けいば手帖(旧サイト)/新サイトはページ内のリンクから

競馬ブログ3年目。2016年も、去年好評だった人気馬の弱点をとりあげる「買ってはいけない」、人気薄馬の買いどころを探る「切ってはいけない」は続ける予定。また今年は馬券の種類を問わず、いろいろな買い方にチャレンジしていきます。どうぞお付き合いください。

2014 重賞回顧

【2014 函館スプリントS ユニコーンS 回顧】

【2014 宝塚記念 注目馬】
気分はすっかり夏競馬。ですが、今週末は上半期G1の総決算、宝塚記念が行われます。

ただ、年明けのころに想定されていたメンバーからは、キズナ、フェノーメノ、ジャスタウェイが離脱。面白みは半減とまではいかなくても、並みのG1級になってしまいました。一応3強という下馬評になっていますが、その中で軸として安定感あるならやはり
この馬⇒
※クリックしたリンク先の「けいば手帖」の欄下、コメント部分に記載しています(現在35位くらいです)

持続力ある脚は阪神にぴったり、ここは勝ちきるところまであるのではないでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーー

さて、日曜の2重賞はともに、圧倒的1番人気が吹っ飛んでしまいました。どちらとも本命にせず、函館SSは☆ガルボ、ユニコーンSは◎レッドデイヴィスとしていたのですが、結局ハズレ。自分の下手さ加減を痛感しています。。。

「思いっきり振りぬかない限り、ホームランは打てない」。

そのことを改めて肝に免じた先週。いつかホームランを打てるよう、荒れるレース・固いレースの選球眼を磨いていきながら、振りどころでは全力でいきたいと思います。(ただ、それがなかなか出来ないので困ってるんですけどねww)

【2014 函館スプリントS 回顧】


1着:☆ガルボ…“冬馬”と言われていたが、そこはまだまだ涼しい北海道。夏負けにはなっておらず、使ってくるからには体調は良いということだったのだろう。1400m~1800mでの実績は十分で、やはりそちらの組の方がハイレベル。58キロは背負いなれている斤量でもあり、経験の豊富さから苦にしなかった。テンで遅れたことも、結果的には向いたカタチ。まさに“忘れたころのガルボ”。息の長い活躍には、頭が下がる。

2着:無印ローブティサージュ…この馬は完全にノーマーク。瞬発力勝負になると厳しいところはあるが、持続力活かせる展開が有利に働いた。今後も時計のかかる上がり勝負なら出番あり。

3着:無印クリスマス…低斤量かつ流れが向いたこともあるが、初古馬対戦でよく頑張った。やはり1200mは走る。今後の成長次第ではキーンランドカップあたりも面白い存在。

9着:◎スマートオリオン…スタートから、理想のポジションにつけたあたりは、さすが武豊。ストレイトガールよりも上手く進めていたぶん、敗因は直線で詰まってしまったことが全て。近況さっぱりのWIN1、ここでも着外に飛ばすとは思ってもみなかった。

12着:○ストレイトガール…向上面ではかかり気味なのか窮屈になったのか、終始クビが上がっていた。その上で直線はどん詰まり。何もかもが上手くいかなかった。器用な競馬をできるのはたしかなので、人気は下がらないだろうが、今後は、このような惨敗は少ないはず。

【2014 ユニコーンS 回顧】

1着:◎レッドアルヴィス…見立てたとおり、スムーズに競馬をすれば同世代の中では実力上位。余裕たっぷりに外からまくっていくレースぶりは、他馬と比べて1枚~2枚上だった。カレンブラックヒルの弟ということもあり、レースセンスもバツグン。ただ、本当の見立ては、「アジアエクスプレスと接戦を演じてゴールする」だっただけに、馬券的には沈没。。。。

2着:無印コーリンベリー…「サウスヴィグラス産駒の距離延長」ということで戦績にくらべて人気を落としていた。しかし、ナムラタイタンでも証明しているように、サウスヴィグラスはイメージよりも延長は効く。外からスムーズに運べたことも大きかったが、粘り腰あり今後も注目。

