●高橋みなみ、卒業ドッキリ⇒マジ卒業。

報道によると、秋元康から話が出て卒業が決まったのが、10月末。
一方、ナイナイから「高橋みなみは卒業します!」と言われて、卒業ドッキリが始動したのが11月上旬。

昨日の発表で今回のめちゃイケSPが一気に、さまざまなパラドックスを孕んたものとなりました。卒業発表を控えていたことを考えると、卒業を伝える涙と残るメンバーへのスピーチは、半ばマジ。ドキュメンタリー番組として、もう一度見直せますね。

来年でAKB10年経つらしく、秋元氏から卒業の話を切り出したあたり、グループとしてもそろそろ店じまいなんでしょうか。モー娘。でいえば安倍なつみ卒業あたりの段階なのかな。もっとも、まだ1年後とのことなので、その間に、他のメンバーも次々と卒業するんでしょうけどね(笑)。


●2014 チャンピオンズカップ 回顧

1着:ホッコータルマエ…ついに中央ダートG1、悲願の制覇。クリノスターオーに適度なプレッシャーを与えながら自分のタイミングで抜け出して、後続もしっかりと抑えきった。横綱競馬で堂々の勝利。やはり前走からの状態アップは確かだった。

2着:ナムラビクター…最後まで取捨に迷ったが、久々の左回りで戸惑うところもあるだろうという安易な理由で切ったのが間違い。相手なりに走ってきた個人的な好きなタイプの馬だけになおさら悔やまれる。。

3着:ローマンレジェンド…休み明けと、エルムS以前の内容から軽視していたが、本調子に戻りつつある。ここを叩かれた次戦、東京大賞典に向けては期待大。

対抗に推したクリノスターオーは単純に力負け。夏場から使われてきた疲れもあったかもしれない。立て直せば、G2G3では当然有力でしょう。

それ以外の4歳馬たちも、先手をとれず終始アタフタしていたコパノリッキーに代表されるように、多頭数のダートG1経験がまだ足りなかった。しかし、実力はかなりのものがあるので、場数を踏んだのちの来年5歳以降、ダート界を席巻するのはほぼ間違いないところでしょう。

よって次走に向けての注目馬は
この馬⇒
※クリックした先のランキング内(現在39位くらい)「けいば手帖」のタイトル下に記載しています。。

実力があるのは、これまでのレース内容から周知の事実。次走、東京大賞典になるのかは不明ですが、出てくればホッコータルマエ相手でもねじ伏せて、全く不思議はない。

---

今週は大波乱必至の難解レース、
阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)の予想で使える、
絶対に抑えておきたい馬券ポイントをお教えします!

■前走の「距離」がカギに!?


過去10年の3着以内馬30頭中16頭は、前走の距離が1600m以上でした。
前走が1600m以上だった馬は、1600m未満だった
馬に比べて好走率が高いデータがあります。
臨戦過程を比較する際は、前走で今回と同じか、
今回よりも長い距離のレースに出走していた馬に注目してください。


■阪神コースだが近年は「関東勢」が有力!?

過去6年の3着以内馬18頭の内訳は、
関東馬と関西馬がそれぞれ9頭ずつとなっています。
勝利数では関西馬が関東馬を上回っているものの、
連対率と3着成率では関東馬が優勢というデータがあります。
2007年以前は地元の関西馬が上位馬の大半を占めていましたが、
近年の傾向を重視するなら関東馬を軽視するのは危険です。


そんな波乱必至の阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)ですが、
激走する馬には全て「ある特徴」があり、その信憑性は激高!?

そんなココでしか知る事の出来ない
阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)
「マル秘情報」を完全無料で公開中!



コメントする

名前
 
  絵文字