こんばんは。チャンピオンズカップはすでに枠順が発表されましたが、その前に純粋にそれぞれに馬の能力について考えることが大切。なので、有力馬の前走を見ながら、展望していきたいと思います。

●JBCクラシック

1着:コパノリッキー…休み明けながら、2度目の2000mを克服し、春よりもさらに成長していることを見せつけたカタチ。今回も死角を考えにくく、盤石の体制でG1 4勝目を狙えるだろう。

2着:クリソライト…前々の勝ちっぷりは本物で、1年越しで復調してきたことを証明した。ただ、JDDの圧勝ぶりは強烈なものがあり、さらに復調してくるようなら今回はもっと差が縮まるはず。

3着:ワンダーアキュート…安定感抜群の古豪で、ここでもきっちりと3着を確保。ただ、年齢的に中央G1での一線級となると厳しい部分もあると考えるがふつう。馬券の取捨は、枠次第といったところ。

4着:ホッコータルマエ…明らかに休み明けの状態で、ここを叩いて本番へという感じの仕上げだった。もちろん今回状態アップでのぞめるはずで、この負けで評価を下げるのは禁物。

7着:カゼノコ…3歳馬の雄ながら、まだ古馬との力差はかなりある印象。さらに脚質的にも、前有利の中京では買いにくい。


●みやこS

1着:インカンテーション…右回り・左回り問わず、重賞でも勝ちきる力がある。あとはG1のみ。多くのG1馬がひしめくなかで、どのくらいできるか。人気が集まるようなら軽視して妙味と考えたい。

3着:ナムラビクター…早めに動いてしまった分の負け。クリノスターオーを競り落としたように、京都でも強い内容だった。G1や左回りはどうかも、善戦して不思議はない。

5着:クリノスターオー…圧倒的に人気になり目標にされ、ハイペースになり崩れてしまった。先行有利のばば巻き返して不思議ない。

7着:ニホンピロアワーズ…最近のレースを見る限り、ピークを越えた感が否めない。今年初め、東海Sを勝った舞台だが、メンバーレベルを考えると厳しいだろう。


●武蔵野S

1着:ワイドバッハ…ハイペースを味方につけ、最後にかけた脚のつかいどころはさすが武豊といった内容。ただ、追い込み効きにくい中京だと、苦戦は必至か。

3着:グレープブランデー…長期低迷していたこの馬も、58キロを背負いながら3着に食い込んだ。復活の兆しととらえてもいいが、さすがに中京で、他のメンバーを考えると、出番がなさそう。

4着:ダノンカモン…東京1600mは庭の類。まったく人気ない中でも上位に入ってくるのはさすが。ただ、中京の1800だと厳しさは増す。


●BCクラシック


9着:インペラティブ…未知の魅力はあり、人気はなさそうなので、念のため1枚抑える程度。

あとはローマンレジェンドあたりが有力馬なのでしょうが、北海道シリーズからの直行で、大目標はこの後の東京大賞典にある気配がしますね。

以上、コパノリッキーの堅実さにケチをつけるつもりは今のところない。ただ、それでは馬券的に妙味もないので、相手は穴っぽいところに流したいが、その中で狙いたい筆頭は
この馬⇒
※クリックした先のランキング内(現在38位くらい)「けいば手帖」のタイトル下に記載しています。

前走はすべての条件が向かなかった。当然G1となってさらに先行争いも激化するかもしれないが、コース形態の助けもあって、前走のような負け方はしないだろう。

~PR~

★★━━━━━━━━━━━━━━━★★
 新たな歴史に名を刻むダート頂上決戦!
 
  第15回 チャンピオンズカップ(G1)
★★━━━━━━━━━━━━━━━★★

昨年までのジャパンカップダートという名称から、
新たに生まれ変わったチャンピオンズカップ。

今年は絶対的と言えるダート馬はおらず、群雄割拠の一戦!

当時は信頼度の高かった馬も今では高齢。

そんな中、砂王の座に輝く可能性が限りなく高いのは、
実はあまり注目されていない「あの馬!」


順当にはいかない!
何かが起こる今年のチャンピオンズカップ!


今年、砂王に輝くのは「●●●●●●●」!


そんなチャンピオンズカップ(G1)、
ココでしか知る事の出来ない
マル秘情報を期間限定無料公開中!

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

こちらをクリック!

今回は難解レース、チャンピオンズカップ(G1)の予想で使える、
絶対に抑えておきたい馬券ポイントをお教えします!



■JBCクラシックからの臨戦に注目!

まず、過去10年のジャパンカップダート出走各馬の前走のレースを調べると、
該当馬が10頭以上いたレースでは、JBCクラシック組が連対率・複勝率で
トップの数値をマークしているというデータがあります。

勝率では南部杯・みやこS・武蔵野S組を下回っていますが、
2・3着馬は計10頭を数えており、要注目の臨戦過程として要チェックです。



■中京ダート1,800mは逃げ先行を押さえろ!

中京競馬場がリニューアルされた2012年から今年7月までにダート1800mで行われた
90レースの4コーナーの位置別成績を調べると、4コーナーを先頭で回った馬が
連対率で48.9%、3着内率では60.0%と圧倒的な数値を叩き出しています。

また、それに続くのも2~5番手組で、
4コーナーを先行集団で通過した馬が好成績を残す傾向にある。

今年も出走各馬の位置取りには注目しておきたいところです。




そんな波乱必至のチャンピオンズカップ(G1)ですが、
激走する馬には全て「ある特徴」があり、その信憑性は激高!?

そんなココでしか知る事の出来ない
チャンピオンズカップ(G1)「マル秘情報」を完全無料で公開中!
登録はこちらから!



コメントする

名前
 
  絵文字