3着:▲バンズーム…道中は相変わらずの後方から。その分、最後の追い込みは秀逸。今後も広いコースなら安定して差してこれるだろう。

12着:○アジアエクスプレス…ムキムキの筋肉は圧巻だが、全く活かせず、ボディビルダーのごとく惨敗。道中から行きっぷり悪く、もがいたまま終わってしまった。ダートでのブランク、砂をかぶった内枠、クラシックを戦った疲れ、など敗因もいろいろあるだろうが、成長を遂げた他馬と比べ、期待していたほどの強さはもっていなかった。今後も人気を集めそうなので、切って妙味の馬になるのかもしれない。

~PR~
絶好調サイト スマートウィンは、
先週も的中連発!




先週は日曜日阪神6R3歳上500万下の3連単455倍を、
そして同じく日曜日阪神9R小豆島特別の3連単984倍を的中させていました
。 

なので一度で良いので、

公開された買い目通りに、馬券を買ってみてください。 

予想はメルアド登録のみで見れます。 

本当に当たりますよ。

しかも、かなりの確率で的中します。

競馬の予想に全てを賭けているだけあって、

生半可な買い目は絶対に出して来ません。


ちなみに先週配信されたキャンペーンの買い目は・・・
 


結果は・・・

【馬単】10-7        的中で¥56,800
【3連複】2-7-10   的中で¥99,400
【3連単】10-7-2   的中で¥455,500

推奨通り1000円で購入された方は、
61万1,700円の払い戻し金です!
 
  

ちなみに先週配信されたもう一つのキャンペーンの買い目は・・・
 


結果は・・・

【馬単】6-10            的中で¥342,600
【3連複】6-7-10      的中で¥66,100
【3連単】6-10-7     的中で¥984,200

推奨通り1000円で購入された方は、
139万2,900円の払い戻し金です!


いかがですか?

ただ、印を挙げるだけでは無く、しっかりと

根拠を示してくれるので、納得して馬券を

買う事ができますよね。


しかも、買い目点数は、3連単20点、3連複10点、馬単5点

どうでしょう?

点数が少ないので投入金額が少なく勝負できる上に、
 
高配当が期待できる馬券種ですよね。



さらに、これで2014年は毎週的中を出しています。 


これだけの的中実績を見せられたら

参加しない理由が見つかりません。


もちろん、上に載せた買い目や結果は、正真正銘の内容です。


なので、今週、必ず参加してください!

登録した瞬間からキャンペーンに参加できます。

一度で良いので、宝塚記念の3連単馬券を
公開された買い目通りに買ってみてください。


入会金0円 会員登録はこちら(予想はメルアド登録のみで見れます。) 

【2014 オークス 回顧】ハープスターの敗因をめぐる諸説

こんばんは。オークスですが先週ずっと懸念していた通り、ハープスターは勝利ならず。個人的には、3着すら危ないと思っていたのですが、さすがにそこまで弱くはなかったですね。。

予想的には、◎ヌーヴォレコルトが勝利(昨日のWIN1、こっちにしておけばとつくづく後悔ww)。母オメガスピリットが1200mを中心に活躍した馬で、血統的にはあまり距離延長は歓迎されていない下馬評だったのですが、ハーツクライの血そして岩田騎手の技術がそれを上回った結果になりました。内容的にも完勝で、十分強い内容。成長力もある血統なので、秋の活躍も楽しみです。

さて、「単勝1.3倍のハープスターがなぜ負けたのか」。
コアな競馬ファンは、あまり気にしないでしょうが、
今朝出社したら、意外にもいろいろな人から聞かれました。

諸説ありますが、

「川田騎乗ミス説」
これをいう人たちが多かったのですが、過去のレースすべてそういう競馬をしてきた馬ですし、少なくとも桜花賞よりはひどくなかったです。最後は詰め寄る力も今ひとつだったので、仕掛けのタイミングが遅かったということではないでしょう。

