けいば手帖(旧サイト)/新サイトはページ内のリンクから

競馬ブログ3年目。2016年も、去年好評だった人気馬の弱点をとりあげる「買ってはいけない」、人気薄馬の買いどころを探る「切ってはいけない」は続ける予定。また今年は馬券の種類を問わず、いろいろな買い方にチャレンジしていきます。どうぞお付き合いください。

2013 重賞回顧

年末交流3重賞の回顧と、2014京都金杯・中山金杯 展望

「あまちゃん」ダイジェストを見ながら、つれづれと年末交流3重賞の回顧と、京都金杯・中山金杯の展望を。一度見ているんですが、改めてダイジェストにされるとまた引き込まれて、気づいたらこんな時間に。。。いやあ面白いですよ、やっぱり。

●名古屋グランプリ

「シビルウォーの勝ち方よりも、武豊の逃げ方のほうが印象深い」


道中は、トウショウフリークの逃げにクギ付けになった。スタート直後、エーシンモアオバーとのハナ争いをあっさりと制し、そこから一気に大逃げに持ち込む、と見せかけて2週目ペースダウン。シビルウォーのマクリにあいながら、最後まで粘って2着を確保できたのは、絶妙のペースで逃げた武豊のテクニックによるところが大きい。馬に負担をかけさせず、スイスイと進ませる騎乗ぶりは流石だった。
※そういえば、武豊は中央だと後ろから差すが、地方だと逃げや先行競馬のほうが多いような気がする(スマートファルコンとか)。データはないので、あくまでも印象。今度調べてみよう。

シビルウォーは、行き脚のない馬だがスタミナは確か。夏馬と思って消したが、このメンバーでは地力が勝っていた。2コーナーから仕掛けた内田騎手の好騎乗も光った。

ナイスミーチューはやはり小回りは苦手っぽい競馬。大外回ってよく追い込んではいるが、この立ち回りでは、アタマを取るのは難しい。

●兵庫ゴールドトロフィー

「ドリームバレンチノとエーシントップの差、歴然」


芝での能力を考えれば当然、というような決着。期待したエーシントップは、出遅れてスタート直後もたついたとはいえ、さらにはドリームバレンチノに無理してついていったとはいえ、負けすぎ。「若さが出た」「地方のダートが合わない」などの見方もあり、中央場所のOPクラスなら通用するかもしれないが、一流どころとの差はまだまだある。

ドリームバレンチノは強い競馬内容だったが、2着エプソムアーロン(元中央のオープン馬とはいえ現在は高知に所属する9歳馬)、3着ダイショウジェット(1400m得意とはいえもはや11歳間近の馬)では、レースレベル的には低調と言わざるをえない。もちろんその実力は確かなものだが、勝ちっぷりへの過信は禁物。

●東京大賞典


「ホッコータルマエ貫禄V。しかし、フェブラリーSでは消し候補」


ホッコータルマエは、抜け出してソラを使ったジャパンカップダートの教訓をふまえ、道中はいつもより少し下げた位置。ほかの馬よりも、ワンテンポ仕掛けを遅らせ、おそらく作戦通りの差しきり。盤石の競馬だった。やはり地方の深い馬場は合う。
そしてこの後、川崎記念→フェブラリーS→ドバイWCというローテーションらしい。G1馬にしては南部杯から使い続けているローテーションも心配だし、いかにもエンジンのかかりが遅く、激流になりやすいフェブラリーSでは対応できるか不安。気が早いかもしれないが、人気なら思い切って消すつもり。

ワンダーアキュートは、良くも悪くもいつも通り(笑)。ニホンピロアワーズはやはり、本調子ではないような負け方だった。

本命にしたローマンレジェンドは、スタート前ゲートで暴れていたように気性難が悪化している。それも踏まえての実力。賞金が足らずレース選択も制限される。今後の活躍は厳しくなった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●東西の両金杯 展望

現時点での京都金杯の注目馬は、マイネルラクリマ。
前走は、58キロを背負いながら、差し競馬の中でも4着に粘った好内容。
逃げ先行有利の1月の開幕週で馬場も、1600mへの距離短縮も、プラス。

そして、中山金杯の注目馬は→
(※ランキングの紹介文に掲載。現在5位くらい)
同型馬の有無は、メイショウサミットの出走しだいだが、おそらく単騎で行けるだろう。
Cコース変わりになり、多少前に行く馬も有利になるだろう今回は、人気もなさそうでねらい目。

注文つくリアルインパクト、次走は疑問(阪神カップ回顧)

いやーーーーーーー。

クラレントを抑えていなかったことが、悔やまれます。
マイルチャンピオンシップでは本命にしたのに、
欲を出しすぎて、ザッハトルテとか抑えたのが全くの間違い。。。
普通に三連複を200円でも拾っていれば、十分逆転できましたね。

本当に煮え切らない1日になってしまいました!!(笑&泣)

「TAROの競馬」は、本当に今週末はスゴイことになってるそうで。
メルマガ、一気の大逆転、お見事でした!


