---------------------------------------
[2015年秋G1シリーズ実績]
スプリンターズS◎サクラゴスペル・天皇賞秋◎ステファノス
エリザベス女王杯◎タッチングスピーチ・マイルCS◎フィエロ
ジャパンカップ◎ラストインパクト・阪神JF◎ウインファビラス
魅力ある軸馬を推奨しているので参考にしていただければ幸いです。
2015年の重賞勝負馬の通算成績⇒【19,12,20,72】 (123戦中51戦で馬券圏内)。
2016年の重賞本命馬の現在成績⇒【2,2,0,5】(単勝回収率166%・複勝回収率108%)。
TWITTERもやってます。
---------------------------------------
こんばんは。

明日はバタバタしそうなので、早めに川崎記念の予想を上げておきます。
スポンサーリンク

といっても、

「うーーーーーん」と思ってしまうメンバーで、

いろいろ考えた結果、こうなりました!


◎ホッコータルマエ
○サウンドトゥルー


面白くなくてすいません。

でも、ここは変な色気を出すよりは素直にこの2頭の一騎打ちで良いと思っています。


ちなみに馬券は、◎→○の馬単1点勝負でいきます。
前日オッズでは4.7倍ついてますから、1点勝負なら回収率も470%。
伏兵を狙って3連系の馬券を多数買うよりは、全然良い回収率になると思います。そもそも、この2頭が3着以内を外す確率は少ないと思うので、3連系馬券の配当は期待できないですからね。


ホッコータルマエを上手に取った理由は、今回こそは流れに恵まれると思ったからです。

ホッコータルマエに対して、秋の3戦ふがいない結果が続いたせいか、7歳になり「衰え」が。。。みたいな風潮がありますが、本当にそうでしょうか。というのが私の見解です。正直、どの敗戦も衰えのせいではないと思っています。

JBCクラシックは前が止まらない馬場で、休み明けの状態でもありました。サウンドトゥルーに差されてしまうのは意外でしたが、休み明けのことを考えれば、致し方ない内容。

チャンピオンズカップはあの激流の中の早仕掛けで、さすがに失速。それでも残り100m手前まで先頭にたてていたのは立派というべきでしょう。

そして、前走の東京大賞典は明らかにコパノリッキーを意識しての競馬。早めに抜け出しすぎたところを絶好調のサウンドトゥルーに離れた位置で交わされてしまいました。それでも最後に抜け出してくる脚は、昨年となんら変わらないところを感じさせましたし、距離伸びるのも全く問題ありません。

川崎の2100mという大井よりも先行有利の舞台に変われば、サウンドトゥルーの追撃を今度こそ抑えられるのではないでしょうか。

というわけで、ホッコータルマエとサウンドトゥルーは、ここはさすがに力が抜けていると思います。

が!!

でももし、
ここに割って入るとするならば、この馬!

この馬→人気ブログランキングへ
※現在20位くらい。けいば手帖のタイトル下に書いています


正直、この馬くらいしか思い当たらず。ですが、ホッコータルマエが後ろを意識した競馬をするのは間違いないので、無理に競りかけなければ、このメンバーでも残れる力くらいはあると思います。


スポンサーリンク

コメントする

名前
 
  絵文字