●「距離限界説」
最後脚色が一緒になったのだと、こういうことも考えれるでしょうし、予想の段階では負ける要因のひとつに書いたのですが、上がり33秒6なら十分対応できているといえます。さすがにマイル以上のパフォーマンスではなかったですが、守備範囲であることは証明できたと思います。

●「本当は弱い説」
一連のパフォーマンスは派手でしたが、着差はすべてわずか。結果で見ればそうかもしれないですが、勝ちっぷりがあそこまでの馬はそういません。だから、ここまで話題になったわけですし、少なくとも管理している松田調教師がブエナビスタ以上の評価をしているですから、そんなことはないと信じたいですね。

●「脚質不利説」
これが一番大きいと、個人的には思っています。さすがに、いつも最後方から進めているのは、あまりにも現代競馬において不利。かかる馬でもないわけですし、一度先行という競馬も見てみたいと思っています。

まあそんなところで、講釈をたれていたら、こんな説をtwitterで見つけました。
↓↓
埋め込み画像への固定リンク

いわゆる落鉄ですねwww。(ただ、レース後のコメントでは一切この話題が出ていないので、本物の画像か怪しいですが。)

まあ、それも踏まえて、ハープスターの可能性にはまだまだ期待しています。でも、
今後はどうするのでしょう。まあ、さすがに空気的に凱旋門挑戦はないですかね。ただ、秋華賞をとっても仕方ない馬なので、天皇賞秋あたりに出て来てほしいと思っています。

さて、今週は、いよいよ日本ダービー。ファンはもちろん、競馬関係者ももっとも盛り上がる一週間です。
そして、現時点での注目馬はこの馬!
この馬⇒
・皐月賞は、少し展開が向かず。府中に変わるのは明らかにプラスで、スタミナ勝負ももってこいでしょう。2週連続同父産駒制覇なるか。十分可能性はあると思っています。

~PR~
━━━━━━━━━━━━━━━━━
   第81回日本ダービー(GI)

 昨年も◎-○で馬連970円的中!!
  今年はそれ以上に確信がある!
 究極の馬連1点を無料配信!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

競馬関係者なら誰もがそのタイトルをしたいのが日本ダービー

馬券購入者なら誰もが“的中”を手にしたいのが日本ダービー

さあ、いよいよ今週です!!

昨年の日本ダービーでは、関西馬専門情報【CHECKMATE】がお届けした超確信◎-○1点馬券がこれだ!!

1着○キズナ
2着◎エピファネイア
馬連:970円

1冠目の皐月賞は関東馬(ロゴタイプ)にタイトルを奪われたものの、最高峰の日本ダービーではキッチリと関西馬が巻き返してワンツー決着。

『西では皐月賞が本番というより、皐月賞はダービーのためのトライアルという意識が強い。だから皐月をステップに本番でキッチリ巻き返す馬が多いんだ』と西の某関係者が話すように、同じクラシックと言っても『皐月賞とダービーは全く別物。同格でもなんでもない』というのが西の価値観。

ただ…競馬ファンはそうは捉えていない。

皐月賞の結果をストレートに馬の能力へと反映しがちで、それが評価に上乗せされていく。だからこそ、昨年のエピファネイアはダービーで人気を落としたのだ。

今年も同じことが起こり得る可能性は十分!!

人気で敗れた関西馬の評価が下がり、2番人気で皐月賞を勝ったイスラボニータが日本ダービーの1番人気は確実で、昨年の皐月賞馬ロゴタイプ同様に…

その答えを、そして巻き返す関西馬の情報を握っているのが、かつてビワハヤヒデ・ビワハイジで日本ダービーを湧かせた元JRA調教師・浜田光正。

『調教師をやっていた頃、ダービーは何としても獲りたいレースだった。現役を退いた今でも、ダービーに対する想いは少しも色褪せることはないし、今は何としてでも当てたいレースなんだ。昨年も◎-○で的中をお届けしているけど、今年はそれ以上に確信がある!』

調教師時代と変わらぬ鋭い視線で各馬を分析し、厩舎の動向から各調教師のダービーへの思いの深さを熟慮して導く浜田光正の日本ダービー最終結論。もちろん…馬券は◎-○1点!!

