【2016年重賞本命馬実績】
中山金杯◎ヤマカツエース・フェアリーS◎ビービーバーレル
シルクロードS◎ダンスディレクター・共同通信杯◎ディーマジェスティ
ダイヤモンド◎トゥインクル・フィリーズレビュー◎ソルヴェイグ
マーチS◎ショウナンアポロン・青葉賞◎ヴァンキッシュラン
2015年の重賞勝負馬の通算成績⇒【
19,12,20,72】 (123戦中51戦で馬券圏内)。 
2016年の重賞本命馬の現在成績⇒
 
【10,8,6,30】(単勝回収率194%・複勝回収率117%)。
地方交流重賞は1点勝負で挑んでいます⇒現在5勝6敗(1返還) 回収率221%
TWITTERもやってます。良ければフォローしてください。
------------------------
こんにちは。

週末に向けて、日本ダービーの各馬短評を書いていこうかと思います。
とその前に、とある高名なる競馬予想家の方から、落語のことを書けと言われたので、ちょっとだけ書いてみます。
※興味のない方は、続きから、各馬の考察をご覧ください!

●笑点新メンバー予想!

今落語と聞いてまず、みなさんが思い浮かぶのは「笑点」でしょう。(落語ファンからは怒られそうですけど。。)
そして、新司会が春風亭昇太と発表された今、注目は新メンバーの発表でしょう。

落語界にも事務所じゃないですが、各所属先の協会がいくつかありまして、現在東京の落語界には、落語協会・落語芸術協会・円楽一門会・立川流の4つがあります。

そして、笑点メンバーがそれぞれどこに属しているかというと、

歌丸…落語芸術協会
小遊三…落語芸術協会
好楽…円楽一門会
木久扇…落語協会
昇太…落語芸術協会
円楽…円楽一門会
たい平…落語協会

司会を除くと、きれいに2人ずつ落語協会・落語芸術協会・円楽一門会からと、実にいいバランスで成り立っています。そこで、落語芸術協会の歌丸さんが抜けて、同じく落語芸術協会の昇太さんが司会者になったのだから、筋としては、新メンバーは落語芸術協会からとなるでしょう。

ということで、私の新メンバーの本命としたいのは桂宮治現在39歳。ですが、デビューが遅かったこともあり、まだ身分は「二つ目」。落語家として一人前とされる「真打」ではありません。

up_ph_b228
引用:https://www.geikyo.com/profile/profile_detail.php?id=228

というのは、30歳を超えてから初めて落語をYOUTUBEで聴いて、入門したのはその翌年。しかも、自分の
結婚式のスピーチの際に勤めていた会社の社長に向かって「今日で会社を辞めて落語家になります!」と伝えたという、異色のエピソードを持っています。
その会社では実演販売でトップセールスマンだったこともあり、もともとしゃべりのスキルは高かったこともあり、落語の腕も二つ目としては上手いと思います。BSの「笑点ジュニア」やフジテレビの「噺家が闇夜でコソコソ」での若手大喜利でも目立っていましたし、テレビ的な華もあるので、一気の若返りを図るのであれば可能性十分の人材だと思います。

これまで新メンバーとなった、春風亭昇太、林家たい平ともに、BS日テレ笑点の若手大喜利で活躍していた経歴があり、そこからの昇格は既定路線でもありますので、二つ目ということ以外は、要素が全て揃っています。無名と思われる方も多いかもしれませんが、本命視していいんじゃないでしょうか。(とここまで書いてたところ、本人がツイートでやんわり否定しているのを発見。彼じゃないと落語芸術協会説が消えるんですが。。)

なので、対抗馬も挙げてみます。それは、個人的期待を込めて、立川談笑!

danshoutatekawa
写真引用:http://dze.ro/authors/danshotatekawa

4つの団体のうち、現在立川流のメンバーは入っていませんが、これは、家元立川談志と笑点との深い因縁があります。笑点はもともと、立川談志が寄席でやっている大喜利をテレビでやってみては?という試みで始まった番組です。しかし、家元の好むブラックユーモアの回答を求められた出演者が不満を抱き、仲たがいする形で家元側が当時の座布団配りだった毒蝮三太夫を連れて降板してしまいました。

ですので、立川流の人々は全体的にアンチ笑点(だと思います)。家元が亡くなった今でもその姿勢はあるでしょうし、他団体のお偉方も良い顔はしないでしょう。そんなハードルはわかりますが、、笑点の原点回帰、そして新風を巻き起こすのであれば、この起用は悪くないはずです。

その昔とくダネのレポーターなどテレビでも活躍していた方ですので、テレビ的なバランスはわかっていると思います。、むろんこの人は、ブラックユーモアにまみれた落語をするので、どのようなキャラクターとして出るのかヒヤヒヤもんですけどね。。。(そんな笑点
も見てみたいんですw)

