どこまで調子を取り戻しているかが問題。

以上、3強以外で穴馬になりそうと思ったのは、

この馬⇒
※クリックした先のランキング内(現在32位)「けいば手帖」のタイトル下に記載しています。

実力はフロックではないことはあきらか。引き続き人気集めなさそう(たぶん、希望)で、今回もあっと驚かせそう。

★★━━━━━━━━━━━━━━━★★

【上半期の総決算第55回 宝塚記念(G1)】

今年は「あの穴馬」を見逃してはいけない

プロだからこそ見える、

穴馬の好走サインとは!?

★★━━━━━━━━━━━━━━━★★

ついに1年も折り返し地点。
上半期のグランプリレース、宝塚記念の時期がやってきました。

ファン投票で選ばれたスターホース達が争う一戦。
当然、一線級の馬達の闘いなので、ある程度馬券は堅いと思われがちです。


しかし!今年に限ってはまさかの
好走サインを出している「穴馬」が存在!?


《 好走確率は90%強! 》


と語る関係者も少なくない1頭。
アナタは解りますか??

的中馬券の旨味を格段に上げてくれる「穴馬」、
そして宝塚記念を制する「あの馬」の秘密、教えます!


⇒■宝塚記念の買い目をこちらから完全無料公開です!
※予想はメルアド登録(無料)のみで見れます。
メルアド入力後、送られてくるメールのURLを
クリックして登録を完了させてください。




「無料情報で当たらなければ信用出来ないっ!」


まさにその通りです!
ではお見せしましょう!

『タダ』でもしっかり当る無料情報を!



《 2013年春のG1では全11戦中9勝!的中率は「81%」! 》



無料でもフルパワーでお届けしているだけに、
渾身のプロ予想が炸裂!



この結果を嘘だと思いますか?


もちろん、いきなりこんな事を言われても信じられないと思いますので、
アナタが満足するまで半永久的に無料でお届けします!


⇒■宝塚記念の買い目を
こちらから完全無料公開です!

※予想はメルアド登録(無料)のみで見れます。
メルアド入力後、送られてくるメールのURLを
クリックして登録を完了させてください。


【2014 函館スプリントS ユニコーンS 回顧】

【2014 宝塚記念 注目馬】
気分はすっかり夏競馬。ですが、今週末は上半期G1の総決算、宝塚記念が行われます。

ただ、年明けのころに想定されていたメンバーからは、キズナ、フェノーメノ、ジャスタウェイが離脱。面白みは半減とまではいかなくても、並みのG1級になってしまいました。一応3強という下馬評になっていますが、その中で軸として安定感あるならやはり
この馬⇒
※クリックしたリンク先の「けいば手帖」の欄下、コメント部分に記載しています(現在35位くらいです)

持続力ある脚は阪神にぴったり、ここは勝ちきるところまであるのではないでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーー

さて、日曜の2重賞はともに、圧倒的1番人気が吹っ飛んでしまいました。どちらとも本命にせず、函館SSは☆ガルボ、ユニコーンSは◎レッドデイヴィスとしていたのですが、結局ハズレ。自分の下手さ加減を痛感しています。。。

「思いっきり振りぬかない限り、ホームランは打てない」。

そのことを改めて肝に免じた先週。いつかホームランを打てるよう、荒れるレース・固いレースの選球眼を磨いていきながら、振りどころでは全力でいきたいと思います。(ただ、それがなかなか出来ないので困ってるんですけどねww)

【2014 函館スプリントS 回顧】


1着:☆ガルボ…“冬馬”と言われていたが、そこはまだまだ涼しい北海道。夏負けにはなっておらず、使ってくるからには体調は良いということだったのだろう。1400m~1800mでの実績は十分で、やはりそちらの組の方がハイレベル。58キロは背負いなれている斤量でもあり、経験の豊富さから苦にしなかった。テンで遅れたことも、結果的には向いたカタチ。まさに“忘れたころのガルボ”。息の長い活躍には、頭が下がる。

2着:無印ローブティサージュ…この馬は完全にノーマーク。瞬発力勝負になると厳しいところはあるが、持続力活かせる展開が有利に働いた。今後も時計のかかる上がり勝負なら出番あり。