  ↓↓↓↓↓
  ↓↓↓↓↓

■■■ 第81回日本ダービー ■■■

 昨年も◎-○で馬連970円的中!!
  今年はそれ以上に確信がある!
 究極の馬連1点を無料配信!

【2014 ヴィクトリアマイル 回顧】

【ヴィクトリアマイル 回顧】

●レース総評
ヴィルシーナがスタートから果敢に飛ばして、前半1000mが58.0秒。スピードが出る馬場を考えても、ややハイペースぎみで飛ばしながら、後続馬たちの追撃を抑えて逃げ切った。結果、先行した組は崩れ、2、3着は中団の内を通り差してきた馬。単純に強い内容で、前走までのレースぶりからは考えられない、別馬になったという印象。牝馬は調子次第で、激変することをまざまざと見せつけられたレースだった。

●各馬短評
1着:ヴィルシーナ…昨年秋以降、闘争心を失い惨敗が続いていたが、ここにきて一気の復活。牝馬は燃え尽きると、もう一度復活するのは時間がかかる印象があり、ここも苦しいと思っていたが、厩舎の立て直しは見事。もう復活は無理だろうと半分決めつけていただけに、反省。

2着:メイショウマンボ…復調途上ながら、2着に来たのは実力の証明。幸四郎騎手もうまく乗ったが、ただ今回はワンパンチ足りなかった。次走以降も十分期待できる。

3着:ストレイトガール…イン差ししてきた伸び脚は豪快。いくらか詰まり気味だったのと、向こう正面ではかかっていただけに、レース内容では最も強いのではという評価。良馬場ならこの先もまず崩れないはず。

4着:ホエールキャプチャ…この馬らしい正攻法の競馬ながら、今回はあと一歩届かず。ただやはり東京マイルは安定して走るので、今後も要注意。

5着:キャトルフィーユ…ウイリアムズ騎手がうまく乗ったが、若干詰まる不利もありながら、ただ、この馬も相手なりに走れる堅実タイプ。

7着:デニムアンドルビー…外から伸びてラスト33.2秒はストレイトガールに並び最速タイ。十分この馬らしく伸びてはいるが、展開面、外ざしのきつい馬場を考えれば、今回は出番がなかった。

8着:スマートレイアー …ギアのかかりが遅い馬だけに、直線内で包まれ何度も進路変更をしなくてはいかなくなった時点でアウト。うまく外に出せれば結果は違ったはず。

以上この中で最も注目なのはやはりこの馬でしょう。
 この馬⇒
マイルの距離も十分こなせることを証明。良馬場でやれればスプリンターズSはまず当確。マイルCSも面白いのではないでしょうか。

~PR~

毎週ご紹介している、スマートウィンですが、

引き続き的中を積み重ねています。

先々週は日曜日新潟11R雪谷川岳ステークスの3連単476倍を、
そして先週は土曜日東京7R4歳上500万下の3連単1,712倍を的中させていました
。 

なので一度で良いので、

公開された買い目通りに、馬券を買ってみてください。 

予想はメルアド登録のみで見れます。 

本当に当たりますよ。

スマートウィンは、これで
2014年1月から『 18週連続 』的中しています(毎週ですね)。

しかも、買い目点数は、3連単20点、3連複10点、馬単5点

どうでしょう?

