【2016年重賞本命馬実績】
中山金杯◎ヤマカツエース・フェアリーS◎ビービーバーレル
シルクロードS◎ダンスディレクター・共同通信杯◎ディーマジェスティ
ダイヤモンド◎トゥインクル・フィリーズレビュー◎ソルヴェイグ
マーチS◎ショウナンアポロン・青葉賞◎ヴァンキッシュラン
2015年の重賞勝負馬の通算成績⇒【
19,12,20,72】 (123戦中51戦で馬券圏内)。 
2016年の重賞本命馬の現在成績⇒
 
【11,12,8,53】(単勝回収率130%・複勝回収率91%)。
地方交流重賞は1点勝負で挑んでいます⇒現在5勝17敗(1返還) 回収率103%

TWITTERもやってます。良ければフォローしてください。
------------------------
こんにちは。

何とか、阪神・中山ともに芝は良まで回復。そんななか、先ほど重賞と同じくらい注目の新馬戦が阪神5レースで行われましたが、タッチングスピーチの弟のムーヴザワールドが、エアスピネルの弟のエアウィンザーを下して勝利しました。姉は3歳夏から頭角を現してきた馬だけに、弟も今後の成長力を期待できますね。

さて、今日はまずは神戸新聞杯の予想から。  
スポンサーリンク

●神戸新聞杯2016予想 勝負度B
人気ブログランキングへ
(現在30位くらいにある当ブログの紹介欄に名前を記しています)
○サトノダイヤモンド
▲カフジプリンス
☆ジョルジュサンク

ここは、この4頭で勝負してみます。

本命馬は夏に一回使われたローテーション、阪神のタフな馬場を考えると今回が重賞勝利のチャンス。休み明けのサトノダイヤモンドを下す可能性まであると思います。

カフジプリンスも、北海道で使われてきた強みと長距離適性を考えればここは上位に迫る力もあるでしょう。

穴でジョルジュサンクも少し買ってみます。先週のクロコスミアではないですが、先行策をとる馬は要注意。阪神もあっていますし、スタミナ勝負ならこの馬にもチャンスがあるはずです。

馬券的には◎ー○の馬連が大本線。◎○▲の馬連ボックスや3連複。◎ー○▲☆の3連複。
スポンサーリンク

コメントする

名前
URL
 
  絵文字