けいば手帖(旧サイト)/新サイトはページ内のリンクから

競馬ブログ3年目。2016年も、去年好評だった人気馬の弱点をとりあげる「買ってはいけない」、人気薄馬の買いどころを探る「切ってはいけない」は続ける予定。また今年は馬券の種類を問わず、いろいろな買い方にチャレンジしていきます。どうぞお付き合いください。

ゴールスキー

【フェブラリーS 有力馬前走チェック】+ダイヤモンドS注目馬

気づけば、もう木曜の夜。明日には枠順も発表され、いつもなら今年初のG1に対する機運が高まってくる日なのですが、一昨日まで競馬があったせいか、今週はまだそんな気がしない。仕事の忙しさも相まって、何が何だかな一週間です(笑)。

ただ、今週は天候もよく、無事3場とも開催されそうなのは何より。やっぱり「普通が一番」なんだと、改めて感じますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●ダイヤモンドステークス注目馬

ダイヤモンドステークスは、重賞とは思えない低レベルメンバーになってしまった。人気を集めそうな、アドマイヤバラード、タニノエポレットは前走うまく乗られすぎた印象で、ここに来ての上積みはなさそう。なら、前回厳しい競馬を経験した、この馬を推したい!

この馬⇒
上をクリックした先のランキング内(現在22位)の
けいば手帖のタイトル下の紹介文に掲載しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【フェブラリーS 有力馬前走チェック】

●ジャパンカップダート 阪神ダート1800m

1 着:ベルシャザール…何度見ても、中団から先頭をとらえる脚に、絶対的な力の違いを感じる。レースぶりも一戦ごとに成長している印象で、力がどこまで伸びるか本当に楽しみ。もちろん東京コースは得意な舞台で、今回も馬券的には外せないだろう。ただ休み明けで、大目標をドバイにおいていることを考えると、どうしても先週のジェンティルドンナの姿がよぎってしまう。人気も集めるだろうし、本命にするかは要検討。というのが今のところの見解。


●川崎記念 川崎ダート2100m


1着:ホッコータルマエ…ムスカテールの追撃を難なくしりぞけた。相手を考えると勝って当たり前の1戦で、ダメージも少ないだろう。惚れ惚れする馬格を持つパワー タイプだけに、問題は東京のスピード決着に対応できるかどうか。自ら動いて、持続力ある決着に持ち込めるかがカギだ。


●東京大賞典 大井ダート2000m

2着:ワンダーアキュート…とにかく、相手なりにしっかりと力を出し切る馬。去年のフェブラリーステークスでも3着まで追い上げていて、どんな流れのレースにも対応できるのは本当にスゴイ。ただ、本質的には東京ダートマイルは合わないタイプだと思っている。さすがに8歳を迎え、力的にもそろそろ馬券圏内を外しておかしくない。


●根岸ステークス 東京ダート1400m


1着:ゴールスキー…休み明けながら、直線しっかりと伸びた。ゴールドアリュールを兄に持つ良血がいよいよ開花かと思わせる内容。もちろん有力の1頭ではあるが、あまりにも恵まれた競馬で、同様のレースができるかは疑問。

2着:ノーザンリバー…レースセンスが高い馬でしっかりと折り合いながら、直線で前をさばいた。ただ、一瞬の脚しか使えず、持続力求められる1600mに伸びるのはプラスではない。

7着:ドリームバレンチノ…スタートが決まって自然と先頭に立ってしまったのが、裏目に出た。内田騎手もこの点を敗因に挙げており、今回は修正してくるはず。ロードカナロアに迫った昨年の高松宮記念のような差しに回るなら、今回のメンバーでも出番があっていい。

8着:アドマイヤロイヤル…いつもより後ろの位置取りで、直線も馬群の中を走りづらい感じ。休み明けを叩かれ、どこまで調子をあげるか注目。

9着:ダノンカモン…
東京1600m巧者ももう8歳。叩いてどこまで復調するか。

14着:エーシントップ…ベスト1400mだけに、このメンバーで1600mなら厳しい。


●東海ステークス 東京ダート1800m


1着:ニホンピロアワーズ
…苦手かもしれなかった左回りを無事克服。実力から考えれば、このメンバーに勝つのは当然だったが、圧勝ともいえる内容からやっと復調してきたのではと感じた。ただ、やはり比較的ゆったりといける、4つのコーナーのあるコース。東京マイルの速い流れでどこまで対応できるか。