3着:無印クリスマス…低斤量かつ流れが向いたこともあるが、初古馬対戦でよく頑張った。やはり1200mは走る。今後の成長次第ではキーンランドカップあたりも面白い存在。

9着:◎スマートオリオン…スタートから、理想のポジションにつけたあたりは、さすが武豊。ストレイトガールよりも上手く進めていたぶん、敗因は直線で詰まってしまったことが全て。近況さっぱりのWIN1、ここでも着外に飛ばすとは思ってもみなかった。

12着:○ストレイトガール…向上面ではかかり気味なのか窮屈になったのか、終始クビが上がっていた。その上で直線はどん詰まり。何もかもが上手くいかなかった。器用な競馬をできるのはたしかなので、人気は下がらないだろうが、今後は、このような惨敗は少ないはず。

【2014 ユニコーンS 回顧】

1着:◎レッドアルヴィス…見立てたとおり、スムーズに競馬をすれば同世代の中では実力上位。余裕たっぷりに外からまくっていくレースぶりは、他馬と比べて1枚~2枚上だった。カレンブラックヒルの弟ということもあり、レースセンスもバツグン。ただ、本当の見立ては、「アジアエクスプレスと接戦を演じてゴールする」だっただけに、馬券的には沈没。。。。

2着:無印コーリンベリー…「サウスヴィグラス産駒の距離延長」ということで戦績にくらべて人気を落としていた。しかし、ナムラタイタンでも証明しているように、サウスヴィグラスはイメージよりも延長は効く。外からスムーズに運べたことも大きかったが、粘り腰あり今後も注目。

3着:▲バンズーム…道中は相変わらずの後方から。その分、最後の追い込みは秀逸。今後も広いコースなら安定して差してこれるだろう。

12着:○アジアエクスプレス…ムキムキの筋肉は圧巻だが、全く活かせず、ボディビルダーのごとく惨敗。道中から行きっぷり悪く、もがいたまま終わってしまった。ダートでのブランク、砂をかぶった内枠、クラシックを戦った疲れ、など敗因もいろいろあるだろうが、成長を遂げた他馬と比べ、期待していたほどの強さはもっていなかった。今後も人気を集めそうなので、切って妙味の馬になるのかもしれない。

~PR~
絶好調サイト スマートウィンは、
先週も的中連発!




先週は日曜日阪神6R3歳上500万下の3連単455倍を、
そして同じく日曜日阪神9R小豆島特別の3連単984倍を的中させていました
。 

なので一度で良いので、

公開された買い目通りに、馬券を買ってみてください。 

予想はメルアド登録のみで見れます。 

本当に当たりますよ。

しかも、かなりの確率で的中します。

競馬の予想に全てを賭けているだけあって、

生半可な買い目は絶対に出して来ません。


ちなみに先週配信されたキャンペーンの買い目は・・・
 


結果は・・・

【馬単】10-7        的中で¥56,800
【3連複】2-7-10   的中で¥99,400
【3連単】10-7-2   的中で¥455,500

推奨通り1000円で購入された方は、
61万1,700円の払い戻し金です!
 
  

ちなみに先週配信されたもう一つのキャンペーンの買い目は・・・
 


結果は・・・

【馬単】6-10            的中で¥342,600
【3連複】6-7-10      的中で¥66,100
【3連単】6-10-7     的中で¥984,200

推奨通り1000円で購入された方は、
139万2,900円の払い戻し金です!


いかがですか?

ただ、印を挙げるだけでは無く、しっかりと

根拠を示してくれるので、納得して馬券を

買う事ができますよね。


しかも、買い目点数は、3連単20点、3連複10点、馬単5点

どうでしょう?

点数が少ないので投入金額が少なく勝負できる上に、
 
高配当が期待できる馬券種ですよね。



さらに、これで2014年は毎週的中を出しています。 


これだけの的中実績を見せられたら

参加しない理由が見つかりません。


もちろん、上に載せた買い目や結果は、正真正銘の内容です。


なので、今週、必ず参加してください!

登録した瞬間からキャンペーンに参加できます。

一度で良いので、宝塚記念の3連単馬券を
公開された買い目通りに買ってみてください。


入会金0円 会員登録はこちら(予想はメルアド登録のみで見れます。) 

【2014 京都記念 回顧】+先週末WIN1パーフェクト的中!

