けいば手帖(旧サイト)/新サイトはページ内のリンクから

競馬ブログ3年目。2016年も、去年好評だった人気馬の弱点をとりあげる「買ってはいけない」、人気薄馬の買いどころを探る「切ってはいけない」は続ける予定。また今年は馬券の種類を問わず、いろいろな買い方にチャレンジしていきます。どうぞお付き合いください。

エイシンヒカリ

毎日王冠2015予想オッズ人気馬エイシンヒカリを買ってはいけない!

----------------------------------------
単複馬券のみで2015年の回収率150%を目指すブログです。  
購入馬券はTWITTER で公開。
第4回中山メイン4週連続的中!
スプリンターズS◎サクラゴスペルでゲット。
2015年の重賞勝負馬の通算成績→【14,4,16,56】

----------------------------------------
こんばんは。

いやあ、捻りが足らない。まったく、捻れてない!!

昨日の日本テレビ盃は
クリソライト⇒コパノリッキー⇒サウンドトゥルーで勝負。(何という常識的な1点勝負だこと。)


そして、サウンドトゥルー⇒クリソライト⇒コパノリッキーで決着!

ほんと、こういうのを「安物買いの銭失い」っていうんですよ。。

コパノリッキーは骨折休み明け+58キロ+距離も長めというのはわかってましたが、クリソライトも休み明けで1800mは本質的に距離不足と見るべき。ならば、サウンドトゥルーの充実さを踏まえて、2頭がやり合う展開の利を読めないというのは、何ともへたくそ。終わってみれば何でも言えるのですが、そこをちゃんと読めてこそなんです。

あー、もっと捻くれた人間になりたい!


というわけで、本日は、そんな捻くれた人間を目指して書いている「買ってはいけない!」です。

先週の秋G1開幕ということで久々に書いた「ウリウリを買ってはいけない!」は的中しました。

挙げた理由のほかにも、中山の坂への対応や他馬と比べての上積みの無さあたりも影響したみたいですね。それに枠もやや外目と良くなかった。もちろん、京都・阪神に戻れば全然消せる馬ではないので、京阪杯あたりに出てこれば普通に来ちゃう可能性は高いですよ。あくまで今回は、不安点が多いにも関わらず、結構人気してた点で抗ってみただけなので悪しからず(笑)。

というわけで、今回も調子にのってこんな感じでいきます。

毎日王冠で予想オッズ人気馬の
エイシンヒカリを買ってはいけない!

その理由がこちら!

①未知のハイレベルメンバーからの徹底マーク!
2走前はグランデッツァを、前走はサトノアラジン、ディサイファ、フルーキー、ヒラボクディープ、ペルーサ以下を完封しました。そして、それらの馬たちは(出走していないサトノアラジンを除く)、次走全て勝利!決してレベルの低いメンバーだったわけではありません。

しかし!そうと言ったところで、これまで相手をしたまともな重賞勝ち馬はディサイファくらい(ペルーサ・マイネルホウオウとかいうツッコミは無しで)。対して今回は、ほぼすべてが既に重賞勝ち馬というメンバー構成。

またサイレンススズカの面影を背負って、毎日王冠という舞台に武豊を背に出てきます。当然1番人気になることは確実。その中で、彼らの徹底マークをしのげる器がどこまであるか。まだまだちょっと家賃が高い印象が残ります。

②今回は逃げを封じられる可能性も高い!

まあマークされることの延長線上にあることなのですが、今回は安田記念で逃げたリアルインパクトがハナを叩く可能性も十分考えられます。他の日本人騎手ならいざ知らず、鞍上はルメール。相手が武豊といえども積極果敢にいくでしょう。

対する武豊もエプソムカップのレース後に、逃げなくても競馬ができることを示唆(調教師はちょっと反対意見を出してましたが)。ただ、この強豪相手に初めての競馬を教えて、勝つというのは相当至難の業。馬も戸惑いを見せて、馬群に飲み込まれる可能性も十分にあると思います。

③開幕週の東京は鬼門!

