----------------------------------------
単複馬券のみで2015年の回収率150%を目指すブログです。
購入馬券はTWITTERで全て公開。
現在、1~4月までは回収率133%も、5~8月で低迷(泣)。

さあ復調のラスト4ヶ月へ!(乗っかるもあざ笑うも、ご自由に)
2015年の重賞勝負馬の通算成績→【13,3,16,54】

----------------------------------------
こんばんは。

シルバーウィークもそろそろおしまい。こんな物悲しい水曜日というのも不思議なもんですね。そして、明日には今週の出走馬は確定、明後日には枠順発表というのも不思議な感じ。3日間開催は、ほんと体内時計を狂わせます。
 
さて、今日はグリーンチャンネルで現在募集中の「炎の十番勝負」の予想を。ほぼほぼ人気になる馬でしょうが、この勝負に配当は関係ないので、気楽に選んでみました。もちろん、本番のレースの勝負馬に選ぶかどうかは全くわかりません!
 
● スプリンターズS
ストレイトガール

セントウルSでは正攻法の競馬をしましたが、あと一歩届かず。少し前に馬を置いたレースで足を貯めたほうがよかったかもしれません。今回は明らかにたたき台といった走りですし、距離短縮でもしっかりとついていけたことを評価したいところ。あとは、雨が降らないことを祈るのみです。

●秋華賞
レッツゴードンキ

桜花賞で「買ってはいけない!」としていたルージュバックは、そのころから秋華賞でこそ勝負!と思っていました。しかし、残念ながら調整過程からどうやら間に合いそうにないとの情報。なので、結局この馬にしました。
ローズSでも勝負馬にしましたが、飛ばしすぎて4着に。ただ、トライアルを負けて本番に好走、というのがこの馬のパターンではありますので、あまり落胆はしていません。かかり癖は解消されないところがわかったので、次回はぜひスタートから逃げる戦法をとってほしいですね。

●菊花賞
リアルスティール

デビュー戦からその素質を評価して、共同通信杯で単勝馬券を取らしてもらった身としては、ここは是が非でも負けられないレース。当時は、3冠とれるとか豪語してましたしね。仮にドゥラメンテがここに出ていても、三冠は阻止できていたとも思っているので、ここは負けられない気持ちで応援します。

●天皇賞 秋 
ディサイファ 
 
ここが今回一番悩みました。毎日王冠の結果いかんで本番の予想は大きく変わりそうですが、札幌記念の勝ちっぷりを素直に評価した形です。ここ2年、ジャスタウェイやスピルバーグなど、初G1の舞台ともなっていることを考えると、前走一気にパフォーマンスを上げたこの馬がやっと本格化したと見込んで選んでみました。

●エリザベス女王杯
ミッキークイーン

ここも秋華賞の結果いかんで本番の予想は替わりそうですが、オークス・ローズSでの走りを見る限り、ここはベストの舞台。普通に考えれば、好勝負可能でしょう。

●マイルCS
レッドアリオン

馬券的にも、ぜひ京成杯AHから一度も使わなくてここに出てきてほしい馬。去年のグランデッツァと同じ父アグネスタキオンで、成績から見てもここはベストの舞台。馬群にもまれ弱いところはちょっと気がかりですが、外枠を引けばまず問題ないでしょう。モーリスは血統面で京都の軽い馬場は少し割引。フィエロは未だ重賞未勝利な点から考えると、やや過剰評価な気もします。

●ジャパンカップ
トーホウジャッカル

おそらく今回の指名馬では一番意外性があるでしょうか。札幌記念では強気の競馬で崩れてしまいましたが、京都でレコードタイムを出した馬にとっては、洋芝は合っていなかったのかも。弱いと評判ではありますが、4歳世代ではNo.1だと思っているので、スタミナが問われる舞台で十分見直し可能でしょう。
次走の京都大賞典の勝利からここにつなげていってほしいと思います。

●チャンピオンズカップ
ノンコノユメ

順当に考えれば、ホッコータルマエが有力なことに異論はありません。しかし、中央ダートよりも地方のほうが向いていることや、例年にも増してマークがきつくなることを考えれば、楽観視できない部分も大きいと思います。コパノリッキーが果敢に逃げて、ジェベルムーサなどがまくってくる展開を考えれば、ダート歴史上屈指の差し脚を持つこの馬が一気に差してくる展開も十分にあるでしょう。

●阪神JF
サプルマインド
 
新潟での新馬戦はとにかく強かった。今年デビューの牝馬の中では、今のところ一番のパフォーマンスでした。牝馬は、牡馬のように路線に悩む必要がないので、順調ならここに出てくるでしょう。来年のクラシックの主役、さらには凱旋門賞に挑めるような逸材だと思っているので、ケガなくローテーションを刻んでいってほしいと思います。

●朝日杯FS
エアスピネル

出てくればおそらく1番人気になるだろうロードクエストは、残念ながらホープフルSに向かうとのことで、この馬にしました。まだ、デビュー戦を勝ったばかりですが、その内容がタイム面、レース内容ともに優秀。エアメサイアの子供からは目立った活躍馬はまだ出ていませんが、ようやく大物を輩出してきた印象です。あとは素直に朝日杯を目指してほしいのみです。

●有馬記念
この馬
※クリックした先のランキング約28位くらいの「けいば手帖」のタイトル下に記載しています。


菊花賞を勝つという前提で、選んでみました。立ち回り力は皐月賞で証明済みですし、有馬記念はとにかく3歳馬が絡んでいるレースでもあります。古馬路線は混とんとしていて抜けた馬がいない状況でもあるので、ここを勝って、来年のドゥラメンテとの再戦が一層盛り上がることを願っています。

以上。例年にも増して3歳馬の一線級はレベルが高いと思っているので、積極的に選んでみました。じゃあ、なぜJCでトーホウジャッカルを?と思うかもしれませんが、たまには穴馬を選んでみたかっただけです(笑)。

では、また。

コメントする

名前
 
  絵文字