【2016年重賞本命馬実績】
中山金杯◎ヤマカツエース・フェアリーS◎ビービーバーレル
シルクロードS◎ダンスディレクター・共同通信杯◎ディーマジェスティ
ダイヤモンド◎トゥインクル・フィリーズレビュー◎ソルヴェイグ
マーチS◎ショウナンアポロン・青葉賞◎ヴァンキッシュラン
2015年の重賞勝負馬の通算成績⇒【
19,12,20,72】 (123戦中51戦で馬券圏内)。 
2016年の重賞本命馬の現在成績⇒
 
【11,12,8,53】(単勝回収率130%・複勝回収率91%)。
地方交流重賞は1点勝負で挑んでいます⇒現在5勝17敗(1返還) 回収率103%

TWITTERもやってます。良ければフォローしてください。
------------------------
こんにちは。
秋の東京競馬開幕の朝はあいにくの雨。天気予報よりも多く降っており、馬場への影響は必至でしょう。
一方京都は、2歳未勝利の芝1800mで1分45秒台が出たほどの超超高速馬場。
こうなると、京都8レースでちょっとこの馬の単勝勝負をしてみたいと思います

この馬⇒人気ブログランキングへ
(現在30位くらいにある当ブログの紹介欄に名前を記しています)

同型で強いとされるエイシンティンクルがいますが、こっちの方が何が何でも行きたい馬。エイシンはそろそろ控える競馬も試しごろですし、武豊騎手の性格上番手からの競馬を試みると見ます。となれば、単騎でいけそうなこの馬にとっては、願ってもない馬場状態と展開利で好勝負になるはずです。

続いて、サウジアラビアロイヤルカップの予想へ。
スポンサーリンク

●サウジアラビアロイヤルカップ2016予想
◎ダンビュライト
〇バリンジャー
▲ロジムーン
☆ブレスジャーニー
△クライムメジャー


まだ2歳ということで力差がはっきりしているとは言えないのですが、ここはもう、上位人気の決着を期待して良さそうです。父ルーラーシップが道悪巧者だったように、そのDNAは子に受け継がれているイメージ。中でもこの馬は新馬戦の勝ちっぷりからその代表格のように思えます。悪い馬場をもろともしないでしょうし、ここは通過点になるでしょう。

相手は、距離延長かつ馬場悪化に適性がありそうなバリンジャー。ロジムーンの安定感もここでは上位でしょう。順調さを欠いても東京で2戦連続上り最速をマークし、重馬場への適性も高そうなブレスジャーニー、さらにハイレベルな新馬戦を制したクライムメジャーも抑えます。

本線は◎○ー▲☆△の2頭軸3連複。◎〇→◎〇→▲☆△の3連単もボーナスで。

スポンサーリンク

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字