---------------------------------------
[2015年秋G1シリーズ実績]
スプリンターズS◎サクラゴスペル・天皇賞秋◎ステファノス
エリザベス女王杯◎タッチングスピーチ・マイルCS◎フィエロ
ジャパンカップ◎ラストインパクト・阪神JF◎ウインファビラス
魅力ある軸馬を推奨しているので参考にしていただければ幸いです。
2015年の重賞勝負馬の通算成績⇒【19,12,20,72】 (123戦中51戦で馬券圏内)。
2016年の重賞本命馬の現在成績⇒【2,1,0,4】(単勝回収率166%・複勝回収率108%)。
TWITTERもやってます。
---------------------------------------
こんばんは。

とりあえず昨日で、SMAP騒動はひと段落しそうで何より。
※本当はいろいろ思うことはあって、感情のままに結構な長さの文章を書いたのですが、もう一度見返したらちょっとこの場に書くような内容じゃないなと思って消しました笑。

なので、けいば手帖も「ただ前を見て進んでいきます!」

と言いたいのですが、競馬ブログで予想を公開して参考にしていただいてる人がいる以上、予想に対して「結果を振り返る」というのも大切なこと!

とくに先週はやらかしてしまいましたからね。。。

なので、再度あの件について、振り返ってみます。
スポンサーリンク ●レーヴミストラルを買ってはいけない!への反省。

「買ってはいけない!」馬に勝たれたのは、おそらく天皇賞秋のラブリーデイ以来ですかね。(でもこの時はエイシンヒカリでは物足らず無理やりの末だったので、ちょっと勘弁してほしいとこもありますが。。←言い訳ですけどちょっと本気)


この結果は
某ブログにも多大な影響を与えていたらしく、「立ち直れない!」との抗議をいただきました。

私自身も今回は普通に「買ってはいけない!」と思っていた
ので、レーヴミストラルの目の覚めるような末脚にはショックを受けました。

買ってはいけない!で挙げた理由について振り返っておきます。

①京都の瞬発力勝負に向いていない。

これは、大いに見立て違い。

結果的に、この時期の京都で上がり33.1秒ですから、切れる脚があったということで間違いないでしょう。しかも上がり2位の馬とも0.9秒差ですから、ダントツ。実際抜かしていくときは、他の馬とは全く伸びが違いました。距離延長も味方したとはいえ、認識を改めないといけない内容。

②川田騎手の追い込み技術の無さ

今見返せば、「追い込み技術」という表現は正しくないですね。「馬群さばき術」ですね。
外を回せばその腕っ節の強さから伸びるのは当然です。桜花賞のハープスターも乗り方は最悪でしたが、その腕っ節で差し切れたのだと思います。

ただ、やはりインをさばいたり、小回りコースだと川田騎手の良さは活きません。このことは覚えていて損は無いと思います。

③母レーヴドスカー一族という消耗血統

これで母レーヴドスカー産駒は古馬初重賞制覇でしょうか。だとするなら、父がキングカメハメハという超一流種牡馬に変わったことは大きな意義があったということでしょう。(現3歳のレーヴァテインはディープインパクトなので、それ以上の大物かも)

ただやはり、その一族特有の体質の弱さから「使いづめでどうよ?」という部分は変わっていませんし、ケガをしやすいという事実は無視できません。

なので、立て続けに好走できるかと言われれば疑問。使いづめで来るならば、再び危険視する価値はあると思っています。

というわけで、僕の日経新春杯が終わった
現時点でのレーヴミストラルの評価はこちら!
人気ブログランキングへ
※現在20位くらい。けいば手帖のタイトル下に書いています


さて、今週末の重賞はAJCCと東海S。(去年まではここに京都牝馬Sがあったのですが、ひと月ばかり後ろにスライドしてしまいましたね。愛知杯との関係もあるのでしょう。)

もちろん、めげずに今週も「買ってはいけない!」を書いていくつもりですので、良ければ読んでください。


P.S.今週末は私事ながらいまどき珍しい社員旅行という予定がありまして、土曜日は再び全レース予想はできません。ご了承ください。重賞が無い日ですが、メインレース周りは更新するとは思います。
スポンサーリンク

コメントする

名前
 
  絵文字