ついに、枠順発表。直前で残念なニュースはありましたが、枠順が発表されるといよいよ感が出てきます。
金曜日から、有馬記念特番もテレビやニコニコ生放送で目白押しですし、いそがしい週末になりそうです。

※ただ今年は月曜日が出勤日に。。。(有馬記念後にハメを外せないのと、阪神カップやファイナルSをリアルタイムで見られないのが至極残念。。。)


枠 馬   馬名        性齢 斤量     騎手    厩舎
1   
1
牡5   
57.0      
川田 池江



1 2
牡5 57.0 田辺 相沢



2 3
セ5 57.0 戸崎圭 平田



2 4
牡5 57.0 岩田 松永昌



3 5
牡5 57.0 横山典 安達



3 6
牡5 57.0 池添 池江



4 7
牡3 55.0 和田 南井



4 8
牡3 55.0 蛯名 池江



5 9
牡5 57.0 福永 藤沢和



5 10
牡5 57.0 ウィリアム 梅田智



6 11
牡4 57.0 武豊 村山



6 12
牡3 55.0 Mデムーロ 福島



7 13
牡6 57.0 ルメール 池江



7 14
牡4 57.0 ムーア 須貝



8 15
牡5 57.0 柴田善 二ノ宮



8 16
牡7 57.0 内田博 池江





馬込みに入れたいオルフェーヴルは後入れの偶数枠。理想的な馬番じゃないでしょうか。
ちなみに赤帽は実にダービー以来。6番は二度の凱旋門と同じ馬番。はたして、結果はどちらに(笑)。

ゴールドシップはおそらく後ろからなので、この枠も問題なし。
ダノンバラード、カレンミロティックあたりは先行しやすく、
中団から進むアドマイヤラクティもそこそこの枠に入って安堵。
先行したいナカヤマナイト、トーセンジョーダンあたりはちょっと苦しそうですね。

ただ、先週の競馬を見ていても、例年にくらべ外枠が決して不利ではないのもたしか。
むしろ、内枠から先行して抜け出した馬たちが、外枠からの追い込み馬に差されるシーンが目立ちます。
馬場は、昨日今日の雨でだいぶ湿っていることでしょうし、結論はやはり土曜の競馬を見てからが賢明ですね。

コメントする

名前
 
  絵文字