けいば手帖(旧サイト)/新サイトはページ内のリンクから

競馬ブログ3年目。2016年も、去年好評だった人気馬の弱点をとりあげる「買ってはいけない」、人気薄馬の買いどころを探る「切ってはいけない」は続ける予定。また今年は馬券の種類を問わず、いろいろな買い方にチャレンジしていきます。どうぞお付き合いください。

2013 分析・検証

大掃除中に考える、2013東京大賞典 展望

12月27日の今日、仕事納めの方も多いのではないでしょうか。
うちの会社も本日最終日。大掃除、真っ只中です。

そんななかでの更新(笑)。

遅ればせながら、東京大賞典の出馬表はこちら。

枠 馬 馬名         性齢 斤量  騎手   調教師 
1  1 トウホクビジン 牝7   55.0     花本正三  笹野博司
2 2 カキツバタロイヤル 牡7   57.0 本田正重  函館一昭
3 3 プロディージュ 牡7   57.0 山田信大  高橋三郎
4 4 ワンダーアキュート 牡7   57.0 武豊    佐藤正雄
5 5 ホッコータルマエ 牡4   57.0 幸英明  西浦勝一
6 6 ニホンピロアワーズ 牡6   57.0 酒井学  大橋勇樹
7 7 ローマンレジェンド 牡5   57.0 岩田康誠  藤原英昭
7 8 ガンズオブナバロン 牡7   57.0 青柳正義  中川雅之
8 9 サトノプリンシパル 牡3   55.0 北村宏司  矢作芳人
8 10 プレティオラス 牡4   57.0 本橋孝太  森下淳平

今年は残念ながら、フルゲートそろわず10頭立て。
そして、コレは誰でも言うことですが、
JRA勢の古馬、実質4頭立てのレースと言って良いと思います。

馬券の組み立てとしては、
1着固定の3連単で流すような構成になりそう。
ほぼ単勝を当てるような感覚ですね。

そして、買い材料がそろっているのが、この馬→。
※ただあまりにも、“いかにも”、なところがちょっと不安。あとは、人気がどうなるかです。

大井の2000mはスタートから500mの直線が続くこともあり、
枠順の有利不利がないと言われるコース。
実力馬たちの純粋な力のぶつかりあいが見られるので、楽しみです。

では、午後も大掃除、がんばります!!

いいともへの感謝、名古屋グランプリの反省、兵庫ゴールドトロフィーへの展望

昨晩「笑っていいとも!ラストクリスマス特大号」を見てたら、
冒頭の説教コーナーで、タモリさんが珍しく競馬についてふれていました。

何でも、有馬記念、直線でオルフェーヴルが突き放していく姿に感動していたら、
ゴール前でアナウンサーが異常なまでに絶叫したため、台無しになってしまったとか。。。

内容はともかく、毎年楽しみにしていた「タモリ芸」の最後に、
競馬がとりあげられたことは、いちファンとしてとてもうれしかったです。
(今年は、ものまね紅白も例年以上に質が高く、なかでも日村さんの「戸田奈津子」、太田さんの「ビッグダディ」は秀逸でした!)


あと、昨日の名古屋グランプリ。もう、なんというか。。。
シビルウォーの地力の高さは十分知っているつもりなのですが。

昨年、一昨年とも、寒い時期は休ませていて、
冬は弱いイメージがあったのですが、、、強かったですね。
今回、三連系では人気していたし、
勝負するならココ!と思ってのことで、悔いはありません。

さあ、まだあと年内2戦残っています。明後日は、兵庫ゴールドトロフィー。

出馬表はこちら。

1 1 エプソムアーロン 牡9 51.0 下原理 高知 雑賀正光
2 2 タガノブリガデイロ 牡7 52.0 松浦政宏 兵庫 国沢利照

3 3 コスモワッチミー 牡5 52.0 赤岡修次 高知 田中守

4 4 ティアップワイルド 牡7 59.0 石橋脩 栗東 西浦勝一

5 5 デュラビリティ 牝5 51.0 平原透雄 兵庫 溝橋一秀

6 6 ダイショウジェット 牡10 57.0 柴山雄一 栗東 大根田裕

6 7 エーシントップ 牡3 57.0 酒井学 栗東 西園正都

7 8 ファイアーフロート 牡7 51.0 西川敏弘 高知 松木啓助

7 9 ファンドリノチカラ 牡6 51.0 川原正一 兵庫 雑賀伸一

8 10 ドリームバレンチノ 牡6 59.0 岩田康誠 栗東 加用正

8 11 ウルトラカイザー 牡5 52.0 田中学 北海道 林和弘

エーシントップの参戦がうれしいですね。レースセンスもあって、小回りも対応できるでしょう。
個人的にはここで躓いている場合ではないと思っています。
距離は1400がベストだと思いますが、勝ち方次第ではフェブラリーSでも足りるかもしれません。

