こんばんは。オークスですが先週ずっと懸念していた通り、ハープスターは勝利ならず。個人的には、3着すら危ないと思っていたのですが、さすがにそこまで弱くはなかったですね。。

予想的には、◎ヌーヴォレコルトが勝利(昨日のWIN1、こっちにしておけばとつくづく後悔ww)。母オメガスピリットが1200mを中心に活躍した馬で、血統的にはあまり距離延長は歓迎されていない下馬評だったのですが、ハーツクライの血そして岩田騎手の技術がそれを上回った結果になりました。内容的にも完勝で、十分強い内容。成長力もある血統なので、秋の活躍も楽しみです。

さて、「単勝1.3倍のハープスターがなぜ負けたのか」。
コアな競馬ファンは、あまり気にしないでしょうが、
今朝出社したら、意外にもいろいろな人から聞かれました。

諸説ありますが、

「川田騎乗ミス説」
これをいう人たちが多かったのですが、過去のレースすべてそういう競馬をしてきた馬ですし、少なくとも桜花賞よりはひどくなかったです。最後は詰め寄る力も今ひとつだったので、仕掛けのタイミングが遅かったということではないでしょう。

●「距離限界説」
最後脚色が一緒になったのだと、こういうことも考えれるでしょうし、予想の段階では負ける要因のひとつに書いたのですが、上がり33秒6なら十分対応できているといえます。さすがにマイル以上のパフォーマンスではなかったですが、守備範囲であることは証明できたと思います。

●「本当は弱い説」
一連のパフォーマンスは派手でしたが、着差はすべてわずか。結果で見ればそうかもしれないですが、勝ちっぷりがあそこまでの馬はそういません。だから、ここまで話題になったわけですし、少なくとも管理している松田調教師がブエナビスタ以上の評価をしているですから、そんなことはないと信じたいですね。

●「脚質不利説」
これが一番大きいと、個人的には思っています。さすがに、いつも最後方から進めているのは、あまりにも現代競馬において不利。かかる馬でもないわけですし、一度先行という競馬も見てみたいと思っています。

まあそんなところで、講釈をたれていたら、こんな説をtwitterで見つけました。
↓↓
埋め込み画像への固定リンク

いわゆる落鉄ですねwww。(ただ、レース後のコメントでは一切この話題が出ていないので、本物の画像か怪しいですが。)

まあ、それも踏まえて、ハープスターの可能性にはまだまだ期待しています。でも、
今後はどうするのでしょう。まあ、さすがに空気的に凱旋門挑戦はないですかね。ただ、秋華賞をとっても仕方ない馬なので、天皇賞秋あたりに出て来てほしいと思っています。

さて、今週は、いよいよ日本ダービー。ファンはもちろん、競馬関係者ももっとも盛り上がる一週間です。
そして、現時点での注目馬はこの馬!
この馬⇒
・皐月賞は、少し展開が向かず。府中に変わるのは明らかにプラスで、スタミナ勝負ももってこいでしょう。2週連続同父産駒制覇なるか。十分可能性はあると思っています。

~PR~
━━━━━━━━━━━━━━━━━
   第81回日本ダービー(GI)

 昨年も◎-○で馬連970円的中!!
  今年はそれ以上に確信がある!
 究極の馬連1点を無料配信!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

競馬関係者なら誰もがそのタイトルをしたいのが日本ダービー

馬券購入者なら誰もが“的中”を手にしたいのが日本ダービー

さあ、いよいよ今週です!!

昨年の日本ダービーでは、関西馬専門情報【CHECKMATE】がお届けした超確信◎-○1点馬券がこれだ!!

1着○キズナ
2着◎エピファネイア
馬連:970円

1冠目の皐月賞は関東馬(ロゴタイプ)にタイトルを奪われたものの、最高峰の日本ダービーではキッチリと関西馬が巻き返してワンツー決着。

『西では皐月賞が本番というより、皐月賞はダービーのためのトライアルという意識が強い。だから皐月をステップに本番でキッチリ巻き返す馬が多いんだ』と西の某関係者が話すように、同じクラシックと言っても『皐月賞とダービーは全く別物。同格でもなんでもない』というのが西の価値観。

ただ…競馬ファンはそうは捉えていない。

皐月賞の結果をストレートに馬の能力へと反映しがちで、それが評価に上乗せされていく。だからこそ、昨年のエピファネイアはダービーで人気を落としたのだ。

今年も同じことが起こり得る可能性は十分!!

人気で敗れた関西馬の評価が下がり、2番人気で皐月賞を勝ったイスラボニータが日本ダービーの1番人気は確実で、昨年の皐月賞馬ロゴタイプ同様に…

その答えを、そして巻き返す関西馬の情報を握っているのが、かつてビワハヤヒデ・ビワハイジで日本ダービーを湧かせた元JRA調教師・浜田光正。

『調教師をやっていた頃、ダービーは何としても獲りたいレースだった。現役を退いた今でも、ダービーに対する想いは少しも色褪せることはないし、今は何としてでも当てたいレースなんだ。昨年も◎-○で的中をお届けしているけど、今年はそれ以上に確信がある!』

調教師時代と変わらぬ鋭い視線で各馬を分析し、厩舎の動向から各調教師のダービーへの思いの深さを熟慮して導く浜田光正の日本ダービー最終結論。もちろん…馬券は◎-○1点!!

  ↓↓↓↓↓
  ↓↓↓↓↓

■■■ 第81回日本ダービー ■■■

 昨年も◎-○で馬連970円的中!!
  今年はそれ以上に確信がある!
 究極の馬連1点を無料配信!

コメントする

名前
 
  絵文字