おはようございます。毎年思うことですが、阪神競馬場の桜って、桜花賞に合わせて満開になる木が多いですよね。昨日の中継でもスタート地点では満開でした。世間ではもう散っているのに、不思議なもの。なにか特殊な栽培の仕方をしているのでしょうか。

◎WIN1(厳選1レース単勝3000円勝負)
的中実績
1/19の中山10R:フェスティヴタロー(3.6倍)
1/25の京都9R:ヒュウマ(5.4倍)
2/1の東京10R:マイネルディアベル(4.1倍)
2/9の京都12R:ナリタハリケーン(3.3倍)
2/15の京都9R:ステファノス(6.0倍)
2/16の京都10R:マーティンボロ(4.3倍)
2/17の東京10R:プロモントーリオ(4.0倍)
2/18の東京10R:タールタン(6.0倍)
3/2の阪神11R:コパノリチャード(4.8倍)
3/15の阪神9R:シャンパーニュ(8.5倍)
3/21の中京8R:ナリタポセイドン(2.3倍)

昨日指名した阪神12Rのランドマーキュリー。想定より後ろの位置取りながら最後、よく追い込みましたが、内からタガノラルフに競り負けてしまいました。ゴール前は力が入ったのですが、残念。。それにしても、10倍近くあったオッズが最終的には5倍台まで低下。ここまで下がると、レース前からちょっと落胆してしまいますね。

ここにきてピンチの4月。
背水の陣でのぞむ今日は、福島11Rからちょっと攻めて
 この馬⇒
※上をクリックした先のランキング内(現在28位)のけいば手帖のタイトル下の紹介文に掲載しています。 
・根拠
前走はスローペースの上り勝負でこの馬には不利な展開だった。今回のメンバーは決め手に欠ける馬が多く、この馬に開幕週の馬場も合う。最近控える競馬が続いているが、今回は同型もおらず、ぜひ逃げて勝ってほしい。※12時現在:14.7倍

◎ROLLING3(推奨3レース複勝ころがし3000円スタート)
中山10R:10番コスモミレネール
逃げ粘りが堅実な馬。今回も同型がおらず楽に行けそうで、ふたたび粘れる。

阪神10R:6番サクラアルディード
近走は中山ばかり。血統的には阪神の広い馬場のほうが合うタイプで、実際、関西での競馬場では崩れていない。今回は当然見直せる。
中山11R:10番アフォード
シルクロードステークスはさすがに輸送の問題もあり、馬場も合わず。前走のオーシャンSでは位置取りが後ろすぎたが、上り最速タイで中山適性の高さは見せた。オープン特別なら十分勝ち負け。

【2014 桜花賞 予想】
いよいよクラシック開幕。もちろん楽しみのほうが大きいですが、ただ馬券的な妙味は薄い感じもあり、ほぼ1点勝負に徹したいと思っています。

◎フォーエバーモア
阪神JFでもクイーンカップでも先行策から安定した競馬。多頭数になった今回でも、しっかりと力を発揮できそうで、軸に据えるならこの馬でいい。

○ハープスター
大外からぶん回す競馬を示唆しているが、明らかにチューリップ賞よりも厳しい競馬になるのは確実。勝ってほしい気持ちはあるが、差しそこねの可能性も多少はある。

▲ヌーヴォレコルト
前走、ハープスターには完敗も3着馬との差は感じる内容。叩いて状態上向きとのことで、ここでも勝負になる可能性は高い。

ーーーー正直ここまでで勝負したい。

☆アドマイヤビジン
フィリーズレビューでは届かなかったが、元来は外回りのほうが合うタイプ。今回は展開向きそうで、相手なりに走れる根性もある。

△マーブルカテドラル
△ホウライアキコ
△レッドリヴェール

●買い目
3連複フォーメーション
9-10,13,18-10,12,13,14,15,16,18
15点200円

3連複
9-10-18
1点3000円

3連単
9,18→9,18→10
2点1000円

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━
    第74回 皐月賞(GI)

    現在4年連続の的中!
 今年も衝撃の1点を特別大公開!
  馬連1点勝負を無料で見る

━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪現在4年連続の的中≫
2010年が馬連1260円、2011年が馬連1260円、3連単5万5450円、2012年が馬連1220円、3連複2050円、3連単1万2620円、2013年が馬連680円、3連複1210円と現在【4年連続】で的中をお届けしているのが皐月賞。しかも、2010年~2012年までは3年連続で◎-○的中という離れ業で業界を震撼させています。

関東で施行されるGIですが、過去10年で関東馬が優勝したのは昨年のロゴタイプと2004年のダイワメジャーの2頭のみ。2着まで広げてもタケミカヅチ、サンツェッペリンの2頭が増えるだけ。過去10年、連対を果たした関西馬が15頭に対し、関東馬は4頭(残る1頭は地方馬コスモバルク)。関西馬が“圧倒的”な強さを誇っているという事実を数字が明確に証明しています。

≪この配当は回限りや≫
今年の皐月賞を含めた牡馬クラシック戦線は“大混戦”という見解が世間一般に出回っていますが、関西馬専門情報の当社にしてみれば、むしろ好都合。情報網も『この馬がこんな配当で獲れるんは今回限り。例年以上に皐月の◎-○は激アツやで!』と豪語しているほど。

4年連続の的中をお届けし、プレミアGIと言っても過言はない皐月賞。本年度も調教師や厩舎関係者、騎手との直前までのやりとりまで全て確認した上で、【衝撃の1点】を無料配信(レース当日14時)します。

競馬界を圧倒しているのは、皆様もご存知の通り、関西馬。『確かな関西馬の情報があれば、馬券は獲れる』をこの機会に是非体感して下さい。

  ↓↓↓↓↓
  ↓↓↓↓↓

 ■■■第74回 皐月賞(GI)■■■

    現在4年連続の的中!
 今年も衝撃の1点を特別大公開!
  馬連1点勝負を無料で見る

コメントする

名前
 
  絵文字