----------------------------------------
単複馬券で2015年の回収率150%を目指すブログです。   
購入馬券はTWITTERで公開。個人成績も開催替わりに公開しています。
スプリンターズS◎サクラゴスペルでゲット。 
府中牝馬Sは◎カフェブリリアント5番人気3着
魅力ある軸馬を推奨しているので参考にしていただければ幸いです。
2015年の重賞勝負馬の通算成績→【15,5,18,58】 
----------------------------------------
昨日の「ラブリーデイを買ってはいけない!」ですが、何が起こったのか異常なまでにPVが伸びました。たぶん1万人以上の方に見ていただいたと思います。
そこで、まあ「1番人気の馬が来ない!」と言っているんですから、かなりのプレッシャーを感じています。

ただ春のG1でも、誰もが馬券圏内は外さないだろうと思っていたヴィクトリアマイルのヌーヴォレコルトや宝塚記念のゴールドシップも飛んでいるわけですし、それに比べたら、まだラブリーデイの方が死角があると思います。決して得意とは言えないうえに久々となる左回りへの不安や、京都大賞典組より毎日王冠の方がレベルが高かったことは否めません。なので、京都大賞典で見せたパフォーマンスがそのまま、府中の2000mで通じるかは大いに疑問なのです。

というわけで、人気馬をばっさり切る「買ってはいけない!」はこのあたりにしといて、
逆に穴馬を推奨する「切ってはいけない!」をお届けします。

では行きます!

天皇賞秋2015で予想オッズ人気薄馬
ステファノスを切ってはいけない!

その理由はこちらです!
①前走の敗戦はむしろ順調の証
前走毎日王冠は、遠征帰り+休養明けというレース。しかも賞金も足りていましたし、無理に勝ちに行く必要もありませんでした。意味合いとしては、本番を見据えた競馬をしたといったところ。実際直線だけの競馬を試していましたし、そこでしっかりと上がりタイム2位を記録しました。毎日王冠の上がりタイムが早い馬が、本番の天皇賞で活躍していることはもはや常識。陣営も十分に納得いく敗戦、というかむしろこういう言い方は語弊があるかもしれませんが、予定通りではなかったかと思います。

②時計のかかるタフな馬場は歓迎の血統
この馬の母ココシュニックはクロフネ×ゴールドティアラ。ダートバリバリの血統です。そこにディープインパクトがたされて、芝で活躍してきましたが、裏にたしかなパワーを秘めているのも事実。中山記念3着や、15番人気ながら5着に入った皐月賞など、そのパワーのあるところは見せています。今開催の東京は例年よりもタフな馬場になっていて、2週目以降例年と比べて外差しよりの馬場になっています。前走よりも大幅に条件が好転する舞台が整っていると思います。

③鞍上の
戸崎騎手の東京芝2000m成績(2010年以降)
これはTWITTERにも書きましたが、こちらの成績です。
【16.22.8.46】
勝率17.4% 連対率41.3% 複勝率50.0%
単勝回収率127% 複勝回収率125%


どうでしょう、このデータだけでも買いたくなりませんか?実に2回に1回、馬券圏内に来ています。血統や人気、ローテーションのなどの過去データにはあまり興味ないのですが、騎手によって得意なコースというのは存在すると思うので、こういうデータは結構重視しています。

以上!

なお、今週の切ってはいけない!候補にもう一頭選んだ馬はこの馬です。

この馬⇒人気ブログランキングへ
※現在20位くらい。けいば手帖のタイトル下に書いています。


前走の敗戦は馬場が合わなかったとするのが妥当でしょう。間隔はあきましたが、同じ左回りで金鯱賞では強い競馬で今回1番人気のラブリーデイも下していますし、舞台はおそらく大幅に好転するはずです。ただ、G1しかも天皇賞という大舞台において騎手がちょっと不安ではあるので、少し評価を下げました。

コメントする

名前
 
  絵文字