●レース総評:コパノリチャードが抑えて、前残りの展開に。

ラップ:12.4 - 11.0 - 11.6 - 11.6 - 11.3 - 11.5 - 12.0

開催最終日、昨日からかなりの荒れ馬場になり差しが届くイメージもありましたが、前残りの競馬に。それは逃げると予想された、コパノリチャードが外枠の分積極的にいかなかった分が大きい。結果、リアルインパクトのペースでレースが進み最後まで粘った。2番手につけたガルボが2着。個人的にガルボは好きな馬なので、ここまで来れば勝ってほしかったですが、最後は腕っ節の差でしょうか。後ろから行った馬は今回はノーカウントでいい。


●各馬短評:ガルボは騎手変更で、来年の活躍も期待。

1着:リアルインパクト・・・3歳で安田記念を制したように、実力は確かな馬。ただ、注文がつくタイプで安定して走らないのが難点。今回のように恵まれたら走るが、自分からレースを作れない。今後、また人気を背負うと厳しい。

2着:ガルボ・・・去年は最後さされて2着。今年は逃げ切られて2着。なんとも惜しい競馬。今回もピッチ走法で一生懸命に走っていた。来年はもう7歳だが、ここにきて石橋→岩田へシフト。騎手変更で新たな持ち味を発揮して、来年も活躍を期待したい。

3着:クラレント・・・ペースに恵まれたが自力もある馬。去年はこの馬とガルボの2頭軸で勝負したのに、今回は無印。仕掛けも絶妙のタイミングで力をあるところも証明した。東京でも走るので、次走おそらく東京新聞杯だろうが、ここでも狙ってみたい。

オルフェーヴルストーリー大団円(有馬記念回顧)

現地観戦から帰ってきました。

即写真アップできるアプリを見つけ、ちょっと試してみたいと思い、
遂次、アップしていたのですが、
有馬記念前後はレースに集中してしまい、写真に撮ることをすっかり失念。
更新できませんでした。すいません。

全体の感想としては、いい天気に恵まれ、
オルフェーヴルの最後の雄姿も生で見られることができて、
(馬券以外は)とても満足いく一日。
異様な寒さの中での引退式も、
拍手が鳴り止まない、温かなものでした。


●レース総評:来年の競馬界が心配になる強さ

ラップ:6.9 - 11.1 - 12.3 - 11.6 - 12.4 - 12.8 - 12.4 - 12.0 - 11.8 - 12.3 - 12.6 - 11.8 - 12.3

前半1000mは1分00秒6。同日の同距離、グッドラックハンデキャップの前半1000mの1分05秒台を引き合いを出すのはさすがに極端だが、G1クラスならではの締まったレースになった。その中で、圧勝したオルフェーヴルは、他馬とまったくパワーとスピードが違ったということ。エンジンが規格外であることを改めて証明した。池添騎手の最後まで追い続けた騎乗は、この馬が有馬記念に出走する価値を生み出したと思う。ただ、反面、残された馬たちによる、来年のG1戦線が盛り上がるかの心配も広がった。どんな決着になろうとも、遥か前方にオルフェーヴルの姿があることを想像してしまうだろう。
オルフェーヴルの物語はこれにて終了。数々のサプライズを提供してきた本馬だが、最後は8馬身の圧勝。本当にステキ過ぎる結末だった。


●各馬短評:先行勢カレンミロティックの粘りは秀逸。

1着オルフェーヴル・・・引退レースが、過去最高の勝ち方。これまでいろいろあったが、そこも含めて歴史的名馬。これまでのレジェンドとはまた違った、オリジナリティをもった馬として語り継がれるだろうし、語り継ぎたい。

2着ウインバリアシオン・・・屈けん炎明けで、本当によくがんばった。オルフェーヴルとともに走ったダービー、神戸新聞杯、菊花賞の着順を再現したことに深い感慨を覚える。花道を飾った。

3着ゴールドシップ・・・馬場、騎手が前走よりも大幅プラスに働き、ブリンカーの効果もあったのか、しっかりと最後まで伸びて馬券圏内に。久々に走ったという印象もあるが、今はこれが限界だということも露呈した。明らかに去年よりもパフォーマンスが落ちているし、騎手だけの問題だけではないこともわかった。立て直しが必要。

6着カレンミロティック(次走狙い)・・・厳しい流れの中、比較的上位に残ったのはこの馬だけ。四コーナーでもオルフェーヴルと馬体をあわせた瞬間もあった。今回は展開が向かなかったが、確かな力はつけている。

11着アドマイヤラクティ・・・完全な力負け。激流に飲み込まれ、まったく対応できなかった。過剰人気で面白みのない馬を推したことも含めて大反省です。




ワンアンドオンリー、ルメール完璧騎乗(ラジオNIKKEI杯2歳S回顧)