エイシンヒカリは、比較的軽い馬場、時計が出やすい馬場で、ラクに先行して最後まで持たせるという競馬で実績を残してきました。ただ今回、開幕週の馬場はご存じエアレーション&シャタリングが思い切り効いた馬場になります。
なので時計が少しかかるのが、今のトレンド。
(12:07すいません。今開催のエアレーションもシャタリングも行われていない模様です⇒詳しくはこちら17:52再び追記:エアレーションが施されたという話を発見!詳しくはこちらから。

さらに左回りは、あの逸走の件もまだ解消されたわけではないですし、今週はまともだったとはいえ、先週までの調教内容はずぶずぶだったとのこと。調整過程でも疑問が残ります。

以上。今回は危険な香りがすごい!と言わざる負えない。超えなければいけないハードルは他馬よりもグンと多いでしょう。

明日は先週人気薄のサクラゴスペルを指名した、
「この馬を買え!」(ちょっとタイトルを変更しました)を更新予定。

指名するのはこの馬(たぶん)
人気ブログランキングへ
※クリックした先のランキング約29位くらいの「けいば手帖」のタイトル下に記載しています。


今回人気を落としそうですが、普通に考えれば好勝負可能でしょう。

エプソムカップ2015 予想オッズ人気馬エイシンヒカリを買ってはいけない!

-----------------------------------------------
単複馬券のみで2015年の回収率150%を目指すブログです。
購入馬券はTWITTERで全て公開。
第4回開催まで全てプラス収支達成!⇒詳しくはこちら

それも過去の栄光。。第5回開催は惨敗でした。
しかし、現在もプラス収支は継続中。
2015年の重賞勝負馬の通算成績→【12,2,11,33】

----------------------------------------

こんばんは。

今日もまた残念なニュースが飛び込んできました。
「エピファネイア 
繋靱帯炎で宝塚記念回避」

これで、ますますゴールドシップの3連覇への期待と可能性が高まりました。もちろん、圧倒的人気は間違いないところ。馬券的にも盛り上がりに欠けるかな。今年は久々に、ちょっぴりさびしい宝塚記念になりそうです。

さて、木曜日は、重賞の危険馬を取り上げる、
「買ってはいけない!」のコーナーです。
そして、ここのところ3週、ルージュバック、ドゥラメンテ、モーリスを相手に連敗中…。

ですが、、、

桜花賞のルージュバックや皐月賞のサトノクラウン、天皇賞春のキズナ、NHKマイルカップのグランシルクなど、そうそうたる人気馬を相手に打ち勝ってきたのも、また事実。

今週で連敗の流れを止められるかどうか。

では今週もいきます!

エプソムカップで予想オッズ人気馬の
エイシンヒカリを
買ってはいけない!


その理由はこちら!

①外側への逸走ふたたびの可能性!
エイシンヒカリがデビュー5連勝後、初の左回りで挑んだレースが、昨年秋の東京のアイルランドトロフィー。東京競馬場の大外のラチ沿いまで斜行していったあのレースです。あの距離ロスで勝つのだから、この馬は強い。そういえるのかもしれません。しかし、あのときのメンバーと今回のメンバーでは、力は雲泥の差。メンバーレベルが上がり、さらに左回りへの対応力は未知数。そのような馬を、人気で買うわけにはいきません!

②強力な同型フェスティブタローの存在!
未勝利戦以外は、全て逃げ切りで勝っているエイシンヒカリ。スタートも上手く、追わずにすんなりと先頭に立てるのがこの馬の武器。他馬に邪魔されることなく、ラクにハナに立ってレースを進めてこられた競馬ができていました。しかし今回、強力な同型のフェスティブタローが出走します。前走のモンゴル大統領賞では、1着3着が追い込み馬の中、久々に逃げて2着に入りました。やはり逃げてこそ強い馬ということを証明したカタチ。当然今回も、ハナを主張してくるのは間違いありません。エイシンヒカリはフェスティブタローと競り合うことになるのか、それとも控えるのか。控えた場合、前に馬を置くレースに慣れていないエイシンヒカリは、同様に実力を発揮できるのか。連勝を重ねてからこそ、出会っていない未知の課題にぶつかる可能性は大いにあります。

③チャレンジカップで跳ね返された重賞の壁!
エイシンヒカリは6連勝後の昨年冬、初めての重賞に挑みました。阪神競馬場で行われたチャレンジカップ。初めて、重賞級のメンバー相手に戦った結果、9着に惨敗。これまでのペース、4コーナーからの後ろからのプレッシャーなど、これまでオープン特別や条件戦とは違ったものがあったのでしょう。前走の都大路Sでは、この馬にベストと言えるような条件の下快勝しましたが、今回重賞になってくると話は別。重賞常連の馬たち相手にどのような競馬ができるのか。一度崩れたら、馬券圏内も危ういのが逃げ馬の宿命。軸にするのは明らかに危険です。

以上。
それでもあなたは
エプソムカップで予想オッズ人気馬の
エイシンヒカリを
買いますか!?

