【2016年重賞本命馬実績】
中山金杯◎ヤマカツエース・フェアリーS◎ビービーバーレル
シルクロードS◎ダンスディレクター・共同通信杯◎ディーマジェスティ
ダイヤモンド◎トゥインクル・フィリーズレビュー◎ソルヴェイグ
マーチS◎ショウナンアポロン・青葉賞◎ヴァンキッシュラン
2015年の重賞勝負馬の通算成績⇒【
19,12,20,72】 (123戦中51戦で馬券圏内)。 
2016年の重賞本命馬の現在成績⇒
 
【11,10,10,47】(単勝回収率139%・複勝回収率98%)。
地方交流重賞は1点勝負で挑んでいます⇒現在5勝14敗(1返還) 回収率119%

TWITTERもやってます。良ければフォローしてください。
------------------------
こんにちは。

続きまして、新潟2歳ステークスの予想です。


スポンサーリンク

●新潟2歳ステークス2016 予想 勝負度D(自信度C 妙味度D)
人気ブログランキングへ  

※現在30位くらい。けいば手帖のタイトル下に書いています

○オーバースペック
▲キャスパリーグ
☆ウインシトリン
△モーヴサファイア
△マイネルバールマン

新潟2歳ステークスは、傾向的に前走逃げ切りや先行馬はあまり良績を残せていないレース。
開催が後半になって外差しよりに変わってきた馬場や、新馬戦や未勝利戦に比べてペースが上がるのがそのその要因なのでしょう。なので、前走しっかりと最後まで差し足を伸ばしてきた馬たちに対して有利になるのです。

そこで、今年も差し馬を重視して本命を選びました。

本命馬の前走の差し足は、新潟らしい上り最速をマーク。初戦はちぐはぐな競馬で少しおかれてしまったのが痛かったですが、2戦目で見事に変わってくれました。まだまだ2歳のうちなら気で走る血統ですし、今回もきっちり外から伸びてきてくれることを期待します。

対抗のオーバースペックは、本命にしようかと迷いましたが、プリサイスエンド産駒ということを考慮して2番手に。しかし、ここ2戦で見せた差し足は非凡で、前走福島で一気の差しで勝ち上がってきたのは秀逸。

ディープインパクト産駒のキャスパリーグも、外回りになればさらにパフォーマンスを上げてきそう。

ウインシトリンは、去年穴をあけたウインファビラスと同じステイゴールド牝馬。前走東京で勝利を挙げたのも良い傾向ですし、ここは一発あってなにもおかしくありません。

あとは、馬場の傾向は違えど初戦の勝ちっぷり良かったモーヴサファイアや、経験重ねてきたマイネルバールマンも侮れないので抑えます。

馬券は◎ー印への馬連・3連複。◎○▲☆の馬連ボックスも重ねます。
スポンサーリンク

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字