●すばるステークス 京都ダート1400m


1着:ベストウォーリア…このレースは強いの一言。東京コースも合うので、伸び盛りのこの時期に強豪ぞろいのメンバー相手にどこまで通用するか。楽しみの方が大きい。

ほかでは、ソロルが、シンボリクリスエス産駒で東京ダートマイルは合うことも付け加えておきたい。


【おすすめサイトのご紹介】

これまでに、何度かご紹介している競馬スピリッツ。

もう有名予想サイトとして、定着している感もありますが、
その知名度以上に、確かな結果を残しています。

先週の京都記念も、
大きな配当を的中させていました。


1着 ▲デスペラード(6番人気)
2着 △トーセンラー(2番人気)
3着 ◎アンコイルド(4番人気)

(by栗山求氏)

3連単1頭軸流し
11→10→9 配当81,540円 払戻金815,400円


このようなメインレース予想公開のほか、
テレビ東京でおなじみの東スポ記者虎石さんや
血統評論家として著名な栗山さんのコラムなど、コンテンツも充実。
読むだけでも、十分に楽しめる内容となっています。

フリーメール(yahooメールやgmailなど)だけで登録できるので、簡単。
個人情報は必要ありません。

まずはお試し感覚でのぞいてみてください。

ご登録はこちらから↓
競馬スピリッツ
もちろん、無料です!!

【2014 根岸ステークス 回顧】

とりあえず、今週は回顧を早めにアップしておいて、明日からは週末に向けた展望を書いていく予定。負けた週は、そんな気分になるんです(笑)

【根岸ステークス 回顧】



ラップ:12.6 - 11.1 - 11.6 - 12.0 - 11.9 - 11.8 - 12.4

●レース総評

前半35.3、後半 36.1。スリーボストンが逃げる展開も、2番手にドリームバレンチノ、3番手にブライトラインがつけ、自然と流れも速めになった。そして、直線入り口で早々にブライトラインが仕掛けたが、そこは後続馬も歴戦の古馬たち。結果、自ら動いたブライトラインはつぶれ、その後ろにつけていたノーザンリバーが抜け出そうとしたところ、さらにワンテンポ遅らせて仕掛けたゴールスキーが競り勝った。さらに、そんな争いを尻目に外から無欲で追い込んだシルクフォーチュンが、3着。例年の根岸ステークスらしい、差し競馬という結末だった。

●各馬短評

1着:ゴールスキー…7歳にしてようやく初重賞制覇。ゴールドアリュールの半弟という良血が、ようやく開花した。正直、陣営のコメントが「仕上がり途上なので」ということだったので嫌ったが、ベリー騎手の見事な手綱さばきで、勝利までこぎつけた。もちろん本番までにはさまざまな課題があるが、引き続き同騎手なら切ってしまうのはこわい。

2着:ノーザンリバー…道中は中団でじっと抑え、直線半ばからここ2戦で見せているような鋭い切れ味を発揮。ただ1600mとなると、余計この脚を使うポイントが難しくなるだけに。。。

3着:シルクフォーチュン…今回もよく切れた。もう少し速い流れだったら、差し切りもあっただろう。距離延長となる本番は、本質的には不利。よほどのハイペースにならない限り厳しそう。

その他、
本命に推したドリームバレンチノは、スピードの違いで先行してしまった。フジテレビの実況では一切ふれられなかったが(←怒)、直線も内でよく粘っている。東京の長い直線ではスタミナが持たなかっただけで、1200mや東京以外の1400mなら引き続き強さを発揮するだろうが、今なら手薄な芝スプリント戦線に戻ってきてもいいのでは。ハクサンムーンに渡り合える力はあると思うのだが。。。

ブライトラインは、自らレースをつくれるほど強くはないということ。仕掛けひとつで巻き返しも可能だが、これは鞍上の腕次第。

アドマイヤロイヤルは厳しい場所で競馬していて、見直しは必要。

テスタマッタは、まだ気持ちの面で乗っていなったようで、この1戦でピリッとしてくれば。

以上を踏まえ、根岸ステークスの次走注目馬は
この馬→
上をクリックした先のランキング内(現在20位)の
けいば手帖のタイトル下、紹介文に掲載しています。

今回は休み明けで、通ったコースも内目の厳しい位置。堅実な馬だけに本番でも十分に勝負になる。

【2014 根岸ステークス 有力馬前走チェック】

【2014 根岸ステークス 有力馬前走チェック】

※出走馬がどこにいるか少しでもわかりやすいよう、馬番も書いておくようにしました。

●兵庫ゴールドトロフィー 園田1400m
1着:10番ドリームバレンチノ、5着:7番エーシントップ


ドリームバレンチノは強いの一言。JBCでもエスポワールシチーの2着に来たように、血統的にもダートに代わっても問題ない。唯一の心配は東京多頭数の内側で揉まれたとき、どのようなレースができるか。フェブラリー本番は距離的に心配な部分が多く、ここが勝負。