また、この馬→にも注目。

前走は騎手の好騎乗もありましたが、初ダートでも十分対応できていました。

園田は地元の競馬場で、毎年年明けの新春賞には足を運んでいます。
今年は、兵庫ゴールドトロフィーも帰省が間に合いそうなので、暇だったら見に行こうかな。

オルフェーヴルはダービー以来の3枠に。(有馬記念枠順発表)

ついに、枠順発表。直前で残念なニュースはありましたが、枠順が発表されるといよいよ感が出てきます。
金曜日から、有馬記念特番もテレビやニコニコ生放送で目白押しですし、いそがしい週末になりそうです。

※ただ今年は月曜日が出勤日に。。。(有馬記念後にハメを外せないのと、阪神カップやファイナルSをリアルタイムで見られないのが至極残念。。。)


枠 馬   馬名        性齢 斤量     騎手    厩舎
1   
1
牡5   
57.0      
川田 池江



1 2
牡5 57.0 田辺 相沢



2 3
セ5 57.0 戸崎圭 平田



2 4
牡5 57.0 岩田 松永昌



3 5
牡5 57.0 横山典 安達



3 6
牡5 57.0 池添 池江



4 7
牡3 55.0 和田 南井



4 8
牡3 55.0 蛯名 池江



5 9
牡5 57.0 福永 藤沢和



5 10
牡5 57.0 ウィリアム 梅田智



6 11
牡4 57.0 武豊 村山



6 12
牡3 55.0 Mデムーロ 福島



7 13
牡6 57.0 ルメール 池江



7 14
牡4 57.0 ムーア 須貝



8 15
牡5 57.0 柴田善 二ノ宮



8 16
牡7 57.0 内田博 池江





馬込みに入れたいオルフェーヴルは後入れの偶数枠。理想的な馬番じゃないでしょうか。
ちなみに赤帽は実にダービー以来。6番は二度の凱旋門と同じ馬番。はたして、結果はどちらに(笑)。

ゴールドシップはおそらく後ろからなので、この枠も問題なし。
ダノンバラード、カレンミロティックあたりは先行しやすく、
中団から進むアドマイヤラクティもそこそこの枠に入って安堵。
先行したいナカヤマナイト、トーセンジョーダンあたりはちょっと苦しそうですね。

ただ、先週の競馬を見ていても、例年にくらべ外枠が決して不利ではないのもたしか。
むしろ、内枠から先行して抜け出した馬たちが、外枠からの追い込み馬に差されるシーンが目立ちます。
馬場は、昨日今日の雨でだいぶ湿っていることでしょうし、結論はやはり土曜の競馬を見てからが賢明ですね。

有馬記念 有力馬見解(後編)

それにしてもエイシンフラッシュ回避は、
レースの見どころ的にも馬券的にも本当に残念。
このまま登録抹消とのことで、引退式も中止だとか。
週末への盛り上がりが、少し冷めてしまった。

枠順も発表されたので、取り急ぎ、昨日の残りを。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●ゴールドシップ  (牡4 57.0       須貝 尚介(栗東)

「競馬場一変で、重戦車のような末脚復活を期待」

内田→ムーアの乗り替りでどうなるかと騒がれているが、個人的には騎手よりも馬場に注目がいく。そして、今の中山の馬場は明らかにゴールシップ向き。先週の競馬をみていても、上がり最速決着はミッキーアイルの34.734秒台は唯一。そのほかほとんどが、36秒代で、ジャパンカップや京都大賞典のときのように33秒台遅くとも34秒前半の脚を使わなければ勝負にならない馬場とは、全く違う。ちなみに、昨年のこの馬の上がりタイムは34.9。条件がそろった今回は巻き返しても、全くおかしくない。

 