この穴馬の方が、魅力あると思います。

この馬 
※クリックした先のランキング約28位くらいの「けいば手帖」のタイトル下に記載しています。

良績は夏に集中。そろそろ調子を上げてくる時期で、体調も上がってきたとのこと。血統的にも、この相手に一発ある。

引き続き、「夢の第11レース」の勝ち馬アンケートも実施中です!
→投票はこちらから!

――――――――
栗山求という人をご存知ですか?

栗山求氏とは…
テレビ、雑誌、イベント、ブログなど幅広いジャンルで活躍し、
抜群の知名度と安定の的中率を誇るプロ競馬予想家。

『競馬総合チャンネル』、『web競馬王』、『競馬王』、などに連載を持っていて、
今年3月に発売されたパーフェクト種牡馬辞典2015-2016でも監修を務めています。

グリーンチャンネルなどのテレビやイベントにも多く出演しており、
その独自の血統分析は、業界内でも高い評価を獲得。

抜群の知名度とキャリアを誇る栗山求氏は
血統評論家として日本を代表する存在です

その栗山氏ですが、
この春6週連続重賞的中と絶好調です!

さらに先週の安田記念も
◎ヴァンセンヌ ○モーリスで
見事的中!

その血統予想は本物です。

今週のエプソムカップの予想も、
メールアドレスのみを登録するだけで
完全無料で見られます。

完全無料で「栗山求」氏の予想とコラムを見る!
※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLを
クリックして登録を完了させてください。フリーメールアドレスで登録できます。
登録後、「馬スピ特報」というコーナーをご覧ください。
栗山求氏のエプソムカップの予想は今週土曜日の夕方頃UPされます。


春の6週連続的中の中でも、
圧巻だったのが

安田記念の前哨戦として
4月26日に行われた
マイラーズカップ。



マイラーズカップで実際配信された予想は・・


(4月26日)マイラーズカップ(G2)




----------------------------------------
<推奨馬とその根拠(抜粋)>
◎7フィエロ
○9フルーキー
▲4サンライズメジャー
△6ディアデラマドレ
△10エキストラエンド
△15レッドアリオン


◎フィエロは「ディープインパクト×デインヒル」という組み合わせ。
母ルビーは本邦輸入種牡馬ロックオブジブラルタル
(ヨーロッパでマイル戦を中心にG1を7連勝)の全妹にあたる良血馬。

したがって「ディープ×ロックオブジブラルタル」の
ミッキーアイル(NHKマイルC)と血統構成が近い。
ディープインパクト産駒のマイラー配合としては高く評価できる。

昨年のこのレースはレコード勝ちしたワールドエースの2着。
開幕週の速い時計にも対応でき、過去休み明けで崩れたこともない。


<結論>

馬単ながしマルチ
7→4、6、9、10、15

三連単軸1頭ながしマルチ
7→4、6、9、10、15


----------------------------------------


【結果】
3連単:15-4-7 的中!

的中配当:98,650円
回収金額:986,500円



実際のPAT画面↓



どうですか。この見事な的中!


「競馬スピリッツ」で無料で見られる栗山求氏の予想を参考にすれば、
今週のエプソムカップが当たる可能性がグン!と高まります。


完全無料で「栗山求」氏の予想とコラムを見る!
※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLを
クリックして登録を完了させてください。フリーメールアドレスで登録できます。
登録後、「馬スピ特報」というコーナーをご覧ください。
栗山求氏のエプソムカップの予想は今週土曜日の夕方頃UPされます。

ちなみに、その他の的中レースを挙げると。。


皐月賞では

1着 ▲ドゥラメンテ
2着 ◎リアルスティール
3着 △キタサンブラック
3連単12,360円を手堅くGET。


5月2日の青葉賞では

1着 ◎レーヴミストラル
2着 ▲タンタアレグリア
3着 △ヴェラヴァルスター
3連単12,990円をしっかりとGET。


そして5月9日の京都新聞杯も 

1着 △サトノラーゼン
2着 ◎ポルトドートウィユ
3着 ▲アルバートドック
3連単13,160円をGET。


5月16日の京王杯スプリングカップでは 

1着 ○サクラゴスペル
2着 ◎ヴァンセンヌ
馬単4,950円をGET。


先々週は平安ステークスとオークスを3連単W的中!

1着 ▲ミッキークイーン
2着 ◎ルージュバック
3着 △クルミナル
でオークスの3連単20,150円をGET。


恐るべし栗山求氏の血統予想・・・

さらに栗山求氏は毎週水曜日に血統についての
コラムを連載しているのでそちらも要チェックです!


