【2016年重賞本命馬実績】
中山金杯◎ヤマカツエース・フェアリーS◎ビービーバーレル
シルクロードS◎ダンスディレクター・共同通信杯◎ディーマジェスティ
ダイヤモンド◎トゥインクル・フィリーズレビュー◎ソルヴェイグ
マーチS◎ショウナンアポロン・青葉賞◎ヴァンキッシュラン
2015年の重賞勝負馬の通算成績⇒【
19,12,20,72】 (123戦中51戦で馬券圏内)。 
2016年の重賞本命馬の現在成績⇒
 
【11,12,8,53】(単勝回収率130%・複勝回収率91%)。
地方交流重賞は1点勝負で挑んでいます⇒現在5勝17敗(1返還) 回収率103%

TWITTERもやってます。良ければフォローしてください。
------------------------
こんにちは。

本日は日本テレビ盃2016が船橋の1800m(20:10発走)で行われます。

今回は1点勝負はこうなりました。 
●日本テレビ盃2016予想
◎アウォーディー
〇サウンドトゥルー

人気ブログランキングへ
(現在30位くらいにある当ブログの紹介欄に名前を記しています)

勝負馬券:◎ー〇ー▲の3連複1点

JBCの前哨戦でもあり、今年も豪華なメンバーがそろいました。

昨年はコパノリッキーとクリソライトが飛ばしに飛ばした結果、サウンドトゥルーの差し込みが決まりましたが、これは非常に珍しいケースであり、さすがに2年連続で同様のケースになることはなさそうです。もともと、スパイラルカーブの船橋では先行した馬が有利。今回は素直に先行したアウォーディーがそのまま押し切れるはずです。

対抗はサウンドトゥルー。去年はここで勝利した後、JBC2着→チャンピオンズカップ3着→東京大賞典1着と、好調期を持続。休み明けも問題ないタイプで、1800m以上では確実に差し足を伸ばしています。さすがに、去年ほどは恵まれないとはいえ、馬券圏内を外すことはないでしょう。

3番手は、距離延長や前走惨敗で地方の小回りに対する不安が残るモーニンを嫌ってあの馬を推します。もともと距離は長いほうがいいタイプで、今回は2勝を挙げている走りなれたコース。脚質的にも先行するはずで、有力馬たちが互いにけん制しあっている中、3着に逃げ残ることを期待します。

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字