一般的に競走馬は、ダートと芝で得手・不得手がわかれるが、この馬にとってはタフ馬場・スピード馬場で違うという認識。この馬の本質は欧州の深い馬場向きという見解だし、来年の凱旋門賞挑戦のためにも、競馬の注目を次の世代へつなげるためにも、オルフェーヴルを負かすシーンが見てみたい。

 

●タマモベストプレイ  3  55.0  南井 克巳(栗東) 

 「頑張り屋だが、3歳馬の大将格がこの馬では。。。」

エピファネイア、キズナ、ロゴタイプのいない3歳世代の大将格はこの馬、というになるのだろうか。血統的に2歳時からクラシックへの距離不安をささやかれながら、フル出場。2ケタ着順にはならない頑張り屋だが、勝ち負けとなると今回も厳しいだろう。来年はマイルあたりで見てみたい。

 

●ダノンバラード 牡5  57.0  池江 泰寿(栗東) 

「レース上手、中山巧者は間違いなく、調子次第で台頭も。」

3強と目された宝塚記念で、見事に割って入って2着を確保。今年はAJCCを制しているように、ゴールドシップと同様、阪神・中山のタフな馬場に高い適性を持っている。正攻法の競馬ではかなわないが、他馬を見ながら自在に立ち回れるのは強みで、面白い1頭。あまり調子が芳しくないという情報もあるが、宝塚のような状態なら、あっと言わせるシーンもありえる。

 

●デスペラード  5   57.0   安達 昭夫(栗東) 

「前走レーススタイル一変。スタミナ勝負に持ち込みたい」

追い込み一手だった馬が、前走ステイヤーズSでは先行集団での正攻法の競馬。抜け出す脚は他馬とは全く違うものだった。芳醇なスタミナは現在のタフなコースで有利。横典の巧みな騎乗技術にも注目したい。とりあえず現時点では買い。

 

●トゥザグローリー             6        57.0       池江 泰寿(栗東) 

「冷え込みを味方に復活か。有馬得意な鞍上はプラス」

1昨年前の3着馬。ただ、前走見ている限りズブさが出てきている印象。得意な冬場で、さらに調子を上げていればいいが。ただ、ルメール騎乗は心強いファクター。まだ消してはいけない。

 

●トーセンジョーダン          7       57.0       池江 泰寿(栗東) 

「前走より人気しそうなのと、最近の鞍上が不安」

ジャングルポケット得意のジャパンカップで穴をあけたレースぶりは見事。あまりにも、うまくいったレースぶりで、今回人気なら消したい想いがあるが、AJCCやホープフルSも勝っており、下手ではない。調子もさらに上向きとのことで見限れないが、ただ最近ちぐはぐな競馬をしている鞍上が心配。

 

●ナカヤマナイト       牡5       57.0       二ノ宮 敬宇(美浦)

「忘れてはならない、もう1頭のステイゴールド。」

冠名通りの中山巧者。中山だと別馬のようにロスなく立ち回る姿が印象的で、このメンバーでオルフェーヴルやゴールドシップの行きっぷりが悪いようだと、すいすいと先行策から飛び出してくるイメージがわく。このコース得意なステイゴールド産駒として、絶好のねらい目。

 

●ルルーシュ              牡5       57.0       藤沢 和雄(美浦) 

「最後止まるクセが、今回も不安」

前走も、前々走も、展開に恵まれながら直線半ばで失速。スマートなレースぶりだが、勝負という点であと一歩足りない。今回も勝負所でどのような競馬をするかだが、いまの追い込み馬場バイアスはこの馬には不利。


●ヴェルデグリーン             5        57.0       相沢 (美浦)

「魅力あるが、意外と穴人気を集めそう。」

あのマツリダゴッホが勝ったときと同じローテーションで、穴人気を集めそう。もっともオールカマーの力強い伸びは印象的で、中山得意な田辺騎手の立ち回りにも魅力を感じる。人気次第だが一応抑えるつもり。

有馬記念 有力馬見解(前編)

そうなんですよね。ほんとに。紹介されたとたんに。。。。(笑)ま、僕のせいです!!

そして、今日もつい先ほど、ハッピースプリントにやられましたが、
めげずに、気合入れて予想します!!!

