いやあ、参った。

前走G1休み明け4着、ベストの距離1400m、重馬場適性あり、得意の外枠、
買い材料の全てがそろったマジンプロスパー。


レース展開は、思惑通り、スローペースの先行好位付け。
好スタートから番手につけ、コパノリチャードを見ながらのレース。
向こう正面では同じ鞍上で、菊花賞を思わせる、楽勝のカタチ。
そして、もったまま最後の直線へ。

しかし。。

伸びない。コパノリチャードとの距離が縮まらず、逆に開く展開。
2着はあるかと思ったが、最後にはほかの馬たちに差される始末。

困った。

今日の本命はかなり自信があった。人気馬嫌いの性分だが、今回の単勝3倍台は美味しいとさえ思った。
不可解にもほどがある。今日の予想が外れると、反省のしようがない。


コパノリチャードは、インタビューで浜中騎手がスピードを強調していたように、テンの速さは特筆もの。
今回は恵まれた部分もあったが、着差も十分で、来年のスプリント戦線の面白い存在になりそう。

ダイワマッジョーレは、適性からは短い1400mでも底力で2着。本番も楽しみになった。

サダムパテックも、58キロを背負いながら三着は十分。2連覇はさすがに厳しいかもしれないが、本番も3着ならありそう。

また、エーシントップも出遅れが響き、まともにレースをしていない。
パンパンの良馬場なら本番でも面白い存在だ。

コメントする

名前
 
  絵文字