【2014 東海ステークス 回顧】


ラップ:12.6 - 11.2 - 12.4 - 12.1 - 12.1 - 12.1 - 12.7 - 12.2 - 13.0

●レース総評
前半60.3。サトノプリンシパルが一気に先手をとったが、中枠から勢いをつけていった分、結局は平均よりも速いペースで流れた。その結果、差し馬が台頭。中団から追い上げ、まっすぐと伸びたニホンピロアワーズが力の違いを見せ付けて快勝。毎度確実な末脚で追い込むグランドシチーが2着。3着争いは後方待機策に出たダブルスターと、マイネルバイカの追い比べ。サトノプリンシパルは思ったよりも粘ったが、最後は力尽きた。

●各馬短評
1着:ニホンピロアワーズ
・・・心配された左回りも問題なく快勝。力的には、このメンバー相手なら問題なかった。ただ、この馬が得意とする、4つのコーナーを通る1800mでのもの。フェブラリーSのスピード競馬になると、まだ疑問。信頼度では、ベルシャザールに軍配があがる。

2着:グランドシチー・・・この馬らしいパワーあふれる脚で、勝ち馬には及ばなかったが強い内容。ただ、これが限界でもありそう。今後も重賞の常連として活躍はするだろうが、勝ちきるにはあとワンパンチ足りない。

3着:マイネルバイカ・・・前走、空馬を前に見ながら後続を突き放して勝ったように、ここにきて精神面での成長が大きい。3着確保には、松山騎手の内でしっかりと脚をためた好騎乗も貢献している。

その他、ナムラタイタンは、「最近は大人しくなって」という太宰騎手のコメントによるように、燃え尽きてしまったか。。。グレープブランデーも同様に、本調子を取り戻すまではかなり難しそう。


次走狙い馬はこの馬。
今回は前に行けなかったが、きちんとそれなりの競馬をしたことは大きい。今後も安定して走りそう。
この馬→
上をクリックした先のランキング内(現在21位)の
けいば手帖のタイトル下、紹介文に掲載しています。



~おすすめ~

簡単無料登録で、有名予想家のコラムが読める、
競馬スピリッツ。

今週の無料予想提供レースはこちらです。

2月1日(土) 東京11R 白富士S
2月2日(日) 東京11R 根岸S(G3)

予想家のコラムはこちらから!

■虎石晃さんのコラム【トラセン日誌】
トレセン生情報をお届けコンテンツ
良く参考にさせてもらってます。
毎週予想情報もあるのでオススメです。

⇒虎石晃さんの直前情報はコチラ

■血統評論家 栗山求氏 血統的考察!
血統か囁かれる一つの答え…配合分析好きはこちら!!

⇒栗山求さんの血統的考察はコチラ


メールアドレスだけの登録で
今すぐご覧いただけます。
個人情報の入力は必要ありません。


※フリーメール(ヤフーメールやgメールなど)でも大丈夫です
。登録作業も約1分で完了します。

コメントする

名前
 
  絵文字