もちろん、あまりこの線も濃くは無いと思うので、現実的なことを考えてみます。

協会関係なく落語界全体のことを考えた場合、
順当なら落語協会から、春風亭一之輔でしょうか。

56cd77aa43cf8
写真引用:http://rakugo-kyokai.jp/variety-entertainer/member_detail.php?uid=183

そもそも21人抜きで真打に昇進した実力の持ち主で、顔も落語家の中では男前の方。テレビ出演も豊富で、アドリブ力もあります。落語界的には、この人を盛り立てていきたい雰囲気もあるでしょうし。協会の壁がなければこの人が順当でしょう。

最後に大穴として、、桂雀々を。。。
img_data3-1344214613-KvQ4683
写真引用:http://www.parthenon.or.jp/act/1537.html

桂雀々は上方からの異例の抜擢があるかもと、万が一のことも考えての候補入り。枝雀の弟子で昔から、大阪のテレビでも活躍してお茶の間でもおなじみ。でしたが、2011年から活動の拠点を東京に移したこともあって、いまは住まいも東京なのです。ここに来て関西弁という新しい風が吹くと思うのですが、どうなるでしょうか。

判明するのは今週日曜の17:45分あたり。以上、目黒記念終わりのお楽しみ、第13レースの予想でした。

落語にあまり興味のない方には関係ないことを、長々と書いてすいません。

では、お待たせしました。日本ダービー2016の各馬短評は続きから。
スポンサーリンク


●日本ダービー2016有力馬各馬短評(買いどころ・消しどころ)

各馬短評といっても、今回はあまりにも上位人気馬と下位人気馬との力差が明らかなので、そこまで荒れることもないと思っています。

アグネスフォルテやブレイブスマッシュの話を書いても、あまり意味ないでしょう?笑。 ロードクエストだって、さすがに厳しいはずです。

なので、netkeibaさんの予想オッズの人気上位馬からそれぞれの買いどころ(強み)・消しどころ(弱点)を書いてみました。

●マカヒキ
○買いどころ
ウ リウリの下ですが、一連の落ち着き払った競馬ぶりから、距離的には大丈夫でしょう。もともとウリウリ自体マイル以上でも走れる馬なので、そもそも距離不安 自体がおかしい気もしますが。メンバーでも比較的不利な立場にあった弥生賞において、リオンディーズ以下に完勝。展開が向いた皐月賞ではさらに着差をつけ て先着していることから、距離が伸びて直線が長くなればさらに差がつく気もします。

×消しどころ
東京競馬場替わりで、この馬の末 脚を存分に発揮できる直線の長さになる今回、またも後方に構えて一か八かの競馬をすると思います。ただ、鞍上が追い込み競馬は得意ではなく、直線で裁く力 はあまりないので大外分回しという競馬になるでしょう。距離ロスは否めず、他力本願的な競馬になると思います。スローで流れれば差し届かずといった場面も 考えられるでしょう。

●サトノダイヤモンド
○買いどころ
全身を上手に使って走る馬で、安定感抜群。7~8 割くらいの仕上げと言われた皐月賞でも、リオンディーズからの不利を受けながら、3着まで来たのは力のあるところでしょう。もちろん、東京競馬場でも問題 なく走れるでしょうし、自在性ある脚質からも展開面で有利。前回は「買ってはいけない!」にしましたが、コース適性的にも陣営の仕上げ的にも、弱点がなく なるでしょう。

×消しどころ
今週のフォトパドック診断では、皐月賞前に比べて馬体の迫力がなくなったとの声がありました。7~8割という仕上げで臨んだ皐月賞がなかなかタフな競馬になったために、思った以上にダメージが残ったのでしょうか。この中間ダービーに向けて調教の負荷をかけられているので、かなり絞られているせいだからでしょうか。いくら状態が悪くても、悲願のサトノの馬なので、回避なんてできるわけもない。

●ディーマジェスティ
○買いどころ
持 続力ある末脚は東京でさらに生きるでしょうし、マイネルハニーが大逃げをうつなどすれば、この馬向きの展開になるでしょう。いくら恵まれたとはいえ、皐月 賞の完勝ぶりから、3強よりもそもそも力が上だったということまであります。ロベルトの底力・成長力があれば、かるーっく2冠達成!ってこともありえるで しょう。

×消しどころ
エンジンのかかりが遅い馬で、共同通信杯では追いだしても、モタモタしていたのが象徴的。そんなこの馬に とって、皐月賞はこの馬にとって願ってもない流れになったこともあり完勝しましたが、同様の競馬になるかは未知数です。前走よりもパフォーマンスは落ちる 可能性があり、蛯名騎手の悲願もまたあと一歩でついえるかもしれません。

