----------------------------------------
[2015年秋G1シリーズ実績]
スプリンターズS◎サクラゴスペル・天皇賞秋◎ステファノス
エリザベス女王杯◎タッチングスピーチ・マイルCS◎フィエロ
ジャパンカップ◎ラストインパクト・阪神JF◎ウインファビラス
魅力ある軸馬を推奨しているので参考にしていただければ幸いです。
2015年の重賞勝負馬の通算成績⇒【19,12,20,72】 (123戦中51戦で馬券圏内)。
2016年の重賞本命馬の現在成績⇒【1,0,0,1】(単勝回収率245%・複勝回収率80%)。
TWITTERもやってます。
---------------------------------------
こんにちは。

前回行ったアンケートですが、想像以上の多くの方々にさまざまなご意見をいただきまして、
本当にありがとうございます!


昨日は仕事の合間に、随時更新されていくコメント欄を、逐一確認していました。


まだまだ、ご意見・ご要望お待ちしてますので、ぜひ下のアンケートからご協力ください。よろしくお願いします。寄せられた意見についてはしっかりと受け止め、吟味したうえで後日どこかで何を反映させていくかを更新したいと思います。



さて、そんなご意見を拝読していると「買ってはいけない!」「切ってはいけない!」がとても好評いただいていることを改めて感じました。なので、G1以外の重賞でもなるべく更新していきます。

今週もさっそくですが、書いてみました。では行きます!

シンザン記念2016で予想オッズ人気馬
アストラエンブレムを買ってはいけない!

その理由はこちら!
スポンサーリンク

①エンジンのかかりが遅い不器用な馬

デビュー戦は大出遅れからの大外ぶん回し。それでも2着に来た伸び脚から、2戦目は圧倒的な1番人気に推されて見事に快勝。ただ、これまた大外ぶん回しでした。。
もちろん、3戦目のサウジアラビアロイヤルカップも後方にかまえてから、大外ぶん回し。

全て7枠⇒8枠⇒8枠からの発走ではありましたが、レースぶりを見ているとあまりこの枠順と、この戦法は関係ないように思えます。

というのは、兄ブライトエンブレム同様に加速するのが遅い馬なんですよね。なので、先行することはおろか、どうしても内側から馬群をつくような戦法がとれないのでしょう。

また、これまで3着を外していないのは、中京⇒新潟⇒東京と、大外を回す差し馬に比較的有利な競馬場であったことも大きいと思います。

絶対的イン有利の1月京都の馬場。今回初めて1枠2番という内枠に入りましたが、エンジンのかかりの遅さを考えれば、さすがのルメール騎手でさえインを突くような立ち回りは難しいように思えます。もちろん、この不器用な馬にとっては初の右回りも課題。結局、下げてから大外を回すような競馬しかできないのではないでしょうか。

②戦ってきたメンバーのその後の不振

新馬戦で先着を許したロスカボスは、東スポ杯で1番人気に推されるも8着と惨敗。3着となった重賞サウジアラビ アロイヤルカップで、先着を許したイモータルは朝日杯FSで3番人気ながら9着に敗退。勝ったブレイブスマッシュもホープフルSで7着と、他の有力馬が続々とデビューし重賞 のレベルが高くなった現在、ともに戦ってきたメンバーの不振が続いています。

この馬も決して例外ではないでしょう。これまでのパフォーマンスを鵜呑みにするのは危険だと思います。

③今年の1勝馬はハイレベルメンバー 

今年のシンザン記念はかなりハイレベルなメンバーが揃いました。

朝日杯勝ち馬リオンディーズにしか屈していないピースマインドや、センスあふれるディープ産駒のラルク、新馬戦好タイムのジュエラー、レベルの高い未勝利戦を制したレオナルドなど、血統背景も踏まえて考えれば将来的にも有望な1勝馬が続々と出走してきます。

新興勢力の波に飲み込まれた、ロスカボス、ブレイブスマッシュ、イモータル同様に過去の馬となってしまう可能性も否めません。。

以上、
脚質的にも、メンバーレベル的にも、今回はかなり条件悪化するのは明らか。めぼしい買い材料が見当たらないのですが、それでもみなさんは、おそらく1番人気になるであろうアストラエンブレムを買いますか?

うって変わって、今回軸で堅いかなと思えるのはこの馬です!


この馬→人気ブログランキングへ
※現在20位くらい。けいば手帖のタイトル下に書いています

前走はまさに異次元の競馬で、相手を圧倒。スタートからの脚も早く、枠もまあそこそこのところに入りました。
楽に先手はとれるでしょうし、まず崩れることは無いと思います。(もし、ここで惨敗となるとまた少しクラシック戦線も混沌となるかもしれませんね。)

スポンサーリンク

コメントする

名前
 
  絵文字