----------------------------------------
単複馬券で2015年の回収150%を目指すブログです。   
購入馬券はTWITTERで公開。個人成績も開催替わりに公開しています。
スプリンターズS◎サクラゴスペル・天皇賞秋◎ステファノス
エリザベス女王杯◎タッチングスピーチ・マイルCS◎フィエロ
ジャパンカップ◎ラストインパクト・阪神JF◎ウインファビラス
魅力ある軸馬を推奨しているので参考にしていただければ幸いです。
2015年の重賞勝負馬の通算成績→【18,12,20,70】 (120戦中50戦で馬券圏内)。
---------------------------------------
おはようございます。年末進行ということもあり、急に仕事がバタバタしてしまい、昨日更新するはずでしたが遅くなりました!申し訳ありません。

さて、昨日の兵庫ゴールドトロフィーの結果は、
1着○レーザーバレット
2着△ドリームバレンチノ
3着◎ポアゾンブラック


ということで、昨日の名古屋グランプリに続いて、2連続的中。ただ結局上位陣は人気通りだったので配当は安く、 あんまり自慢はできませんね。微プラスですが、週末に向けて調子づいてきた!と前向きにとらえます。

では、2015年ラストの「買ってはいけない!」です。先日予告した通り、
月曜日に1番人気は過去10年【5.3.1.1】で信頼!と書いたのですが、結局この馬にケンカを売ることにしました!(単勝1番人気はゴールドシップになるかもしれませんけど)。

まあいずれにせよ、昨日の枠順抽選で絶好枠に入って、連系の馬券ではますます人気になりそうですね。
有利な条件が増したという反面、むしろ切りがいが出てきたと前向きに考えたいと思います。

では行きます!

有馬記念2015で予想オッズ人気馬
ラブリーデイを買ってはいけない!

その理由はこちら!
スポンサーリンク

①天皇賞秋⇒JC⇒有馬記念という条件悪化ローテ

この馬の弱点。それはやはり長距離への対応力でしょう。覚醒後と言われている今年の成績も含めて2500m以上の成績は5戦してすべて着外に敗れ去っています。やはりスタミナ勝負というのは、この馬に向いていないのは明らか。それは厩舎陣営も認めています。

この秋3戦を振り返っておくと、京都大賞典は2400mでしたが、高速馬場でスタミナはそこまで問われませんでした。続く天皇賞秋は2000mで完勝も、前半1000m60.6秒というスローの流れでの抜け出し。展開、距離ともにこの馬に向いたレースになりました。

しかし、2400mに距離を伸ばしたジャパンカップは一転。前半59.3秒というよどみのないペースになったこともありますが、400m伸びた影響もあって最後はスタミナ切れ。ショウナンパンドラ、ラストインパクトというディープインパクト産駒2頭の切れ味に屈してしまいました。それでも、3着に粘ったことを評価する意見はありますが、さらに100m伸びる今回の条件は、決してプラスに働くとは思いません。

よほどのスローペースになればチャンスはありそうですが、その期待も望み薄でしょう。

その理由がこちらです。↓

②スタミナ勝負に持ち込むゴールドシップの存在

メ ンバーを見渡したところ、逃げるのはキタサンブラックまたはリアファルでしょうか。どちらも積極的にいくタイプではありませんね。どちらかが押し出されるようなカタチになるでしょう。するとスローペースが濃厚。もちろん、2枠4番という絶好枠に入ったラブリーデイにはラクに番手につけられそうで、有利な流れとなる!というのがセオリーです。

しかし、ゴールドシップという“稀代のレースの壊し屋”がラストランを迎えることを忘れてはいけません。記憶に新しい天皇賞春。「高速馬場で瞬発力勝負なるから、ゴールドシップには不利!」という声に対して、2コーナー付近から仕掛けるという常識はずれの競馬を試み、自らスタミナ勝負に持ち込んで勝ちました。このときラブリーデイは8着に負けています。

今回ももちろん、同様の競馬をする可能性大。ラストランということで悔いのないレースをするでしょうし、そのようなレースをしない限り、ファンは許さないでしょう。その激流に巻き込まれれば、スタミナ面では明らかに見劣るラブリーデイが上位に残れる可能性は低いと考えます。

③他の人気馬に対して見込めない上積み

たたき2戦目のゴールドシップや、十分な調整期間があり成長力が見込める菊花賞組のリアファルやキタサンブラックに対して、あまり上積みが見込めないことも不安材料でしょう。

また、春7戦目で宝塚記念を制しているようにタフな馬なのは認めますが、この秋3戦は全て1番人気を背負って上位に入っているものなので、疲れがたまり具合も違うような気もします。

実際、調教を見る限り、JCの追い切り時よりも多少疲れがあるのかなという動きには見えましたし、さらにショウナンパンドラが“疲れ”を原因に出走回避したことから、ジャパンカップはかなりタフなレースだったことを表しているともいえます。

疲れの心配も多少あり、上積みが期待できない今回、人気ほどの信頼はないと思いますが、
みなさんはどう思われますか?

ということで、最後に恒例のアンケートを取ってみます。みなさんのラブリーデイへの意見や、予想などもコメント欄に書いていただければ幸いです。






そして、本日中には更新する予定の「切ってはいけない!」はこの馬にします!

この馬⇒人気ブログランキングへ
※現在20位くらい。けいば手帖のタイトル下に書いています

枠順の影響で思ったより人気を集めそうですが、逆に待ちに待った枠に入りましたし、仕方ないところ。前々から有馬記念で!とも思っていた馬ですし、悔いのない勝負をしたいと思います。



スポンサーリンク

コメントする

名前
 
  絵文字