---------------------------------------
[2015年秋G1シリーズ実績]
スプリンターズS◎サクラゴスペル・天皇賞秋◎ステファノス
エリザベス女王杯◎タッチングスピーチ・マイルCS◎フィエロ
ジャパンカップ◎ラストインパクト・阪神JF◎ウインファビラス
魅力ある軸馬を推奨しているので参考にしていただければ幸いです。
2015年の重賞勝負馬の通算成績⇒【19,12,20,72】 (123戦中51戦で馬券圏内)。
2016年の重賞本命馬の現在成績⇒【2,2,0,5】(単勝回収率166%・複勝回収率108%)。
TWITTERもやってます。
---------------------------------------
こんばんは。

今週から東京開幕なんですが、金曜・土曜とあいにくの雨予報。さらに気温も下がるので、雪交じりになるらしいですね。開催には問題なさそうですが、東京は開幕週から馬場読みに苦労しそうですね。

さて、いつもより一日遅れましたが今週も「買ってはいけない!」を書きます。
先週は、サトノラーゼンを指名して、レーヴミストラルショックは多少癒された感じはありますが、今週もこの調子できっちりと切りたいと思います。ではいきます。

根岸ステークス2016で予想オッズ人気馬
アンズチャンを買ってはいけない!

その理由はこちら!
スポンサーリンク

①得意コースもメンバーレベルは、この馬史上最も高い。

この馬の戦歴を見ると、ほぼ東京ダートしか走っていません。しかもこれまで挙げた5勝が今回と同じ東京ダート1400mです。この馬の庭といって良い、得意な舞台であることは間違いありません。

しかし、今回はユニコーンS以来久々の重賞で、出馬表には牡馬も交えてこの距離のスペシャリストがそろいました。つまり、メンバーレベルがかなり高い。

まあ「メンバーレベルが高くなれば流れが早くなるから、届く!」という論理もわからないことはないですが、メンバーレベルが高くなるということは、それほど前も止まらないということです。

タガノトネールやモーニンといった武蔵野Sは、実質距離が長かった1600mでも好走。今回
1400mへの距離短縮で一気にバテるようなことには、まずなりません。そんな相手に、追い込み一辺倒の脚質でこれまでのように届くかは大いに疑問です。

②シゲルカガ参戦で、逆に道中の流れが落ち着く。

先週の太秦Sに出走したばかりの、シゲルカガがまさかの連闘で参戦。登録されているのは知っていましたが、まさか出走してくるとは思いませんでした。

ダート1200mでも逃げの打てるテンのスピードがあることから、今回は間違いなく単騎逃げになるはずです。

そこで問題は、スピードが速いからハイペースになるのか、隊列が決まりやすいからスローペースになるのかがまず、このレースの予想する上でのキーポイントになるでしょう。

その結果、私は後者を選びました。それは、シゲルカガが距離に不安を持っていることは間違いないからです。週末の雨で足抜きの良いダートになることから、多少なりとも勝つまでの色気も持つはず。今回、アンズチャンのような追い込み馬には厳しい流れになると思います。

③かわいい名前&あの名牝の面影を理由に過剰人気必至。

今回、アンズチャンにはこのような不利な条件がそろうにも関わらず、単勝はおそらく2・3番人気になるでしょう。

というのは、ライトファンは、まず「アンズチャン」という名前のかわいさから、つい買ってしまいがち。そして、オールドファンは、根岸Sで追い込みの牝馬といえば、あのブロードアピールの鬼脚を思い浮かべることから、買う人も多いのではないでしょうか。

そんな不確定要素で買いたくなるのも、競馬予想の醍醐味ですが、馬券勝負においてはあまり得なことだとも思えません。逆らってこそ妙味があると思います。

以上。

根岸ステークス2016では、メンバー強化+不利な追い込み脚質+過剰人気必至という、悪条件が今回揃ったアンズチャンを買ってはいけない!と思うのですが、みなさんはいかがでしょうか。

さて、もう一つの重賞、シルクロードステークスの買ってはいけない!馬についても最後にふれておきます。


この馬→人気ブログランキングへ
※現在20位くらい。けいば手帖のタイトル下に書いています


まあそれほど人気にならないでしょうが、こちらも圧倒的なメンバー強化でこれまでのような競馬はできないはず。今回はさすがに底が割れると思います。

スポンサーリンク

コメントする

名前
 
  絵文字