名古屋大賞典。本命に推したオオエライジンは、うちからスムーズにレースを進めていましたが、中央勢に力及ばずでした。。もう少し短い1400~マイルまでの距離で見てみたいですね。次走、かきつばた記念なら面白いかも。まだまだ、期待しています!


●日経賞 注目馬

フェノーメノ、ウインバリアシオンあたりが人気を集めそうですが、どちらも休み明け。なら順調にきているこの馬のほうが分がある。前走は勝ち馬より強い競馬をしていて、去年は同レース6着ながら、本格化した今回なら強豪相手でも十分勝負になる。
この馬→
※上をクリックした先のランキング内(現在27位)の
けいば手帖のタイトル下の紹介文に掲載しています

【2014 高松宮記念 有力馬前走チェック】 
●シルクロードS

1着:ストレイトガール…レディオブオペラを前に見ながら、仕掛けのタイミング、通ったコースとも完ぺき。レースセンスがそうとう高い。2走前も中京で同じような競馬をしていて、本当に気性が素直なのだろう。昨年の夏以来から底を見せていないといっていい。ここも当然有力と考える。

2着:レディオブオペラ…この敗戦は、連戦によるストレスによる体重減が原因とのこと。それでも2着に粘っているのだから強い。今回は、胃薬を使ったらカイ食いが改善したらしく、体重増で出られそうなのだとか。ただ、今回はたとえ万全の調子であったとしても、実績的に勝ってきたのは京都の1200mというスピードのみが求められるコース。さらに逃げ馬も多く、先手をとれるかも不安で、軸にはしづらい。

●オーシャンS

1着:スマートオリオン…内ぴったりから抜け出す完ぺきな競馬。ただ、パワーのある馬場がいかにも合うタイプなだけに、今の中山→中京は若干マイナス。

2着:スノードラゴン…中山の馬場はパワーがいることを証明したこの馬の好走。なので、スマートオリオンよりもさらに、中京に対応できるかがカギ。

13着:ハクサンムーン…1番人気を背負いながら惨敗。ただ、去年もこのレース9着から本番3着に入っているように、叩いていいタイプなのだろう。ただ、去年はスローペースの単騎逃げだったことを考えれば、逃げ馬そろった今回は去年と同じ競馬ができるかわからない。


● 阪急杯

1着:コパノリチャード…前半56秒台の逃げで、先行した馬たちをつぶしたような形に。もちろん強いが、これも同型が多いのが懸念。逃げられなかった場合には崩れる可能性が高く、ここも評価を下げて妙味とみる。
 
2着:サンカルロ…阪神の1400はとにかく得意。年齢から上積みはないかもしれないが、展開は向きそうなことから無視はできない。


コメントする

名前
 
  絵文字