けいば手帖(旧サイト)/新サイトはページ内のリンクから

競馬ブログ3年目。2016年も、去年好評だった人気馬の弱点をとりあげる「買ってはいけない」、人気薄馬の買いどころを探る「切ってはいけない」は続ける予定。また今年は馬券の種類を問わず、いろいろな買い方にチャレンジしていきます。どうぞお付き合いください。

2013年11月

横山典好騎乗。デスペラード快勝!(ステイヤーズS回顧)

●回顧前に。
予想と買い目が間違っていました。発走前にとっさに気づいて変えましたが、元のほうが当たってましたね。無いこととは思いますが、もし、、万が一、、、、丸のりされていた方がいましたら、おめでとうございます(笑)!

●レース総評:先行策で力の違いを見せ付けた。

ラップ:12.7 - 11.3 - 12.5 - 12.1 - 11.9 - 12.3 - 12.4 - 12.4 - 12.6 - 13.0 - 13.2 - 13.3 - 12.8 - 12.7 - 13.2 - 12.6 - 11.8 - 12.4


長!(笑)。いや、ほんとに見ているのも長く感じる、ステイヤーズS。予想通りコスモラピュタの大逃げで、コスモロビンも離れた三番手で絶好位、と思っていたが、すでにその直後にデスペラードが付いていた。あの位置で、しかもハイペースの流れなら、デスペラードの力が1枚も2枚も抜けていたということだろう。横山典は、絶好調の週と、絶不調の週が極端に分かれる騎手だと思っているのだが、今日は、前者だったようだ。


●各馬短評:トウカイトリック、また来年も!

1着:デスペラード・・・ダートで頭打ちだった馬が、芝に転向して、しかも重賞級相手にコンスタントに走り続けているのは、珍しい例。個性派として、もっと注目を集めていい。もっとも、今回は実力が1枚上だった。

2着:ユニバーサルバンク・・・切れ味の活きる流れになり、実力を発揮できた。長距離もこなせることができたのは収穫。

3着:トウカイトリック・・・まもなく12歳になろうというのに。。。人の年齢に換算する方法はいくつかあるが、サッカーでいうならキングカズぐらいの年齢だと思っている。また、来年も?  ぜひ出てきてほしい。

カレンミロティック、ぜひ有馬へ!(金鯱賞回顧)

レース総評:差し馬届く流れも、縦長になりすぎた。

ラップ:12.8 - 11.0 - 12.1 - 11.7 - 11.7 - 12.0 - 12.2 - 12.2 - 11.5 - 12.4

後半に12秒台が出ているように、上がりのかかったラップ。差し馬も十分に台頭できる流れだったが、かなりの縦長の展開になってしまった。おそらく後ろの馬は前半は13秒台のラップを連発しているはずで、これでは後ろの馬は届かない。前半あまりにも追走しなかったのが敗因だろう。
そして、結局好位で進めてきた馬2頭の決着。3着のウインバリアシオン、4着トゥザグローリーも中団あたりに位置していた。勝ったカレンミロティックは、まさに長くいい脚を使うタイプで展開も向いた。ただ、最後も引き離しており、予想以上に強い内容だった。もし有馬記念に出てきても、侮れない勝ち方だった。


各馬短評:ウインバリアシオン間に合った!

1着:カレンミロティック・・・相手なりにしっかりと伸びる、優等生タイプ。レースも上手ですっと二番手につけられるあたり、安定して走る条件を備えている。もしも有馬記念に出るなら騎手は乗り変わるだろうし、面白い存在になりそう。

2着:ラブリーデイ・・・春のクラシックは負けていたが、ここに来て成長してきた。レースセンスも良く、来年に向けて楽しみな馬。

3着:ウインバリアシオン・・・1年5ヶ月ぶりの出走も、この馬らしい差し足を披露した。屈腱炎は再発が心配なので無理使いはしてほしくないが、有馬記念に間に合ったといえるだろう。この馬が出てくれば、さらに層に厚みが増すので、ぜひ挑戦してほしい。

4着:トゥザグローリー・・・この馬なりのパフォーマンスは見せたが、展開がむかず馬券圏内を確保することができなかった。年明けのAJCC、日経賞などでまた活躍を見てみたい。

6着:ムスカテール・・・大事に乗りすぎた。

10着:オーシャンブルー・・・何が歯車を狂わしたのか、まったく見せ場なし。

14着:メイショウナルト・・・あのペースでまったく残れないのでは、素直に力負け。春から使い詰めだったので、立て直してまた来年夏の活躍を期待したい。

冬場で復活、トゥザグローリー(金鯱賞予想)

馬場状態:開幕週から差しバンバン!