●リオンディーズ
○買いどころ
皐 月賞では前に馬を置けず、かかって行ってしまったことから、敗れてしまいましたが、一番強い競馬をしたのはリオンディーズでしょう。しかも前回弱点がはっ きりと吹き彫りになったカタチ。今回デムーロが同じ轍を踏む可能性は低く、中間の調教もその闘争心を抑えることに重点を置いた内容でした。ここと定めたデ ムーロの集中力は凄まじく、武豊に続くダービー3勝目というのもあり得る気が十分します。

×消しどころ
キングカメハメハ産駒の 2400m以上のG1はもう一つの成績です。確かに去年ドゥラメンテが勝ちましたが、相手がさすがに弱かった感じで、パフォーマンスは皐月賞の方が上でし た。リオンディーズ自身、比較的有利な中山で2度もディープ産駒勢に差されていることから、長い直線になる東京替わりはマイナスな気もします。三度、 ディープインパクト産駒勢の末脚に屈する可能性も高いでしょう。

●ヴァンキッシュラン
○買いどころ
皐月賞 組との対戦はありませんが、この馬には2400mを使われてきた強みがあります。また、陣営によると成長力がハンパないらしく、中間もさらに身が入ってい るとのことで、青葉賞からもさらに伸びシロがありそうです。青葉賞の時計も優秀で、ハイアーゲームのレコードのコンマ1秒差。ハイアーゲームは本番3着に 来たことから、馬券圏内は十分にありえそうです。

×消しどころ
今年の皐月賞組は例年よりもレベルが高く、未対戦というのはやはり 不安な部分も大きいです。またこの馬もエンジンのかかりが遅く、3走前でみせた左回りでの斜行くせも完全に治ったとは言えません。前走の様に伸び伸びと走 れれば問題ないですが、今回は多頭数で強豪馬ぞろい。その中をこじ開けて来れる器用さには欠けるような気がします。

●スマートオーディン
○買いどころ
ス ローの瞬発力勝負になれば、その切れ味はこのメンバーでも引けを取らないものがあります。ちょうど同タイプだと思うのは3年前のダービー馬キズナ。ちょう ど毎日杯⇒京都新聞杯⇒ダービーと、同じようなローテーションで勝ったことも頼もしいデータ。さらに去年はサトノラーゼン、2012年はトーセンホマレボ シとここ4年で3頭も勝ち馬が馬券に絡んでいます。

×消しどころ
やはりフジキセキ⇒ダノンシャンティという父系に、距離への不安 はぬぐいきれません。この馬の好走パターンは、常にスローペースの瞬発力勝負。あまり持続力が必要な流れには向きません。タイトなペースになった共同通信 杯ではあっさりと負けたように、脆い面も十分あります。今年はマイネルハニーがいて、アグネスフォルテも途中で競駆ける可能性がある分、この馬向きの流れ になる可能性は、望み薄な気もします。

●エアスピネル
○買いどころ
弥生賞での突き放された負け方から、皐 月賞ではさらに厳しい戦いになるだろうと思っていたら、不利さえなければ十分3着に来ていたような健闘ぶりを披露しました。まだまだ、この馬の力を見限る わけにはいかず、何よりも鞍上のダービー5勝男武豊が頼もしい。何かしら策を持って挑むに違いなく、自在性ある脚質をいかせれば、3着に入る可能性も高い でしょう。

×消しどころ
もともとマイルをデビュー戦に選んだあたり、陣営的にもベストはマイルだという認識がありそうです。前走 はリオンディーズが自滅したようなカタチになったため接戦になりましたが、普通に対戦すれば、リオンディーズよりは下でしょう。さらに、強豪が多い今回は 厳しい競馬になることは必至です。

以上!

というわけで、「お前の意見はどっちやねん!」という感じで、それぞれの強みと弱点を書いてみました。
読者の皆さんそれぞれに、この馬を買いたい、買いたくないというのがあるかと思いますので、参考にしていただければ幸いです。

そして、今週の買ってはいけない!は、この2頭から選ぶ予定!

この2頭⇒人気ブログランキングへ  
※現在20位くらい。けいば手帖のタイトル下に書いています

まあ、本当は人気のある「あっちの馬」の方を書きたいんですが、普通に考えれば怖い。。。
どうなるかはまた、明日か明後日の更新で!

【PR】2015年の菊花賞で170万GETした奴のお話

長岡です。けいば手帖さんの原稿をお借りしてPR致します。



最近2chまとめで話題になっているサイトが有るのですが、

どうやら昨年の菊花賞で170万取った人が出てきたらしいです。



しかもその人は自力ではなくどうやら競馬予想サイトを見て

買い目通り買ったら儲かったというとんでもない輩ですw

ただ170万儲かるというのはなかなか美味しい話ですよね。


「そんな美味しい話があるのか?」


そう思う方もいるかもしれませんが実体験に基いてのモノ。


 


証拠のお金も載せてるので信憑性もありますねw

まずは皆さんも無料登録してみてはいかがでしょうか?

無料登録→ http://www.yhs-netb.com/
スポンサーリンク

コメントする

名前
 
  絵文字