点数が少ないので投入金額が少なく勝負できる上に、
高配当が期待できる馬券種ですよね。


ちなみに先々週配信されたキャンペーンの買い目は・・・

 

結果は・・・

【馬単】10-11        的中で¥23,200
【3連複】10-11-16  的中で¥99,000
【3連単】10-11-16   的中で¥476,500

推奨通り1000円で購入された方は、
59万8,700円の払い戻し金です!



つづいて先週配信されたキャンペーンの買い目は・・・

 

結果は・・・

【馬単】1-5          的中で¥81,100
【3連複】1-5-15   的中で¥446,900
【3連単】1-5-15   的中で¥1,712,300

推奨通り1000円で購入された方は、
224万300円の払い戻し金です!



いかがですか?


これで19週連続的中です!

しかも全て配当200倍超。


これだけの的中実績を見せられたら

参加しない理由が見つかりませんね。


もちろん、上に載せた買い目や結果は、正真正銘の内容です。


予想の根拠もしっかりと示されていて、納得して馬券を買う事ができます。 


みなさん、こんな経験はありませんか?

意を決して予想サイトに登録してキャンペーンに参加。

しかし、全て不的中・・

すると別のキャンペーンで、
「 100万円獲得おめでとうございます 」
ってメールがきたことなど。

これってウソですよね?

毎週ご紹介しているスマートウィンはそのようなウソは全くありません。

なので、今週、必ず参加してください!

登録した瞬間からキャンペーンに参加できます。

一度で良いので、オークスの3連単馬券を
公開された買い目通りに買ってみてください。


入会金0円 会員登録はこちら(予想はメルアド登録のみで見れます。) 

【2014 皐月賞 回顧】

━━━━━━━━━━━━━━━━━
  第45回 マイラーズC(G2)

「ウチのは安田記念なんか全く意識し
とらんし、ここが目イチも目イチ。」
その答え『買い目形式』はココ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014年のクラシック第一弾が、牡馬、牝馬ともに終了。


勝馬であるハープスター、イスラボニータともに、新潟2歳Sの1・2着馬。
さらにレッドリヴェールも含め、2歳夏の重賞結果がここまで色濃くクラシックに反映されるなんて、一昔前までは考えられませんでしたが、日本の馬の管理技術が向上したということでしょうか。早々に結果を出せると、秋は楽なローテーションが組めるので、確かに有利。今後、有力馬の夏デビューは定番になるかもしれません。

また、競馬見始めてもうすぐ20年ですが、これほど役者揃いの世代は初めてかもしれません。無事なら、バンドワゴン・プレイアンドリアルあたり、さらに牝馬路線からレッドリヴェールも出てくるとなると、ダービーは本当に面白くなりそうで、オルフェーヴル引退後もやはり競馬は面白いなと実感した2週間でもありました。

【2014 皐月賞 回顧】


●レース総評
イスラボニータが内枠を利してハナに行くのではと思ったが、早々に控える競馬を選択。代わりに相変わらず上手いスタートを切った、ウインフルブルームが大外 から先頭にたった。意外だったのはそれに連れて先行策に出た、アジアエクスプレスとトゥザワールド。ごちゃつきを嫌ったのと、前が残る馬場と見て、お互い思い切った策に出た。

大外から2頭が先行し、内へ寄っていったせいで、出をうかがっていた各馬は結果的に後ろの位置取りに。淡々とした流れになり、直線向いても3頭の争いが続くかと思われたが、一頭後方馬群からイスラボニータが突き抜けた。一枚上のスピードはもちろん、それを引き出した従順な気性も競走馬にとって大きな武器なんだと思わせた完勝劇。総合的な強さを感じ させた。

●各馬短評

1着:○イスラボニータ…確かに血統的には2400mがギリギリだろうが、無駄にスタミナを消費しない素直な気性は大きな武器。よほどの激流に飲み込まれない限り、ダービーでも健闘できる。(次走期待度B)

2着:△トゥザワールド…ベストの2000mかつ、展開が向いた流れながら、勝ち馬には完敗。府中の2400mは条件悪化なので、これ以上の結果は厳しいか。(次走期待度C)

