レース総評:差し馬届く流れも、縦長になりすぎた。

ラップ:12.8 - 11.0 - 12.1 - 11.7 - 11.7 - 12.0 - 12.2 - 12.2 - 11.5 - 12.4

後半に12秒台が出ているように、上がりのかかったラップ。差し馬も十分に台頭できる流れだったが、かなりの縦長の展開になってしまった。おそらく後ろの馬は前半は13秒台のラップを連発しているはずで、これでは後ろの馬は届かない。前半あまりにも追走しなかったのが敗因だろう。
そして、結局好位で進めてきた馬2頭の決着。3着のウインバリアシオン、4着トゥザグローリーも中団あたりに位置していた。勝ったカレンミロティックは、まさに長くいい脚を使うタイプで展開も向いた。ただ、最後も引き離しており、予想以上に強い内容だった。もし有馬記念に出てきても、侮れない勝ち方だった。


各馬短評:ウインバリアシオン間に合った!

1着:カレンミロティック・・・相手なりにしっかりと伸びる、優等生タイプ。レースも上手ですっと二番手につけられるあたり、安定して走る条件を備えている。もしも有馬記念に出るなら騎手は乗り変わるだろうし、面白い存在になりそう。

2着:ラブリーデイ・・・春のクラシックは負けていたが、ここに来て成長してきた。レースセンスも良く、来年に向けて楽しみな馬。

3着:ウインバリアシオン・・・1年5ヶ月ぶりの出走も、この馬らしい差し足を披露した。屈腱炎は再発が心配なので無理使いはしてほしくないが、有馬記念に間に合ったといえるだろう。この馬が出てくれば、さらに層に厚みが増すので、ぜひ挑戦してほしい。

4着:トゥザグローリー・・・この馬なりのパフォーマンスは見せたが、展開がむかず馬券圏内を確保することができなかった。年明けのAJCC、日経賞などでまた活躍を見てみたい。

6着:ムスカテール・・・大事に乗りすぎた。

10着:オーシャンブルー・・・何が歯車を狂わしたのか、まったく見せ場なし。

14着:メイショウナルト・・・あのペースでまったく残れないのでは、素直に力負け。春から使い詰めだったので、立て直してまた来年夏の活躍を期待したい。

コメントする

名前
 
  絵文字