いま、菊花賞のレースを何回も見てるんですが、
なんだろう、、、、

いやあ、レースがまったく面白くない。

3000mの長丁場なのに、
1周目で決まった隊列から動かず4角までそのまま。
期待したバンデも大逃げを打たず、
すぐにつかまるようなひきつけ逃げで、
着を拾うことを意識したような競馬。

ロードバイクレースのチームプレイのような動きで
みんなでエピファネイアを勝たせているように感じる。

途中からまくっていくとか、最初からマークするとか、大逃げ打つとか
各ジョッキーが負かしにいく姿勢が全然見られない。
あまりにも淡白でG1レースの様相を呈していなく、
馬券外れたのももちろん悔しいけれど、それよりも良いレースが見たかった。

でももちろん、そんなことしても、今日のエピファネイアは負けなかったと思う。
直線の伸びは一頭だけあきらかに違い、重馬場も得意な部類に入るほど対応できていた。
有馬記念に行くなら、十分勝負になる。そのくらい強かったのは強かった。




コメントする

名前
URL
 
  絵文字