【2015年秋G1シリーズ実績]
スプリンターズS◎サクラゴスペル・天皇賞秋◎ステファノス
エリザベス女王杯◎タッチングスピーチ・マイルCS◎フィエロ
ジャパンカップ◎ラストインパクト・阪神JF◎ウインファビラス
魅力ある軸馬を推奨しているので参考にしていただければ幸いです。

2015年の重賞勝負馬の通算成績⇒【
19,12,20,72】 (123戦中51戦で馬券圏内)。
2016年の重賞本命馬の現在成績⇒【5,3,3,12】(単勝回収率212
%・複勝回収率134%)。
TWITTERもやってます。良ければフォローしてください。
---------------------------------------
こんにちは。

まずは、「競馬はビジネスである」のKAZさんが話題にされていたので、めちゃイケスペシャルの件についてちょっと書きます。

KAZさんは「フジテレビは三中くんの処遇を視聴者に押しつけて事実上のリストラをした」と書かれてましたけども、めちゃイケスタッフ陣は今回視聴者投票で「合格」にしようとしていたと個人的には思っています。

というのは、ここで三中君を卒業させてしまえば、素人の人生をもてあそんだとしてフジテレビが叩かれるのは明らか。これまでの三中くんのパフォーマンスから彼がいま逆境にいることもわかっていたはずなので、視聴者投票というギャンブルに打って出て視聴者のお墨付きをもらうという形で、これまでの番組のやってきたことに対して了承を得るところに今回の狙いはあったと思います。

しかし、結果としては見事に滑ってしまった形になってしまいました。何の自信があったのか、前週の予告的な番組が想像以上に悪印象を与える内容で、それが最後まで尾を引いてしまった気もします。また、今回のスペシャルで出演者全員が応援するような空気を作っているのも、おそらく気持ち悪かったんでしょう。相方の臼杵君の正体もあいまいなところも、気持ち悪さを助長させました。ネタも構成作家さんが受からすためにかなり練り上げたんでしょうが、演るのが所詮素人上がりという状況では、どう見ていいかわからないものでした。

今回の逆転劇を狙って、SMAPの岡村オファーシリーズから受け継がれるめちゃイケらしい「お笑い」と「感動」の両立を再現しようとしたんでしょうが、今は番組自体にその勢いが明らかになくなっていましたね。もう完全に番組制作側の失敗。全盛期は、革新的なお笑い番組の先鋒を担っていためちゃイケでしたが、約20年やってきた中でいろいろと古くなってしまうのだなあと、寂しさを覚えました


結果、番組的にはなんのプラスにもならなかったと思われる今回のスペシャル。今回の卒業が、めちゃイケの終わりにつながらないことを願うのですが、どうなるでしょうかねえ。

ちなみに今個人的に面白いと思えるバラエティは、「クレイジージャーニー」と「水曜日のダウンタウン」です。どちらも今のテレビに対する挑戦心やアンチテーゼたっぷりで、攻めてるなぁと毎週ドキドキしながら見入っています。

以上、「競馬はビジネスである」さんへの私的返信でしたw。

というわけで、
◎ロワアブソリュー◎ブラヴィッシモ◎アンビシャス、本命馬が3頭とも馬券に絡んだ3重賞を簡単に振り返っておきます。
スポンサーリンク

●アーリントンカップ
~低レベル3歳戦ながら、ロワアブソリューには見どころあり~

◎ロワアブソリューは、スタートした瞬間「あーあ」と万事休すと思われる出遅れ痛恨の出遅れ。しかも、4コーナーではほぼ最後方の位置取りでした。前のレースまでイン有利の競馬が続いていたので、これはさすがに無いかな…と思っていたところ大外を伸びて3着には驚きました。
決して土曜の阪神は外有利ではなかったのに、あそこまで接戦までなったのは追えるヴェロン騎手の腕もありますが、馬の力も十分あるでしょう。気性難の馬が大外枠というのも結果良かった形ですし、内容的には強い競馬をしました。母系は短いところが得意ですが、父ゼンノロブロイなら距離を延ばしても大丈夫。個人的には神戸新聞杯あたりで面白い存在になりそうですが、果たしてどうなるでしょうか。