東京10R:本命タールタン1着で
WIN1(単勝勝負)、4日連続的中達成!!


自分でも出来すぎだと感じていますが、素直に喜びたいと思います。
どこまで続くかわからないですが、なんとなくコツをつかみかけた感じ。

今週末も期待しておいてください!(←後悔するような記述をあえて残してみますw)

そんな流れで、今のうちに今年初のG1、フェブラリーSの注目馬はこちら!
この馬⇒
上をクリックした先のランキング内(現在26位)の
けいば手帖のタイトル下の紹介文に掲載しています。

地方の砂よりも東京の軽いダートが合うタイプ。素直にここは外せない。


【2014 京都記念 回顧】


ラップ:13.3 - 11.8 - 13.2 - 12.9 - 12.5 - 12.9 - 13.0 - 12.2 - 11.5 - 11.0 - 11.7

●レース総評
行く馬がいない中、デスペラードが逃げて、スローペースに。道中は各馬折り合いに専念、といった競馬になった。その中をまさかのトゥザグローリーがまくって直線先頭へ。残り1ハロンくらいまでもったが、逆噴射のように失速。内から粘り腰のデスペラードがもう一伸び、外からトーセンラーが迫ってきて、1、2着。ジェンティルドンナはまさかの失速。初の掲示板外という残念な結果になった。

●各馬短評

1着:デスペラード…追い込み一手という印象だった馬も、ステイヤーズステークスでは好位で進み、ついに今回は逃げて力を見せつけた。乗りやすい馬なのだろうし、3600mもこなせるスタミナも持っていて、切れ味が利きにくい馬場で早めに行った騎乗ぶりも秀逸だった。天皇賞春が断然面白くなる勝ちっぷり。中身の濃い競馬だった。

2着:トーセンラー…休み明け、斤量58kg、雪かき上がりの馬場。この馬にとっては決して恵まれていない条件のなかで、この好走は十分胸を張れる。昨年秋からグンと力をつけている印象で、これならほかの競馬場でも難なく好走できそう。

3着:アンコイルド…好位の内でじっとしながら、直線は内へ。少し外へ出そうと迷ったのが見受けられたが、荒れた馬場を苦にしないタイプなので、「そこは内だろ!」と思わず叫んでしまいましたww。案の定、最後までしっかりと粘りを見せた。今後も相手なりに走りそう。道悪なら要注目。

4着:ラキシス…
斤量53kgは魅力だったが、それ以上に道悪が合わなかった印象。良馬場なら当然これ以上の結果になるはず。ヴィクトリアマイルまで、引き続き注目。

6着:ジェンティルドンナ…(対抗に推しておいて言うのも何だが)、世間で悲観されているほどのショックは、正直感じなかった。簡単に言うと、弱点が露呈しただけという印象。もともと休み明けが良いタイプではないし、道悪も合わない(この馬はとにかく軽い馬場があうと思っているので、そもそもドバイも合わないとも思っている)。東京マイルや秋の東京、今年の目標に掲げている「ジャパンカップ3連覇」なら十分可能性あると思うので 、挑戦は続けてほしい。
プロフィール

手帖主

中学1年のときに友人に借りたダビスタⅢをきっかけに、競馬の楽しさを知る。

はじめて好きになった馬はマヤノトップガン。97年の天皇賞・春は今でも唯一無二のベストレースだが、当日に中学3年時の文化祭があり、生で見られなかったのが今でも悔やみきれない。

高校1年のとき、サイレンススズカの悲劇を境に一旦競馬との距離を置こうと思うも、グラスワンダーの復活劇に魅せられ再び夢中になる。

その後も地元の関学に通いながら仁川で競馬を見続け、大学卒業後は上京して今は府中が主戦場。

某広告代理店で働くかたわら、このブログを運営中。

間もなく、リニューアルしてより充実の内容でお届けしたいと思っています。

SNS
応援クリックお願いします。
ご意見募集中
記事検索
逆アクセスランキング
人気ブログランキング
にほんブログ村
アクセスカウンター

    タグクラウド
    • ライブドアブログ