すでに行われた2レースを見る限り、どちらも差し競馬。馬群も内ぴったりまわる感じではなく、ばらけて追い込んでくる感じ。先週までの東京とはまったく違うのが面白い。

血統:パワータイプがよさそう。

直線に坂ができてから、最後のひとふんばりが求められる中京の馬場。ムスカテールは東京よりもこちらのほうが合うだろう。

レース展開:スローペース濃厚。

逃げ馬がおらず、直線勝負になりそうだが、スタミナも必要なタフな馬場なので、長くいい脚を使うタイプのほうが、最後競り勝つのではないか。


結論

トゥザグローリーの復活に期待したい。ご存知のとおり、冬場に調子を上げるタイプ。有馬記念を目指すらしいが今年秋三戦目のここが、事実上の目標だろう。京都大賞典では久々の中見せ場十分の直線。天皇賞ではふがいない結果に終わったが、ここでの復活を期待したい。

対抗も同じ厩舎のオーシャンブルー。去年の有馬記念では本命に押して、見事期待にこたえてくれた馬。去年のこのレースも勝っており、同様のローテーションでここを叩いて、有馬記念でも抑えたい。
あがり馬のなかではカレンミロティック。相手なりに走るタイプで、準オープンを勝ち上がったのも強い内容。今回も好勝負できる。

連闘になるが、シャドウバンガードを穴で推してみたい。前走は外から最後までしっかりと追い込んで、実に長くいい脚を使った。中京馬場が合いそうなので、一発狙うとしたらこの馬。

その後は、距離短縮で確実に良化するだろう、メイショウナルト。タフな馬場合いそうな、ムスカテール。母父ダンスインザダークの底力を秘めるラブリーデイ。最後に休み明けだがウインバリアシオンも抑えたい。


◎トゥザグローリー
○オーシャンブルー
▲カレンミロティック
☆シャドウバンガード
△メイショウナルト
△ムスカテール
△ラブリーデイ
△ウインバリアシオン

3連複フォーメーション

12-5,10,11-1,3,4,5,10,11,13

15点200円

善戦続くコスモロビンに期待(ステイヤーズS予想)

JRA最長のマラソンレース。年に一度しか見られないコース設定なので、イメージがわきにくいのが難点。
不確定要素が多いので、中山大障害みたいなお祭り感覚として買ってみたい。

●馬場状態:開幕週だけに、基本内有利。

3R未勝利戦を見る限り、やはり内伸びの馬場。ただ冬の馬場なので、多少重いことも考慮に入れたい。

血統:3000m以上経験のない馬たちは不安。

とくにスタミナ豊富な血統をもった馬は、見当たらない。もちろん、マイネルキッツやトウカイトリックなどは当レースで証明済みだが、最長で2500mあたりまでしか使ってこなかった馬たちは未知数。実力はたしかな、ユニバーサルバンクあたりが、スタミナもってくれればいいが。。

レース展開:デスペラードは最後まで溜めるだろう。

コスモラピュタの逃げで、どこまで離すかに注目。そして、後続の馬たちがどこから追い出すかがポイント。長距離といえば横山典のレース振りが注目だが、デスペラードは人気を考えると大胆なことはしないだろうと予想する。

●結論
アルゼンチン共和国杯4着の実績を評価して、コスモロビンを本命。函館での重馬場の一戦を除き、近走は0.5秒差以内。今年の春には東京2400で天皇賞、ジャパンカップに出走したホッコーブレーヴを下しての勝利。内枠を引いた今回、最後まで脚をためて直線抜け出せる理想的な競馬が期待できる。
対抗は、ユニバーサルバンク。休み明けの前走ラウンドワールドの2着に、内から突っ込んできた内容は強かった。2歳時から強力メンバー相手に挑んできた実績からも、この相手なら勝負になる。
あとは末脚確実なデスペラード、1枠生かしたいフェデラルホール、古豪マイネルキッツ、トウカイトリックも無視はできない。


◎コスモロビン
○ユニバーサルバンク
▲デスペラード
☆フェデラルホール
△マイネルキッツ
△トウカイトリック
△エックスマーク
△セイカプレスト


買い目:3連複フォーメーション
13-1,2,4-1,2,4,5,6,10,11
15点200円

(買い目間違い)
2-1,4,13-1,4,5,6,10,11,13
15点200円です(15:24)

枠順確定!(JCダート考察)

●実に悩ましい・・・・

枠 馬番 馬名          斤量 騎手
1 1  ローマンレジェンド.   57 岩田
  2  グレープブランデー  57 M・デムーロ
2 3  メーデイア.          55 浜中
  4  エスポワールシチー.  57 後藤
3 5  クリソライト.         55 内田博
  6  ホッコータルマエ.    57 幸
4 7  ブライトライン.       57 福永
  8  ワンダーアキュート_   57 武豊
5 9  ナイスミーチュー.    57 小牧
  10  パンツオンファイア.  .57 スティーヴンス
6 11  ソリタリーキング .     57 戸崎圭
  12  ベルシャザール      57 ルメール
7 13  グランドシチー.       57 津村
  14  ニホンピロアワーズ  57 酒井
8 15  インカンテーション    55 大野
  16  テスタマッタ         57 ホワイト

史上最高のメンバーがそろったと評判の高い、今年の、そして最後のジャパンカップダート。しかし、群雄割拠という様相ではなく、おそらく多くの人はホッコータルマエ軸の馬券を買うのだろう。今週ずっと、「それでは馬券が面白くない」と思っていたのだが、入ったのは3枠6番。内にエスポワールシチーが入り、逃げ馬をじっくり見ながらいけるし、グレープブランデー、クリソライトはおそらく後ろからなので、すっと内側にも入れそうだ。軸としての信頼度がますます上がってしまった。。。悩ましい。。。



livedoor プロフィール
SNS
応援クリックお願いします。
ご意見募集中
記事検索
逆アクセスランキング
人気ブログランキング
にほんブログ村
アクセスカウンター

    タグクラウド
    • ライブドアブログ