●阪急杯
~ミッキーアイルは高松宮記念で消したい~

これまでその持ち味を殺すような、控える戦法に徹していたミッキーアイルでしたが、さすがに今回は陣営が根負けしたような感じで、果敢に逃げを打ちました(松山騎手なら抑えるのもまた難しいと判断したのかもしれませんがw)。そして、やはりスタートセンスとテンのスピードの速さはさすがの一言。レッツゴードンキも無理に競駆けませんでした。こうなると開幕週の馬場を内枠有利の競馬になりました。つまり今回はあまりにも恵まれた競馬をしたわけで、高松宮記念ではローレルベローチェなどテンに早い馬がそろうので、条件が上向くわけではないです。今度こそ軽視する価値はあると思います。

本命のブラヴィッシモは、インから位置を取りに行って、最後腕っ節で粘らせる川田騎手らしい競馬。ただこれ以上ない競馬パターンで最後止まってしまったので、こちらも本番では厳しい気しかしません。また今年も、エアロヴェロシティがやってきますが、こちらも8歳で全盛期はさすがにすぎた感もあります。

なので、まあベタですけど今のところの高松宮記念最有力だと思うのはこの馬です。

この馬⇒人気ブログランキングへ 
※現在30位くらい。けいば手帖のタイトル下に書いています

パワーもあるので、中京馬場もこなせると思っています。

●中山記念
~相変わらず「競馬」をしなかった福永騎手~

現地ではテレビを見る限りG1並みの歓声が沸いていましたが、内容もそれに違わない濃い内容のレースになったと思います。少頭数ながら、ひとつのミスも許されないような緊張感がありましたね。
その中でイスラボニータはスタートで飛び上がるようなそぶりをして、まずは脱落。ドゥラメンテも出遅れ気味だったところから、うまく立て直して位置を取りに行ったあたりは、さすがはデムーロ!といった騎乗でした。4コーナーではやはり右回りは得意でないのか少し横っ飛びになりましたが、すぐに修正して押し切る強い競馬。休み明けかつプラス体重でデキも8割でこの内容なら文句なく、現時点の日本最強馬でしょう。骨折のブランクが逆にこの馬の成長を促したと捉えたいものです。

◎アンビシャスのルメール騎乗もまた見事でした。末脚を引き出そうと直線に向くまでじっと待ち、追いだしたらその期待に見事に応える切れ味を発揮。坂途中ではドゥラメンテを交わそうかと思えるほどの勢いでした。マイル路線に向いていそうで今年はモーリスとの対決が見てみたいものです。

それに引き替え、リアルスティールの福永騎手は、毎度おなじみ「自分のレース」に徹してました。インから好スタートで、しっかり脚を貯めてというセオリー通りの競馬をしているんですが、ドゥラメンテを負かそうという気概は一切感じられないレース。結果内で包まれて仕掛けも遅れぎみになってしまい、アンビシャスにも差されてしまいました。馬に負担の少ないレースをしたとは思いますが、
この馬のためを思うなら違う騎手に早く乗り替わっていただきたいなぁとも思いましたw。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【PR】2015年の菊花賞で170万GETした奴のお話

長岡です。けいば手帖さんの原稿をお借りしてPR致します。



最近2chまとめで話題になっているサイトが有るのですが、 

どうやら昨年の菊花賞で170万取った人が出てきたらしいです。 



しかもその人は自力ではなくどうやら競馬予想サイトを見て 

買い目通り買ったら儲かったというとんでもない輩ですw 

ただ170万儲かるというのはなかなか美味しい話ですよね。


「そんな美味しい話があるのか?」


そう思う方もいるかもしれませんが実体験に基いてのモノ。


  


証拠のお金も載せてるので信憑性もありますねw

まずは皆さんも無料登録してみてはいかがでしょうか?

無料登録→ http://www.yhs-netb.com/




コメントする

名前
URL
 
  絵文字