ジャスタウェイ圧勝。
ジェンティルドンナ、エイシンフラッシュ以下を抑え、鬼脚級のスピードで突き抜けた。

元々、良い脚を使う追い込み馬として定着していたが、
いつも後方から進むために、後一歩のところで届かなかった。

その印象が一気に晴れたかのような勝ち方。
4馬身差は絶対的な着差であり、もしオルフェーブルが出ていても、
どうなっていたかわからないくらいの強さだった。

調教のかけ方からといい、本格化を迎えたといってもいいだろう。

おそらく、次走はジャパンカップだろうが、
個人的には、ジャパンカップよりもマイルチャンピオンシップに行ってほしい。
京都の外回り、外からの一気ざし。デュランダルなみの切れ味を期待したい。
種牡馬としての価値もそのほうが高まるのではないかと思う。

トウケイヘイローは、やはりあんなもの。
この後は持ち場に帰って、マイルあたりの逃げ馬として活躍してほしい。
また、ダートも見てみたい。血統的背景から、歴史的名馬になれるかも。

スタート直後からかかっていたのが原因か、
ジェンティルドンナは休み明けとはいえ、直線は昨年ほどの伸びがなく、今後に少し不安。
ジャパンカップに巻き返しを期待したいが、変にスタートを決めないほうがいいかもしれない。

エイシンフラッシュは息の長い活躍。今日に関しては、あれが精一杯。
メンバー的にも仕方ないだろう。
これからも、1.5流馬として、G1戦線で活躍してほしい。あまり人気にならないタイプなので、妙味もありそう。


まあ、でも、とにかく、いい天気で、ビールが美味しく、とても楽しかった。それに尽きる。








コメントする

名前
 
  絵文字