---------------------------------------
[2015年秋G1シリーズ実績]
スプリンターズS◎サクラゴスペル・天皇賞秋◎ステファノス
エリザベス女王杯◎タッチングスピーチ・マイルCS◎フィエロ
ジャパンカップ◎ラストインパクト・阪神JF◎ウインファビラス
魅力ある軸馬を推奨しているので参考にしていただければ幸いです。
2015年の重賞勝負馬の通算成績⇒【19,12,20,72】 (123戦中51戦で馬券圏内)。
2016年の重賞本命馬の現在成績⇒【2,1,0,4】(単勝回収率166%・複勝回収率108%)。
TWITTERもやってます。
---------------------------------------
こんばんは。

ちょっと日にちが空きました。その間、春のサイトリニューアルに向けていろいろと検討していました。結果、内容とデザインに関しては順調に決まってきた感じです。この調子だと、思ったよりも早く完成するかもしれませんね。そこそこ、ほどほどにご期待ください。

では、今日は木曜日。「買ってはいけない!」ですが、その前に「切ってはいけない!」と思うのはこの2頭です。

この2頭→人気ブログランキングへ
※現在20位くらい。けいば手帖のタイトル下に書いています


前者は、前走の勝ちっぷりからこのコースへの適性の高さを証明しました。中山の2200mはリピーターが多いコースですので、今回も十分期待できるでしょう。また、後者は好成績を収めてきたこの距離に戻るのは明らかに好材料です。しかも今日起きたあのニュースを考えると、今週はこの血統が大暴れするような気もしますしね。

では、先週の「レーヴミストラルショック」を断ち切るためにも、今週もやってみます!

AJCC2016で予想オッズ人気馬
サトノラーゼンを買ってはいけない!

その理由はこちら!
スポンサーリンク ①そもそも実力はあるのか?

「日本ダービーでドゥラメンテの2着!」。
これがこの馬のベストパフォーマンスであり、今回人気になる根拠になるでしょう。しかしそれは、この日圧倒的1枠有利だった東京芝2400mで完璧な立ち回りを見せてのもの。それでいてドゥラメンテの3馬身後方で、天皇賞秋17着に終わったサトノクラウンやレース中に骨折していたリアルスティールを封じた内容をそこまで高く評価できると思えません。


②セントライト記念で見えた中山急坂への不安。


中山を初めて走ったセントライト記念。最後の直線の入り口で進路が開かない不利は確かにありました。しかし、残り200mくらいで進路はちゃんと開いていました。しかし、それでも伸びなかった。坂で全く弾けませんでした。他馬と脚色がいっしょどころか、最後は外から差されてしまうほど。

「馬体に詳しくは無い」と断っておきますが、どうもこの馬、胸前の筋肉に比べてトモ(後ろ足のお尻あたり)の寂しさが目立ちます。京都で好成績を収めてきたように、やはり平坦のほうが向いている印象。今回も急坂への適性に対する不安は残ります。

③休み明けでの不十分な仕上げ。

さらに、休み明けというのもこの馬の不安を拡大させます。
今週の池江師のコメントは次のようなものでした。
「ダメージがあったので、ドン底から上がる感じ。まだいい頃には及ばないけど、少しずつ良くなっている」


このコメント、かなり弱気に感じるのは私だけでしょうか。たしかに牡馬にしては華奢な体格なので調整は難しそう。もしかすると今回は、次走京都記念や阪神大賞典への叩き台と考えているのかも。去年は使って使って、ダービー出走までこぎつけただけに、本来は叩いた方がいい馬ともいえます。休養明けでいきなり激走するとは思えないですね。

以上。

明け4歳というキーワードで先週のレーヴミストラルとかぶる同馬ですが、今回こそは圧勝なんてことはない!むしろ馬券にも絡めない公算が大きいと思っています。

ちなみに明日は、社員旅行なので更新できないと思います。しかし、土曜日は全レースは不可能でもメインあたりは予想を更新しますので、ご期待ください。


スポンサーリンク

コメントする

名前
 
  絵文字