----------------------------------------
単複馬券で2015年の回収150%を目指すブログです。   
購入馬券はTWITTERで公開。個人成績も開催替わりに公開しています。
スプリンターズS◎サクラゴスペル・天皇賞秋◎ステファノス
エリザベス女王杯◎タッチングスピーチ・マイルCS◎フィエロ
ジャパンカップ◎ラストインパクト・阪神JF◎ウインファビラス
魅力ある軸馬を推奨しているので参考にしていただければ幸いです。
2015年の重賞勝負馬の通算成績→【18,12,20,68】 (118戦中50戦で馬券圏内)。
---------------------------------------
こんにちは。

昨日は、阪神JFの的中はもとより香港国際レースの日本馬の活躍に魅せられた良い一日でした。

まずは、地元香港の最強マイラーのエイブルフレンドを真っ向勝負の差し比べで制した、モーリスの香港マイル。
直線外の追い込みは不利と言われていたのにも関わらず、エイブルフレンドと一緒に外を伸びてきて、最後は突き放しましたね。何かとイン突きにこだわるムーアも、モーリスの力を信じて小細工なしに外を選択したのも印象的でした。これでまだ4歳ですから、来年にはさらに夢が広がります。来春はドバイでしょうか。距離延びても対応できるでしょうし、欲を言えば凱旋門という選択肢も考えてほしいかも。
これで、ラブリーデイが有馬記念を勝たない限り、年度代表馬となるでしょう。グラスワンダーの孫というのも感慨深い。気が早いですが、いわゆるロベルト系の後継種牡馬としての活躍にも期待したいです。

そして、武騎手の見事な体内時計とその騎乗に応えて世界と日本の強豪馬を競り落とした、エイシンヒカリの香港カップ。
「エイシンヒカリを買ってはいけない!」でつくづくエイシンヒカリはサイレンススズカではない!と言ってきましたが、いざ武豊を背に世界のG1で逃げ切り勝ちをおさめると思い出してしまいました。しかも、サイレンススズカが敗れた香港カップ(当時は1800mでしたけど)ですからね。98年の天皇賞秋で味わったどうしようもない喪失感を思い出しながら、もう一度今年の香港カップを見直してみると、ちょっと泣けてきました。昨日ほど、武豊がカッコよく見えた日はないですね。

さて、阪神ジュベナイルフィリーズの回顧を簡単に。 
続きを読む