----------------------------------------
単複馬券で2015年の回収150%を目指すブログです。   
購入馬券はTWITTERで公開。個人成績も開催替わりに公開しています。
スプリンターズS◎サクラゴスペル・天皇賞秋◎ステファノス
エリザベス女王杯◎タッチングスピーチ・マイルCS◎フィエロ
魅力ある軸馬を推奨しているので参考にしていただければ幸いです。
2015年の重賞勝負馬の通算成績→【18,8,20,63】 (109戦中46戦で馬券圏内)。
---------------------------------------
こんばんは。

今日は、病院に外出許可を得て出社してきました。職場に迷惑をかけたお詫びと、これからはじまる3週間近くの軟禁生活の暇つぶしに、お仕事もたっぷり持ち帰ってきたということです。今回は脚やっちゃってるんで、下手に外出できないんですよね。暇な時間を過ごすよりは全然いいので、仕事もしつつ競馬もしつつ、ほかにもいろいろなことを楽しんでみる予定です!

もちろん、明日は競馬に専念するので、全レース予想します!

とその前に、今日は「切ってはいけない!」。(すいません、もう1時過ぎちゃいましたが。。)
なので、早速行きます。

ジャパンカップ2015で予想オッズ人気薄馬

ラストインパクトを切ってはいけない! 

その理由はこちら!
 
スポンサーリンク


①菱田→ムーアへの鞍上強化
まずはもちろん、ここでしょうね。菱田騎手のことを別に下手な騎手とは思ってないですが、まだまだG1での厳しい競馬での経験は足りないのは事実。前走はいかにも周りに委縮したような乗り方で、スローな流れの中後手を踏んでしまい、追い出したときには前が壁になって、不完全燃焼な競馬となってしまいました。ならば普通に前走度外視OKなうえに、今回はムーアに乗り替わり。素直に、大幅プラスと考えるべきだと思います。

②タフな馬場に頼もしい母父ティンバーカントリー
昨日、最近の東京のタフな馬場ではディープ勢が少し影を潜めていると書きましたが、この馬は母父にティンバーカントリーが入っているから問題ないでしょう。もともと、アドマイヤドンの父親としても有名ですが、近年はダート王者コパノリッキーや、冬の中山の京成杯で底力の違いを見せたプレイアンドリアルの母父でもあります。
ラストインパクト自身も、京都大賞典→金鯱賞制覇と、異なる力が問われる馬場で重賞連勝。ディープほど切れすぎず、パワーのいる馬場でも持続力の末脚を発揮できるのは、ティンバーカントリーの影響が色濃く出ているかと思います。実際に馬格があるのも好感がもてますね。

③3枠6番という絶好の枠
もともと操縦性の高い馬ですので、この枠からならいろいろな作戦が立てられます。インベタでコースロスを回避することもできますし、ペースを見ながら早めにしかけることも、ワンテンポ遅らすこともできます。逆にいうと、騎手の腕が問われるんですが、ムーア騎手なら問題ないでしょう。普通に納得いく競馬はしてくれそうです。(←これが馬券を買っている身としては一番大事)。

もともと実績上位で、G1でも馬券圏内に入れる馬だと期待しているのですが、歯がゆいことも多々もあって、今のところG1では実績を残せていません。ただ今回こそは最大のチャンス。積極的に狙っていい馬だと思います!


あとほんとは、今回この馬についても書きたかったんです!
途中まで書いたんですが、収集がつきそうになかったので、それはまた別の機会に。

この馬→人気ブログランキングへ
※現在20位くらい。けいば手帖のタイトル下に書いています
「宝塚記念では、買ってはいけない!」としましたが、今回はそんなことできません。

 
スポンサーリンク

コメントする

名前
 
  絵文字