競馬スピリッツなら「栗山求」氏の予想が毎週2レース無料で
見れて、さらにコラムも完全無料で読み放題です!



「競馬スピリッツ」に登録して
栗山求氏の予想とコラムを楽しんでみてください!

今週のエプソムカップはもちろん
夏のグランプリ「宝塚記念」の予想も、

完全無料で見ることができます!


完全無料で「栗山求」氏の予想とコラムを見る!
※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLを
クリックして登録を完了させてください。フリーメールアドレスで登録できます。
登録後、「馬スピ特報」というコーナーをご覧ください。

【2014 チャレンジカップ 予想】+WIN1、ROLLING W

おはようございます。先週は、ROLLING Wがパーフェクトを達成。もう年末ですが、何とか年内に間に合ってよかったです。
 
●本日の芝コース展望
中山は、3日目 Aコース使用。開幕週から差しが届いていた。やはりタフな馬場。パワー血統と差し馬を重視したい。
 
阪神は、3日目 Aコース使用。こちらも先週は、京都でキレ負けしていた馬が巻き返していた。パワータイプの血統、ジリ脚の馬を狙っていくのが正解。

中京は、3日目 Aコース使用。中京らしく差しが届く馬場。逆に逃げ馬は軽視しながら中団からの差し馬を軸にしていきたい。
 
◎WIN1(厳選1レース単勝3000円勝負) 
的中実績
1/19の中山10R:フェスティヴタロー(3.6倍)
1/25の京都9R:ヒュウマ(5.4倍)
2/1の東京10R:マイネルディアベル(4.1倍)
2/9の京都12R:ナリタハリケーン(3.3倍)
2/15の京都9R:ステファノス(6.0倍)
2/16の京都10R:マーティンボロ(4.3倍)
2/17の東京10R:プロモントーリオ(4.0倍)
2/18の東京10R:タールタン(6.0倍)
3/2の阪神11R:コパノリチャード(4.8倍)
3/15の阪神9R:シャンパーニュ(8.5倍)
3/21の中京8R:ナリタポセイドン(2.3倍)
4/26の東京12R:チェリーヒロイン(5.1倍)
4/27の京都12R:サウンドデューク(6.5倍)
5/24の京都12R:サンライズピーク(3.9倍)
7/5の福島10R:レイトライザー(5.1倍)
7/12の中京11R:プリムラブルガリス(4.4倍)
7/20の福島11R:マヤノリュウジン(6.3倍) 
8/9の小倉10R:キタサンエピソード(4.7倍)
8/16の新潟12R:シベリアンスオード(3.4倍)
10/14の京都11R:ラストインパクト(5.2倍)
10/18の京都10R:イリュミナンス(3.7倍)
10/26の京都10R:トウシンモンステラ(2.4倍)
11/2の東京12R:グランフィデリオ(4.4倍) 
 
97戦23勝 回収率102%

本日は阪神10R:六甲アイランドSより
この馬⇒
※クリックした先のランキング内(現在45位くらい)「けいば手帖」のタイトル下に記載しています。。

・根拠
前走はよーいドンの競馬になり、この馬には不向きだった。。逃げ馬もそろいある程度早い流れになりそうな今回、鞍上の見事な騎乗に期待したい。

 ◎ROLLING W<ダブル>(推奨2レース、複勝ころがし3000円スタート)

中山10R:ベルウッドテラス
前走は出遅れて後方から。それでも直線詰まりながらもよく伸びていた。関西馬勢が有力なのは間違いないが、この馬もスムーズな競馬なら勝負になる。
中山11R:スマートオリオン
近走は結果さえ出ていないが、春先はG1でも人気した馬。今回、抜群の相性を誇る中山に変われば一変あってなんら不思議はない。 

【2014 チャレンジカップ 予想】
話題の無敗馬、エイシンヒカリが出走で、注目度の高いレース。しかし、前走のように操縦性に難がある馬をわざわざ本命で買うようなことは危険。逆に今回は危険馬としたい。

本命はアズマシャトル。クラシックでは力及ばなかったが、復帰後の夏からは確かな成長をみせていて、成績も安定。相手なりに走れて阪神の相性もよく、馬券圏内を外すのが想像しにくい。

相手筆頭はウインフルブルーム。休み明け初戦こそ、惨敗に終わったが、叩いた前走はきっちりと勝利。皐月賞三着馬の意地を見せた。こちらも今回好勝負は必至。

エイシンヒカリに比べればフルーキーの勝ち方のほうが信頼できる。また、穴っぽいところではシゲルササグリ、デウスウルトあたりが面白い。 

◎アズマシャトル
○ウインフルブルーム
▲フルーキー
☆シゲルササグリ
☆デウスウルト 
△バッドボーイ
△ダイワマッジョーレ
△マコトブリジャール
 
●買い方
3連複2頭軸が本線
◎○ー▲☆
3連複1頭軸も買って
◎ー○▲☆
3連複フォーメーション
◎ー○▲☆ー○▲☆△が抑え。

ーーーー
明日は、大波乱必至の難解レース、
阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)の予想で使える、
絶対に抑えておきたい馬券ポイントをお教えします!