●レース総評

ラップ:12.8 - 11.9 - 13.0 - 13.0 - 12.9 - 12.9 - 12.5 - 11.6 - 11.6 - 12.1

前半1分3秒6。2コーナーあたりで隊列が決まってから、急にペースダウン。馬場を考えてもかなりのスローな展開になった。その中で、逃げ馬を3コーナーから追いかけた本命デリッツァリモーネは、直線途中で失速。その直後を追いかけ、仕掛けをワンテンポ遅らせたアズマシャトル、ワンアンドオンリーが見事にワンツーを決めた。注目されたサトノアラジンは操作しにくいのか、終始もたついている印象。レースの流れにものれず、ラストも追いづらそうなまま3着に終わった。レースレベルはそこまで高くはない。まだまだ、牡馬クラシックの展望は見えない。


●各馬短評

1着ワンアンドオンリー・・・常に善戦しつつ惜しくも負けていたのが、今回はルメール騎手が完璧に騎乗。あとひと押しが効いた。距離伸びても問題なく、主役は疑問も、クラシックで善戦してくれそう。

2着アズマシャトル・・・追って味のあるゼンノロブロイで松山騎手も好騎乗。レース上手な馬で今の阪神の馬場もあうのだろう。完璧なレースだったが、さらにルメールに上をいかれてしまった感じ。

3着サトノアラジン・・・直線入り口では思うように上がっていかず、もたついていたのに、最後は3着を確保するあたりは素質を感じる。レース経験を積めば、全然上に行ける馬。

6着モンドシャルナ・・・・ずっと後方で抑えられ、最後は大外に。大事に乗られ過ぎたが、伸びもあまりなく素質も血統ほどはないのだろう。今後も人気が続くだろうし、逆張りでおいしい馬になりそう。

10着デリッツァリモーネ・・・スローペースの中、ウイリアムス騎手が自ら動く競馬を選択。道中なしくずしに脚を使わされ、本来のこの馬向きじゃない騎乗だった。切れ味タイプだから失速も納得。ただ、鞍上の指示を従順に受け入れそうでレースセンスはあり、今後も狙ってみたい。

アジアエクスプレス快勝も、ダート路線での活躍を期待。(朝日杯FS回顧)

いよいよ今週は有馬記念。

もうすでに、そっちに気持ちがいっているので、
さっさと先週のことは終わらせておきます。


●レース総評:ハイペースの差し競馬。中山は思った以上にタフ。

ラップ:12.7 - 11.0 - 11.4 - 11.7 - 11.8 - 12.2 - 11.8 - 12.1

前半1000m58.6秒。2歳のこの時期、現在の馬場状態を考えれば、快速牝馬ベルカントが作り出した流れは、十分にハイペースといえるもの。おかげで、先行した各馬は直線半ばで失速。期待したプレイアンドリアルも馬群に沈んでしまった。中団を進んでいたショウナンアチーヴ、さらにその後ろからアジアエクスプレスの2頭が最後追い比べになり、アジアエクスプレスがムーア騎手の追い力が加わった伸びで快勝した。


●各馬短評:ベルカントはやはり。。。

1着:アジアエクスプレス・・・外から追い込む派手な勝ち方で、強くは見えたが、本来は芝向きではない馬。今回はムーア騎手の位置取りと腕っぷしが大きいと思う。芝を使うよう進言した責任を果たした感じ。ただ、今回の勝ち方で逆に、ダートでの怪物ぶりが増した。今後のローテが注目されるが、少し距離が長くても個人的にはUAEダービーを狙ってほしいが、果たして。。。

2着:ショウナンアチーヴ・・・中山で好成績をおさめていたように、今回もレースセンスの良さが見て取れた。ただ、距離が伸びていいタイプではなさそうで、使いどころ次第。2000m以上をつかってきたら消しでいい。

3着:ウインフルブルーム・・・外から自ら仕掛けて上がっていき最後まで粘った。このレースでは1番強い内容。距離が伸びてもよさそうで、皐月賞前哨戦線の中山なら積極的に買っていきたい。

7着:プレイアンドリアル・・・ペースが向かなかった。前に壁をつくれなかった。などの敗因は挙げられるが、沈み方を見ると、はっきりと力負け。前走1800mで好走していたので、スタミナもあるとは思っていたのだが、タフな馬場では足りなかった。

10着:ベルカント・・・やはりスピード馬。現段階なら1200mで活躍する可能性十分なのだが、血統的にも早熟タイプのようでもあり、今後の伸びしろは疑問。


●次走狙い馬

ウインフルブルームの内容がよかった。和田騎手との手も合いそう。逆に、ショウナンアチーヴとアジアエクスプレス以外はあまり追い込めてもおらず、後方のまま終わった馬はかなり能力が低い。

livedoor プロフィール
SNS
応援クリックお願いします。
ご意見募集中
記事検索
逆アクセスランキング
人気ブログランキング
にほんブログ村
アクセスカウンター

    タグクラウド
    • ライブドアブログ