3着:△ウインフルブルーム…絶妙なペースで逃げられたことが、最後しぶとさにつながった。ここは鞍上がこれ以上ない騎乗を見せた。(次走期待度C)

4着:△ワンアンドオンリー…この馬の持ち味をフルに活かした騎乗も、展開が向かなかった。上がりは34.3秒でメンバー最速と、強い競馬をしていることは間違いなく、ダービーなら当然有力と見ていい(次走期待度B)

5着:ステファノス…きっちりと伸びたが、惜しくも権利をとれなかった。ダービーへのローテーションが厳しくなった。

6着:アジアエクスプレス…先行策から最後ばてたのはさすがに距離の問題か。すると必然的にダービーは厳しい印象。ダートに戻っての姿を早く見てみたい。(次走期待度 ダートならA)

8着:◎クラリティシチー…スタート直後、各馬の出方をうかがっていた結果、後方からの競馬に。この馬なりに伸びてはいるが、あそこの位置から差し切れるほどの脚は持っておらず、完敗。(次走期待度C)

10着:☆ロサギガンティア…もう少し積極的な騎乗をしていればと思ったが、それ込みでの完敗。距離の問題も多少あるだろう。(次走期待度C)

11着:トーセンスターダム…初輸送、初中山、初多頭数は、伊達に甘くはなかった。敗因ははっきりしていて、うまくハマれば府中なら巻き返せる可能性はある(次走期待度C)

以上。やはりこの中でダービーでの巻き返しに期待したいのは、
 この馬⇒

■■■■■■■■■■■ マイラーズC ■■■■■■■■■■■
 穴×穴×穴で攻める『激穴3連単勝負◎○▲』は必見!

関係者が本気で買う『3連単勝負馬券』を特別無料公開!

【2014 皐月賞 登録馬】

今週末も今のところ、雨マークが出ている天気予報。
先週とは打って変わって、混戦メンバーだけにいっそのこと、グチャグチャの馬場で見たい気もしてきた本日。ざっと出走予定馬を上げてみました。

●2014 皐月賞 登録馬

アジアエクスプレス

3 

57.0 

戸崎圭

手塚


アデイインザライフ

3

57.0

戸崎圭

鈴木康


アドマイヤデウス

3

57.0

岩田

橋田


イスラボニータ

3

57.0

蛯名

栗田博


ウインフルブルーム

3

57.0

柴田大

宮本


キングズオブザサン

3

57.0

大野

荒川


クラリティシチー

3

57.0

内田博

上原


クリノカンパニー

3

57.0

藤田

荒川


コウエイワンマン

3

57.0

柴山

川村


スズカデヴィアス

3

57.0

バルジュー

橋田


ステファノス

3

57.0

シュタルケ

藤原英


タガノグランパ

3

57.0

福永

松田博


トーセンスターダム

3

57.0

武豊

池江


トゥザワールド

3

57.0

川田

池江


バウンスシャッセ

3

55.0

北村宏

藤沢和


ベルキャニオン

3

57.0

福永


ロサギガンティア

3

57.0

Mデムーロ

藤沢和


ワンアンドオンリー

3

57.0

横山典

橋口

 

どの馬も一長一短といったメンバー構成。ぱっと思いつくだけ、あえて、不安点を挙げていくと、


・アジアエクスプレス…本質的にはダート馬で今の中山芝はかろうじて合っている感じ。距離延長、トップレベルでの芝適性どちらも不安。


・イスラボニータ…これまでのレースがすべて左回り。初の右回りかつ中山というのは、不利な材料。

・トゥザワールド…ディープインパクト産駒が合わない馬場かつ、揉まれたときにどうか。あとは鬼門のキンカメ×サンデー。

・ワンアンドオンリー…追い込み1手の戦法が、今回もはまるかは疑問。

・ウインフルブルーム…前走は3番手からも不可解な負け。距離の壁もあるかもしれない。

・トーセンスターダム…いかにも切れ味タイプのディープで、得意の京都ばかり使われてきた印象。初中山がどうか。

・バウンスシャッセ…さすがに牝馬の皐月賞馬となると、戦後すぐのトキツカゼやヒデヒカリ以来だけに。。。(←wikipediaより)