■前走の「距離」がカギに!?


過去10年の3着以内馬30頭中16頭は、前走の距離が1600m以上でした。
前走が1600m以上だった馬は、1600m未満だった
馬に比べて好走率が高いデータがあります。
臨戦過程を比較する際は、前走で今回と同じか、
今回よりも長い距離のレースに出走していた馬に注目してください。


■阪神コースだが近年は「関東勢」が有力!?

過去6年の3着以内馬18頭の内訳は、
関東馬と関西馬がそれぞれ9頭ずつとなっています。
勝利数では関西馬が関東馬を上回っているものの、
連対率と3着成率では関東馬が優勢というデータがあります。
2007年以前は地元の関西馬が上位馬の大半を占めていましたが、
近年の傾向を重視するなら関東馬を軽視するのは危険です。


そんな波乱必至の阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)ですが、
激走する馬には全て「ある特徴」があり、その信憑性は激高!?

そんなココでしか知る事の出来ない
阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)
「マル秘情報」を完全無料で公開中!

【2014 秋華賞 回顧】+エイシンヒカリの可能性

昨日は、G1の印象が消えるくらい、エイシンヒカリのアイルランドトロフィーは衝撃的でしたね。




向正面でのつき放し方には、さすがにあの天皇賞・秋を思い出し、サイレンススズカの姿を重ねて見ていました。直線にも無事に入り「お、あの日の続きが見られる」と思ったのもつかの間、直線残り400mあたりからいきなりオルフェーヴルに変身(笑)。直線途中では、さすがに内から差されただろうと見ていたのですが、外ラチぞいまで来たらまた伸びて、勝利。競馬ファンならずとも(競馬ファンならより一層)、面白いと感じるレースを久々に見ることができました。

これで、デビューから5連勝。エルコン級とかディープ級とかいろいろと言われていますが、もちろん、まだまだそこまでではないと思います。今後人気を集めるでしょうし、重賞で骨っぽいメンバーたちとの対戦になるなら、馬券的にはとりあえず切ってしまうのが正解でしょう。ただ、馬券抜きに楽しめる馬の誕生を素直に喜びたいと思います。

【2014 秋華賞 回顧】



前半は1000mが58.0。ハイペースよろしく、差し競馬に。ただ、京都の馬場はまだ良好な状態で内が有利。浜中騎手がうまく内へ誘導し抜け出したショウナンパンドラが、人気ゆえに外を回さざる負えなかったヌーヴォレコルトを下して勝利しました。

本命のブランネージュは、ショウナンパンドラよりも前に位置していたのにも関わらず、直線入り口で最内を譲ってしまいました。瞬発力の差もあるんでしょうが、秋山騎手にはできればショウナンパンドラの通ったコースを進んでほしかった。騎手の腕の差込みで馬券を買っているつもりですが、思い通りにいかないと、ヤキモキしてしまうのもまた事実。直線詰まらなければ、少なくとも3着はあったのではないかと思う惜しい競馬でした。

ショウナンパンドラは、気性が成長し、かなり乗りやすくなっているという印象。ヌーヴォレコルトとともに、次はエリザベス女王杯でしょうか。外回りも十分対応できるタイプですし、今年もエリザベス女王杯では3歳馬が活躍しそうですね。

またほかの馬で、エリザベス女王杯で注目したい馬は
この馬⇒
※クリックした先のランキング内(現在30位くらい)「けいば手帖」のタイトル下に記載しています。

ショウナンパンドラとヌーヴォレコルトが通った位置の差がどうこう言うのなら、この馬も一番外からよく追い込んできています。エリザベス女王杯のころの馬場で外回りに変わるなら、一枚抑えておいて損はないでしょう。


livedoor プロフィール
SNS
応援クリックお願いします。
ご意見募集中
記事検索
逆アクセスランキング
人気ブログランキング
にほんブログ村
アクセスカウンター

    タグクラウド
    • ライブドアブログ