菊花賞予想

●馬場状態
東京・京都・新潟、すべて雨模様。かなりの勢いで降り続けるらしく、
おそらくメイン前には、不良発表か。
雨のクラシックといえば、ロジユニヴァースのダービーが印象的だが、
そのくらいの泥んこ馬場と化す可能性も。

●レース展開
バンデとネコタイショウが逃げる展開。両馬とも湿った馬場での圧勝実績もあり、
大逃げをうつ可能性もある。
エピファネイアは終始、内を回りスタミナ温存。
雨の影響で、折り合い面の不安はなくなるかも。
ただ、切れ味を発揮出る馬場ではないのが不安。


●血統
今年は、菊花賞名物、ダンスインザダークが不在。
シンボリクリスエスは、1600~2000までの印象強く長距離適正疑問。
謎のオーソライズドは、モンジュー系、いかにも重馬場得意そう。


●結論

◎バンデ
○ラストインパクト
▲フルーキー
△ネコタイショウ
△サトノノブレス
△インパラトール
△ユールシンギング

ということで、圧倒的人気も、不安材料の多いエピファネイアは買わない。
重馬場得意そうで、逃げそうなバンデを本命に。
積丹特別は自らハイペースをつくり、圧勝。
無尽蔵のスタミナがあることを証明した。
玉砕覚悟であの競馬ができれば、馬場を考慮すると圧勝の場面もありえそう。
前走落鉄で度外視のラストインパクト、
レベル低いレースとはいえ、好内容のフルーキーが続く。

買い目

馬単
10-2,4,9,14,15,17
6点500円

3連複ボックス
2,4,10,14,17
10点200円


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字