・キングズオブザサン…大野騎手→浜中騎手という騎手変更。前走のミス+G1に乗りなれている分での起用だろうが、普段乗りなれていない中山コースだけに不安の方が大きい。

・ロサギガンティア…デムーロ→善臣騎手騎手変更。さすがに腕の差ありで、アタマまでは疑問。

そして、中でも一番不安なのは、
 この馬⇒
人気を背負うのは必至。ただ、これまでの使われ方を見ると、陣営は皐月賞は別の馬で、ダービーの方はこの馬で思えて仕方がない。


~PR~

━━━━━━━━━━━━━━━━━
    第74回 皐月賞(GI)

    現在4年連続の的中!
 今年も衝撃の1点を特別大公開!
  馬連1点勝負を無料で見る

━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪現在4年連続の的中≫
2010年が馬連1260円、2011年が馬連1260円、3連単5万5450円、2012年が馬連1220円、3連複2050円、3連単1万2620円、2013年が馬連680円、3連複1210円と現在【4年連続】で的中をお届けしているのが皐月賞。しかも、2010年~2012年までは3年連続で◎-○的中という離れ業で業界を震撼させています。

関東で施行されるGIですが、過去10年で関東馬が優勝したのは昨年のロゴタイプと2004年のダイワメジャーの2頭のみ。2着まで広げてもタケミカヅチ、サンツェッペリンの2頭が増えるだけ。過去10年、連対を果たした関西馬が15頭に対し、関東馬は4頭(残る1頭は地方馬コスモバルク)。関西馬が“圧倒的”な強さを誇っているという事実を数字が明確に証明しています。

≪この配当は回限りや≫
今年の皐月賞を含めた牡馬クラシック戦線は“大混戦”という見解が世間一般に出回っていますが、関西馬専門情報の当社にしてみれば、むしろ好都合。情報網も『この馬がこんな配当で獲れるんは今回限り。例年以上に皐月の◎-○は激アツやで!』と豪語しているほど。

4年連続の的中をお届けし、プレミアGIと言っても過言はない皐月賞。本年度も調教師や厩舎関係者、騎手との直前までのやりとりまで全て確認した上で、【衝撃の1点】を無料配信(レース当日14時)します。

競馬界を圧倒しているのは、皆様もご存知の通り、関西馬。『確かな関西馬の情報があれば、馬券は獲れる』をこの機会に是非体感して下さい。

  ↓↓↓↓↓
  ↓↓↓↓↓

 ■■■第74回 皐月賞(GI)■■■

    現在4年連続の的中!
 今年も衝撃の1点を特別大公開!
  馬連1点勝負を無料で見る

プロフィール

手帖主

中学1年のときに友人に借りたダビスタⅢをきっかけに、競馬の楽しさを知る。

はじめて好きになった馬はマヤノトップガン。97年の天皇賞・春は今でも唯一無二のベストレースだが、当日に中学3年時の文化祭があり、生で見られなかったのが今でも悔やみきれない。

高校1年のとき、サイレンススズカの悲劇を境に一旦競馬との距離を置こうと思うも、グラスワンダーの復活劇に魅せられ再び夢中になる。

その後も地元の関学に通いながら仁川で競馬を見続け、大学卒業後は上京して今は府中が主戦場。

某広告代理店で働くかたわら、このブログを運営中。

間もなく、リニューアルしてより充実の内容でお届けしたいと思っています。

SNS
応援クリックお願いします。
ご意見募集中
記事検索
逆アクセスランキング
人気ブログランキング
にほんブログ村
アクセスカウンター

    タグクラウド
    • ライブドアブログ