----------------------------------------
単複馬券で2015年の回収率150%を目指すブログです。   
購入馬券はTWITTERで公開。個人成績も開催替わりに公開しています。
スプリンターズS◎サクラゴスペルでゲット。 
府中牝馬Sは◎カフェブリリアント5番人気3着
魅力ある軸馬を推奨しているので参考にしていただければ幸いです。
2015年の重賞勝負馬の通算成績→【15,5,18,56】 
----------------------------------------
今日は仕事後、ロフトプラスワンで競馬大会議というイベントがあるので、そちらに行こうかと思っています。スケジュール的には何とか間に合いそうではあるのですが、仕事柄突然の打ち合わせなどがあったりするので、非常に危惧しています。果たしてどうなるでしょうか。。。

さて、今日は「買ってはいけない!」をお届けします。

当コーナーの秋G1の成績は、スプリンターズSのウリウリ、秋華賞のタッチングスピーチを指名し、結果どちらも馬券圏内を外しました。その原因も、理由として挙げた内容が当てはまっていたと思います。

まずは、上々の立ち上がり。今週もこの勢いで!
と思っていたのですが、「この馬は危険!」だと判断できる人気馬がいませんでした。

いや、「いたにはいた」のですが、個人的に好きな馬ですので、あまりこのコーナーでは取り上げたくなかったのです。

ですが無理に別の馬にして痛い目を見るのも、当コーナーの趣旨には合わないので今日は断腸の思いで、この馬を切らないといけません。

ではいきます。

菊花賞2015で予想オッズ人気馬の
リアルスティールを買ってはいけない!

その理由はこちら。

●瞬発力タイプに立ちはだかる3000mの壁
リアルスティールはディープ×ストームキャットの血統馬(同血統にキズナやアユサン)らしく、一連のレースを見ている限り、じっと我慢して最後の直線の切れ味で勝負するのが向いているタイプ。事実、ダービーも神戸新聞杯も、道中切れ味を見せたものの、一瞬にして止まってしまいました。

スローの瞬発力勝負なら、それが武器になるときもありますが、長距離においてはなかなかそのような展開にならないのが常です。

この馬自身、もっともパフォーマンスを高かったのが、ドゥラメンテを下した1800mの共同通信杯というのも気がかり。距離が伸びるのは、決して歓迎ではありません。

どスローの展開になって、超高速馬場で最後の瞬発力だけの勝負になればいいのですが、スピリッツミノルがいて、リアファルがいて、キタサンブラックもいるというなかでは、どうもそうはならなさそう。前目につけるのが有利というのは、明らかですからね。

無理に持続力を発揮させようと、早めに仕掛けてしまえば、神戸新聞杯やダービー以上に途中で脚が止まってしまう可能性は否めません。

●前門のリアファル×後門のサトノラーゼン
神戸新聞杯同様、この馬の位置取りはおそらく中団あたりになるでしょう。すると、前に行くのは前走逃げ切りを許したリアファル。後ろからマークするのはダービーで先着されたサトノラーゼンといった構図になるはず。

そう、どちらも過去対戦して土をつけられた馬たちが前と後ろに位置するのです。勝つためには、まずリアファルを競り落とし、後ろから差してくるサトノラーゼンの追撃を振り切らなければなりません。

それは現代競馬において、よほど力が抜けていないと出来ない芸当。そもそも、どちらにも先着を許しているメンバー相手に、そんなことができるのか大いに疑問なのです。

●「この馬が一番強い競馬を!」と豪語する陣営…。
実は、G1恒例の追い切り後の記者会見の陣営のコメントを見て、ちょっとひきました。。
福永騎手・矢作調教師ともに「強い競馬で勝ってみせたい」という趣旨のコメントだったからです。

おいおい。他の人気馬2頭に、事実負けてるんですよ。調整や骨折がどこまで影響したかは知りませんが、負けているという現実をさしおいて、なぜか「受けて立つ!」みたいなコメントを出しているんですよね。厳しい見方かもしれませんが、「ちょっと勘違いも甚だしいのではないか」と思ってしまいました(苦笑)。

無理に出していってはこの馬の持ち味は生きない上に、3000mという本質的には向いていない距離不安もある。

この馬を1番人気で買う必要は全く無い
と思ってしまうのは僕だけでしょうか?(特に軸にするには。。)

手のひらを返すわけではないですが、新馬戦をみてダービーはこの馬が勝つんじゃないかと思った馬だけに応援はしています。ただ、冷静に考えると、菊花賞での馬券では、、という感じ。

逆に人気馬の中で、軸にするならこの馬だと思います!

この馬⇒人気ブログランキングへ
※現在25位くらい。けいば手帖のタイトル下に書いています。

前走はどうしてそこを選んだのかという疑問なローテーション。おそらく騎手確保のためでしょうが、もちろん不得手な部分で結果も残せませんでした。それが要因で、人気を落とす可能性も高い。ただ、得意の京都コースに戻れば、パフォーマンスが上がるのは必至です。G1での鞍上も、福永騎手よりは断然心強いですし、そろそろ秋G1を奪取しそうな気配がムンムンします!

トラックバック一覧

  1. 1. 菊花賞2015のリアファルの考察・血統と枠順がポイント!

    • [競馬予想ってプラスじゃなきゃ意味無いじゃん☆]
    • 2015年10月22日 17:01
    • 【距離】 ダート戦は距離1800を中心に使われていたが、芝に変わって1800→2000
  2. 2. 菊花賞2015の予想オッズ・出走予定ベルーフの考察

    • [競馬予想ってプラスじゃなきゃ意味無いじゃん☆]
    • 2015年10月23日 17:11
    • 【血統】   落鉄の皐月賞凡走以外のレースで、馬券圏外となったレースは、セント
  3. 3. 菊花賞2015の出走予定予想オッズ上位馬の馬体評価・サインは長距離血統!

    • [競馬予想ってプラスじゃなきゃ意味無いじゃん☆]
    • 2015年10月24日 19:28
    • 【キタサンブラック】 前走のセントライト記念は休み明けでの出走だったがメチャ
  4. 4. 菊花賞2015の3連複穴予想・サインは長距離血統先行馬!!

    • [競馬予想ってプラスじゃなきゃ意味無いじゃん☆]
    • 2015年10月25日 10:50
    • 京都の馬場はエアレーション作業の効果があまり影響していないのか、ガッチガチの高速

コメントする

名前
 
  絵文字