エーシントップは若さが出た感じ。レース上手ではあるが、気持ちの面では強くないのだろう。今回はこの馬ベストの東京1400mに戻るだけに、ここで惨敗すれば言い訳がきかない。


●ジャパンカップダート 阪神ダート1800m
4着:7番ブライトライン、8着:16番テスタマッタ


ブライトラインは、強豪メンバー相手によく頑張っている。元来軽いダートが合うタイプで、東京替わりはプラス。
テスタマッタは、さすがに阪神は合わず。得意の東京替わりでどこまでパフォーマンスが向上するか。ただ、そろそろ年齢も重ねてきただけに、往年の輝きを取り戻せるかは疑問。


●カペラステークス 中山ダート1200m
1着:1番ノーザンリバー、2着:7番スノードラゴン、
3着:4番シルクフォーチュン、4着:13番セイクリムズン、5着:2番スリーボストン


ノーザンリバーはレース上手で強い内容。アーリントンカップ勝ち馬で、レース上手なタイプ。距離も全く大丈夫そうで、勢いを味方にどこまで。
スノードラゴンは、同舞台(銀蹄S)勝ちがあり東京替わりも大丈夫。メンバー強化もどのような勝負をするか楽しみ。
セイクリムズンは、去年はあっと言わせる同レース3着。その後も、堅実に走るタイプで掲示板ははずしていない。1400mベストでもあり、ここも一発注意。
シルクフォーチュンは、脚質的に軸にはしたくないが、ペース次第ではここも当然有力。一枚は抑えるつもり。


●武蔵野ステークス 東京ダート1600m
2着:3番アドマイヤロイヤル、4着:16番ゴールスキー



このレースでは、さすがにベルシャザールの前に屈したが、当然高い能力をもった2頭。ただどちらも、本番を見据え今回は「たたき」の感があり、それがどう出るか。


そこで根岸ステークスの注目馬はこちら
この馬⇒
シルクロードステークスの注目馬も併記。

上をクリックした先のランキング内(現在20位)の
けいば手帖のタイトル下、紹介文に掲載しています。



--------------PR--------------------

激アツサイトみつけたのでちょっと紹介。

最近馬券がなかなか当たらなくてモヤモヤとした
気分が続いていた。

馬券で儲けている人ってどんな馬券を買ってるんだ?
と思っていていろいろと競馬サイトを検索していると・・

~平均的中率75%以上~


75%以上?

ふざけるなよ。
こっちは馬券が外れてイライラしてるんだよ!


そんな事言っていても仕方がないので、とにかくやってみようと
思い、メアドを入力。


そしたら、ちょっとお金はかかったけど自信があるという事で
1月19日の中山2R(3歳未勝利)の情報を購入。


3連単がフォーメーションで20点で提供されていた。


実際の情報購入画面がコチラ↓



◎ 7ダンブルブルータス←1番人気
〇 9ハヤブサフィーバー←5番人気
▲ 10カフェブリリアント←3番人気
☆14サウスマキシム←10番人気


5番人気と10番人気がいますが・・

マジで当たるのか?

※ビビッて1000円推奨のところを100円で購入・・

マジで頼むぞ。


すると


キター!!!


1着 7ダンブルブルータス←1番人気
2着 9ハヤブサフィーバー←5番人気
3着 14サウスマキシム←10番人気

配当は・・62,340円!

※1000円で買っとけば良かった・・というのは後の祭り・・


今はすっかり馬券を当てる気力を取り戻した。

まじ感謝だわ。

※来週こそは1,000円で勝負しちゃうぞ!!


これ冗談じゃないんで。
ここがそのサイトなんでちょっと見てみ!
プロフィール

手帖主

中学1年のときに友人に借りたダビスタⅢをきっかけに、競馬の楽しさを知る。

はじめて好きになった馬はマヤノトップガン。97年の天皇賞・春は今でも唯一無二のベストレースだが、当日に中学3年時の文化祭があり、生で見られなかったのが今でも悔やみきれない。

高校1年のとき、サイレンススズカの悲劇を境に一旦競馬との距離を置こうと思うも、グラスワンダーの復活劇に魅せられ再び夢中になる。

その後も地元の関学に通いながら仁川で競馬を見続け、大学卒業後は上京して今は府中が主戦場。

某広告代理店で働くかたわら、このブログを運営中。

間もなく、リニューアルしてより充実の内容でお届けしたいと思っています。

SNS
応援クリックお願いします。
ご意見募集中
記事検索
逆アクセスランキング
人気ブログランキング
にほんブログ村
アクセスカウンター

    タグクラウド
    • ライブドアブログ