というわけで、せっかくの有馬記念ですので、各馬それぞれについて考えてみました。

●アドマイヤラクティ 5 57.0 梅田 智之(栗東) 


「パワー型で、東京→中山はプラス」

春の天皇賞では本命に抜擢しフェノーメノとの
2頭軸を買って、4着。ジャパンカップで対抗に推してジェンティルドンナとの2頭軸で、4着。今年のG1戦線で、(ともに)苦杯をなめてきた馬。

ジャパンカップはスローペースでの差し比べの中、惜しくも届かずだったが、本来は持続型のタイプで、苦手な瞬発力勝負となった中での健闘は評価できる。中山替わりはプラスなはずで、この馬のしぶとさが活きれば、今度こそ馬券圏内に届くだろう。

 

●ウインバリアシオン 5  57.0 松永 昌博(栗東)


「出走には賛否両論も、個人的にはうれしい」


屈腱炎明けのため金鯱賞の後に急いで使うことに賛否はあるが、個人的にはオルフェーヴルの引退レースに出てくれることは素直にうれしい。振り返れば、青葉賞の馬群を縫うような勝ちっぷりからダービーでも絶対来ると思い、オルフェーヴルとの2頭軸の相手に推した馬。ダービー前日、飲み会の流れで入った市ヶ谷の居酒屋で酔い、競馬好きだという店長に熱弁をふるっていたのが懐かしい。(それ以来一度も行ってないが、まだあるかなあ。。。)


ダービーから菊花賞まで、オルフェーヴルの後塵を拝しながらも、オペラオーとドトウのように仲良くワンツーを決めてきた。儲けさせてもらった思い出とともに、勝負の馬券とは別に、こっそりと馬連・馬単の記念馬券を買っておきたい。

もっとも、追い込みが効く今の中山の馬場バイアスは、かなりこの馬に味方するはず。最後の最後まで脚を貯めれば、大外一気に差し込んでくることも十分可能だ。

  

●エイシンフラッシュ 6  57.0  藤原 英昭(栗東) ※有馬記念回避を発表(12/19 11:00追記)


「切れ味勝負の馬だけに、今の馬場は不向きかも」

オルフェーヴルとともに、その前年のダービー馬もいよいよラストラン。大きなけがもなく、6歳までGⅠの常連としてコンスタントに活躍。ドバイや香港にも遠征し、GⅠ2勝ながら75千万も稼いだ、無事是名馬に挙げられる1頭になった。

もちろん、今回も有力馬の一頭。ただ一瞬の切れ味を活かすタイプだけに、脚の使いどころが難しい。そのため、天皇賞を勝たせたデムーロを背に出られることは心強い(思えば去年は突然の三浦への乗り替りだった)。最後まで善戦、そして無事を期待したい。


●オルフェーヴル 牡
557.0 池江 泰寿(栗東)

「いよいよラストラン!最後もハプニングは起きるか!?」

2年半の間、日本競馬界をけん引してきた三冠馬がついにターフを去る。どこからでも、どこまでも、突き抜ける脚を披露した3歳。大逸走→謎の大敗→無事復活の4歳春。大偉業目前で、前代未聞の差し替えしあった秋。今年は惜しいシーンもなく敗れてしまったが、凱旋門賞に2年連続で挑戦し、震災以降の日本の競馬を盛り上げてきた功績は大きい。まだ5歳。来年も十分走れるだろうが、故障ではなく無事引退し血をつなげてくれることに、安堵と期待を感じる。


普通どおりに走ればまず馬券圏内は外さないだろうが、ただ唯一の不安は鞍上。乗り替わったスミヨン騎手は「問題ない気性」といった馬が、池添騎手だと振り回されたり、落とされたり、制御が効かなかったりで散々。よっぽど相性が合わないのか、それとも。。。。とにかく、この馬のドラマ性に良い悪い両方の意味で一役買ってきた。最後ついにまさかの、ノーリーズン(スタート直後に落馬)ありえるかも(笑)。


●カレンミロティック せん557.0 平田 (栗東)


「真面目なタイプで相手なり、穴に一考」


13戦の中、12戦で3着以内という孝行馬。一気の相手強化は否めないが、レース巧者で相手なりに走れるタイプ。中山の馬場も合いそうで、現時点では消せない。

livedoor プロフィール
SNS
応援クリックお願いします。
ご意見募集中
記事検索
逆アクセスランキング
人気ブログランキング
にほんブログ村
アクセスカウンター

    タグクラウド
    • ライブドアブログ